ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道」最新記事一覧

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(12):
シリアル通信でオリジナルprintf関数を作ろう
ポート、スイッチ、タイマとH8マイコンの周辺機能を解説してきたソフトウェア開発編。最終回のテーマは「シリアル通信」だ!(2010/3/26)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(11):
周期イベントでLEDのダイナミック点灯を!
タイマ割り込みをテーマに、7セグメントLEDのダイナミック点灯を行う。また、プログラムのモジュール化についても解説する(2010/2/25)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(10):
割り込みテクニックでタイマを使おう
制御プログラミングで欠かせない割り込み処理。今回は、C言語によるタイマA割り込みプログラムについて詳しく解説する(2010/1/26)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(9):
チャタリングを防止して、スイッチ入力を完成させよう
今回は、マイコン制御プログラムの基礎中の基礎、スイッチ入力にかかわるC言語プログラミングについて詳しく解説する!(2009/12/16)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(8):
ポートを使いこなし、いざ制御プログラミングの世界へ
制御システムの基本といえるスイッチとLEDによる入出力回路の動作を理解したうえで、C言語によるポート制御を行う!!(2009/11/18)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(7):
H8マイコンのソフトウェア開発環境を整備しよう
今回から「C言語による制御プログラミング」をテーマにした新章に突入! まずはH8マイコンのプログラミング環境の構築から(2009/10/23)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(6):
【番外編】新境地! プリント基板CADの可能性
プリント基板CADを使った電子工作の具体例を紹介。また、本編で紹介し切れなかった「自動ベタ」機能についても解説する(2009/9/17)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(5):
「熱する・溶かす・流す」はんだ付けの極意
今回は、はんだ付けの手順・ポイントを紹介しながらプリント基板に部品を取り付け、「H8Tiny-USB」を完成させる(2009/8/10)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(4):
習うより慣れよ、アート・ワークはセンスで勝負!
プリント基板設計も最終段階!! 今回は部品をすべて登録し、回路図CADで生成したネットデータを取り込み“プリント配線”を行う(2009/7/1)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(3):
基礎力アップでプリント基板CADを使いこなそう!!
いよいよプリント基板CADによる設計を開始する。まずは、設計するうえで重要となるプリント基板の構造から押さえよう(2009/6/4)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(2):
バス・引き込み線・記号名で“分かる”回路図を描こう
前回インストールした回路図CADを用いて、H8Tiny-USBの回路図を作成。プリント基板製作の基となるネットデータを生成する(2009/4/27)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(1):
プリント基板CADで“マイ”マイコンボードを作ろう!!
イチから作って丸ごと学ぶをモットーに、プリント基板CADによるボード製作からマイコン制御プログラミングまでを丸ごと解説(2009/3/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。