ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HA8000」最新記事一覧

Inter BEE 2015 Report:
PR:「4K時代」に障壁あり? 放送局や制作プロダクションが“モダン化”する道とは
4K/8K時代の本格到来を前に、報道や番組制作の現場ではワークフローの変革が求められている。撮影からファイル共有、アーカイブにいたるまで、大容量映像データのスムーズな活用を可能にするソリューションを紹介しよう。(2015/12/10)

日立、SAP HANAマシンに小型モデルを投入
中小規模システムや開発・検証に適したモデルという。(2015/9/17)

ワンストップのファイルサーバ運用管理ソリューション:
PR:ファイルサーバをスリム化して、移行にかかる全体費用を大幅削減!
いまだ、多くのWindows Server 2003が稼働していると言われているファイルサーバ。2015年7月に迫っているサポート終了に向けて、日立製作所は、ファイルサーバの移行準備から、移行方法、更にクラウド活用までをワンストップで提供する「ファイルサーバ運用管理ソリューション」を提供。これは、第一に移行を契機としたファイルサーバ運用のコスト削減・見直しを考慮し、移行準備に向けたデータのスリム化や、オンラインデータ移行、クラウドストレージの活用などを提供するソリューションだ。事例によると、不要ファイルを約3割以上も削減できた例や、移行後のファイルサーバ購入金額を数百万円も抑えることができたケースがある。(2014/10/20)

日立、クラウド基盤向けの新サーバを発表
設備制御や監視システムなど長期の安定稼働が求められるシステム向けに、10年間のハードウェア保守に対応したモデルも用意する。(2014/9/25)

ホワイトペーパー:
約600台の物理サーバを仮想化、コスト最適化と柔軟なシステム環境を手に入れた朝日新聞社
デジタル移行強化を進める朝日新聞社は、余剰リソースのコスト軽減に向け、約600台の物理サーバの仮想化移行に着手した。同社が新たに選択したシステム基盤とは?(2014/9/5)

日立、PCサーバ「HA8000」の新モデル10機種を発売
日立が「HA8000」シリーズの新モデル10機種を発売。8機種でXeonプロセッサE5-2400 v2ファミリーを搭載し、クラウドサービスやサーバ仮想化のシステム基盤向けに性能を強化したという。(2014/1/15)

PR:30分で復旧できるDR環境を! 清水建設が刷新した基幹系システム基盤とは
東日本大震災以降、BCP策定を最重要課題に挙げていた清水建設。そうした中、日立のストレージ先進技術とVMwareによる仮想化技術を活用してデータベース基盤を刷新。データロスのないディザスタリカバリと処理能力の高速化を実現した。(2013/12/10)

15年間、12万件以上のサポート実績を蓄積:
PR:Windows Serverの深い知見に基づく、日立ならではのきめ細かなサポート/提案力
マイクロソフトの数あるパートナー企業の中でも、ホスピタリティの高いサポートやソリューション提案で定評のある日立製作所。同社はWindows Server 2012 R2をどう見ているのか?(2013/11/21)

日立、処理性能を高めた「BladeSymphony」「HA8000」新モデルを発売
日立製作所が「BladeSymphony」「HA8000」の新モデルを発表。最新チップの搭載で処理性能を従来比1.3倍に高めたという。(2013/9/19)

日立、最新インテルプロセッサのPCサーバを発売
日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」およびネットワークストレージサーバ「HA8000/NS」の新製品を発表した。(2013/7/24)

展示会レポート:
展示会で見たIT業界トレンドその1――データ処理高速化がもたらす経営革新、通信高速化の技術
クラウド、DWH&CRMなどのテーマで、ITベンダ各社が結集したイベントをレポート。会場から業界トレンドの一部を抜き出して紹介します。(2013/5/10)

システムのバッチ処理を高速化するソリューション 日立製作所
日立製作所は、高集積のブレードサーバや運用管理製品などを組み合わせたソリューションを販売開始する。(2013/4/17)

スループットはHDDの10倍以上:
PR:既存アプリは触りたくない! DB高速化の本丸「Oracle RAC on SSD」を徹底解剖する
データベース性能のボトルネックとなりがちなI/Oとストレージ。ここに焦点を当てて日立製作所が投入したのが「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」だ。本ソリューションのもたらす威力について、日立でPFコンピテンスセンタ長を務める鬼頭昭氏に聞く。(2013/3/18)

Windows Server 2012対応の新サーバ群を発売 日立製作所
日立はWindows Server 2012に対応した「BladeSymphony」および「HA8000シリーズ」を発表した。(2012/11/21)

日立シンクライアント「FLORA Se/FLORA bdシリーズ」
シンクライアントが実現する「セキュア」で「省電力」なVDI
近年、注目を集めているVDIソリューションだが、導入に当たっては使い勝手や管理性、セキュリティに万全を期したい。その際に有力な選択肢となるのが最新のシンクライアント製品だ。(2012/7/30)

顧客システムをデータセンターでお預かり、日立がサービス拡充
日立製作所は「預けて安心サービス」での対象機器の拡充やサービス期間が7年間の新メニュー導入などを実施する。(2012/7/9)

日立製作所、コンテナ型データセンターを発売
先行採用した情報通信研究機構はクラウド基盤用のデータセンターを約2カ月半で構築したという。(2012/7/4)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載のサーバブレードを発売
日立製作所がブレードサーバ「BS500」と周辺機器のラインアップを拡充。新たにインテル「Xeon E5-2400ファミリー」を採用したサーバブレード「BS520Aサーバブレード」などを発売する。(2012/6/27)

製品ディレクトリ/省エネ機器:
設定した消費電力値を超えないようにプロセッサ稼働率を制御するサーバ
日立製作所、2012年5月30日発売(2012/5/29)

日立がサーバ新製品を多数リリース、仮想化やクラウド、ビッグデータ対応を推進
処理性能やメモリ容量、ストレージ容量を強化したアドバンストサーバ「HA8000シリーズ」の新製品8機種を発売する。(2012/5/29)

日立、東大と共同開発した高速DBエンジンを製品化
2010年3月から東京大学と日立製作所が共同で進めるデータベースエンジンの研究プロジェクトに関して、具体的な成果が表れ始めた。(2012/5/28)

大量のWebログを分析するシステム、日立製作所が発売へ
日立製作所はWebアクセス解析に必要なプログラムやソフトウェアとサーバをセットにしたシステムを発売する。(2012/5/7)

日立製作所がサーバ新製品を投入、仮想化やクラウド対応を強化
「BladeSymphony」およびアドバンストサーバに新モデルを追加し、製品ラインアップを強化する。(2012/4/12)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載サーバを発売へ
インテル Xeon E5-2600 シリーズを採用したBladeSymphonyおよび「HA8000シリーズ」を発売する。(2012/3/8)

レポート ビッグデータセミナー:
情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか
@IT情報マネジメント編集部では2011年11月30日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス「〜情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか〜ビッグデータの活用意義と、収益向上へ導くキーテクノロジ」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/2/16)

日立、高集積ブレードサーバの新モデルを投入 Hadoop活用支援策も提供へ
日立製作所は、「HA8000-bd/BD10」の新モデルとしてインテル Xeonプロセッサを採用し、ストレージ容量を従来比で約2.3倍に増加させたブレードサーバを発売する。(2012/2/6)

日立、UPS内蔵のストレージサーバを発表――設置面積を32%削減
日立はUPSを内蔵したネットワークストレージサーバ「HA8000/NS10 内蔵UPSモデル」を発表した。(2011/12/21)

1ラックに最大320台、世界最高水準の集積率
消費電力は1Uサーバの5分の1。節電に最適なエントリーブレ―ドサーバ
高集積・省電力を実現する日立製作所のエントリーブレードサーバ「HA8000-bd/BD10」。日立の試算によれば、640台のサーバを運用する場合、1Uサーバ(1U:44.45mm)と比較して年間2100万円もの電気料金が削減できるという。(2011/7/14)

大塚商会、事前検証済みで短期導入できるBIパッケージを発売
大塚商会は、日立製作所とアシストの製品を組み合わせたビジネス分析(BI)ツールとシステム構築サービスをセットで提供する。事前検証済みの構成であり、最短1週間での導入が可能という。(2011/5/12)

中堅企業向けのBIとDWHソリューション――オラクルと日立、大塚商会が共同提供
日本オラクルと日立製作所、大塚商会が中堅企業向けのビジネス分析とデータウェアハウスのソリューションを共同展開する。(2011/4/25)

日立、Hadoopに適したエントリーサーバにiSCSIブートモデルを追加
日立はブレードサーバのエントリーモデル「HA8000-bd/BD10」にiSCSIブート専用モデルを追加する。Hadoopなど分散型システムに向くという。(2011/2/17)

日立、Core iシリーズ搭載のブレードサーバを発表――集積度は業界最高水準
日立はプロセッサにCore iシリーズを採用したエントリークラスのブレードサーバを発表。主にデータセンター/コンテンツ配信事業者に適するという。(2010/7/7)

24台を3台に:
日本オラクルと日立、ブレードサーバとRACによるDBサーバ統合で協業
日本オラクルと日立は、Oracleのデータベースクラスタリング技術と日立のブレードサーバを組み合わせたデータベースサーバの統合について、効果の検証を完了したと発表した。(2009/10/26)

アパレル業界で進む基準対応:
ワコール、流通BMS対応の通信環境を構築
ワコールは流通BMS対応の通信環境を構築した。取引環境がブロードバンド化し、データの送受信速度が向上したという。(2008/11/14)

日立、HA8000シリーズにVMware ESX Server搭載モデルを投入
仮想化環境を標準搭載する。専用領域にVMware ESX Server 3iをプリインストール済みだ。(2008/4/18)

NEWS
日立、PCサーバ「HA8000シリーズ」に仮想化ソフト標準搭載モデルを追加
「HA8000-es/RS210、RS220」のラインアップにVMwareの仮想化ソフト「VMware ESX Server 3i」を標準搭載した「VMware ESX Server 3iモデル」を追加した。(2008/4/18)

VMware ESX Server 3i搭載サーバ機は春に続々登場:
ヴイエムウェア、「サーバ仮想化はもう企業のサーバ導入における標準」
(2008/2/25)

東大に国内最速スパコン クアッドコアOpteronで140TFLOPS
最大理論ピーク性能140TFLOPSと国内最速のスーパーコンピュータシステムを、日立が東大に納入する。クアッドコアOpteronを搭載したサーバ×952ノードで構成した。(2008/1/8)

東大が新たに日立のスパコンを採用――筑波大、京大も新システムを導入へ
昨年末に東京大学情報基盤センターへの導入が決定した日立製スパコンの詳細が明らかになった。(2008/1/8)

省電力化に本腰の日立、5年で33万トンのCO2削減プラン
日立製作所は、省電力化技術と製品の開発を強化し、今後5年間で33万トンの二酸化炭素削減を目指す「Harmonious Green」プランを策定した。同プランを推進するサーバおよびストレージ製品も発表された。(2007/11/5)

従来比23%の省電力化――日立、エコサーバシリーズを追加
日立製作所は、PCサーバ「HA8000シリーズ」のラインアップに省電力化を特徴とした「HA8000-esシリーズ」を追加した。従来製品と比べ23%の省電力化を実現した。(2007/10/25)

DBMS導入事例:HiRDB
大阪証券取引所がHiRDBで実現した「世界トップレベルの応答速度」を誇る新売買システム
大阪証券取引所が2006年2月から稼働させている新売買システムは、国内の証券取引所では初のオープン系として注目を集めたが、今日に至るまで安定稼働を続け、世界トップクラスの応答速度を維持している。DBMSには日立製作所の「HiRDB」が採用され、その高い性能、可用性、拡張性が快適な取引環境を支えている。(2007/9/5)

日立、SAPを短期導入する中堅向けソリューション
日立は、中堅企業向けのSAP ERPパッケージ「HITRY」シリーズに「HITRY/Value Pack」を追加すると発表した。(2007/8/28)

日立がケイデンスEDAツールを全面採用
(2007/4/3)

日立、Woodcrest搭載のサーバ新モデル
日立製作所は、インテルのデュアルコアXeonプロセッサ5100番台(開発コード:Woodcrest)を採用したサーバ製品を発表した。(2006/6/26)

日立がHA8000シリーズを強化、64ビット対応を推進
日立製作所はIAサーバ「HA8000シリーズ」を強化し、EM64T対応プロセッサのXeonなどを搭載したモデルを発表した。(2005/6/22)

日立、IAサーバにEM64T対応Xeon搭載モデルを追加
日立製作所は、「日立アドバンストサーバ HA8000シリーズ」に、EM64T対応Xeon搭載モデルなどラインアップを強化した。(2005/1/13)

日立、BladeSymphony体感のコンピテンス・センター開設
システム基盤BladeSymphonyを体感すべく、日立製作所は実機を基にシステム検証・評価が行える施設を東京・品川に開設する。(2004/12/20)

バンダイ新本社ビル情報系は日立IAサーバ+Windows
(2004/10/15)

2年を経て実現、日立が変わるBladeSymphony
事業所間の製品を統合する新たな「日立ブランド」が生まれた。統合サービスプラットフォーム BladeSymphonyは、オープン化によって複雑化するシステム統合問題に対し、自社製品統合化で真価を見せる。(2004/9/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。