ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hack」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hack」に関する情報が集まったページです。

Hack+Academyで「Hackademy」、経営層向けの説明のコツも:
サイバーセキュリティ教育を多様なレイヤーの人に届けるプロジェクトが発足
有志によるサイバーセキュリティ教育プロジェクト「Hackademyプロジェクト」が活動を開始した。技術者のみならず、経営層などさまざまなレイヤーの人々に向け、サイバーセキュリティの現状と対策を解説していく。(2016/4/8)

YouFab Global Creative Awards 2015 結果発表:
無数のパーツで構成された3Dプリンタ製ワンピース、ジェスチャーで動く5軸CNCマシンが受賞
FabCafe Globalは、デジタルファブリケーション領域のグローバルクリエイティブアワード「YouFab Global Creative Awards 2015」の受賞作品を発表。グランプリ、準グランプリの他、ファイナリスト作品23点を選出した。(2015/12/15)

「サイバー・ハロウィン キャリアトーク」リポート:
青年よ、セキュリティエキスパートを目指せ
2015年10月30日に内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と在日米国商工会議所(ACCJ)が、学生や若手社会人に向けて開催したイベント「サイバー・ハロウィン キャリアトーク」の講演リポートをお送りします。(2015/11/11)

Facebook、GoogleやTwitterらとオープンソースグループ「TODO」を立ち上げ
Facebookがオープンソースのリソース活用を促進する目的でGoogleやDropboxなど9社とともにコラボレーショングループ「TODO」を立ち上げた。また、自社開発したmemchashed用プロトコルルータ「mcrouter」をGitHubで公開した。(2014/9/16)

Oculus、ゲーム用ミドルウェアのRakNet買収と開発者会議開催を発表
HMDメーカーのOculus VRが、SOEやMinecraftも採用するミドルウェアのRakNetを買収し、コードをBSDで公開した。同社はまた、9月に初の開発者会議を開催することも発表した。(2014/7/8)

「Health 2.0 Medical × Security Hackathon 2014」リポート(2)
日本の医療を変える原動力はIT――医療ハッカソンで見た可能性
「医療に革命を起こそう」をテーマにした医療ハッカソン。医療現場が抱える課題解決に向けたアプリ構築に取り組んだ参加者のプレゼンを通して、医療ITの可能性を探る。(2014/5/2)

セキュリティ・ダークナイト(18):
See new world――振り返るとセキュリティ・ダークナイトはいるよ(後編)
セキュリティ・ダークナイトの視点で振り返る特集、後編はアノニマスやハクティビストへ突撃取材したことを振り返ります。(2014/3/31)

Facebook、新プログラミング言語「Hack」をオープンソースで公開
Facebookが社内で使っているPHPベースのプログラミング言語「Hack」をBSDライセンスで公開した。(2014/3/24)

速くて安全:
フェイスブック、HHVM向けの新プログラミング言語「Hack」を発表
PHPと連携して利用できるHHVM向けの新プログラミング言語「Hack」をフェイスブックが公開。開発速度と安全性を両立させつつ、段階的導入も可能な実装になっているという。(2014/3/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。