ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「H&M」最新記事一覧

Hennes&Mauritz

Gartner Insights Pickup(42):
デジタルトランスフォーメーションはスピード感を持って
デジタルシフトが本格化して4年が経過した今、デジタルトランスフォーメーションは「過度な期待」のピーク期にあり、厳しく評価されつつある。そして、ビジネスリーダーの3分の2は、自社が競争力を維持するのにデジタル化のペースを上げなければならないと考えている。(2017/12/15)

手持ちの商品現金化「CASH」再開 “質屋”から「中古品買い取り」に
手持ちの品をすぐに現金化できるiOSアプリ「CASH」が再開。当初は“質屋”のようなアプリと報じられたが、新アプリは「中古品買い取りサービス」としてのあり方を鮮明にした。(2017/8/24)

田中麗奈、珍しいショートパンツ&ブーティ姿 精彩を放つ美脚に称賛の声集まる
服を紹介しているのに足の方に目がいってしまう。(2016/7/10)

GAP、日本の「オールドネイビー」撤退へ
GAPは日本国内の「オールドネイビー」全店を閉鎖する。(2016/5/20)

H&M、日本で公式オンラインショップをオープン 初の「H&M Home」も
H&Mが日本向け公式オンラインショップをオープンした。(2016/4/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国水族館の「シャチのショー廃止」を日本企業が注目すべき理由
米国の海洋テーマパーク「シーワールド」が話題になっている。今後シャチのショーを廃止し、繁殖も終了するということだが、この動きの背景に何があったのか。また、日本への影響はないのか。(2016/3/24)

ぴったり6人集まった:
「おそ松さん」にハマる女子の生態とは? 禁断の座談会スタート
ネットで話題のアニメ「おそ松さん」が人気の理由とは? おそ松ガール6人がその魅力を語り尽くす。(2016/3/1)

街中の人がベッカムの服装を真似した結果シャワー中に大変なことに…… H&MのベッカムコレクションCMのオチが衝撃的
おまわりさんこいつらです。(2016/2/18)

構造的な問題:
ユニクロはどこへ行くのか?
ユニクロが苦戦している。売上減という一過性のものではなく、構造的な問題が起きているのではないだろうか。(2015/8/28)

スピン経済の歩き方:
「しまむら」が「ナチスのマーク付き商品」を売ってしまった理由
衣料品大手「しまむら」の一部店舗で、ナチスドイツのハーケンクロイツをあしらった商品が売られていたので、ちょっとした騒ぎになっている。スペインのアパレルブランド「ZARA」でも同じような問題があったのに、なぜ「しまむら」でも……。(2015/8/25)

H&Mさん何やってるんですか……! 春の新作になぜかいきなり「アニメ柄スウェット」登場
ファストファッションの雄が萌え系に進出!?(2015/3/12)

巨大アパレルの強さ(後編):
ファーストリテイリングは売上高5兆円を達成できるのか
ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、2020年度に売上高5兆円の目標を掲げている。ハードルの高い数字に思えるが、実現する可能性はあるのか。流通コンサルタントの齊藤孝浩氏に話を聞いた。(2015/1/26)

巨大アパレルの強さ(前編):
ユニクロとZARAの違いは? そして世界トップ企業の特徴
ベーシックカジュアルに強みを持つユニクロと、トレンドファッションを全世界で展開しているZARA。街中を歩いていると、両社の看板を目にする機会は多いが、どんな違いがあるのだろうか。流通コンサルタントの齊藤孝浩氏に話を聞いた。(2015/1/22)

「ピエリ守山」がいよいよ明日12月17日にリニューアルオープン YouTubeでCMを公開
「明るい廃墟」の名は返上?(2014/12/16)

視点:
VUCAワールドを勝ち抜くために経営者は何をするべきか?
企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。(2014/12/15)

いよいよ12月17日リニューアルオープンのピエリ守山 イメージキャラクターは元AKB光宗薫さんに
「明るい廃墟」と呼ばれた滋賀のショッピングモール、いよいよ再出発へ。(2014/12/3)

明るい廃墟と話題になった「ピエリ守山」 12月にリニューアルオープン
外資系のファストファッション大型店舗など約150店舗が入る予定。(2014/9/12)

消費者理解コトハジメ:
「イオニスト」と「ららぽーたー」を比較してみた
少し前ですが、巨大なショッピングモールで、休日を家族で1日中過ごす消費スタイルが話題になりました。今回は、イオンモールで過ごす「イオニスト」と、ららぽーとで買い物をする「ららぽーたー」を比較してみます。(2014/9/12)

これからの働き方、新時代のリーダー:
失敗は最高の財産だが、本気の失敗でなきゃ意味がない――ロコンドの復活戦略
初年度の大失敗をふまえてビジネスモデルを練り直したロコンド。2014年度は黒字化に向けて「ニコタマ」戦略を打ち出している。利用者が「ほっこり」する買い物体験はどうなるのか?(2014/5/13)

編集長ヨシオカのドバイレポート:
世界一美しいスターバックスでコーヒーを飲んでみた
さまざまな世界一が集まる豊かな国、ドバイ。「ドバイには世界一美しいスタバがあるらしい」と聞いて、早速一眼レフを抱えて行ってみることにした。世界一美しいスタバで飲んだカフェラテの味は……?(2014/2/13)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
持てる力を現地で立証することで先進国市場を攻略 日立鉄道事業
グローバル化、海外進出というと成長性の高い新興国に目が向きがちである。しかし、現存するマーケット規模から考えると、先進国をターゲットとしてビジネスを展開することも1つの重要なオプションとなる。(2014/1/10)

ブラウザ擬人化ってどこの日本よ、と思ったら海外発! フォトグラファーがモデルで表現
海外のファッションマガジンで。みんなそれっぽい。(2013/8/28)

“独立プロフェッショナル”の仕事術:
第2回 “専門分野を極める”ための、情報収集術と整理術
みなさんは、仕事に役立つ情報をどのように集め、活用していますか? 今回は、業界情報の収集・整理を効率的に行う方法をご紹介します。(2013/7/23)

「月曜日は売れない」のウソ
ユニクロ、しまむら、ZARA、H&Mに学ぶ格競争だけに陥らない経営戦略とは。書籍『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』から紹介します。(2013/4/30)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
AmazonやZARAが実現している「ありえない効率化」
多品種、少量生産が当たり前の小売企業にとって、発注から納品までのスピード感はとても大切。オンライン小売大手のAmazon.comと、ファッションブランドZARAの例を見てみましょう。(2013/3/12)

消費者理解コトハジメ:
LINE女子ってどんな人――データから見るペルソナ図鑑
「LINE(ライン)」は、NHNジャパンが運営するスマートフォン向け無料通話アプリで、全世界で1億、国内でも4000万ユーザーを超えると言われている。今回は「LINE」の女性ユーザーについて、見ていきましょう。(2013/3/8)

【連載】吉田けえなの「見て」「着て」「食べる」マーケティング論:
最新! ロンドンショッピングセンター事情
2011年9月にオープンしたロンドンのショッピングモール「Westfield Stratford City(ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ)」。欧州最大級の大きさを誇るこのショッピングモールに行ってみた。(2012/11/1)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
世界はつながってしまった!
先日、『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』を出版したちきりんさん。海外旅行を始めた25年前と比較して、世界は圧倒的につながり始めていると感じているそうです。(2012/6/4)

仰ぎ見る宇宙世紀:
お台場「ガンダムフロント東京」に宇宙(そら)を見た――実物大ガンダム立像も稼働
4月19日のオープンを前にダイバーシティの内覧会に潜入。ガンダムフロント東京を中心に巡ってみた。(2012/4/17)

消費者理解コトハジメ:
Twitter女子はジブリ好き?――データからみるペルソナ図鑑
気軽にコミュニケーションできるツールとして人気のTwitter。一般人でも数千人以上のフォロワーを集めていることもありますが、利用している女性にはどのような傾向があるのでしょうか。(2012/3/14)

消費者理解コトハジメ:
Facebook女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑
日本でもここ1年で急速に利用者を拡大しているFacebook。トレンドに敏感と言われる女性の中でも、Facebookを利用している人にはどんな特徴があるのか。約3万人の消費行動データを抱える「ぺるそね」での検索結果をもとに分析してみた。(2012/2/23)

それゆけ! カナモリさん:
「Made in Japan」が売れる!? アパレル企業の挑戦
広告費1000万円で60万人の海外ファンを集めたベンチャーアパレルブランドがある。老舗靴下屋はあえて日本円で金額を表示して中国に挑む。2社の共通点は「Made in Japan」にこだわっていることだ。(2011/11/16)

クールなスタイルも「アレ」な格好も自由にコーディネートできる H&Mのフィッティングルームサイトが面白い
普通にかっこいいコーディネートから変態紳士的スタイルまで、H&Mのフィッティングルームでは服を自由に組み合わせて楽しめる。(2011/11/8)

ゆめみ、位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリを提供――大手コンビニなど12企業が連携
米国で400万ユーザーを持つ位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリの提供をゆめみが開始する。日本向けのオリジナル要素を取り入れ、日本企業12社との連動企画も展開する。(2011/11/2)

それゆけ! カナモリさん:
「恋をしましょう」――オヤジを誘うBEAMSポスターのナゾ
誰しも知るオヤジの街・新橋。その最深部ともいうべき烏森の入り口であるJRの駅通路にオシャレな駅貼りポスターが出現した。広告主はセレクトショップのBEAMS。キャッチコピーは「恋をしましょう」だ。ナゼ、新橋にポスターを貼ったのか?(2011/9/14)

foursquareの参加企業が50万を突破
1000万人のユーザー数を誇るfoursquareの「べニューオーナー」数が50万を超えた。(2011/7/7)

女流コンサルタント、アジアを歩く:
生産拠点としてのアジア新興国戦略(後編)
前回の記事では、中国に依存してきた経緯を振り返りながら、「チャイナリスク」とその回避策としての「チャイナ+1」を改めて考察した。そして、アジア新興国にチャイナ+1を求めるとき、やはり、日本企業が求める「品質」が1つの大きなテーマになるようだということが分かった。その点を踏まえ、日本企業は、生産拠点としてのアジア新興国に対して、どのような戦略でアプローチすべきなのだろうか。前稿に引き続き、アパレル産業を通じて考察する。(2011/4/26)

女流コンサルタント、アジアを歩く:
生産拠点としてのアジア新興国戦略(前編)
これまでの記事では、アジア新興国のバングラデシュ、タイ、マレーシアにおいて興味深い産業を取り上げ、わたしが実際に見て感じたことをお伝えしてきた。これらのアジア新興国は、ネクストチャイナ、あるいはチャイナ+1という位置付けで名前が挙げられているわけだが、そもそもチャイナリスクはどこまで迫っているのか?チャイナリスクの回避策としてアジア新興国に進出する場合、何に留意すべきなのか? 本稿および次稿では、アパレル産業を通じて、改めて、それらの点について考察する。(2011/4/12)

伴大作「フクロウのまなざし」:
2011年はどんな年
常日頃、『木漏れ日』と『フクロウの眼差し』という2本のコラムを執筆していて悩んでいる。(2010/12/21)

女性咨询师,走访亚洲:
<中国語版>从亚洲新兴国家——孟加拉走向世界
我独自走访了各个亚洲新兴国,在了解当地现实状况的同时,访问了涉及各个行业的多家企业。在日本我们会经常想当然地把“亚洲新兴国”想象成同一个样子,在实际走访各个国家的不同企业之后,你会发现他们的情况各不相同。(2010/11/26)

女流コンサルタント、アジアを歩く:
アジアの新興勢力バングラデシュは世界への扉
わたしは「アジア新興国」と呼ばれる各国を単独でまわり、現地のリアルな状況を把握すべく、さまざまな産業の企業を訪問している。日本にいると、「アジア新興国」と一括りで考えてしまいがちだが、各国の各産業を生で見てみると、それぞれ状況は異なる。(2010/11/1)

ブランドの新商品やプレゼント情報などを毎月トルカで配信――「iコンシェル プレ・コレ」
DEAN & DELUCA、Francfranc、H&M、IKEA、ISETAN、SHIPS、SHISEIDO、SONY PICTURES、Starbucks Coffeeの9ブランドの情報が、毎月トルカで配信される「iコンシェル プレ・コレ」サービスが始まった。(2010/6/28)

PR:欧州で賞賛された“デザインセンス”でMSIは世界に挑む
X-Slimシリーズが日本だけでなく、欧州や北米、そして新興国でも強烈なインパクトを与えたMSI。その認知度は2010年もとどまらない。その理由をドイツで目撃した!(2010/3/1)

相場英雄の時事日想:
“闇金ウシジマくん”が蠢く……有名ブランドの裏事情
銀座や青山など都心の一等地に進出している海外高級ブランドが苦しんでいる。ユニクロやH&Mといったファストファッションに押され気味だが、有名ブランドで働く従業員も資金繰りに窮している人がいるようだ。(2010/2/25)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
海外で培ったユニクロ勝利の方程式【前編】
積極的なグローバル展開によって売り上げ拡大を図るファーストリテイリング。それを支えるプロモーション戦略に迫る。(2010/1/13)

それゆけ! カナモリさん:
「ニュー」で「ハーフ」な時代をどう生き延びるか
昨今の市場環境を表す二つのキーワードが話題だ。「ニューノーマル」と「ハーフエコノミー」。マーケタ―は今、この二つの時流を的確に捉えた戦略を求められている。(2009/12/16)

それゆけ! カナモリさん:
原宿ファストファッション戦争はどこへ行く?
高級ブランドや百貨店の苦戦が続く中、好調が続く「ファストファッション」。その競争も激しさを増すばかりだが、最後に勝ち抜くのはどこのメーカーか。流行の発信地、東京・原宿を歩いて考えた。(2009/10/21)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「リアルサウンド 風のリグレット」の画面写真を作ってみた
連載第79回は、「リアルサウンド 風のリグレット」(ワープ)。“ゲーム界の風雲児”こと飯野賢治氏の作品です。最大の特徴は、ゲーム画面が一切なく、音だけでゲームが進行すること。でも、この記事まで画面写真がなかったら味気ないので、あえてこのゲームの画面写真を、想像で勝手に作ってみました。(2009/10/16)

Oracle OpenWorld 2009 Report:
財務との連携が引き出すアプリケーションの潜在能力
チャールズ・フィリップス社長が基調講演を務めた。ファーストファッションを例に挙げ、アプリケーションと財務情報のすばやい連携によってビジネスモデル自体を変えられることを紹介した。(2009/10/14)

ふぉーんなハナシ:
「実物大ガンダム」のルート検索に、こんな裏技
突然、実物大ガンダムを見に行きたくなった、でも場所が分からない……。こんな場合でも、簡単にルートを検索できる裏技があります。(2009/8/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。