ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハンディターミナル」最新記事一覧

TOTO、ベトナムの工場でIoT活用の生産システムを構築
「TOTOベトナム」の製造現場に原料とひも付けて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを導入した。(2016/7/21)

DMS2016:
富士ゼロックスがIoT活用で製造品質を見える化、ソリューションとして外販中
富士ゼロックスは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、同社のIoT(モノのインターネット)を活用した生産革新活動を基に開発した製造品質の見える化ソリューション「SCQM」を展示した。既に、エンジンの組み立てラインをはじめ自動車業界などで採用されているという。(2016/6/24)

組み込み/IoT機器開発で使えるWindows(1):
組み込み機器向け「Windows Embedded/IoT」とは?
マイクロソフトの組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」の導入メリットとは? Windows Embedded/IoTの最新情報や活用ポイントを、他の組み込みOSとの違いを交えながら詳しく解説する。(2016/4/26)

製造ITニュース:
中堅・中小規模製造業向け業務システムの分野で協業、新サービスを開始
日立システムズは、カシオ計算機と協業し、中堅・中小規模製造業向けに、ハンディターミナルとクラウドを活用して複数の工場に点在する在庫を「見える化」するサービスを開始した。(2016/2/29)

製造現場向け機器:
現場を救う“堅牢モバイル”市場、開拓に挑むパナソニック
パナソニックは、過酷な現場でも使用可能な頑丈ハンドヘルド「TOUGHPAD」の新製品2機種を発売する。ハンディターミナル・PDA・携帯電話の機能を1台に集約し275gの軽量化を実現したことが特徴。ラインアップ拡充により国内の“堅牢モバイル”市場の二桁成長を目指す。(2016/2/24)

VoLTEにも対応:
バーコードリーダーを搭載しながら世界最軽量を実現するハンドヘルド端末「TOUGHPAD FZ-N1」
主に屋内での利用を想定したハンドヘルド端末「TOUGHPAD FZ-N1」が登場。現場で要望の多かったバーコードリーダーを搭載しながら、275グラムという世界最軽量を実現している。(2016/2/23)

パナソニック システムネットワークス TOUGHPAD:
4.7型液晶搭載で世界最軽量、1台3役のハンドヘルド端末「TOUGHPADシリーズ」
パナソニック システムネットワークスは、ハンディーターミナル、PDA、携帯電話の機能を1台に集約したハンドヘルド端末「TOUGHPADシリーズ」に、Android 5.1.1を搭載した新製品2種を追加した。(2016/2/23)

太陽誘電 WYSAAVKXY-XX-I/WYSACVLXY-XX:
無線制御ソフトウェアを搭載した無線モジュール
太陽誘電は、独自のソフトウェアを搭載した無線モジュール「WYSAAVKXY-XX-I」と「WYSACVLXY-XX」を商品化すると発表した。シリアルポート経由で簡単なコマンドを入力するだけで無線通信ができる。(2015/11/12)

パナソニック、“防爆エリア”での利用も可能な5型タブレット「TOUGHPAD」4機種を発売
パナソニック システムネットワークスは、ガス爆発リスクのある「防爆エリア」での利用を想定した防爆仕様の5型タブレット「TOUGHPAD」4機種の販売を開始する。(2015/10/14)

客と店のできることが融合? 東急ハンズのiPod touch導入記
ITシステムの内製化などに取り組む東急ハンズが、約2300台のiPod touchによる店舗スタッフ向けシステムを導入した。そこでも同社ならではユニークな発想が込められている。(2015/9/18)

配送の便数は倍以上に:
セブン&アイのネットスーパー専用店舗、裏側の仕組みは?
「ネットスーパー」と呼ばれるECサービスを手掛けるスーパーマーケットは多いが、今年3月にセブン&アイHDが開業した「ネットスーパー西日暮里店」は、物流倉庫さながらの専用店舗だった。(2015/8/28)

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(番外編):
情シスはビッグデータやUIプロトタイピングをどのように生かせばビジネス拡大に寄与できるのか
2015年7月2日にオープンストリームおよび豆蔵による共催セミナーが開催。その模様から、情報システム部門がビッグデータやUIプロトタイピングを活用して「ビジネスに寄与するシステム開発」を行う効用を考える。(2015/7/30)

情報技術力と社員力で培われた製品で支える:
PR:スマートフォンやタブレットもIoTの一部――多様化するデバイスの強みをビジネスで積極的に活用できる業務システムの未来
スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、デバイスの単価は下がり続けている。一方で、シーンに応じて複数デバイスを駆使する新たな業務スタイルを、経営者も従業員も求めている。ではこうしたマルチデバイス/マルチプラットフォーム時代、エンジニアとして最新のビジネスニーズをどう捉え、どのようなシステムを作るべきなのか。ハンディターミナルやPDAの時代から、スマートデバイスを活用した業務アプリ開発をベンダーとして支え続けているオープンストリームに、ニーズに応える新たなソリューションとそれを支える社内体制を聞いた。(2015/7/16)

日本酒の流通過程を見える化、おいしい状態で世界へ IBMらが実証実験
温度の変化に敏感な日本酒、おいしい状態で世界へ――。流通拠点の温度や位置の情報を見える化し、クラウドに収集する実証実験がスタートした。(2015/7/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 IoT」とはどのようなOSなのか?
PCやタブレット、スマホ向けの次期OSとして注目されている「Windows 10」。しかし、陰の主役とも言える「Windows 10 IoT(Internet of Things)」はあまり知られていない。現在明らかになっている情報をまとめよう。(2015/5/30)

Home/Pro/Mobileは1年間無料アップグレード対象:
Microsoftが「Windows 10」のエディションを発表――7種類でスマホやIoTもカバー
次期OS「Windows 10」は、Home、Mobile、Pro、Enterprise、Education、Mobile Enterprise、IoT Coreの7つのエディションを用意する。(2015/5/14)

進化する物流ビジネス最前線:
急増する出荷量にファッションECサービス・マガシークはどう対応?
女性向けファッション通販サイト「MAGASEEK」などを展開するマガシークでは、会社設立以来、物流倉庫における大小さまざまなな改善活動に取り組んできた。現在は1日で約8000点の商品を出荷しているが、その数はまだ増え続けていくという……。(2015/4/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
8型より小さい「Windows 10タブレット」で考えられる3つの問題
「Windows 10」とひとくちに言っても、PCや8型以上のタブレット、8型未満のタブレットやスマートフォン、IoTデバイスでは中身が異なる。特に小型タブレットでは注意が必要だ。(2015/2/26)

組み込み開発ニュース:
IoTの短期導入を可能にするセミオーダー型システム、パーソナルメディアが発売
パーソナルメディアがIoTの導入を短時間で実現する、セミオーダーメード型ソリューション「PMCセミカスタムIoT」の受注を開始した。(2015/2/18)

ウェアラブルEXPO:
ハンズフリーで工場作業を容易に! ウェアラブル型ターミナルの示す価値
ウェルキャットは「第1回 ウェアラブルEXPO(装着型デバイス 技術展)」において、2014年11月に販売を開始したハンズフリー型のウェアラブルターミナルをアピールした。工場における部品の受け入れ作業の負担軽減などへ提案を進める。(2015/1/15)

製造IT導入事例:
新工場の短期立ち上げ、ITはどうする? クラウド+iPadを選択したロキグループ
グローバル化の波が押し寄せる中、中堅・中小製造業にとっても海外工場の設置は大きな課題となっている。その時、意外に課題として残るのがバックボーンとなるITシステムだ。マレーシアに海外初の生産拠点を設立したというロキグループでは、総勢5人のIT部門で7カ月という短期導入を実現したというが、その時どういう選択をしたのだろうか。(2014/11/21)

ANA機内販売、Suicaで支払いOKに 
ANAの国内線機内販売でSuicaなど交通系電子マネー支払いが可能に。(2014/9/22)

高い開発効率と低いランニングコストを両立させるには:
PR:タブレット端末向け業務システム開発の最適解を探る
Biz/Browserは業務システムをWeb化する際に、高い操作性と入力生産性を実現するユーザーインターフェースを提供する「業務システム専用ブラウザー」だ。1999年のリリース以来、業務システムのWebアプリケーション化における画面作成・実行ツールとして国内1300社を超える導入実績がある。2004年のハンディターミナル向け「Biz/Browser Mobile」、2012年のタブレット端末向け「Biz/Browser AI」リリースを通じて各種デバイスに対応。さらに2014年の「Biz/Browser AI」のiPad対応により、タブレット端末含め業務に使用されるほぼ全てのデバイスをサポートしている。(2014/9/1)

製造マネジメントニュース:
植物工場の生産管理システムを強化――富士通と小林クリエイト
富士通は、同社が展開する農業クラウドサービス「Akisai」の生産管理サービスに、小林クリエイトの植物工場・施設園芸向け生産管理ソリューション「agis生育管理システム」を加えて発売することを発表した。(2014/7/22)

製品開発インタビュー:
「だって、カッコイイでしょう?」 G-SHOCKっぽいタフ電卓はこうして生まれた
「電卓」という成熟した市場に現れた、G-SHOCKっぽいカシオ計算機のタフネス電卓「fx-FD10 Pro」。土木測量に役立つプログラムを搭載し、屋外の操作でも安心なタフネス性能を備える製品はどのようにして生まれたか。(2014/7/22)

東京東信用金庫、スマホ対応の新営業支援システムを導入
スマートフォンを活用し渉外業務の効率化を実現する新しい営業支援システムを構築。既に全店68カ所への展開が完了している。(2014/6/2)

Windows Phone 8ベースのOS+音声通話も対応:
特定領域の特化で差別化、パナソニックのビジネス“タフ”タブレット戦略
パナソニックがビジネス導入をより工夫した堅牢5型タブレット「TOUGHPAD」新モデルを発表。現場や営業先で立ちながら業務を進行するためのWindowsタブレットとして、通話も可能、頑丈強固で、寒冷/荒天環境でもOK、。ワークスタイルをより広げ、もちろんそれを妨げない工夫を取り入れて展開する。(2014/2/25)

「こうして使う」の段階に:
準天頂人工衛星がみちびく高精度測位情報の活用
2018年の運用開始を目指す準天頂人工衛星による高精度測位情報システムは、「何に使う?」から「こうして使う!」の段階にきた。その実証実験の成果とは? (2013/11/14)

導入事例:
サガミチェーン、142店舗にPOS/オーダーエントリーが中心の店舗システムを導入
サガミチェーンは、フードサービス向けトータルソリューションと自動釣銭機の導入で、業務効率化と顧客満足度の向上を実現した。(2013/10/24)

製造IT導入事例:
腸の健康が世界を救う! ――飛躍への基盤をITに求めた東亜薬品工業の挑戦
「健康の源は腸にある」という理念の下、プロバイオティクス製品の製造・販売を進める東亜薬品工業。新たに新培養棟「カルチャープラント」なども建設しさらなる飛躍へ踏み出そうとしていた。生産能力を高める中で業務の効率化は必須事項だ。飛躍への基盤をITの整備で実現する東亜薬品工業の事例を紹介する。(2013/9/30)

導入事例:
約200店舗向けに提供する「総務備品発注システム」を刷新 ライフ
ライフコーポレーションは、「総務備品発注システム」を約200店舗向けにサービス提供を開始した。(2013/9/26)

FAニュース:
キヤノンMJ、物流・製造・点検業務向けのスキャナ一体型ハンディターミナル発売
最大34時間の長時間動作と、3.5型タッチパネルディスプレイを搭載。500万画素のデジカメ機能も備え、不良品・事故品の詳細を現場で記録できる。(2013/9/10)

モノづくり最前線レポート(38):
「レッツノート工房」に見るパナソニックの強さ――同質化競争を逆手に取れ
コモディティ化が進むPC市場で、逆に「一品一様」など顧客のニーズに応えることで差別化を図るのがパナソニックだ。外部委託が多いPC業界において同社は自社開発、自社生産を貫き強さを見せる。「手づくりレッツノート工房」において、パナソニックAVCネットワークス社ITプロダクツ事業部の事業部長を務める原田秀昭氏および、プロダクトセンター所長の清水実氏に話を聞いた。(2013/9/4)

製造ITニュース:
製造現場をiPadで効率化――B-EN-G、iPhone/iPad活用ソリューションを強化
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、製造現場でiPhone/iPadを活用し、現場での情報の閲覧や入力を促進する「RAKU-Pad」の提供を開始する。また同社の統合アプリケーション「MCFrame」をiPhone/iPadで扱える機能なども提供する。(2013/8/9)

導入事例:
アデランス、生産管理システムの刷新でグローバル標準の生産モデルを確立
アデランスは、フィリピン工場における生産管理システムを刷新。現場の詳細な工程単位で情報を管理できるようにした。(2013/7/18)

DMS2013開催直前! ブース出展情報:
東洋ビジネスエンジニアリング、「MCFrame」のBI機能、グループ管理機能、モバイル対応機能を強化
東洋ビジネスエンジニアリングは、「第24回 設計・製造ソリューション展」において、主力のERP「MCFrame」の機能強化をアピール。グループ管理機能やiPad/iPhone対応、BI機能の追加などの新機能を紹介する。(2013/6/6)

企業のモバイル活用は道半ば、本格利用の分岐点はどこに?
IDC Japanの調査によれば、スマートデバイス向けに業務アプリの提供計画があると回答した企業は、全体の4分の1にも満たないことが分かった。モバイル活用の現状と普及の見通しを、シニアマーケットアナリストの富永裕子氏に聞いた。(2013/5/15)

無線通信技術 RFID:
【ESEC2013】RFIDリーダーもウェアラブルに、タブレット連携も
ウェアラブルな機器は、民生機器やヘルスケアの分野で続々登場しているが、RFIDリーダー端末の業界では、既に5〜6年前から発売されている。業界関係者は、スマートフォンやタブレット端末と連携して使用したいというニーズが多くなっているので、ウェアラブルRFIDリーダー端末は、機能を最小限に抑えた低価格の機種が普及するのではないかとみている。(2013/5/13)

新センター開設でアジア太平洋における小売事業を強化 NEC
NECは、APACの統括会社に「Regional Retail Business Support Center」を設置すると発表した。(2013/3/4)

導入事例:
台湾セブンイレブン、NECの店舗システムを全面導入
台湾セブンイレブンが店舗システムを全面刷新。NEC製のPOS端末1万1000台と発注端末1万台の導入で、サービス向上やコスト削減を目指す。(2013/3/1)

勝手に連載「海で使うIT」:
「インマルサット」「イリジウム」で真冬の海からFacebookに入電せよ
「衛星電話なんて高くてでかくて使えません」というのは過去の話だ。いまや、アマチュア無線より簡単確実で意外と安い。そんな衛星携帯電話でSNSを使ってみた。(2013/1/3)

広州三池、新システム構築で棚卸資産管理を効率化
自動車部品メーカーの三池工業が棚卸資産管理を効率化するシステムを中国・広州の現地法人で構築した。(2012/12/26)

モバイル通信サービス:
NTT Com、OCNモバイルのM2M向け定額料金プラン「M2M 100k d 3G」を発表
NTTコミュニケーションズは、モバイル通信サービス「OCNモバイル」において、月額840円で送受信100kbpsまでの利用が可能な、M2M向け定額料金プラン「M2M 100k d 3G」の提供を2012年11月1日より開始。(2012/11/1)

“紙を生かすタブレット”という新発想――反響呼ぶ、カシオの“全部入り”端末
タブレット端末を導入すると、つい、あれこれとデータを電子化しようとして失敗するケースもある。カシオの業務用タブレットは紙のよさを生かしつつ、デジタル化の恩恵も受けられるよう設計されており、そのコンセプトが注目を集めている。(2012/10/15)

NEC、海外のチェーンストア向け業務管理ソリューションを発売
POSやハンディ、店舗のバックオフィス、本部での管理などのシステム群で構成される。(2012/9/6)

神尾寿のMobile+Views:
「PayPal Here」の展開で、日本の決済市場を進化させる――ソフトバンクモバイル 喜多埜裕明氏に聞く
米PayPalと提携し、スマートフォンを使った決済システムの導入でO2Oビジネスに乗り出すソフトバンク。どのようなビジネスやサービス展開を目指し、そのメリットと波及効果についてどんな見方をしているのか。(2012/8/27)

導入進むiPad利用のカード決済システム、「もっと日本のニーズに根ざしたものに」――フライトシステムの片山氏
iPhone、iPadを使ったクレジットカード決済システムで、来店者を待たせず、その場で支払い処理を――。普及が進む新たな決済手法を、日本のニーズを汲んだサービスに進化させているのがフライトシステムコンサルティングだ。(2012/8/23)

ホワイトペーパー:
中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは?!
流通・卸業・食品卸、医療用品卸などの業種において販売管理業務の効率化や最適化は最重要課題。中堅企業でも業務効率を図る為の業務基盤としてERPが注目されている。販売管理業務を効率化し、なお且つ経営を支え意思決定を迅速化する販売管理ERPを紹介。(2012/7/31)

ジレンマに悩む企業に:
スマートフォンやタブレットを求める社員にどう応えるか
急速に普及が進むスマートフォンやタブレット端末。仕事を効率化できるツールとして期待する社員に対し、企業はこの新しい端末の利便性や管理性に疑問を抱えている現状が浮き彫りになった。(2012/6/25)

ワイヤレスジャパン2012:
注目技術から“AKB風”コンパニオンまで 写真で振り返る「ワイヤレスジャパン2012」
「ワイヤレスジャパン2012」に出展された注目の展示を、各社のブースに華を添えたコンパニオンの写真とともに紹介しよう。(2012/6/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。