ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヒーター」最新記事一覧

「あったかくてきもちいいのにゃ……」 暖房前であたたまる猫ちゃんの“無”な表情と後ろ姿に癒される
マフラー姿もよくお似合いです。(2017/12/7)

省エネビル:
プラズマディスプレイ技術を応用した断熱ガラス、パナソニックが開発
パナソニックは、プラズマディスプレイのパネル技術を応用することで、約6mmの薄さで約3cmのトリプルガラスと同等以上の断熱性能を持つ真空断熱ガラスの開発と量産化に成功したと発表した。(2017/12/7)

Studioシステム:
アルテック、米Desktop Metal製の金属3Dプリンタの国内販売を開始
アルテックは、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、金属3Dプリンタ「Studioシステム」と専用の後処理装置、デバインダーステーション、焼結炉の国内販売を開始した。(2017/12/6)

扇風機に挑む電動うちわ、防御力が高すぎる花粉症対策グッズ 斜め上の発想力でニッチを突き進むサンコーレアモノショップの世界
不思議な商品の数々について取材してきました。(2017/12/10)

JR東海、着雪防止対策の最終仕様を検討
JR東海は、着雪防止対策として台車カバー形状の改良と融雪ヒーター付フサギ板の取り付けを行う。(2017/11/27)

3Dプリンタニュース:
BMD方式金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始、複雑な形状にも対応
アルテックは、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、金属3Dプリンタ「Studioシステム」と専用の後処理装置、デバインダーステーション、焼結炉の国内販売を開始した。この3点で造形が完結できるため、初期投資の削減につながる。(2017/11/27)

あの会社のこの商品:
人気の「コンパクトホットプレート」、開発の舞台裏に迫る
家電は高性能・高機能だけでは売れない。特に女性がメインで使う調理家電は、その傾向が強いといえる。BRUNOの「コンパクトホットプレート」は、ユーザーの多くが女性。一体、何が女性を引きつけているのだろか? 女性人気の高いホットプレート誕生の裏側に迫った。(2017/11/23)

蓄電・発電機器:
0.5秒で水素を検知、触媒不要の超音波センサーを新開発
日清紡ホールディングスは、音速の変化からガス濃度を算出する「超音波式水素ガスセンサ」を開発したと発表した。高速検知と広い測定範囲を特長とする。(2017/11/21)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

お願いだワン キュンキュン鳴きながらおやつをおねだりするワンちゃん
かわいいおねだり。(2017/11/17)

椅子に座りながらぬくぬくしたいキミへ サンコーが「お一人様用こたつ」発売
椅子から離れられなくなる。(2017/11/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
沿線女子が企画、カーペット敷き「汽車カフェ」で女子会しよう
「このままでは廃止されてしまうかも」。ローカル線を活性化するために、沿線の女子が立ち上がった。11月18日に催行予定の「癒やしの汽車旅 木次線 おくいずも女子旅列車」は地元の女性ならではの企画。地域が鉄道と関わるという意味でも重要なイベントだ。(2017/11/10)

Wired, Weird 特別編:
PR:キーサイトの3出力電源『E36312A』を使って電源や温調器を修理してみた
電子機器の修理業務のさまざまなエピソードを紹介しているEDN Japan連載「Wired, Weird」。今回は“特別編”として計測機器メーカーであるキーサイト・テクノロジー製の最新の試験用電源『E36312A』とオシロスコープを使用した修理作業の模様を報告する。修理や機器開発には、やはり良い道具が必要だと思い知らされた――。(2017/11/7)

養命酒を飲むための“こたつ”の存在感がやばい 暖まるだけで元気になりそう
天板が養命酒の箱。通販番組風の動画を作る力の入れよう。(2017/11/4)

車両デザイン:
トヨタのLPGハイブリッドの新型タクシー発売、東京だけで1万台の需要見込む
トヨタ自動車は、タクシー専用の新型車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。1995年に「コンフォート/クラウン コンフォート」をタクシー専用車として投入して以来、22年ぶりの新型タクシーとなる。(2017/10/24)

アルプス電気のハプティクス技術:
イヌの鼓動までも再現、VRでリアリティーを追求
アルプス電気は「CEATEC JAPAN 2017」で、VR(仮想現実)でよりリアルな感覚な再現できる独自のハプティクス技術や、9軸センサー内蔵の野球ボールを投球するデモを披露した。(2017/10/13)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

フランクフルトモーターショー 2017:
2025年に会員数8000万人を見込む、VWのサービスプラットフォーム
Volkswagen(VW)は「フランクフルトモーターショー2017」(プレスデー:9月12〜13日、一般公開日:9月16〜24日)において、モビリティサービスのデジタルプラットフォーム「Volkswagen We(以下、We)」を発表した。(2017/9/19)

電気自動車:
アウディ、電気自動車に太陽電池を実装へ
Audi(アウディ)は、電気自動車ににフレキシブルな薄膜太陽電池を実装する計画を明かした。太陽電池を組み込んだガラス製ルーフの試作品を、2017年末までに完成させる計画だという。(2017/9/1)

水分とカフェイン量をリアルタイムで計測 スマートタンブラー「Ozmo」が国内での先行予約販売を開始
水分補給を見直して体質改善へ。(2017/8/27)

NITE、ペットなど動物による火災事故に注意喚起 小動物・害虫による製品侵入での事故も
大切なペットの命を守るためにも気を付けましょう。(2017/8/27)

パナソニックの型破りな家電! 「脱臭ハンガー」誕生の秘密
パナソニックの「脱臭ハンガー」は、衣類を掛けておくだけで臭いをとってくれる画期的な家電だ。その開発者に経緯を聞くと、驚きのこだわりエピソードがいくつもあった。(2017/8/18)

真空管が付属しない300Bシングル真空管アンプキット、イーケイジャパンから
イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、300Bシングル真空管アンプキット「TU-8600」を9月下旬に数量限定で発売する。手持ちの300Bを有効活用してもらうため、真空管は付属しないキットとした。(2017/8/17)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(5):
PLA、PEI、ABS、そしてABSライク? 3Dプリンタ材料いろいろ
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は、3Dプリンタの材料をいろいろ紹介します。(2017/8/10)

かさばらないポータブル衣類乾燥機
(2017/7/5)

アツアツの料理が簡単に取り出せるオーブントースター、レコルトから
(2017/7/5)

乗り心地、走行性能も向上:
SUBARU、新型「レヴォーグ」発表 アイサイト強化
SUBARUは、ステーションワゴン「レヴォーグ」を大幅改良した新型を8月7日に発売する。(2017/7/3)

DMS2017:
“プリンタ界の巨人”の進撃始まる、閉じられた3Dプリンタビジネスに穴
日本HPは「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」において同社の業務用3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の実機を展示。機能の詳細や使い方、造形サンプルなど紹介。米HP 3Dプリンティング担当プレジデントのステファン ナイグロ氏は「ライバルは射出成形」だと語る。(2017/6/27)

あの会社のこの商品:
鋳造メーカーの炊飯器は何が違うのか 舞台裏に迫る
10万円クラスの高級炊飯器が定着し、家電メーカー各社が開発に力を入れている。このような中で、鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」をヒットさせた愛知ドビーも、「バーミキュラ ライスポット」で参入。異業種からの参入ながら、ユニークなデザインや優れた機能が評価され、快調に売れている。(2017/6/26)

蓄電・発電機器:
精度を維持して消費電力100分の1、東芝が新型水素センサー
水素インフラの普及に伴い、漏えいを検知するセンサーのニーズが高まっている。東芝は従来トレードオフの関係にあった高速検知と低消費電力を両立した新型の水素センサーの開発に成功。さらに既存の半導体製造ラインで生産できるため、低コストに大量生産が行えるという。(2017/6/22)

燃料電池車などを視野に:
東芝の水素センサー、高速検知と低電力を両立
東芝は、センサー膜にパラジウム系金属ガラスを用いた、独自のMEMS構造による「水素センサー」を開発した。高速検知と低消費電力を両立することに成功した。(2017/6/22)

3Dプリンタニュース:
いよいよ日本でも販売する“10倍速い”3Dプリンタ「HP Jet Fusion」、ボクセルで広がる可能性
従来の造形方式と比較して10倍速いという、米HPが独自開発した「HP Jet Fusion 3D」が日本でも販売される。ボクセル単位でのデータが扱えることによって、部品内部に細やかなカラー情報が仕込める他、センサーなども仕込めるようになるとしている。(2017/6/21)

日本HP、低コスト/高速出力が可能な業務用3Dプリンティングソリューションを発表
日本HPが3Dプリンティング事業の開始を発表、業務用3Dプリンティングソリューションの販売を行っていく。(2017/6/20)

太陽光:
「成膜のコストを10分の1に」 GaAs太陽電池の普及へ、低コストな製造法を開発
産業技術総合研究所 太陽光発電研究センターなどは、ガリウムヒ素(GaAs)太陽電池を低コストで高いスループットで製造できるハイドライド気相成長装置を開発したと発表した。(2017/6/16)

Suicaはなぜ「充電なし」でいつまでも使えるのか?
よくよく考えてみると。(2017/6/13)

重さは3g、最大0.1N・mを発生:
印刷で薄くて柔らかいモーターを実現
東京大学の川原圭博准教授らの研究グループは、印刷技術を用いて、薄くて柔らかい軽量なモーターの作製に成功した。ソフトロボットへの応用などが期待される。(2017/5/30)

“柔らかいモーター”、東大など開発 「ベイマックス」的ソフトロボットに応用へ
モーターは柔らかく薄いプラスチックフィルム製。小さな袋に入ったアセトンなどの液体をヒーターで気化・膨張させ、駆動する仕組みだ。(2017/5/25)

蓄電・発電機器:
容量9.8kWhの小型リチウムイオン蓄電システム、伊藤忠
伊藤忠商事は、家庭用リチウムイオン蓄電システムの新モデル「Smart Star L」を2017年5月から発売した。定格容量は、標準世帯における約1日分の消費電力をまかなえる9.8kWhである。(2017/5/17)

IoTスペシャリストを目指そう(11):
第11問 センサーとMEMS
スマートフォンなど小型のIoTデバイスが位置や移動速度といった情報を得るために利用しているのが、各種のセンサーです。非常に小さなそれらはMEMS(微小電気機械システム)と呼ばれ、IoTの実現に欠かせない要素となっています。(2017/5/11)

話題のトースターを使ってみた――バルミューダ「The TOASTER」編
(2017/5/7)

話題のトースターを使ってみた――「Aladdinグラファイトグリル&トースター」編
(2017/5/6)

村田製作所 マイクロヒーター:
1608サイズの小型セラミックヒーター用PTCサーミスタ
村田製作所は、1608(1.6×0.8×0.68mm)サイズの小型セラミックヒーター用PTCサーミスタ「マイクロヒーター」を発表した。熱応答性が高く、対象部位を効率よく温めることができる。(2017/4/24)

MEDTEC Japan 2017:
歯ぐきを人肌に暖めるマイクロヒーター、面の温度分布を測れるサーミスター
村田製作所は、「MEDTEC Japan 2017」において、“ムラタのサーマルソリューション”をうたい、同社製サーミスターを用いた医療器具への適用事例を紹介した。(2017/4/20)

ワコムの新型は天使? それとも鬼子?:
人気プロ絵師による「Cintiq Pro 16」発売直前ガチレビュー
液タブ歴9年のイラストレーター、refeia先生がワコムの新型4K液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」を仕事で使ってみた結果。(2017/4/18)

ハンドドリップの味わいを実現するコーヒーメーカー、2万円で発売
(2017/4/17)

オムロン E5CD/E5ED:
熟練作業者のノウハウをAIで自動化する温度調節機と包装機用温度センサー
オムロンは、生産現場において熟練作業者が行ってきたヒーターなどの温度パラメーター調整をAI(人工知能)関連技術で自動化する温度調節器と包装機用温度センサーを発表した。(2017/4/14)

MEDTEC Japan 2017開催直前情報:
“ムラタのサーマルソリューション”は、ヘルスケア/健康機器向けの超小型素子
村田製作所は「MEDTEC Japan 2017」の出展概要を発表。医療機器の小型化/ネットワーク化トレンドに対して、温度センサーやRFID、小型エネルギーデバイスによるソリューション事例を紹介する。(2017/4/13)

話題の「BALMUDA The Gohan」を“普段使い”してみた
(2017/4/3)

FAニュース:
熟練作業者の温度調整をAIで自動化する温度調節機と温度センサー
オムロンは、生産現場において熟練の作業者が担ってきたヒーターなどの温度パラメーター調整をAIで自動化する温度調整器と温度センサーの新製品を投入する。(2017/3/31)

活性炭3.3倍、空気清浄能力を高めた新しい「Dyson Pure」シリーズ登場
(2017/3/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。