ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立電子サービス」最新記事一覧

日立電サと日立情報、統合会社「日立システムズ」の事業体制を発表
事業セグメント別組織やクラウド、グローバル化に対応する部門を創設する。地域会社も合併する。(2011/9/21)

ホワイトペーパー:
【導入事例】システム運用のプロ中のプロである日立電子サービスが活用するサービスデスクツールとは
顧客満足度No.1企業には卓越したノウハウとツールを使いこなす人財がいる。日経コンピュータ誌における顧客満足度調査(システム運用関連サービス部門)で顧客満足度No.1を獲得する日立電子サービスが、いかに高付加価値なアウトソーシングサービスを提供しているかをご紹介(提供:マクニカネットワークス)。(2011/6/30)

日立電サと日立情報が合併 新会社「日立システムズ」に
日立子会社の日立電子サービスと日立情報システムズが10月1日付けで合併、新会社「日立システムズ」(仮称)に。(2011/3/29)

日立電子サービスと日立情報システムズが合併、「日立システムズ」に
日立電子サービスと日立情報システムズが10月1日付で合併し、「株式会社日立システムズ」となる。(2011/3/28)

TCO削減効果やネットワーク環境を事前に無料調査:
日立電サ、VMware Viewを使用したデスクトップ仮想化
(2011/2/22)

IT製品の購入から保守を一括支援、日立電サが新サービス
日立電子サービスは、PCや資産管理ソフトウェアの購入から保守運用までを手掛けるサービス「Make IT Simple」の提供を開始した。(2010/7/28)

NEWS
日立電サとサイトロック、ITIL準拠の運用管理システムをSaaS型で提供
2008年12月から2009年3月にかけて日立電サとサイトロックが共同実施したSaaS型のITIL準拠運用管理システムの実証実験と開発したβ版の提供結果を基に、メール送信機能やカレンダー機能などを追加・拡張した。(2010/2/12)

日立電子サービス、システム運用の訪問サービスを開始
日立電子サービスは、同社のエンジニアが企業に訪問してシステム運用を代行する新サービスの提供を開始した。(2009/10/15)

日立電サと日立HBMが合併
日立グループの日立電子サービスと日立HBMが10月1日付けで合併する。(2009/7/1)

運用支援サービスでSMB市場に活路:
日立、グループ再編で中堅中小向け事業の拡大狙う
日立製作所はSMB市場での利益獲得を目指し、グループの再編を行う。北海道、四国、九州地域のグループ会社を日立電子サービスの連結子会社にして、各地域でのITの運用サービスを強化する。(2009/2/10)

月額2万6250円から:
日立電サ、マルチベンダー環境の障害検知・自動通報サービス
マルチベンダー環境のシステムの障害を検知し、受付センターに自動通報するサービスを日立電子サービスが販売する。(2009/1/13)

2009年4月に開始予定:
日立電サ、PCデータのバックアップをSaaSで提供
日立電子サービスは、専用のソフトウェアをインストールして、クライアントPCのデータを自動でバックアップするSaaS型サービスを、2009年4月に提供する。(2008/11/13)

システム全体の安全性を効率的に確保する:
PR:セキュリティ脅威の最小化に欠かせないログの分析・活用
情報セキュリティに対する脅威が増大し、法令や基準への対応が求められる今、システムに起きたことを記録するログの重要性が高まっている。しかし、ログをいくら蓄積、収集しても、分析して活用しなければ意味はない。そうしたログについての課題を解決するのが、日立電子サービス(電サ)の「SecureEagle/SIM」である。(2008/10/29)

日立電サ、ITILに準拠したSaaS型サービスデスクを検証へ
ITILに準拠したサービスデスク業務の機能をSaaSで提供するために、サイトロックと日立電サは、実証実験を12月1日に開始する。(2008/10/27)

AdminIT Daily News:
日立電サ、「PCログイン」「紙の印刷」「入退室」の認証管理サービス
PCのログイン、紙の印刷、入退室に認証の仕組みを構築し、オフィス環境を統合的に管理できるサービスを、日立電子サービスが開始した。(2008/10/2)

NEWS
日立電サ、初期費用無料のシステム監視サービスを提供
Webサーバやメールサーバなどの監視メニューをセット化し、初期費用0円、約3週間でリモート監視・運用体制を構築する「ITマネジメントサービス システム監視ライトプラン」を販売。(2008/9/29)

問い合わせをコールセンターで受け付け:
社内ヘルプデスク業務、1台当たり月400円で代行―日立電サ
(2008/8/8)

月額400円で提供:
日立電サ、IT機器の運用業務代行サービスにヘルプデスク機能を追加
エンドユーザーからの問い合わせや作業依頼に対応するヘルプデスク機能を、IT機器の導入から廃棄までを支援するサービス「OFITLCM on demand」に追加した。(2008/8/8)

NEWS
「ユーザーサポート代行します」――日立電サが社内ヘルプデスクの新サービス
これまで提供してきたIT機器運用・管理サービスに加え、ユーザーサポート業務を機器1台当たり400円で支援・代行するサービスを提供開始。自社内に情報システム部門を持たない中小規模の顧客がターゲット。(2008/8/8)

岩手・宮城内陸地震 :
日立電子サービス 宮城県の東北支社に現地対策本部を立ち上げ
日立電子サービスは6月14日8時43分頃に発生した岩手・宮城内陸地震で宮城県の東北支社に現地対策本部を立ち上げた。(2008/6/14)

日立電子サービス、CSR報告書2008を発表
日立電子サービスは、2007年度のCSR(企業の社会的責任)活動をまとめた「日立電子サービスCSR報告書2008」を同日付けで発行した。(2008/6/11)

事例 情報システムサポート企業のFSM:
サービス案件情報を一元管理して「提案の幅」広げる
日立電子サービスは、顧客の多様なニーズに対応するため、統合サポートサービスの社内情報インフラとなる『Field Services Managementシステム』を構築した。(2008/5/2)

日立電サ、ネットワーク機器監視ソフトをSSH対応に
セキュリティ要求の高い顧客向けに「Configvisor」へSSH対応機能を追加した。(2008/4/24)

日立電サ、ログ管理製品にセキュリティ管理代行機能を追加
日立電子サービスは、統合セキュリティログ管理ソリューションにシステム運用のサポートといった新機能を追加し、提供を開始した。(2008/4/1)

日立電サ、データセンターの省電力化サービスを提供
日立電子サービスは、データセンターやサーバルームの電力を削減するサービスを4月に提供すると発表した。(2008/3/17)

NEWS
診断から監視まで、日立電サがサーバルームの省電力化サービス
「診断」「対策」「監視」のPDCAサイクルを回すことで、データセンターやサーバルームの省電力化への継続的な改善を支援する。(2008/3/17)

日立電サ、ハンズフリーの入退室管理システムを発売
日立電子サービスは、アクティブ型ICタグを利用して、人体やICカードを装置にかざさなくても入退室管理ができるシステムを発売する。(2008/2/27)

NEWS
日立電サ、アクティブ型RFIDによるハンズフリー認証の入退室管理システム
物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor 入退室管理システム」を機能強化。「アクティブRFIDタグ型認証機能」のサポートによりハンズフリーでの入退室が可能になった。(2008/2/27)

日立電サ、横浜市の小学校にIT教育を実施
日立電子サービスは、横浜市立品濃小学校6年生を同社のコンピュータシステム技術学校に招き、PCの分解や組み立てなどの体験教育を実施した。(2007/11/21)

日立電サ、ITIL資格取得の取り組みを発表
日立電子サービスは、社員のスキルアップと資格取得の一環として行っているITIL資格取得計画の状況と今後の目標を発表した。(2007/11/15)

日立電サ、ネットワーク機器の自動管理ソフトを機能拡張
日立電子サービスは、ネットワーク機器の設定情報を自動管理するソフトウェア「Configvisor」の機能拡張を発表した。(2007/11/8)

日立電サ、社内情報インフラ「FSM」を全国運用
日立電子サービスは、「統合サポートサービス」を提供する社内情報インフラを同社ならびにグループ企業で運用開始した。(2007/10/26)

NEWS
日立電子サービス、自社のサービス提供インフラを刷新、全国運用を開始
サービス案件情報の一元管理を実現する社内情報インフラ「Field Services Managementシステム」の開発を終了。構築は日立製作所、日本オラクルと共同で実施(2007/10/26)

日立キャピタルと日立電サが協業、オフィスIT機器の運用管理サービス
日立キャピタルは、日立電子サービスと協業し、オフィスIT機器の導入から物件処分までを代行するサービスを中小企業向けに行うと発表した。(2007/10/10)

日立電サ、BCM対応のセンターを名古屋と広島に開設
 日立電子サービスは、BCM対応のロジスティックセンターを名古屋と広島に開設した。(2007/10/1)

日立電サ、オフィスIT機器導入の一括代行サービスを開始
日立電子サービスは、オフィス用IT機器の導入から廃棄までを代行するサービスを開始した。(2007/8/9)

日立電子サービス、体験型ショールームをリニューアルオープン
4月12日、日立電子サービスは、ユーザーとインタラクティブな情報交換をすることで問題や課題の解決を支援する「でんさソリューションプラザ」をリニューアルオープンしたと発表した。(2007/4/12)

日立電サがログ統合管理ソリューションを強化、「JP1」「秘文」との連携を実現
日立電子サービスは、セキュリティログの統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」と「JP1」「秘文」などとの連携機能を強化した。(2007/4/5)

セキュリティ機器とクライアントPCのログを包括的に監視し分析、日立電サ
日立電子サービスは3月30日より、同社のセキュリティ管理/分析サービス「SecureEagle/SIM」に、日立ソフトの「秘文MEシリーズ」を連携させた新しいサービスを開始する。(2007/1/25)

日立電サ、データ保護システムで顧客からの持ち帰り情報の漏洩防止
日立電子サービスは、顧客から預かった情報の保護を目的に、USBメモリなど外部媒体に保存されたデータの暗号化システム「CarrySafe」を導入した。(2006/12/20)

企業活動を支えるオフィス環境は万全か?
PR:オフィスの変革をワンストップでサポートするトータルソリューション
イノベーションの実現は、企業活動のインフラであるオフィス環境が鍵になる――。それが、「オフィスのトータルソリューション」を展開する日立電子サービスが導き出した答えだ。そこで今回は、企業の変革を促すオフィス創りについて話を伺った。(2006/12/1)

万が一のときもWebシステムは安心か?
PR:サーバーの可用性と耐障害性を実現 自律分散型ロードバランサ 「enpia STM」
「負荷分散にはハードウェアのアプライアンス製品」という常識は、もはや古い考え方なのかもしれない。日立電子サービス株式会社が提供するトラフィック管理ソリューション「enpia STM」は、新しいアーキテクチャで、これまでにない自律型ロードバランシングを実現するという。はたしてそれはどんな仕組みなのか。その秘密に迫る!(2006/10/4)

セキュリティログは有効活用されているか?
PR:低コストでログの一元管理を実現 セキュリティ統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」
今、企業にとってはセキュリティログの管理とその活用がますます重要になってきている。さまざまな法的規制や内部統制への対応には、セキュリティインシデントの原因特定や監査証跡として不可欠となるからだ。そこで今回は、時代の要請に応えて日立電子サービス株式会社が提供しているセキュリティ統合管理ソリューションSecureEagle/SIMについてお話を伺った。(2006/9/4)

会議のために無駄な時間が生じていないか?
PR:効率的なコミュニケーションでスピードアップ テレビ会議ソリューション「Visual Communication」
言語や音声だけではわからない微妙なニュアンスも相手の顔を見れば伝わることがある。このような質の高いコミュニケーションを支援するのがテレビ会議システムだ。最近は急速に普及が進んでいるというが、はたして導入のメリットは何なのか。テレビ会議ソリョーション「Visual Communication」を提供する日立電子サービス株式会社にその魅力を伺った。(2006/8/3)

大量のログを分析して重要なインシデントを警告、日立電子サービス
日立電子サービスは、さまざまなセキュリティ機器が生成するログ情報を収集、分析し、重要なインシデントを警告するサービス「SecureEagle/SIM」の販売を開始した。(2006/7/24)

あなたの会社の物理セキュリティは大丈夫か?
PR:効果的・効率的な遠隔監視を実現せよ 物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor III」
情報セキュリティの日進月歩の影で見落とされがちなのが物理セキュリティ。しかし、実は両者は補完し合う存在だ。より高度な情報セキュリティのためには、それに見合った物理セキュリティの実現が欠かせない。今回は日立電子サービス株式会社が提供する物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor III」 についてお話を伺った。(2006/7/3)

オフィス全体の物理セキュリティを統合管理、日立電子サービス
日立電子サービスは、同社が提供する物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor III」に関する説明会を開催した。(2006/2/9)

日立電サが物理セキュリティ監視システムを強化、ATM盗撮カメラも検出
日立電子サービスは1月20日より、ATM盗撮カメラの検知も可能な物理セキュリティ管理/監視システム「Webvisor III」の販売を開始する。(2006/1/16)

ITILは日々の取り組みの延長にすぎない――日立電子サービス
日立電子サービスは「ITILをうまく活用できない。何故だ?」と題したセミナーを通じて、ITILの現状と課題、そして効果について説明した。(2005/8/27)

日立がサポート子会社2社を統合、再編時代の乗り切り狙う
日立の100%子会社である日立電子サービスと日立オープンプラットフォームソリューションズ(日立OPSS)が、10月1日付けで合併する。(2005/7/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。