ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立ソリューションズ」最新記事一覧

2010年10月1日、日立ソフトウェアエンジニアリングと日立システムアンドサービスが合併。

日立ソリューションズ東日本 SynCAS 3.0:
PSI計画支援ソリューションの新版登場、卸売・小売業者向けに
日立ソリューションズ東日本は、発注計画支援ソリューションの最新版「SynCAS 3.0」を2016年5月初旬に発売する。(2016/4/21)

日立ソリューションズ CylancePROTECT:
製造業で実績のあるAI技術を活用したマルウェア対策製品
日立ソリューションズは米Cylanceとエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結。2016年4月19日から販売を開始すると発表した。(2016/4/20)

動向調査:
「在庫過多」は、販売計画精度の低さや属人的オペレーションなどが原因
日立ソリューションズ東日本とジェムコ日本経営は、「製造業における在庫にまつわる課題の動向調査」の調査結果を発表した。(2016/4/20)

定義ファイル不要のマルウェア防御――HISOLとCylanceが提供
日立ソリューションズと米Cylanceが提携し、HISOLが定義ファイルを使わないCylanceのマルウェア防御製品を国内販売する。(2016/4/18)

制御システムセキュリティ:
未知の脅威を人工知能でつぶす、工場でも使えるマルウェア対策
日立ソリューションズは2016年4月18日、米国Cylance社とエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結したと発表した。日立ソリューションを通じ、同製品の日本国内販売を同年4月19日から開始する。(2016/4/18)

製造ITニュース:
卸売・小売業向けに発注計画支援ソリューションの最新版を発表
日立ソリューションズ東日本は、発注計画支援ソリューションの最新版「SynCAS 3.0」を、2016年5月初旬に発売する。過去の販売実績や販売予測から、適正な在庫基準値・推奨発注数量を自動で算出できる。(2016/4/11)

製造ITニュース:
「製造業における在庫にまつわる課題の動向調査」の結果を発表
日立ソリューションズ東日本とジェムコ日本経営は、「製造業における在庫にまつわる課題の動向調査」を実施し、その調査結果を発表した。販売計画精度の低さや属人的な対応などが課題として挙がっている。(2016/4/7)

日立ソリューションズ BSSsymphony:
各種要件に柔軟に対応できる製造・流通業向け顧客管理/課金/請求ソリューション
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。(2016/3/18)

製造ITニュース:
顧客管理・課金・請求ソリューションの最新版を販売開始
日立ソリューションズは、製造、流通業向けの顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の最新版を発表した。多様なサービス形態、料金体系に対応し、購入・利用履歴による顧客嗜好や消費動向などの分析業務も支援する。(2016/3/15)

製造ITニュース:
異常在庫の早期発見に役立つ在庫可視化ツールを発売
日立物流ソフトウェアは、倉庫管理システム「ONEsLOGI/WMS」に、日立ソリューションズ東日本の生販在調整・在庫可視化ソリューション「SynCAS PSI Visualizer」を組み込んだ在庫可視化ツール「ONEsLOGI/Visualizer」を発売した。(2015/11/12)

組織の壁を越えて顧客の声を共有:
日立ソリューションズが「顧客協創型商品企画ソリューション」を発表
日立ソリューションズは2015年10月21日、顧客の声をメールやシステムから収集・分析し、商品開発やマーケティング活動に生かす「顧客協創型商品企画ソリューション」を12月1日から販売すると発表した。(2015/10/22)

製造ITニュース:
製造現場から経営マネジメントまで、ノウハウを体系化したソリューション
日立ソリューションズは、「グローバル製造業向けトータルソリューション」を2015年9月7日から提供する。顧客の課題や事例を体系化したソリューションを有機的につなぐことで、新たな価値を提案していく。(2015/9/15)

マイナンバーを隠して安全管理、日立ソリューションズが製品化
日立製作所の秘匿検索技術を使って企業で収集されたマイナンバーをサイバー攻撃などから保護する。(2015/9/8)

DMS2015:
未来を予測! グローバル製造現場のデータ活用――日立ソリューションズ東日本
日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」でプロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や予測分析ソリューション「SPSS Modeler」などを展示。製造業におけるデータ活用の重要性をアピールした。(2015/6/30)

暗号化ソフト「秘文」が刷新、マルウェア対策を搭載
日立ソリューションズが情報漏えい対策製品「秘文」を刷新する。(2015/6/24)

DMS2015開催直前! ブース出展情報:
製造現場のビッグデータ活用、“可視化と分析”で支援する日立ソリューションズ
日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や需要予測ソリューション「ForecastPRO」など、製造現場で求められつつあるビッグデータの活用にフォーカスしたさまざまな製品を紹介する。(2015/6/3)

マイナンバー対策、番号管理からセキュリティまでをトータルで 日立ソリューションズが提供
日立ソリューションズが、マイナンバーの管理からセキュリティ対策までをトータルで支援するサービス「マイナンバーソリューション」を提供開始した。(2015/4/17)

顧客と営業担当者のやりとりを全社共有:
日立ソリューションズ、バイオテクノロジー商社のベリタスに「Microsoft Dynamics CRM」を導入
日立ソリューションズは3月26日、バイオテクノロジー商社のベリタスの顧客情報管理システムを「Microsoft Dynamics CRM」で構築したことを発表した。(2015/3/30)

CoNETS参画の8社、小学校の指導者用デジタル教科書とビューワの提供開始
CoNETSは、デジタル教科書の普及などを目的に教科書会社12社と、日立ソリューションズが設立したコンソーシアム。(2015/3/20)

グローバルビジネスに活用:
日立ソリューションズ東日本のテキスト分析システム、英語/中国語にも対応
日立ソリューションズ東日本は2月16日、コールセンターに寄せられたコメントや意見、クレームなどのほか、製品の故障報告、特許情報などあらゆるテキスト分析を可能にするテキストマイニングシステム「CoreExplorer(コアエクスプローラー)」の最新版「CoreExplorer 3.0」をリリースした。CoreExplorer 3.0では従来の日本語テキストに加え、中国語/英語に対応し、さらに分析機能が強化されている。(2015/2/16)

PR:これからの企業に求められるのは“顧客コミュニケーション”――実現に向けたヒントとは?
日立グループで多種多様なITソリューション提供を担う日立ソリューションズ。同社は2012年にCRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM」の事業を本格化し、わずか2年でグローバルで屈指の実績を上げている。これほど短期間で大きな成果を上げられたのはなぜか。そして日本企業がグローバル進出を成功させるヒントとは――。日本マイクロソフトでDynamicsビジネス本部長を務める日隈寛和 執行役が、日立ソリューションズの井上雅行 常務執行役員に聞く(以下、敬称略)。(2015/2/16)

日立ソリューションズ、VMware上で動作する指静脈認証+シングルサインオン製品
日立ソリューションズは、指静脈認証装置とシングルサインオンソフトウェアを組み合わせ、「VMware Horizon」上で動作可能な製品の提供をはじめた。(2015/1/20)

「先を読む」予測分析力をビジネスの最前線に:
PR:ビッグデータは製造現場で分析・判断できる時代に突入した
データの中から何か役に立つ情報を見つけることは、目新しいことではない。自分のPC上でデータをグラフ化して、傾向や状態を可視化するのは、誰でも経験があるのではないだろうか。近年取りざたされる「ビッグデータ」は、単にデータ量が桁違いに膨大であるということだが、それゆえに得られる情報も無限に近い。今、その巨大な情報源を製造業の現場でも扱えるソリューションが、日本アイ・ビー・エムと日立ソリューションズ東日本のコラボによって提供されている。(2014/12/25)

日立ソリューションズが「秘文」を刷新、ファイル拡散を防ぐ新製品も
企業間連携の拡大やセキュリティ脅威の複雑化を背景に、情報漏えい防止ソリューション「秘文」のコンセプトを刷新し、製品体系を2015年春に一新する。(2014/11/27)

ET2014 開催直前情報:
日立グループで培ったノウハウで「組込み技術とIT技術の融合」をサポート、日立ソリューションズ
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、日立ソリューションズは日立グループで培ったノウハウを基に「組み込み技術とIT技術の融合」をテーマとした「組合せの妙」を披露する。(2014/10/31)

製造ITニュース:
ジェムコ日本経営と日立ソリューションズ東日本が在庫管理分野で協業
ジェムコ日本経営と日立ソリューションズ東日本は、在庫管理分野での協業を開始し、在庫管理診断サービスの提供を開始する。(2014/10/21)

製造ITニュース:
日立ソリューションズ東日本、ビッグデータ対応の在庫可視化システム提供開始
バッチ・画面描画アルゴリズムを最適化することで、計算処理に必要な時間を大幅に短縮。約9万件のSKUを用いた計算処理では、現在の15倍以上に性能が向上した。(2014/9/26)

製造ITニュース:
日立ソリューションズ東日本、成果物管理システム最新バージョンを提供開始
各業務プロセスとそれに対応する業務データ・成果物を一体化して蓄積・管理するシステム。Windows8.1 Pro/Enterprise 32bit/64bit、Microsoft Internet Explorer11などの最新プラットフォームにも対応している。(2014/8/6)

製造マネジメントニュース:
日立ソリューションズ東日本、計画管理機能を強化したプロジェクト管理ツールの新版を発表
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2(シンビズエスツー)」の新バージョンを発表した。計画の変更管理機能などが強化され、スケジュールの変更や確定を把握するのための作業負荷が削減できるという。(2014/6/20)

Windows Server 2003の脆弱性を仮想パッチで保護、日立ソリューションズが新サービス
日立ソリューションズは、Windows Server 2003向けの脆弱性保護サービスを開始する。個別要件に基づく仮想パッチも提供する。(2014/4/14)

CRMソリューション体制強化:
日立ソリューションズ、欧米でのMicrosoft Dynamics CRM事業強化に向け米Customer Effectiveを買収
日立ソリューションズのグループ企業であるHitachi Solutions America, Ltd.が、欧米でのMicrosoft Dynamics CRM事業強化に向けて、米Customer Effectiveを買収した。(2014/4/3)

製造ITニュース:
日立ソリューションズグループ、北米向けにMicrosoft Dynamics AXテンプレート提供
組み立て加工製造業向けテンプレート「SYN//AX」の提供を開始する。Microsoft Dynamics AXの生産管理データを可視化し、生産計画立案の効率化が可能に。(2014/3/10)

企業内ストレージとAmazon S3の連携サービス、日立ソリューションズが提供
日立ソリューションズは、企業内のストレージとAmazon S3を連携させるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」を提供する。(2014/3/5)

すべての企業にクラウドを:
PR:オープンなクラウドを目指す団体OSCAが「OpenStack」の運用検証レポートを公開
オープンなクラウドを推進する団体「OSCA(Open Standard Cloud Association)」のメンバーであるデル、日立ソリューションズ、レッドハットの3社が、オープンソースのクラウド基盤である「OpenStack」を用いてプライベートクラウドの実システムを構築し、運用上の注意点を検証したレポートを公開した。OpenStackが求められる背景や今回の運用検証レポートについて、3社から話を聞いた。(2014/2/28)

サポーターの心つかむ:
日立ソリューションズ、ジュビロ磐田に「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を提供
サポーターズクラブの活性化を目的に、プロモーションから会員管理、ポイント管理、データ分析など、ファンビジネスを支援する機能をクラウドでトータルに提供。O2Oマーケティングを実現する。稼働は今年3月1日を予定。(2014/2/19)

製造ITニュース:
日立ソリューションズ東日本、在庫可視化ソフト新版で需給調整機能を強化
SynCAS PSI Visualizer Ver.3.0では、需給調整業務の効率化につながる機能を強化。従来の時系列グラフ表示に加えて、在庫の計画値・実績値・回転率などの評価指標をXY軸に取った散布図表示を可能にした。(2014/2/10)

「Salesforce」「QlikView」連携も:
日立ソリューションズ、タブレット型マーケティング支援ソリューションをWindows 8に対応
日立ソリューションズは、同社が提供するタブレット型マーケティング支援ソリューション「Interactive-Proサービス」において、Windows 8に対応した最新版の提供を、1月24日から開始することを発表した。(2014/1/24)

トレンドキーワードを先取り:
ライトアップ、SEO対応のコンテンツ・マーケティング「トレたね」の提供を開始
ライトアップは、日立システムズ「Smart Business Gateway ソーシャルデータ活用・分析サービス」の結果を基にSEOに対応したテキストコンテンツを提供する。(2013/12/19)

デファクト環境に付加価値を付ける:
日立ソリューションズがAWS環境のセキュリティおよび運用監視サービスを開始
日立ソリューションズが、パブリッククラウドサービスのデファクトスタンダードになりつつあるAWS環境に、企業利用向けの付加価値を付けて提供するサービスを発表。トレンドマイクロと協業する。(2013/12/2)

組み込み開発ニュース:
組み込み機器向けDB「Entier」が、スマートデバイス向け地図アプリに採用
日立ソリューションズは、インクリメントPのスマートデバイス向けの地図アプリケーション開発キット「MapFan SmartDK」およびAndroid向けのオフライン地図ナビゲーションアプリ「MapFan for Android 2013」の地図データベースに、組み込み機器向けデータベース「Entier」が採用されたことを発表した。(2013/11/19)

クーポンなどの配信機能:
日立ソリューションズ、O2Oを支援する小売向けCRMのクラウド提供を開始
日立ソリューションズは11月14日、O2Oマーケティングを支援する小売業向けソーシャルCRMサービス「ReBee」をクラウド経由で提供することを発表した。(2013/11/15)

ET2013 開催直前情報:
“組み込み技術とITの融合”でデータから価値を生み出す――日立ソリューションズ
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、日立ソリューションズは組み込み技術とITを融合させたソリューションを披露する。(2013/10/25)

マシンデータを統合/可視化:
日立ソリューションズ、ビッグデータ利活用基盤ソリューションを提供開始
ソーシャルメディアデータ分析によるマーケティング活動や機械装置の稼働データ分析による故障率予測など、企業におけるビッグデータ利活用を支援する。(2013/10/18)

製造ITニュース:
日立システムズ、生産・販売管理システムの機能を強化――他社製品と連携が円滑に
日立システムズは、製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のラインアップのうち、「製造業向け生産・販売管理システム」と「卸売業向け販売管理システム」の機能を強化した。(2013/9/16)

北大ベンチャー企業と共同:
日立ソリューションズ、観光情報とソーシャルメディアの連携機能を開発
日立ソリューションズは9月9日、北海道大学初ベンチャーの調和技研と協力し、ソーシャルメディアの投稿を自動収集して投稿された地域の情報をスマートフォンで配信する観光ガイド機能を開発したと発表した。(2013/9/10)

「デジタル教科書のスタンダードを目指す」 教科書会社12社が連携、共通プラットフォーム開発へ
教科書会社12社と日立ソリューションズが連携し、デジタル教科書の共通プラットフォームの開発と普及に取り組むコンソーシアム「CoNETS」を発足した。15年春にマルチOS・多デバイス対応の専用ビューワ運用を目指す。(2013/9/5)

高速ビッグデータ分析:
日立ソリューションズ、「Oracle Exalytics」関連ソリューションを10月から提供開始
日立ソリューションズは8月20日、日本オラクルが提供する高速データ分析マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine(Oracle Exalytics)」関連ソリューションを2013年10月1日から開始すると発表した。(2013/8/21)

扱いやすさとサポートが魅力:
PR:ビッグデータ導入のプロも評価する「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」とは?
16年以上にわたりビジネスインテリジェンス(BI)分野のソリューションを提供してきた実績を持つ日立ソリューションズ。同社では、BIソリューションを体系化した「BIコンシェルジェサービス」の主力製品として、日立の高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」を位置づけている。(2013/8/2)

日立ソリューションズの「IT用語辞典」が妙にマニアック IT用語とはいったい…… ※追記
なお「くりいむレモン」は消されてしまったもよう。(2013/8/1)

DMS2013 レポート:
見えてるつもりで見えていない?――現場の“見える化”進めるSAP、日立、B-EN-G
ITシステムの導入などで“見える化”が進む設計・製造現場だが、実際にはまだまだ見えていない部分も多い。DMS2013では、SAPや東洋ビジネスエンジニアリング、日立ソリューションズが各種“見える化”ツールの提案を行い、人気を集めた。(2013/7/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。