ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家事」最新記事一覧

きっかけは入院時に支えてくれた『ジョジョ』 とある育児漫画の激変ぶりが話題に 「何が起きた」「最初はほんわかしてたのに」
よーしよしよしよしよしよしよしよし(褒めて伸ばす)。(2018/2/22)

排水口の嫌な臭いを取る方法、教えて!
(2018/2/22)

“日本が知らない”海外のIT:
“食品ロス”どう減らす? 「食糧難」解決する世界のスタートアップたちの今
世界的に食糧難に対する不安が広がる中、世界のスタートアップたちは食料廃棄の削減を目指して活動をしているという。(2018/2/19)

“家事代行のイマ”を聞く:
家事代行サービスは「家事をしすぎている日本女性」を救えるか?
家事をしすぎている日本女性。家事の負担は社会進出が進む女性の“重石”となっている。対応策として期待されている「家事代行サービス」のイマをCaSyの加茂雄一CEOに聞いた。(2018/2/14)

Weekly Memo:
AI時代に最も求められるスキルは
ビジネスパーソンはAIやロボット技術にどのような期待や不安を抱いているのか。AI時代に求められるスキルとは何か――。日本能率協会の最新調査を基に考察してみたい。(2018/2/13)

女性の働きやすさを本気で追求:
反響の声続々 「出戻り大歓迎」のドラッグストア
「出戻り歓迎」「正社員やパートといった雇用区分の変更を柔軟に」――。北海道の大手ドラッグストアが画期的な人事制度を発表した狙いとは?(2018/2/9)

モテる男の条件が変化:
「3高」はもう古い? 現代女性が結婚したい「3優男子」とは
現代の若い女性が考える「結婚したい男性」の条件は?――ジェーシービー(JCB)調べ。(2018/2/7)

冷蔵室が2つめの冷凍室に 大胆なアップデートを目指す、日立のコネクテッド家電
日立アプライアンスがWi-Fi対応のロボット掃除機を含む3つの新製品を発表。合わせて日立の家電が目指す方向性を語った。(2018/2/1)

もはや「当然」:
日立の家電、“省エネ”前面アピールやめた理由
日立アプライアンスが、新コンセプトに基づいた家電を発表。うち2製品はコネクテッド家電で、スマホアプリで操作できる。多様化する顧客ニーズの変化に対応する狙い。(2018/2/1)

不在時でも宅配受け取り スマートロック完備の“IoTマンション”登場
スマートロックを完備した“IoTマンション”が登場。スマホ連携する監視カメラも備え、自宅にいなくても安全に宅配物を受け取れるという。(2018/1/30)

目が不自由な人にも本を届けたい:
“耳で読む本”「オーディオブック」が急成長した理由
“耳で読む本”が人気だ。オーディオブックコンテンツを配信するサービス「FeBe」の会員数は、12年が約7万5000人、15年が約15万人、18年が30万人と急成長している。その理由とは。(2018/1/30)

引越し前後の手続きを簡単チェック! 電気、ガス、保険、銀行……あと、なんだっけ?
「引越し前」「引越し後」に必要な手続きをまとめました。(2018/2/1)

「人をダメにするソファ」が食事からスマホの充電まで世話してくれる空想漫画が桃源郷 これならダメになってもいいや〜
好みの番組を録画しておいてくれたり、本棚の漫画を整えてくれたり……こりゃあダメになるわ。(2018/1/26)

引越し業者を選ぶときのポイント、教えて!
信頼できる業者を見つけるためのチェックポイントをご紹介。(2018/1/25)

引越し費用を抑えるためのポイントは?
シーズン、時間帯、移動距離など料金に影響するポイントをご紹介します。(2018/1/18)

めんどくさい? 税率高すぎ? 仮想通貨の確定申告、税理士に聞いた
「仮想通貨の確定申告は、どうすればいいの?」「申告しないとどうなるの?」――ITに詳しい税理士の杉山靖彦さんに聞いた。(2018/1/13)

服の片付けや不要チラシの始末など「名もなき家事」の価値は? 大和ハウスが「家事年収シミュレーター」公開
「家事」として認識されにくい細かな作業まで含めた作業による負担を、賃金の形で示します。(2018/1/11)

2017国際ロボット展レポート:
ヒューマノイドに再び脚光、コンビニ店員ロボも――iREX2017サービスロボットレポート
過去最大規模の開催となった「2017 国際ロボット展(iREX2017)」。本稿では、会場の4分の1ほどの面積を占めていたサービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。注目を集めていたのは、トヨタ自動車と川崎重工業が展示した新型のヒューマノイドロボットだ。(2018/1/10)

毎日の家事、年収にするといくら? 大和ハウス工業が「家事年収シミュレーター」公開
大和ハウス工業が毎日の家事に必要な労力を年収に換算する「家事年収シミュレーター」を公開した。(2018/1/9)

家事もこなす夫に「結婚して損ばっかりでごめんね」、返ってきた一言は 新婚生活のエッセイ漫画に共感の声
Twitterで人気のエッセイ漫画家・kusaoさんの「なんでもない絵日記」が話題に。(2018/1/2)

「仕事が楽になる」とは限らない:
“残業減ると競争が激しくなる”? 「働き方改革」のオモテとウラ
2017年は「働き方改革」が大きな注目を集めた。多くの企業がテレワークなどの施策を取り入れ、労働時間の短縮を図った。この流れがさらに加速する18年、ビジネス界はどう変わるのだろうか。(2017/12/31)

疲れたOLを中古の家事ロボット(おっさん)がひたすら癒す漫画に癒やされる こんなおっさんロボがほしい……
どこで売ってますか……?(2017/12/29)

忙しい時期も楽しくタスクをこなす方法! お母さんの作る「家事・お片付けビンゴ」に「真似したい」「発想が素晴らしい」の声
ステキなお母さまです。(2017/12/29)

お風呂のカビ取りもカーペットのダニ退治も! 年末年始に使いたいお掃除術
お風呂、洗濯機、カーペット、換気扇、トイレの上手な掃除方法をご紹介します。(2017/12/29)

ネットで手軽に……クスリに溺れ売人となった母、「因果応報」息子も大麻
ネットの普及とともに、薬物使用者の“裾野”が広がりつつある。覚醒剤の売人になった、2人の子どもを育てるシングルマザーのルポ。(2017/12/26)

「もったいない」で不用品が捨てられない実家、どうしたらいいの?
物を捨てるのに抵抗感がある親に、片付けしてもらうには?(2017/12/26)

漫画家の東村アキコ、4月に離婚していた 仕事の忙しさなど理由に
自身のFacebookページで明かしています。(2017/12/25)

女子がクリスマスに欲しいガジェット 2017年版
自分に贈ってもいいんですよ……。(2017/12/21)

カーペットのダニ対策 効果的な掃除のやり方は?
スチームアイロン、掃除機の合わせ技で上手にダニを除去。(2017/12/28)

入手しやすくなっている傾向に:
サービスロボット市場が躍進、新興企業も増加
サービスロボット市場が急速に成長している。家庭用ロボット掃除機の普及をはじめ、物流や医療、農業など幅広い分野で売り上げが伸びている。それに伴い、サービスロボットを開発する新興企業も増加している。(2017/12/20)

効果的な窓ガラスの結露対策を教えて!
今すぐできる結露対策から、がっつり防止する方法まで。【訂正】(2017/12/24)

掃除にも美容にも役立つ「お風呂の重曹活用術」
重曹とクエン酸のコンビで、お風呂掃除から気持ちいい炭酸風呂まで。(2017/12/22)

頑固な油汚れが、小麦粉できれいになる? キッチンの換気扇に掃除に使える洗剤
油汚れがこびりついた換気扇掃除に使える4つのアイテムをご紹介。(2017/12/20)

教師×作家×家事の“三足のわらじ” ネット小説大賞受賞作家はなぜ兼業の道を選んだのか
デビューから気になる印税まで、兼業作家のリアルな生活について聞いてみました。(2018/2/4)

不用品買い取り業者ってどうやって選べばいいの? お得な選び方を教えて!
さまざまな不用品買い取りサービスの違い、選ぶときに押さえておきたいポイントなどをご紹介。(2017/12/18)

ロボット開発ニュース:
パナソニックと千葉工大がロボティクス家電を開発「産学連携の在り方を変える」
パナソニックと千葉工業大学は、千葉県習志野市の同大学キャンパス内に「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」を設立。大学側の先端技術を応用した次世代ロボティクス家電の製品開発について、両者が企画段階から“ひざ詰め”で創り出していくことが特徴。今から2〜3年後となる2020年ごろを目標に製品化を目指す。(2017/12/14)

元勇者のママが授かった赤ちゃんは倒したはずの「魔王」! RPG風子育て漫画に「続きが気になる」「優しい世界」と反響
果たして勇者(ママ)は魔王(息子)との戦いに勝利することができるのか。(2017/12/14)

大人のご褒美スイーツに:
今年は「ケーキ」がキーワード スイーツ冬の陣
クリスマスに向けて、手軽に豪華なスイーツを楽しめる商品が人気を集めている。その筆頭が、ケーキをイメージしたアイスだ。(2017/12/12)

夫婦別姓訴訟が話題に:
サイボウズ青野社長に聞く 「夫婦同姓のコスト」と「議論のコツ」
「選択的夫婦別姓」の導入を求める訴訟で話題のサイボウズ青野慶久社長。なぜ訴訟に至ったのか? どのような反響があったのか? 青野社長に直撃した。(2017/12/6)

2017国際ロボット展:
未熟で青いトマトは取らない、農作物の収穫をお手伝いするロボットなどパナソニックが展示
パナソニックは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、安心で快適な生活を支えるロボティクスをテーマに、さまざまな分野の産業を支援するロボットや、安全性を確保するためのロボティクス技術を展示した。(2017/11/30)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
疲れた時は黙ってぎゅってハグしよ マンガ『お酒は夫婦になってから』から「ズーム」
人肌恋しい季節になりましたな……。(2017/11/29)

「Google Home」にIFTTT連携も――イッツコムの「インテリジェントホーム」を体験した
イッツコムの「インテリジェントホーム」は、いち早く「Google Home」やIFTTTに対応し、多彩なデバイスを連携させたスマートホームサービス。同社のショールームを訪ね、何ができるのかを探った。(2017/11/28)

週末珍ゲー紀行:
人間なんかやめていっそ猫になりたい人へ にゃーにゃと遊べるネコ好きホイホイ「Play with Gilbert」に癒される
Out Neow!(2017/11/24)

すっかりお姉さんになった長女がママへ感謝の手紙 メンソレータムのPRアニメにほっこり
ママ役はゆきのさつきさん、娘役は悠木碧さん。(2017/11/23)

断捨離ってどうすればいいの? 始める前に知っておきたい基本の考え方
「いらないものを捨てると、生活が豊かになる」といわれるのは、どうして?(2017/11/23)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
風邪をひいたあなたのために「あーん」 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「たまご酒」
愛情こめて作れるかな?(2017/11/22)

世界を「数字」で回してみよう(45) 働き方改革(4):
意味不明の「時短」は、“ツンデレ政府”のSOSなのか
「働き方改革」において、「生産性」に並ぶもう1つの“代表選手”が「時短」、つまり「労働時間の短縮」ではないでしょうか。長時間労働の問題は今に始まったことではありませんが、どうしても日本では「時短」がかなわないのです。それは、なぜなのでしょうか。(2017/11/20)

依存〜歪んだアイドル崇拝(3):
39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 不満忘れられる夢の空間「すべて嵐」
3人の子供を育てながら学校給食の配膳のパートで働く大阪市の女性(39)。は年がいもなく、人気アイドルグループ「嵐」にのめり込む自分がやや常軌を逸しているという自覚はあるという。(2017/11/17)

39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 「嵐」にのめり込む理由
3人の子供を育てながら学校給食の配膳のパートで働く大阪市の川上潤子(39)=仮名=は、人気アイドルグループ「嵐」にのめり込む自分がやや常軌を逸しているという自覚はあるという。(2017/11/16)

ソニーのオーディオ技術を詰め込んだシニア向け「集音器」
ソニーの「SMR-10」は、同社が初めて手がけた“集音器”だ。補聴器より安価に提供できるメリットを生かしつつ、独自技術によって差別化した。(2017/11/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。