ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家事」最新記事一覧

「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門
毎日のようにインターネットで目につく「炎上」。企業のPRや個人Twitterでのツイートなど、無防備に炎上していく例は多い。炎上を防ぐために必要な「ポリティカル・コレクトネス(PC、ポリコレ)」とは何なのか。(2016/5/26)

本体価格は21万3840円:
「鴻海? 分からないや」と答えたロボホン “試用”で想像したシャープの未来
シャープがモバイル型ロボット電話「ロボホン」を26日に発売する。人工知能や音声認識など技術の粋を集め、開発者が「iPhone以来のイノベーション」と胸を張る自信作だ。(2016/5/25)

「鴻海? わからないや」と答えたロボホン “試用”で想像してみたシャープの未来
シャープのロボット電話「RoBoHoN」を、ママ記者がひと足先にいじってみた。「ホンハイって知ってる?」と聞いてみると……。(2016/5/24)

洗濯のストレスから解放してくれる“スマート洗濯バサミ”「Peggy」 
スマートフォンと連動し、天気の変化などを教えてくれるスマート洗濯バサミ「Peggy」。開発元は「洗濯をもっと手早く済ませ、子どもたちと遊ぼう」というスローガンを掲げている。(2016/5/18)

高音質通話にタップレス発信、スマート領域も充実――ドコモ16年夏モデルは「サービス」で差別化
ドコモが2016夏モデルの発表会を開催。新端末よりも新機能、サービス、グループ会社の商品に多くの時間が割かれ、盛りだくさんかつ、サービス事業の強化を印象づける内容だった。(2016/5/16)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

ドコモ、暮らしをサポートする新サービス「dリビング」を7月開始――「家のあんしんパートナー」を拡充
ドコモは7月に「dリビング」を開始する。既存の「家のあんしんパートナー」を拡充し、非会員向けのビジタープランも用意した。(2016/5/11)

アップルPickUp!:
母に感謝の気持ちを伝えるAppleギフト集
「母の日」に何もしなかったよ……そんな人は必読。(2016/5/9)

インタビュー:
セブン&アイHD井阪新社長「鈴木氏は精神的な支柱。顧問で残っていただく」
セブン&アイ・ホールディングスの新社長に就任する、中核子会社のセブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(58)が、産経新聞のインタビューに応じた。(2016/5/9)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
少年少女の模範生・二宮尊徳は世界きっての経済イノベーターだった
最近、「歩きスマホを誘発するから危険だ」という理由で、二宮金次郎の銅像が撤去されているそうです。二宮金次郎(尊徳)といえば薪を背負いながら読書する姿が有名ですが、そもそもどんな人物だったのでしょう?(2016/5/7)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

1人暮らしなら活用したい「家事代行サービス」って知ってる?
近年、家事代行サービス市場が伸びている中、これまでの利用者や利用の形にも変化が現れているようです。(2016/5/1)

TECHNO-FRONTIER 2016:
もふもふなスポンジセンサー、人とロボットをつなぐ
佐竹製作所発のベンチャー企業であるタッチエンスは、3次元方向の検出が可能なスポンジ型センサーを展示した。触ったときの感触が良いため、人とロボットの接点などに応用できるという。(2016/4/27)

おかもとまり、入院に「子供達が愛しくて心苦しい」 ブログでは夫の連れ子とのこれまでをつづる
すぐ退院できるとしており、心配はなさそう。(2016/4/20)

マネーの達人:
友達までできる?! 今どきの代行サービスがスゴイ 
「代行サービス」というのをご存じでしょうか? 現在では家事代行、運転代行、買い物代行などがよく知られています。今回は、バリエーション豊かになった現在の代行サービスについて紹介します。(2016/4/18)

幼児の約4割がスマホでネットを利用――子供のネット利用実態調査
安心ネットづくり促進協議会が、子供のネット利用について保護者へのアンケート調査を実施した。(2016/4/14)

店舗改装する店も:
ママを狙え! 変化する飲食店のランチタイム戦略
これまで飲食店でのランチといえば、都内でも客単価1000円前後が一般的だった。ところが、新たな需要の掘り起こしによって、客単価を倍以上にしている店が増えている。一体何が起きているのだろうか。(2016/4/6)

ディルバート(441):
秘書が上司に逆ギレする瞬間
直前でのスケジュール変更って、準備する身にとっては本当に腹が立つものですよね。世の秘書たちもこんな感じで対応してみてはいかがでしょう。(2016/3/24)

力作18台:
介護、子育て、福祉――試作ロボット展示会にみるニッポンの未来 
若手研究者による試作ロボットを展示・発表する「Robotics×Future 2016」が18日、東京都内で開催された。会場に勢ぞろいした力作18台の中から、福祉・介護などの分野で存在感のあるロボットをリポートする。(2016/3/23)

囲碁対局では3連勝したが:
GoogleのAIに望むこと――“人間を賢く”
Googleの人工知能(AI)「AlphaGo」は、韓国のトップ棋士と対戦し、3連勝した。囲碁や将棋、チェスなどにおいてAIがいずれ人間に勝つであろうというのは、誰しもが予想していたことだろう。だが筆者にAIに望むのは、「人間よりも賢くなること」ではなく、「人間を賢くしてくれること」である。(2016/3/18)

Weekly Access Top10:
きのこたけのこ戦争に決着?
戦火が日本全土に拡大したのには理由が……。(2016/3/14)

三日坊主防止アプリ開発者に聞いた:
「意識低い系」でも習慣化を達成できる“ゆるめルール”5つ
仕事が忙しい、家事が忙しい……そういって「やりたいこと」が達成できずにいませんか? 今回は三日坊主防止アプリ開発者に、「やりたいこと」を達成するポイントを伝授してもらいました。習慣化が苦手な人は必見です。(2016/3/14)

Weekly Access Top10:
人工知能が採点する世界
高校生の時、職員室から聞こえた悲鳴を思い出しました。(2016/3/7)

女性は「わがまま」「意味不明な生き物」 ネットで主張した家事代行会社の執行役員、降格処分に
家事代行サービス会社の執行役員が「女性は全員『何にでも言いたがりだが責任は絶対に負いたくない生き物』」などという“マネジメント論”をネットで公開し、炎上。執行役員は降格処分に。(2016/3/2)

執行役員が個人ブログで女性蔑視 家事代行業のベアーズが謝罪
「口は出すが責任は負いたくないわがままな生き物」「数字だけでは燃えてくれないめんどくさい生き物」などと持論を展開していた。(2016/3/2)

「自動洗濯物たたみ機」を段ボールで自作する猛者あらわる なにこれ欲しい
あふれ出る手作り感。(2016/3/1)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
努力せずに女子力を上げる家電、収入を1.5倍にした冷蔵庫など――三菱電機のスゴい技術を見てきた
三菱電機が毎年開催している「研究開発成果披露会」が今年も開催された。今回はその中から、近未来の白物家電に直結しそう技術やコンセプト展示を中心に紹介していこう。(2016/2/25)

確定申告の基礎知識:
共働き家庭の上手な「医療費控除」活用法
サラリーマンでも活用できる控除の筆頭、「医療費控除」。共働き家庭の場合の上手な利用方法を紹介します。(2016/2/22)

健康を増進して、Tポイントももらえる トーンモバイルの「持っているだけで健康になるスマホ」とは
トーンモバイルが、同社のスマートフォンを「持っているだけで健康になるスマホ」に変える取り組みを発表。中強度の運動20分と1日8000歩の歩行を継続して行うことでTポイントがもらえる新しい仕組みを「ライフログ」アプリに組み込みました。(2016/2/18)

人工知能に「常識」は生まれるのか
Facebookのザッカーバーグ氏も2016年の挑戦に掲げるAI開発の課題
Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏は、2016年の個人的なチャレンジとしてAIマシンの開発を掲げた。最もホットな分野の1つであるAI開発における課題とは何か? AIに「常識」を教えることはできるのか(2016/2/18)

副業でも確定申告が必要? ネットオークションやアフィリエイト、LINEスタンプ――雑所得の基本を知ろう
余暇で行うネットオークションやブログのアフィリエイトも収入も立派な「所得」。サラリーマンでも一定金額を超えたら確定申告が必要です。(2016/2/17)

“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」実現へ、技術ゼロから挑んだIoTベンチャー 「選ばれしオタクに届けたい」
“俺の嫁”を現実に召喚できる装置を、秋葉原のベンチャー企業が開発中だ。手のひらサイズのキャラが3Dで投影され、ユーザーをいたわったり家事を手伝ったりする。「“選ばれしオタク”に最高の1台を届けたい」と開発元は意気込む。(2016/2/15)

ロボットキーマンを訪ねて:
自走するプロジェクターは家電か、それともロボットか?――Cerevo岩佐氏に聞く
家電とロボットの境界をどう捉え、新しい製品をどう投入していくか。ロボットの市場を“ホーム”に拡大していく鍵はそのあたりにありそうだ。(2016/2/12)

フジ「日9」ドラマ枠復活、芦田愛菜&シャーロットで「OUR HOUSE」
野島伸司脚本で4月放送開始。「日曜ファミリア」は2時間枠に。(2016/2/9)

ロボットキーマンを訪ねて:
松村礼央氏に聞く「物語を再生する"装置"」としてのロボット、多脚ロボット研究開発プラットフォームの構想
コミュニケーションロボットの社会実装を考えたとき、一体、何が必要となるのだろうか。人と、人ではない機械とのコミュニケーションの形を探る。(2016/1/29)

本当に“使える”会計ソフトを探せ:
確定申告をなるべく手軽にクリアしよう! 「やよいの青色申告オンライン」編
年が明け、確定申告シーズンも本格化してくる頃。会計ソフトのクラウド化が進む昨今ですが、自分に合ったツールをどう選ぶかは迷うところ……。今年もいくつかの会計ソフトを使ってみます。第1弾は「やよいの青色申告 オンライン」です。(2016/1/27)

困っちゃうけどかわいい! 好奇心旺盛な猫達を集めた写真集「じゃまねこ」発売
自由にしてるだけニャ。(2016/1/27)

「こんなかっこいいメイドさんになりたい」 元メイドさんが漫画「エマ」に見た理想の上司像
メイド関係の仕事をしていたというあじちゃんに語ってもらいました。(2016/1/24)

0歳児の7割がスマホ使用経験あり だが「本当は使わせたくない」過半数
0歳〜6歳の子どもを持つ親に、子どものスマホ利用の実態に関する調査を行った結果、0歳児でも71%、2歳をこえると80%以上が「スマホを使わせたことがある」ことが明らかになった。(2016/1/18)

プレイリストはもういらない:
PR:想像を超えたチャンネルが待っている!――完全受身の快適音楽ライフ「スマホでUSEN」
「スマホでUSEN」最大の魅力は、有線ラジオ放送と同じ“チャンネルの多さ”にある。実に1000を超えるチャンネルが提供されており、中には音楽にとどまらないユニークなものもある。(2016/1/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「ロボットで不便さを解消する」が導く、勝利の方程式
プロジェクター搭載の自走式ホームロボットとコミュニケーションロボット、同じ値段ならどちらがヒットする?(2016/1/7)

部屋の中にコワーキングスペースができる 「家の中の小屋」シリーズ第2弾が登場
ゆったり仕事できそう。(2016/1/6)

ロボットフォーラム2015年間記事ランキング:
「Pepperの衝撃」から始まり、「災害対応」そして「洗濯物を畳まない未来」
早いもので2015年も残りあとわずかとなりました。そこで2015年に掲載したサービスロボット関連の記事をランキング形式で振り返ってみたいと思います。(2015/12/25)

消費者被害の実態に関する調査:
消費者被害・トラブルに遭った販売形態1位は「ネット通販」、連合調べ
連合(日本労働組合総連合会)は、ネットエイジアの協力の下、「消費者被害の実態に関する調査」を実施した。(2015/12/22)

カーペットに絡まった毛はゴム手袋で解決!
(2015/12/21)

僧侶の手配をAmazonで頼める「お坊さん便」 定額料金で読経・法話
法事・法要の際に定額料金で僧侶を手配できる「お坊さん便」がAmazon.co.jpに登場する。(2015/12/7)

見張ってるから働くニャー 飼い主の肩から家事を見守る(?)猫
きちんと皿洗いするか見張ってやるニャ(だら〜ん)(2015/12/6)

「ヨメ活」「ムコ活」……高校生カップルにまで「結婚圧力」がじわじわ?
高校生や大学生のカップルに結婚の素晴らしさを教える「ヨメ活」「ムコ活」と呼ばれるイベントが広がりを見せている。“未来の夫婦”への「結婚圧力」はじわじわと高まりつつある。(2015/12/4)

ルンバとブラーバを活用する「徹底!床”ロボ”掃除」サービス、カジタクが提供
ロボット掃除機「ルンバ」とふき掃除ロボット「ブラーバ」、そしてさまざまな家事を組み合わせたハウスクリーニングサービスが登場した。(2015/12/3)

「少年メイド」TBSほかで来春アニメ化 監督は「ヤマノススメ」などの山本裕介さん
アニメーション制作はエイトビットが担当する。(2015/11/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。