ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家事」最新記事一覧

効果があるコウモリの駆除方法は?
住居内に住み着いたコウモリの駆除方法を解説します。(2017/9/20)

パナソニック100周年記念! 「松下幸之助 歴史館」に行ってきた
パナソニックは、2018年に創業100周年を迎える。いち家電メーカーという枠を超え、グローバル企業にまで大きくなったパナソニックだが、最初は小さな会社だった。その歴史を見に大阪府門真市を訪ねた。(2017/9/17)

麹町OLの週末ビジネス探検:
家事代行サービスを使ってみた
ここ数年で一気に普及してきた「家事代行サービス」を導入してみた麹町OLの末路は――。各サービスの比較もしてみた。(2017/9/16)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「エナジードリンク率高い系」はもう限界がきている
エナジードリンクは徐々に「社畜アイテム」に変わってきた。そろそろ、普段の食生活や睡眠時間のコントロールで難局を乗り切るという発想になってもいいと思うのだが、「気合いで何とかする」という日本人の体質は変わらないようだ。(2017/9/15)

肩に乗せるウェアラブルスピーカー「SRS-WS1」ソニーから誕生 低音部分を振動とともに再生
臨場感すごそう。(2017/9/14)

洗濯機のイヤな臭いは4種類 種類別の原因と解決法まとめ
気になる洗濯機の臭い対策、原因別の解決法をまとめました。【訂正】(2017/9/13)

「押入れに眠る15兆円を見える化」──ドコモ、宅配収納サービスに参入 トランクと業務提携で
ドコモが宅配収納ベンチャーのトランクと業務提携。「dリビング」内でサービスを提供開始する。(2017/9/7)

テレビアニメ「ツヨシしっかりしなさい」 アニマックスで再放送
ソフト化されていない幻のアニメ。(2017/9/2)

難しい:
ワークライフバランスが、いっこうに進まない理由は3つ
「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言う。女性のライフイベントや親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。ただ……。(2017/9/1)

使わなくなった自転車って、どうやって処分するの?
いくつかある自転車の処分方法。具体的なやり方についてまとめました。【追記あり】(2017/8/30)

忙しい朝でも頼りになる“時短”炊飯ジャー
タイガー魔法瓶が発表した新しい「炊きたて」は、時短炊飯と時短調理の両方に対応した多機能なIH炊飯ジャー。どちらも時間は15分。(2017/8/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
PRのポイントは「買う理由」をつくる――中身は同じでも包みの工夫で商品は売れる!
もはや、「商品力」や「宣伝力」だけでものは売れない時代である。そこで重要になるのは、いかに消費者に「買う理由」を提供するかだ。「買う理由」をつくりだす6つの法則を紹介する。(2017/8/28)

母で、学生で、YouTuber――「別人になれるメイク動画」で人気のマリリンさんに話を聞いてみた
YouTuber、一児の母、学生とさまざまな顔を持つマリリンさんに取材しました。(2017/8/28)

パナソニック、歩んだ100年 “歴代家電”で振り返る【画像多数】
パナソニックの創業当初のヒット商品「改良アタッチメントプラグ」など“歴代家電”が、報道陣向けに公開された。(2017/8/26)

「ネット接続でサービス広がる」見据えて――創業100周年パナソニック、次の100年は
パナソニックが創業100周年を機に展開する家電シリーズ「Creative! Selection」は、スマホアプリで操作するロボット掃除機など、単体として役立つだけでなく、ネットに接続したサービスの広がりを見据える。(2017/8/25)

お風呂のカビの取り方、教えて!
カビの弱点と正しいカビの取り方を解説します。(2017/8/23)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

エアコンのフィルター掃除って、水洗いだけでいいの?
部屋の掃除ついでに簡単にできるフィルター掃除の方法をご紹介。(2017/8/16)

「アラジンのプリンセスみたい」 黒柳徹子、45年前の大胆ファッションにファン興奮
キャピキャピ!(2017/8/2)

「女性活躍推進」の流れはあれど……:
8割の女性「男性の方が仕事の機会に恵まれている」
8割の女性が「女性より男性の方が仕事の機会に恵まれている」と考えている――エン・ジャパン調べ。(2017/8/1)

敏感肌向け「キュレル」:
“肌の悩み”をなくしたい 花王ベテラン研究員の挑戦
肌荒れなどのトラブルを起こしやすい乾燥性敏感肌向けのスキンケア商品「キュレル」シリーズ。その研究開発を担当する花王の高橋昭彦さんは、“肌の悩み”に向き合いながら、技術開発に挑んでいる。(2017/7/27)

「利用したいと思わない」過半数越え:
シェアリングエコノミー、認知度3割 世代間で意識の差
シェアリングエコノミーの認知度は3割。「利用したいと思わない」が過半数で普及に壁。世代により利用意向は大きな差があり、10〜20代は利用意向が高かった――PwC調べ。(2017/7/25)

仕事をしながら肩こりを改善? 唯一の家庭用“高周波”治療器、パナソニック「コリコラン」登場
(2017/7/25)

家事が捗る! 洗濯機から洗濯物を出してくれるオウムさん
うちも手伝って!(2017/7/24)

「お姉ちゃん」につい頼ってしまう育児の難しさ 母親を支える長女の大変さに気付いたという漫画に共感集まる
どれだけしっかり者でも、他の兄妹と同じ子ども。【※追記】(2017/7/20)

イタワリ仮面「必要なのは…労りの心!」 言い争う夫婦にストップをかけるヒーロー漫画に「大事なことに気付けた」の声
全家庭の「頑張って疲れている人」へ。(2017/7/9)

作文かよ 日本一長い銘柄の日本酒「ぼくとオカン」登場、正式名称は約300文字
レシートが大変なことになりそう。(2017/7/4)

建築×VR(1):
潜在ニーズを可視化する、住宅設計で見えたVRのメリット
建築分野での活用に注目が集まっているVR。「VRは設計事務所にとって非常に有効なツール」と語るのが、デザイン住宅設計を手掛けるフリーダムアーキテクツデザインだ。2016年から設計業務や顧客提案にVRを活用し始めた同社に、VRを利用するメリットや成果について聞いた。(2017/6/27)

家事は「誰がやるか」より「手の空いた人がやる」ことが大事―― 家事の分担のありかた描く漫画が議論呼ぶ
共感の声も異論もありますが、結局のところ夫婦間の意思疎通が一番大切。(2017/6/19)

7月11日発売:
「午後の紅茶」に炭酸入り新商品「ティーソーダ」
キリンビバレッジが、ソーダ入りの「午後の紅茶」新フレーバ―を7月11日から全国で発売すると発表。(2017/6/15)

手軽さが売り:
「家で食べる」もあり 広がる“宅配型”社食
本格的な社食を設置しなくても、“宅配型”の社食サービスを利用するという方法もある。食堂やカフェとは違う、多様な使い方とは……。(2017/6/15)

AIによる音声入力機能を「Simeji」に提供 顔文字をレコメンド、句読点も自動で
バイドゥが、日本語入力アプリ「Simeji」に音声入力機能を提供。バイドゥのAI技術を活用しており、自動で句読点を入れてくれる。顔文字の変換にも対応している。(2017/6/14)

政府が男性に簡単な料理を提案する「おとう飯」始動 イクメン増加目指す施策に「労働時間の削減が先決」との指摘も
お父さんだって料理をしようにも、技術以前に時間がないとする意見が多数。(2017/6/14)

産業社会におけるデジタル化の価値(4):
「ビッグデータ」「データアナリティクス」「AI」は製造業に何をもたらすのか?
「デジタル化」とは何か? デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第4回では、「ビッグデータ」「データアナリティクス」「人工知能(AI)」が製造業に与えるインパクトにフォーカスし、欧州の鉄道システムや自動運転車に代表される自律システムを例に掘り下げていく。(2017/6/14)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

週刊「調査のチカラ」:
現代人の時間の価値 オンタイムは3669円、オフタイムは6298円
生活者の時間に対する意識、子どもの意識の20年間における変化など、「時間」をキーワードに関連調査データを集めてみました。(2017/6/10)

スマホだけじゃない! Spotifyが快適に楽しめるAV機器はコレだ
(2017/6/10)

「負担と不安の裏返しとしての爆発」:
「自分爆発レディ」? 命名の意図、博報堂に聞く
「自分爆発レディ」という言葉が物議を醸している。子育てを終えて自分の時間を楽しむ40〜60代女性について博報堂が命名したもので、ネットで話題に。反発の声も大きいこの言葉には、どのような意図があるのか? 博報堂の担当者に話を聞いた。(2017/6/9)

人が「2時間しか寝てねえわ〜」とつい言ってしまう理由を心理学的に説明してみる 
つれーマジつれー。(2017/6/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(11):
おうちにやってくる人工知能 〜 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
今回のテーマは「おうちでAI」です。といっても、これは「AIを自宅に実装すること」ではなく、「週末自宅データ分析およびシミュレーション」に特化したお話になります。さらに、そうなると避けては通れない「ビッグデータ」についても考えてみたいと思います。そして、本文をお読みいただく前に皆さんにも少し考えていただきたいのです。「ビッグデータって、いったいどこにあるのだと思いますか?」(2017/5/31)

「女磨き、おろそかにしていませんか?」 ちふれの広告が炎上 「不快な思いさせた」と削除
「仕事、家事、育児……女磨き、おろそかにしていませんか?」――ちふれ化粧品のこんなWeb広告に批判が集まり、ちふれが26日、削除・謝罪した。(2017/5/26)

ちふれ化粧品の広告企画が「女磨き」押し付けと批判 企画は取り下げ「お詫び」
企画が「女追い詰め商法」「余計なお世話」「本当にがっかり」と、女性「らしさ」の押し付けだと批判が噴出していた。(2017/5/26)

ITライフch:
全国200店以上でサービスが受けられる格安SIM イオンモバイルとは
格安SIM業界において、ひときわ勢いのある「イオンモバイル」。ショッピングモールなどを展開しているイオングループが始めた格安SIMのブランドですが、どんな特徴があってどんな人に向いているのでしょうか?(2017/5/23)

あびる優、家事育児の女性負担に不満爆発 「ママに自由時間を与えてあげて」と理解求める
問題解決には夫婦の協力が不可欠。(2017/5/19)

「なんで私ばっかり…」福田萌がつづった育児の悩みと夫の献身に反響続出
「ママたちの気持ちを分かりやすく代弁してくれてありがとう」などの声。(2017/5/18)

「妻(夫)だから○○するのが当たり前」はNG? 夫婦円満の秘訣を紹介した漫画に「めっちゃ分かる」と共感の嵐
作者はパートナーと7年間一緒にいて、けんかしたことがないそう。(2017/5/18)

IT活用:
500円で始める見守り、東電と渋谷区がIoT活用で実証へ
渋谷区と東京電力ホールディングスは、IoT技術を活用した見守りサービスの実証を2017年6月から開始する。将来的には他地域にも拡大し、社会インフラサービスとして展開する狙いだ。(2017/5/18)

週刊「調査のチカラ」:
「母の日」だけ感謝をするのはやめよう――調査で浮かび上がる“名もなき家事”の実態
5月の第2日曜日は母の日。2017年のお母さんたちの本音を調査データから探ります。(2017/5/13)

「名もなき家事」の負担も大:
共働き夫婦の家事負担、妻「自分が9割」一方夫の認識は……
共働き夫婦の家事負担は、男女で意識の差がある――大和ハウス工業調べ。(2017/5/12)

妊婦へスムーズな配車を提供する「陣痛タクシープロジェクト」始動 登録者には育児キットをプレゼント
いざというときに備え、父母ともにチェックを。(2017/5/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。