ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Enterprise Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

EDSを統合した企業向け部門

関連キーワード

Intelの光トランシーバーなど:
微細化から脱却を、成長の鍵は“異種統合”
台湾のEtron Technologyの創設者であり、チェアマン兼CEO(最高経営責任者)を務めるNicky Lu氏は、以前から「Heterogeneous Integration(以下、HI)」を提唱してきた。「HI」とは、どのようなものなのだろうか。(2018/5/30)

商用3D CAD製品カタログ:
3D CADの常識を超え、製品設計開発から工場の最適化まで実現する「NX」
設計から製造までの広範な開発プロセス、複合領域での設計開発を支援する、シーメンスPLMソフトウェアの3D CAD/CAM/CAEソフトウェアソリューション「NX」。自動車や航空宇宙、防衛、コンシューマーなど幅広い分野で採用され、ハイエンド3D CADの代名詞的な存在として、その地位を確立している。今回そのルーツである「Unigraphics」と「I-DEAS」の歴史をひもとくと同時に、統合され現在の姿となったNXの特長および注目機能を紹介する。(2017/11/17)

商用3D CAD製品カタログ:
2つの世界を自由に行き来できる“究極のオールラウンダー”「Solid Edge」
ヒストリーとノンヒストリーの“いいとこ取り”を実現する「シンクロナス・テクノロジー」を搭載し、他の3D CAD製品と一線を画すシーメンスPLMソフトウェアの「Solid Edge」。現在に至るまでの歴史と製品としての特長、強みについて取り上げる。(2017/11/2)

インテルPSG:
「CPU+FPGAで機能するIDEを提供したい」インテルがFPGA開発環境を整える狙い
インテルによるアルテラ買収から2年が経過し、CPU+FPGA環境の採用事例も散見されるようになってきた。インテルはFPGAに何を期待し、どのように育てようとしているのか。(2017/10/19)

ゆずっこ歓喜! 北川悠仁、サブリーダー岩沢厚治の誕生日に“仲良し2ショット”!
似顔絵ケーキそっくりすぎる。(2017/10/14)

山崎賢人と橋本環奈も踊った! ゆず、新曲の“双子ダンス”が新たなムーブメントを起こしそう
恋ダンスに続くか。(2017/10/13)

Weekly Memo:
握手の裏の思惑は クラウド業界で加速する“協業と競争”
「Salesforce.comが主要サービスのインフラにAWSを採用」「HPEがサービス部門を分離」「SAPとMicrosoftが協業拡大」―― 最近発表されたこれらの動きは果たして何を意味しているのか。(2016/5/30)

設計開発ツール:
自動車の電子/電気システム開発をフロントローディング化、メンターが新ツール
Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は、自動車や航空機のE/E(電子/電気)システムとソフトウェアを統合的に設計開発できるシステムエンジニアリングツール「Capital Systems」を発表した。(2015/12/17)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(2):
「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築する
今回から実際に「MAX 10 FPGA評価キット」を利用しての開発に着手する。まずは環境構築だ。キット以外に必要なモノもあるので注意して欲しい。今回も連載で使う「MAX 10 FPGA 評価キット」の読者プレゼントをご用意。(2015/9/10)

村田製作所 LXES03AAA1-154他:
ESD保護性能を20%以上改善、低容量のセラミックESD保護デバイス
村田製作所は、放電ギャップ方式のセラミックESD(Electrostatic Discharge)保護デバイスを製品化した。従来製品に比べて、ESD保護性能を20%以上改善している。(2015/2/27)

Weekly Memo:
Office 365の“OEM供給”に乗り出したMicrosoftの思惑
Microsoftがこれまで自社データセンターから提供してきた法人向けクラウドサービス“Office 365”の「OEM供給」に乗り出した。同社の新たなクラウド戦略として注目される。(2014/12/22)

Computer Weekly:
HPの分社化をアナリストたちが総攻撃「HPは5年以内に立ち行かなくなる」
米HPが2社に分社化すると発表した。この施策は、これまで同社の企業再生計画の中で明言されていたものではなく、企業やコンシュ―マーがITを購入する方法が変わってきたことに対する、より現実的な対応だ。(2014/11/19)

アスク、手のひらサイズの超小型NASサーバ「Embedded DataStation EDS14」
アスクは、Synology製となる超小型NASサーバ「Embedded DataStation EDS14」を発表。監視カメラの管理機能も利用可能だ。(2014/6/11)

グローバルITベンダーの悲惨な内情
米HP上級副社長が明かす、「IT投資が少なすぎ」た米HPのIT部門大改革
2011年に米HPの技術部門の責任者に就任したヒンショー氏が見たものは、予算不足で機能していないIT部門だった。多くの課題があった。同氏はどうやってHPのIT部門を再生したのか?(2014/4/28)

「ET2013」展示会場リポート:
「M2M」「IoT」「クラウド」――“つながる技術”が切り開く組み込みの未来
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜において恒例の組み込み関連イベント「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」が開催された。本稿では、多数のブースの中から“これからの組み込み技術”という視点でピックアップした展示デモの内容を紹介する。(2013/12/4)

ビジネスニュース 企業動向:
Intelの14nmプロセスとARM「Cortex-A53」を採用、Alteraの「Stratix 10 SoC」
Alteraは、次世代SoC FPGA「Stratix 10 SoC」のCPUコアに、最大4コアの64ビットプロセッサ「ARM Cortex-A53」を採用する。Stratix 10 SoCはIntelの14nmトライゲートプロセスで製造されるため、ARM Cortex-A53は従来のデュアルコアプロセッサ「ARM Cortex-A9」に比べて、少なくとも6倍のデータ処理能力が得られるという。(2013/10/30)

熟練職人が1本1本手作業 EOS 70D「名入れストラップ」制作現場
キヤノン「EOS 70D」を「購入宣言」してから購入すると、オリジナルレザーストラップに名前を入れてくれる。実は1本1本手作業で行われている、その現場にお邪魔した。(2013/8/9)

キヤノン、7070人にもれなく当たる「EOS 70D」発売記念キャンペーン 
キヤノンが「EOS 70D」発売記念キャンペーンを実施する。先着7070人にオリジナルのレザーストラップがプレゼントされるほか、「購入宣言」したうえでの購入ならば交換レンズなども抽選でプレゼントされる。(2013/7/2)

HPのレイ・レーン会長が退任
2年前、マーク・ハード会長兼CEOの辞任の後に会長に就任したレイ・レーン氏が、株主総会での投票結果を受けて辞任を発表した。(2013/4/5)

3重化 x 2データセンターで6重の冗長化:
PR:DC間も自動複製、Yahoo! JAPANとIDCフロンティアが提供する分散ストレージサービスとは?
IDCフロンティアとYahoo! JAPANは、複数拠点へのデータの自動分散を基本機能として備える「IDCフロンティア 分散ストレージサービス powered by Yahoo! JAPAN」(以下、分散ストレージサービス)の提供を開始する。サーバーの障害や大災害発生時においてもデータが消えることはなく、止まらない耐障害性、耐災害性に優れた、信頼性の高いサービスを目指す。Amazon S3 APIと互換性の高いWeb APIを備え、共通のツールを活用できる。価格では競合サービスより安価な設定を予定しているという。(2013/3/29)

2013年新春特集 「負けない力」:
Will to Winの精神 日本HP・小出社長
PC、サーバベンダーとのイメージが根強いHP。しかし、近年ではハードウェアはもとより、ソフトウェア、ソリューション、コンサルティングといった「フルポートフォリオ」を掲げる。日本のIT市場で同社が目指すものとは何か。小出伸一社長に聞く。(2013/1/7)

アルテラ ARM DS-5アルテラ・エディション・ツールキット:
ARMコア搭載FPGAをアルテラが出荷開始、ARMと共同開発の専用ツールも投入
SoC FPGAは、アルテラが最新世代の28nm FPGAで用意するARMコア混載品である。同社はその最初の製品のサンプル出荷開始を明らかにするとともに、ARMと共同で開発した新型ソフトウェア開発ツールも発表した。ARMコアとFPGAそれぞれ個別の専用ツールを使う場合に比べて、生産性を高められるという。(2012/12/13)

ET2012 展示会場リポート:
「インテリジェントシステム」のさまざまな“カタチ”をアピールする、インテルとマイクロソフト
2012年11月14〜16日の3日間、下半期最大規模の組み込み関連技術イベント「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」がパシフィコ横浜で開催された。本稿では、「インテリジェントシステム」をブーステーマに掲げるインテルと日本マイクロソフトの出展内容を中心に、ET2012の展示会場の様子をリポートする。(2012/11/30)

EDS Fair 2012:
進化する開発環境が一堂に――設計開発者の羅針盤「EDS Fair 2012」
設計ソリューションの必須技術を網羅する展示会「EDS Fair 2012」がパシフィコ横浜で開催。「バーチャル・プロトタイプ」や「ESL」など最新の開発環境が紹介された。(2012/11/28)

Best Buy、旅行大手Carlsonのヒューバート・ジョリーCEOを引き抜き
4月からCEO不在だった米家電量販大手のBest Buyが、EDSやVivendiの改革の経験を持つヒューバート・ジョリー氏を社長兼CEOに指名した。(2012/8/21)

【連載】マーケティング7つの法則:
#3 『仮設』検証で考えるプロダクトマーケティング
日本ではサービス開発の際、「いいものを作ろう」という圧力の高さゆえ、一発必中を狙ってしまいがちでなかなか作業に取り組めない、と主張する筆者。スピーディにビジネスを進めることができる「『仮設』検証で考えるプロダクトマーケティング」を勧めています。(2012/8/16)

地域医療連携ソリューション紹介:日本HP
異業種との協業で地域医療連携の新ニーズを開拓 日本HP
医療機関に対する最上流からの一貫したシステム提供を手掛ける日本HP。同社は医療機関に加えて、異業種における地域医療ネットワークの利用拡大に取り組んでいる。(2012/6/18)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
アウトソーシングを変える5つのルール
アウトソーシングは、敵対する関係から協働する関係に移行することで、双方が利益を得られる新しいアプローチだ。企業はコアコンピタンスに集中しそれ以外をアウトソーシングすることによって利益拡大を目指す。(2011/12/7)

クラウドは“魔法の杖”か? 海外に学ぶ現実的なBCP対応
企業の事業継続計画や災害対策において、果たしてクラウドコンピューティングは有効なのか。A.T. カーニーの戦略ITグループ プリンシパルが事例などを基に意見を示す。(2011/11/29)

合併で得た知見を「IT変革アドバイザリーサービス」として提供:
日本HP、“経営戦略とITシステムの確実な同期”を支援
(2011/11/9)

ET2011 開催直前情報:
問題はツールかモデルかユーザーか? 切り分ける枠組みをJEITAが紹介
今回からEmbedded Technologyと同時開催になったEDA技術の展示会「EDSFair2011 Nov.」では、JEITAのECセンターでEDA技術の標準化に取り組むグループが、デジタル機器の内部を走る高速信号のシミュレーション品質を高めるフレームワークを紹介する。(2011/10/18)

なぜサムスンは決断が早いのか:
ビジネス成功の鍵は、HOWではなくWHAT
前回は、サムスン電子のCEOが情報を活用するために、システム面のみならず、組織の面でも徹底した取り組みをしていることを紹介した。今回は、その背後にある考え方を学び、日本の企業を強くするヒントを導き出して行こう。(2011/9/9)

なぜサムスンは決断が早いのか:
韓国企業の強さの秘密は「情報」重視の経営 
韓国企業の強さの中で際立っているのが「決断の速さ」だが、その裏には、徹底した情報の活用があった。そこには、日本企業として、自社の競争力を増すためのIT活用法のヒントが隠されている。1回目は、韓国企業の代表としてサムスン電子を取り上げ、どのような取り組みをしているかをみていこう。(2011/8/23)

クラウドと向き合うための勘所:
クラウドに期待される“攻め”のビジネス活用
クラウドの導入によって企業は何を目指すべきだろうか。「メディア横断企画 クラウド討論会2011」では、ビジネスに貢献するクラウドの活用について熱い議論が交わされた。(2011/2/14)

HP決算、サーバ事業が好調で増収増益
HPの8〜10月期の決算は、売上高が前年同期比8%増の333億ドル、純利益は同5%増の25億ドル(1株当たり1ドル10セント)だった。(2010/11/24)

元Oracle幹部も取締役に:
HP、新CEOに元SAPのCEO、レオ・アポテカー氏を指名
マーク・ハード氏の辞任を受け後継CEOを探していたHPが、2月にSAPのCEOを辞任したレオ・アポテカー氏を新CEO兼社長に任命した。同社はまた、Oracleでの幹部経験を持つベンチャーキャピタリスト、レイ・レーン氏を取締役会に迎えた。(2010/10/1)

28%のコスト削減:
ユナイテッド航空がたどるIT変革の旅
ユナイテッド航空のIT部門変革に取り組んだシルビア・プリッケル氏は「ビジネス部門とIT部門のギャップを埋める取り組みから始めよう」と指摘する。(2010/9/21)

Oracle、ハード氏に年俸95万ドルと最大1000万ドルのボーナスを用意
HP退職の際に4000万ドル近くを手にしたマーク・ハード氏に対し、Oracleは年額95万ドルの報酬と最大1000万ドルのボーナスという待遇を用意している。(2010/9/9)

Oracle、HPのハード元CEO獲得に向け交渉中――米報道
ハード氏解任でHPを「企業の体面を取り繕うことしか考えない臆病者集団」と非難したOracleのエリソンCEOが、同氏を社長に迎えるようだ。(2010/9/7)

クラウドで変える戦略IT投資(4):
崩れていく水平分業と重層化のIT業界
IT業界の収益構造を含めた構造変化がクラウドで加速しつつある。(2010/8/27)

HP決算、ストレージとサーバが好調で増収増益
HPの5〜7月期決算は売上高が11%、純利益が6%の増収増益だった。暫定CEOはハードCEO辞任には触れず、同社の従来の戦略に沿って引き続き成長に向けた投資を続けると語った。(2010/8/20)

HPのハード氏後任CEOの課題とは
突然の辞任となったマーク・ハードCEOだが、同氏が5年間に築き上げた業績は大きい。後任となるCEOに求められるものは何か、アナリストが分析する。(2010/8/9)

HP、データセンター事業合理化で9000人削減
HPは、10億ドルを投じて旧EDSが属するエンタープライズサービス部門を強化し、9000人を削減する一方、顧客のグローバルなニーズに対応するため販売部門などで6000人を採用する計画だ。(2010/6/2)

webOSをネットプリンタに搭載する計画:
HP決算、PC・サーバが好調で2けた台の増収増益
マーク・ハードCEOは業績発表後の記者会見で、買収する米PalmのモバイルOS「webOS」をネットプリンタのOSとして採用する計画を明らかにした。(2010/5/19)

Time誌のガジェットトップ10、Android携帯「DROID」がiPhone超える
Time誌の2009年ガジェットトップ10では、MotorolaのAndroid携帯「DROID」が1位を獲得した。電子書籍リーダー「Nook」や「羽根のない扇風機」も上位に入った。(2009/12/10)

HP決算、サービス部門好調とコスト削減で純利益14%増
Hewlett-Packardの8〜10月期決算は、売上高は8%減だったが、純利益はサービス部門の好調とコスト削減が奏功し、14%増の24億ドルとなった。(2009/11/24)

HP vs. Cisco――対極的なデータセンター戦略
ワンストップショップを目指すHPとパートナーとの提携による総合的なサービスの提供をうたうCiscoが、クラウドコンピューティング市場争奪戦を開始した。(2009/11/10)

Weekly Memo:
ITサービス会社 争奪戦の背景と行方
Xeroxが先週、Dellが先々週、相次いでITサービス会社の買収に乗り出した。こうした動きの背景を探ってみると、注目されるITベンダーの提携関係も見えてきそうだ。(2009/10/5)

ニュース解説 XeroxのACS買収:
バトルが激化する事務機の世界3大勢力
XeroxがAffiliated Computer Servicesの買収に乗り出したことで、事務機分野でもITサービスと連携した世界3大勢力のバトルが一層、激化しそうだ。(2009/9/29)

HP、Dellに続く大型買収:
Xerox、情報サービスのACSを64億ドルで買収
Xeroxはプリンタ事業からサービス事業への業務拡大を目指し、BPOサービス大手のAffiliated Computer Servicesを買収する。(2009/9/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。