ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Helion」最新記事一覧

IoT、FinTech時代、既存資産を生かしながらどうデジタルビジネスを実現するか?:
ウォルト・ディズニー・カンパニーもたどる“デジタルビジネスへの3つのステップ”
サービスインのスピードと、変化対応力が大きなカギとなるデジタルビジネス。ではデジタルビジネスを支える「変化に強いシステム」に変革したり、「収益の源泉となるシステム」を作ったりするためには、既存システムをどうモダナイズしていけばよいのだろうか。そうしたシステム変革に多数の支援実績を持つ米HPE バイスプレジデント 二ーマ・ホマユン(Nima Homayoun)氏に話を聞いた。(2016/5/20)

2015年クラウド業界10大ニュース【前編】
クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?
2015年もクラウド業界は目まぐるしく変化した。前編では、DellによるEMCの買収、HPのパブリッククラウド撤退、GoogleとVMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。(2015/12/25)

HDDの方が先に消滅?
SSD万能時代、それでもテープは残ると専門家が考える理由
2015年11月上旬に開催された「Storage Decisions 2015」カンファレンスで、ディスクとテープの未来について語るパネルディスカッションが行われた。ストレージ業界における最近の出来事による影響に対処するヒントが提示された。(2015/12/14)

Cloud Foundryとも統合:
米HPEはOpenStackクラウドをあきらめていない、Managed Cloudでベータ提供開始
米HPEは、マイクロソフトとのMicrosoft Azureに関する提携発表と同じ2015年12月1日、同社のマネージドクラウドサービス「HPE Helion Managed Cloud」の選択肢の一つとして、「HPE Helion OpenStack 2.0」のマネージドサービスをベータ提供開始したことを明らかにした。2016年の早い時期に、一般提供を開始したいという。(2015/12/7)

HPがクラウド戦略を転換:
「HP Helion Public Cloud」は2016年1月末で終了へ
米HPが自社のクラウド戦略を転換。プライベートクラウド向け環境の開発にリソースを集約する。(2015/10/22)

EVO:RAIL版は販売終了:
日本HPE、組み立て可能なインフラに向けた第1弾製品を発表
日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HPE)は2015年9月29日、ハイパーコンバージドインフラの新製品と、ハードウエアの利用設定からアプリケーション配備までの一連のプロセスを自動化するための、同社運用管理ツールの機能拡張を発表した。(2015/9/30)

サービスポータルからインフラハードウェアの設定も――HPが新概念
物理サーバなどの導入設定もクラウドに対応したポータルから可能にする「HPコンポーザブル・インフラストラクチャ」を掲げ、第一弾の取り組みを発表した。(2015/9/29)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ビジネストレンド」(2)
前回に続き、テクノロジーのトレンドとこれからのITビジネスの関係について解説します。今回は、技術トレンドを支えるキーワードを深掘りして見ていきます。(2015/8/10)

Dockerにいち早く対応したPaaS:
米HP、Cloud FoundryベースのPaaS製品Stackatoを買収
米HPは2015年7月28日(米国時間)、PaaS基盤製品「Stackato」を米ActiveStateから取得すると発表した。HPはCloud FoundryベースのPaaS基盤製品「HP Helion Development platform」を提供しているが、Stackatoの技術の統合で、これを強化する。(2015/7/29)

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第2回】
OpenStackストレージ、主要5社の差別化ポイントをまとめた
OpenStack対応のストレージ製品を提供する主要5社にフォーカスし、各社の開発貢献度や製品ラインアップ、特徴について紹介する。(2015/6/15)

HPが米紙の見解に反論、「IaaSやSaaSだけの勝負ではない」
AWSやAzureに比べてHPが劣勢――米紙New York Timesの報道に対して日本HPのクラウド事業責任者は、「IaaSやSaaS事業者との競争だけがビジネスではない」と述べた。(2015/4/13)

特集:OpenStack超入門(4):
コア開発に注力してOpenStack全体の安定化を目指す――OpenStack Days Tokyo 2015基調講演&展示リポート
2015年2月3日、4日に「OpenStack Days Tokyo 2015」が開催。本稿では、OpenStack Foundation、COOおよび共同創業者のマーク・コリアー氏による基調講演の模様とミランティス・ジャパン、レッドハット、日本HP、KVH、vArmour Networks、伊藤忠テクノソリューションズ、TISの展示ブースを紹介する。(2015/3/2)

OpenStackと高度に連携:
日本HPがCloud Foundry商用版提供開始、低価格で普及目指す
日本HPは1月20日、Cloud FoundryベースのPaaS基盤ソフトウェア、「HP Helion Development Platform」を発表した。低価格が最大の特徴。日本HPはこれによってPaaSの普及を狙う。(2015/1/21)

HP、Helion OpenStackに最適化したクラウドアプリ開発/管理プラットフォーム
HPが、オープンソースベースのハイブリッドクラウド環境の構築と活用、管理を可能にするアプリ開発者向け基盤「HP Helion Development Platform」の提供を開始した。(2015/1/20)

44の企業が参加:
Cloud Foundry Foundationが、非営利法人として正式に発足
オープンソースPaaSプラットフォーム「Cloud Foundry」の開発を進める団体、Cloud Foundry Foundationは2014年12月9日(米国時間)、非営利法人としての設立を正式に発表した。(2014/12/10)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

HPがSMB向けモバイル管理の新サービス:
中小企業がスマホをBYOD対応にする「簡単な方法」とは
日本HPが、中堅中小企業向けのクラウド型「モバイルデバイス管理サービス」を開始した。社用のWindows PCも、個人所有のiPhoneやAndroidも容易にBYOD対応したいと考えるSMB向けに機能を特化した。1ユーザーあたり月額200円から使える。(2014/11/17)

年間利用権12万9000円から:
商用版OpenStackを製品化──HPは、なぜオープンソースを推進するのか
ポイントは「楽、安心、リーズナブル、イノベーション」。日本HPがクラウド事業の基幹ブランド「HP Helion」を軸にしたオープンソースのクラウド基盤「商用版OpenStack」を発売、合わせてプロフェッショナルサービス部門を新設した。企業の“オープンソース”でのクラウド活用を推進する。(2014/10/28)

コスト効率、先取り機能、技術力:
HPのOpenStack商用版が出荷開始へ、その差別化ポイントは
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2014年10月28日、HPのOpenStackディストリビューション商用版の受注・出荷を、11月25日に開始すると発表した。日本HPの説明に基づき、HP Helion OpenStackの詳細を紹介する。(2014/10/28)

ビッグデータ解析最前線:
ゲームもレースもビッグデータ分析で上手くなる!?
企業の“ビッグデータ活用”への期待度は高い。しかし、現実には「ビッグデータは持っているが活用はできていない」という企業がほとんどだろう。ここでは、思いがけない方法でビッグデータ分析を活用している事例などを紹介する。(2014/10/29)

なぜ日本はガラパゴスITなのか:
日本人の生真面目さが企業をダメにする
日本のITシステムは“ガラパゴスIT”などと呼ばれ、その特殊さがゆえにシステム構築に莫大な費用がかかったり、新技術導入が遅れるなどの問題が発生している。では、なぜこのような事態になってしまうのか。HPで数多くの案件を手掛けてきた西村氏に聞いた。(2014/9/24)

日本HP、月額約1万円からのマネージドIaaSを開始
「HP Helion Managed VPC Lean」サービスを発表。アプリ開発や軽いワークロードなどに適しているという。(2014/9/8)

もはやウォーターフォールだけでは通用しない:
PR:エンタープライズアジャイルが難しい理由と、実践の「現実解」
市場変化が速い現在、インフラを柔軟・迅速に整備できる仮想化・クラウドは企業にとって大きな武器となった。特にOpenStackのテクノロジはより効率的なシステム展開を狙う上で注目を集めている。だが、それだけでは十分とはいえない。アプリケーション開発にもアジリティを担保できなければ、インフラの俊敏性・柔軟性を収益に直結させることは難しい。「HP Helion」でOpenStackベースのインフラ整備を包括的に支援する日本HPは、ウォーターフォール開発中心の日本において、この課題にどう応えるのだろうか?(2014/7/14)

HP World Tour Report:
HPのサーバ、ストレージ、クラウド幹部に聞くITインフラ戦略
サーバのコモディティ化などを背景にハードウェアビジネスを縮小させるITベンダーが相次ぐ中、米HPはむしろこれを好機ととらえているようだ。同社のサーバ、ストレージ、クラウドの各担当幹部にITインフラの方向性など聞く。(2014/7/8)

クラウドの本流を狙うHPの思惑
ベンダー各社のクラウド訴求が一段と活発になる昨今、HPは競合とやや一線を画した展開を推進しているようだ。「クラウドのブレークは2、3年後」と語る米HP クラウド テクノロジスト グループの真壁技術担当部長に真意を聞いた。(2014/6/23)

INTEROP TOKYO 2014:
ユーザー組織がクラウドによるロックインを回避できるツール
6月11日より千葉・幕張で開催中のINTEROP TOKYO 2014でネットワンシステムズが展示しているCliQr Technologies(クリッカー・テクノロジーズ)の「CliQr CloudCenter」。特定のクラウドサービスにロックインされることを回避できるツールだ。社内ユーザーの自由度を確保しながら、組織としてのガバナンスを図れる。(2014/6/13)

ハイブリッドクラウドを進めるHP、新ブランドやOpenStack関連施策を発表
クラウド事業でハイブリッドが主流になるとみるHPは、新たに「HP Helion」ブランドを立ち上げ、OpenStackを中核とする各種施策をさらに強化した。(2014/5/21)

Weekly Memo:
気になるクラウドサービスの最新動向
クラウドサービスをめぐる新たな発表がゴールデンウィーク前後も相次いだ。その中から今後の市場に影響を与えそうな気になる動きをピックアップしてみた。(2014/5/12)

OpenStack情報アップデート:
HP、OpenStackを軸にした新ポートフォリオ「HP Helion」を発表
HPがOpenStackを軸にハイブリッドクラウドのための製品ポートフォリオを発表。物理環境からIaaS、PaaS、サービス層までをカバーするラインアップに今後2年で10億ドル以上の投資をするという。(2014/5/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。