ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Integrity NonStop」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HP Integrity NonStop」に関する情報が集まったページです。

NICT、「SecHack365」の2018年度受講生を募集開始 ハッカソンで高度なセキュリティ技術者を育成
情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターが、25歳以下を対象にした、「SecHack365」の2018年度受講生の募集を開始。開発、研究、実験、発表をハッカソン形式で繰り返す実践的な学習で、高度な技術力を持つセキュリティイノベーターを育成する。(2018/4/3)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(7):
ついに最後の「Itanium」が登場、HPEは搭載プラットフォームを2025年までサポート
2017年5月、Intelが「Itanium 9700」を発表した。今回は、Itaniumの歴史を振り返り、その未来を考察する。(2017/8/24)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために 〜優秀な若手システム部員をフロントに異動〜
変化の激しいクレジットカード業界で、競争力を強化するためにIT活用は不可欠だ。若い社員を育てる秘訣(ひけつ)とは――(2017/7/26)

無停止システムを仮想環境へ適用可能に:
HPE、「HPE Virtualized NonStop」をリリース ハイブリッドクラウドの無停止運用を実現
HPEが同社フォールトトレラントサーバの機能を仮想化する新製品「HPE Virtualized NonStop」をリリース。障害発生時でもシステムを再起動せずに処理を継続可能とする技術を採用し、無停止システムを仮想環境にも適用できるようにする。(2017/4/12)

「SHOW BY ROCK!!」コラボカフェ、8月に渋谷パルコにオープン
ゲームアプリとの連動企画も。(2015/7/22)

HP、無停止サーバにx86モデルを投入
ミッションクリティカル用途向けの「HP Integrity」にシリーズに、新しい無停止サーバプラットフォームとラックマウント型サーバを追加する。(2015/1/27)

ビッグデータ分析対応のノンストップサーバ新モデル、日本HPが発売
「HP Integrity NonStop」サーバのエントリー新モデルとリアルタイム複合イベント処理の新ソフトウェアを発表した。(2014/5/13)

「VDI」ではなく「HDI」用のサーバも発表:
サーバ機の付加価値は変わった、HPの新たな取り組み
ヒューレット・パッカード(HP)は、サーバ関連事業における自社の付加価値のあり方を、根本的に変えようとしている。日本HPは1月9日、、Project Moonshotの新製品を発表するとともに、自社サーバ事業の大幅な再編について説明した。(2014/1/10)

Database Watch(2013年12月版):
HP「NonStopサーバー」って?/フェイスブックの中の人に聞いたMySQL 5.6の使い方
今月は専用機「NonStopサーバー」の仕掛けと、Facebookの中でのMySQL 5.6への対応状況、使い方をウォッチします。(2013/12/25)

無停止型サーバソリューションの新モデルを発表 日本HP
日本HPは、無停止型サーバソリューションの新ハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c」を発表した。(2013/10/1)

製品動向:
データベース性能最大化を目指したHPブレードサーバ「NB56000c」 移行アセスメントも実施
 日本ヒューレット・パッカードはデータベースの処理性能最大化を目指した無停止サーバのハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c(以下、NB56000c)」を発表した。同時に「NonStop SQL移行推進プログラム」を開始、他社データベースサーバから同製品への移行促進を図る。(2013/10/1)

日本HP、Integrityサーバで利用するJava基盤ソフトを発表
無停止サーバで利用可能な新製品「NonStop Application Server for Java」と、新製品の拡販を推進する「HP NonStopプレミアムパートナー・プログラム」を新たに提供する(2013/5/28)

日本HP、無停止サーバのエントリーモデルを発売
「HP Integrity NonStop」の新製品として、高信頼性を確保しつつ低価格化を図ったエントリーモデルを投入する。(2012/9/27)

日本HP、無停止サーバに高速化機能の強化版を追加
ストレージにSSDを利用できるほか、コア単位の新たなライセンスを導入する。(2012/4/17)

HP DISCOVER 2011 Report:
「シスコより優れている」 ネットワーク市場での覇権を目指すHP
ラスベガスで開催中のHP DISCOVER 2011では、ドナテッリ上級副社長がシスコに対する対抗意識もあらわに、製品比較をしてみせた。また、Itaniumプロセッサの継続についてもコミットメントが表明された。(2011/6/9)

神戸製鋼、製造ライン制御システムをHPサーバでWeb化
日本HPら3社は、神戸製鋼の製造ライン制御システムをHP製の無停止型サーバを用いてWeb化したと発表した。常時の連続運転やWebを通じたデータ管理などを実現したという。(2011/6/3)

Weekly Memo:
続・Oracleへの反撃に向けたHPの秘策
日本HPが先週、かねて予告していた新たなデータベース戦略を発表した。Oracleデータベースを強く意識したその内容とHPの思惑とは――。(2011/5/2)

Weekly Memo:
Oracleへの反撃に向けたHPの秘策
世界のサーバ市場をリードするHPが、相次いで同市場に参入してきたOracleやCiscoに対して反撃の狼煙を上げ始めた。その秘策とは――。(2011/1/11)

伴大作の木漏れ日:
モンスター・メインフレーム
日本IBMがメインフレームの新版「IBM zEnterprise 196」を発表した。本コラムではメインフレームを取り巻く環境の変化や各ベンダーの戦略をひも解きたい。(2010/8/17)

Weekly Memo:
メインフレーム・オルタナティブは加速するか
日本HPが先週、メインフレーム・オルタナティブ(移行)を加速する新ソリューションを発表した。ITコストの透明化を旗印にした同社の一手。はたして奏効するか。(2009/6/8)

IIJ、ノートPC向けのデータ通信とセキュリティサービスをセット提供
IIJは、アルカテル・ルーセント製のセキュリティ機能搭載データ通信カードを利用した法人向けサービスを始める。(2009/6/1)

100台以上のサーバを常設:
「サーバ解体ショー」もある、HPが実機体感センター開設
(2009/5/19)

IIJが販売へ:
アルカテル・ルーセント、セキュリティ機能搭載のデータ通信カードを発表
アルカテル・ルーセントは、PCを紛失した場合の悪用を防ぐ機能を搭載したデータ通信カードを発表。IIJが販売する。(2009/5/13)

伴大作の木漏れ日:
競争が激化するx86市場――IBMとHP、そして富士通
富士通の経営方針説明会が3月30日に開催された。富士通はx86強化を表明したが、日本および世界市場におけるIBMやHP、NEC、Dellといったライバル企業の壁は低くない。(2009/4/10)

新世代EDIやメインフレーム置き換え狙う:
HPのNonStopサーバがUNIXクラスタと同等価格に
(2009/3/27)

NEWS
日本HP、無停止サーバのエントリーモデルをリリース
日本HPが無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStopサーバー」のエントリーモデルを発表。低価格設定と値引きキャンペーンで、無停止サーバの新たなユーザー層開拓を図る。(2009/3/27)

HP、NonStopサーバシリーズにエントリーレベルの「NS2000」を追加
HPはNonStopサーバシリーズに、従来のエントリー機種と比較して約2倍のパフォーマンスを実現した「NS2000」を投入した。(2009/3/17)

IIJ、法人向けモバイル通信サービスでアルカテル・ルーセントと協業
(2008/10/15)

メインフレーム向け:
日本HPとMS、無停止型ブレードとSQL Serverの連携サービスを提供
異なる業務システムのデータを統合管理するサービスを日本HPとマイクロソフトが提供する。(2008/7/7)

最大4080プロセッサ、8160コアに拡張可能:
無停止型「NonStopサーバ」もブレードに、HPが新製品発表
(2008/6/25)

狙いはメインフレームのモダナイゼーション:
日本HP、無停止をうたうNonStopサーバにブレード型を投入
日本HPは6月25日、99.9999%の高可用性をうたうNonStopサーバの新ラインアップとしてブレード型の製品を投入した。超並列フォールトトレラントサーバとしての堅牢性と、ブレードシステムとしての管理性、拡張性、コンパクトさを融合した製品だという。(2008/6/25)

経営陣の“先見の明”に応えたNonStopサーバ:
PR:医薬卸売業界で10年前に実現したサービス指向の情報システム
今でいうSOA(サービス指向アーキテクチャ)を10年前に実現、業界動向や法令の激変の中でも大きなシステム変更なく迅速な対応をし続けている例があるという。激動の医薬品卸売業にあって、中北薬品は、HP NonStopサーバを中核に据え、そのシステムを作り上げた。ハードウェアの世代が変わっても、ソフトウェア資産を長年に渡って使い続けられる、NonStopサーバならではの使い方だと言えるだろう。(2008/6/11)

日本HPとASPAC、無停止サーバのSI事業で新会社
アジアパシフィックシステム総研と日本HPは、無停止サーバのSI事業を展開する合弁会社「日本NonStopイノベーション」を設立する。(2008/4/23)

日本HP、無停止サーバでSI事業を手掛ける合弁会社を設立
無停止型超並列サーバを基にシステムインテグレーション事業を展開する合弁会社を5月12日に設立する。(2008/4/22)

HP Asia Pacific & Japan Executive Forum 2008:
考えてみれば恐ろしいメインフレームの置き換えだが恩恵は大きい
「HP Asia Pacific & Japan Executive Forum 2008」では、メインフレームの置き換えで、コストを大幅削減した事例が紹介された。HP幹部にメインフレーム大国ニッポンへの取り組みも聞いた。(2008/4/18)

HP Asia Pacific & Japan Executive Forum 2008:
HP、「アダプティブ」の次は「変幻自在」の術
HPのBusiness Critical Systems部門がインドネシアでエグゼクティブフォーラムを開催し、ミッションクリティカルな領域においてもさらなる柔軟性を実現する「Polymorphic Computing」を紹介した。(2008/4/17)

「止まらない」サーバが実現した:
PR:多通貨対応「国際デビットカード」のシステムとは?
決済手段の多様化、グローバル化に伴い、24時間365日の稼働、リアルタイム処理能力、他システムとの接続性など、決済インフラの重要性は高まる一方だ。決済処理アウトソーシングのビジネスを手掛けるティーシス・ジャパンでは、HP NonStopサーバをその基盤の重要部分に採用しているという。(2008/1/24)

HPが「日本のビジネスを進化させる」:
日本HPのストレージ&サーバ事業、2008年の意気込み
(2008/1/9)

ホワイトペーパー:
「止まらない」サーバに使われている技術のすべて
システム停止は、重大な損失を引き起こす可能性がある。「本当に止まらない」システムの実現をコンセプトにしているサーバについて、技術面から詳しく解説した資料。(2007/12/5)

新たに生じる厳しい要件に対しNonStopサーバが果たす役割とは
次世代EDI規格への移行に乗り遅れるな
現在、流通業界などを中心として、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。次世代EDIにおいて強く求められる要件は、24時間365日の稼働とリアルタイム処理だ。このEDIの分野で、HP Integrity NonStopサーバは重要な役割を果たす。(2007/10/30)

止まらない、という絶対価値:
PR:「丸井のエポスカード」を支える高信頼システムの秘密とは?
カード事業を支えるシステムは、ミッションクリティカルな分野の代表格である。24時間365日の稼働とリアルタイム処理が求められ、たとえサーバを更新する際にも基本的には停止が許されない。「エポス(EPOS)カード」を提供するマルイグループでは、その要件を満たすため、HP Integrity NonStopサーバをシステムの中核や関連機能部分に採用している。(2007/10/25)

止まらない、という絶対価値:
PR:もはや「待ったなし」の次世代EDIを実現するシステムとは
今後のEDIに求められる要件は、24時間365日の稼働と、リアルタイム処理だ。特に流通業界などでは、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。HP Integrity NonStopサーバは、このEDIの分野でも重要な役割を果たす存在だ。(2007/7/5)

止まらない、止めなくていいという絶対価値:
PR:四半世紀もの間「止めない」運用に取り組んだ経験者が語る「匠を育てるプラットフォーム」
HP Integrity NonStopサーバは、多くのクレジットカードの24時間取引を支えてきた。その歴史は実に25年近くにも及ぶ。日本総研ソリューションズ執行役員CTOの森陽一氏は、「約四半世紀の間、NonStopサーバと共に無停止サービスを実現するシステム課題に取り組んだからこそ、自身の技術者としての成長があった」と話す。(2007/6/22)

止まらない、という絶対価値:
PR:事業を継続し、企業価値を高めるシステムとは
止まらないシステムを実現するHP Integrity NonStopサーバ。そこに込められているのは、「事業継続性を向上させることが企業価値を高めることにつながる」というHPのメッセージだ。(2007/5/30)

−ビジネスインテリジェンスの今−その必要条件とは?:
PR:リアルタイム性を備えた真のエンタープライズデータウェアハウスで勝機をつかめ
企業の戦略的ツールだったデータウェアハウスは、今やリアルタイム性を備えて戦術的な領域まで対象範囲を広げつつある。その背景から、HPのリアルタイムEDWソリューションであるHP Neoview Platformが持つ特徴を探ってみる。(2007/4/27)

止まらない、という絶対価値:
PR:ビジネスの継続性を保証する“止まらないシステム”とは?
金融や通信、運輸、流通など、社会インフラとなるサービスを提供する企業にとっては、止まらないシステムの構築こそが、絶対価値となる。では、企業の、そして我々の生活の“継続性”を支えるサーバとは、どのようなものだろうか。(2007/4/13)

止まらない、という絶対価値:
PR:無停止性を追求し、ビジネスのゼロ・ダウンタイムを実現するシステムとは
企業のビジネス基盤を確固としたものにするためにとりわけ重要なのが、BCPという考え方である。いまやITは、われわれが身近に利用する社会インフラの根幹となっており、災害や障害によりシステムがダウンした場合、経営に大きなダメージを負うからだ。では、BCPを実現できるIT基盤とは、どのようなものなのだろうか?(2007/3/29)

HPが自社でRed Hatのサポートを行う可能性は――HP・ガービー氏
最近ではHPのLinux/OSS関連のトピックで顔となりつつあるビーデイル・ガービー氏が来日。GPL v3に対する見解や、Oracleと同様にRed hatのサポートを自社で行う可能性について答えた。(2007/2/22)

HP×インテル 特別対談
PR:広がる顧客やパートナの支持、さらにアクセルを踏み込むインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリ
2006年、オープンなインテルアーキテクチャのフラグシップ、インテル® Itanium® 2 プロセッサ ファミリがIHV、ISV、そして多くの顧客らの支持を受け、大きな飛躍を遂げた。7月にはインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリでは初となるデュアルコア製品であるインテル Itanium 2 プロセッサ 9000番台が登場し、さらに拍車がかかっている。1990年代半ば、その開発段階からインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリに取り組んできたヒューレット・パッカード(HP)も、Riscからデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリへの移行を進めており、消費電力当たりの性能が従来製品と比べ2.5倍に引き上げられた新しいデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリを幅広く採用していくという。インテルやHP、そしてパートナらのエコシステムが生み出す価値について日本ヒューレット・パッカードのエンタープライズストレージ・サーバ統括本部長、松本芳武氏とインテルのマーケティング本部長、阿部剛士氏に話を聞いた。(2006/12/19)

インテル Itanium プロセッサ ファミリを選ぶこと、それは未来を手に入れること:
PR:第3回:HPの戦略に見るインテル Itanium プロセッサ ファミリの真のメリット
本特集ではこれまで、インテル® Itanium® プロセッサ ファミリの現在の市場動向や、機能面での優位性について解説してきた。本稿では、同プロセッサの選択肢の豊富さがもたらすメリットについて、日本HPの戦略を具体例として挙げながら解説する。(2006/11/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。