ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Stream Mini」最新記事一覧

2015年PC夏モデル:
日本HP、色が変わってCPU温度を合図する「HP ENVY Phoenix 850」などデスクトップPC新モデル発表
手の平サイズのコンパクトPCでは、CPUにCore i5シリーズを採用したハイパフォーマンス構成モデルも登場した。(2015/7/8)

日本HP、週末限定のコンパクトPC「Stream Mini」特価販売キャンペーン
日本ヒューレット・パッカードは、同社製のコンパクトデスクトップPC「Stream Mini」を割引価格で提供する週末限定キャンペーンを開始した。(2015/5/22)

日本HP、デスクトップPCを特価提供する“在庫処分”キャンペーンを開始
日本ヒューレット・パッカードは、最大1万円相当の値引きとなる“フリーアップグレード!在庫処分!”キャンペーンを開始した。(2015/5/21)

日本HP、プリンタ対象のキャンペーンを4月9日から
「インクジェットプリンター世界シェア18年連続No.1キャンペーン」と「新生活応援キャンペーン!」を実施する。(2015/4/9)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 10はスマホにも注目(2015年3月30日〜4月5日)
今回のアクセスランキングは、Windows 10、メモリカードの特価情報、超小型PC、爆速SSD、Windows Phone、ハイエンドGPU、マンガ連載、Surface 3などがトップ10入り。(2015/4/6)

自作感覚も楽しめる!:
550グラム手のひらサイズデスクトップ「HP Stream Mini 200-020jp」徹底レビュー
Winodows8.1導入の超小型PC「HP Stream Mini」が登場。コンパクトボディながら“こそっと”と付属している増設キットの使い勝手を検証する。(2015/3/30)

動画で360度チェック:
弁当箱PC「HP Stream Mini 200」を動画で拝見――分解もアリ
コバルトブルーに彩られたボディが印象的な日本ヒューレット・パッカードの超小型PC「HP Stream Mini 200」。動画で細かく見ていこう。(2015/3/27)

日本HP、「春モデルで新生活応援キャンペーン」を3月13日から
送料無料は当たり前。HDDや内蔵ドライブのアップグレードも無料でOK。(2015/3/13)

日本HP、超小型デスクトップPC「HP Stream Mini」を2月20日から出荷開始
接続動作検証ができたテレビのリストも公開。さらに、サポート外ながら“増設キット”が標準で付属する。(2015/2/20)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 7のメインストリームサポートが終了、延長サポート期間へ(2015年1月12日〜1月18日)
今回のアクセスランキングは、2015年1月13日にWindows 7のメインストリームサポートが終了したことを受け、Windowsのサポート期限をまとめた記事が再浮上しました。(2015/1/19)

2015年PC春モデル:
日本HP、超小型デスクトップ「Stream Mini」や第5世代Core採用ノートなど新モデル発表
手の平に載ってしまうコンパクトなStreamシリーズのデスクトップPCが登場。ノートPCでは、大画面ハイスペックなENVY新シリーズも加わった。(2015/1/16)

2015 CES:
HP、180ドル(約2万円)のWindowsデスクトップ「HP Stream Mini」
HPが、MicrosoftのChrome OS対抗の低価格帯PC「Stream Mini」を発表した。価格はHPのChrome OS搭載デスクトップ「Chromebox」と同じ179.99ドルだ。(2015/1/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。