ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T-Mobile G1(HTC Dream)」最新記事一覧

韓国の「アイマス」実写ドラマ、Amazonプライム・ビデオで配信開始
韓国の芸能プロダクションを舞台に、トップアイドルを目指して奮闘する女の子たちを描く物語です。(2017/4/28)

ITの素朴な疑問に答える:
Android 7.0の名称「Nougat(ヌガー)」って何?
Android OSの各バージョンには、お菓子にちなんだ名称が付けられている。Android 7.0の名称は「Nougat(ヌガー)」という。Nougatがどんなものかご存じですか?(2016/10/22)

ITはみ出しコラム:
さよならNexus 14モデルの歴史を振り返る
2010年に登場した「Nexus One」から6年。Nexusブランドはその幕を閉じようとしています。(2016/10/9)

柳沢慎吾さんの“あの言葉”をGoogle翻訳したら直球すぎた
(2016/5/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
WOWOWの放送が終了した「UFC」は、今後どう巻き返していくのか
格闘技ファンの間に、衝撃が走った。有料放送局「WOWOW」が総合格闘技(MMA)の世界最高峰舞台と称される人気団体「UFC」の放送終了を発表したからだ。放送終了をきっかけに、UFC人気は下火になっていくのだろうか。(2016/4/7)

東京ゲームショウ2015:
未発売の注目ゲーミングデバイスをまとめてチェック――アイ・オー、東プレ、マッドキャッツ、ロジクール
最新PCゲーミングデバイスが多数展示されている東京ゲームショウ2015。アイ・オーのディスプレイ、東プレのキーボード、マッドキャッツのマウス、ロジクールのヘッドセットをまとめて見ていこう。(2015/9/20)

いろんな意味で6月は激戦のとき!:
売れ筋10万円台前半ゲーミングノート「G-GEAR note N1562J」の実力を試す
最近のゲーミングノートPCは、価格を抑えつつ性能を維持するために工夫を凝らした製品が多い。その激戦区に登場したG-GEAR最新モデルを検証する。(2015/6/26)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(42):
「滑らか」って何だ!? ――曲線と曲面のお話
今回は「滑らか」とは一体どういうことか詳細に解説します。G1やG2、NURBSなど3次元CADを使っているとよく出てくる単語についても説明します。(2015/2/18)

医療機器ニュース:
運転能力を低下させる白質病変、東京大学らが実車実験で確認
東京大学と高知工科大学は、医学的に症状のない軽度の大脳白質病変(以下、白質病変)と診断された高齢の運転者は、そうでない高齢の運転者に比べて、運転能力が低下していることが実車実験で確認できた、と発表した。(2014/10/14)

登場して7年:
iPhoneの歴史――12の転機(前編)
「iPhone 6」が発表され、お祭り騒ぎが続いている。2007年に初代iPhoneが発売されてから7年。iPhoneはどのような歴史をたどってきたのだろうか。(2014/9/12)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
これぞオーバークロックマザー! GIGABYTEから「GA-Z97X-SOC Force LN2」登場
それは、オーバークロックのためならば、ほかのことは犠牲にしてもかまわないという、実に漢(おとこ)なマザーボードであった。(2014/6/2)

5年保証の安定重視:
リニュアルしたゲーミングマザーの最高峰──「GIGABYTE Z97X-Gaming G1 WIFI-BK」
GIGABYTEのゲーミングマザーといったら「目に鮮やかな蛍光グリーン」だった。そのテーマカラーを一新して生まれ変わったG1のハイエンドモデルをチェックする。(2014/5/27)

I AM A……:
日本ギガバイト、Intel 9シリーズチップセット搭載マザーボードの概要を公開
長時間の動作テストが証明する「高信頼性」マザーボードシリーズが登場。ゲーミングマザーボードでは新しいデザインとコンセプトをアピールする。(2014/5/9)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ巨額な利益を生み出すのか、米国発「総合格闘技」のビジネスモデルを知る
巨額な利益を生み出す、米国発の世界的総合格闘技「UFC」をご存じだろうか。なぜ「街のケンカ」から「スポーツ格闘技」へイメージチェンジできたのか、どんな手法で巨額な利益を生み出す興行に成長したか、その仕組みを解説しよう。(2014/3/20)

GIGABYTE、最新マザーの紹介などを行なうゲームイベントをツクモ本店で開催――2月15日
日本ギガバイトは、同社製ゲーミングマザーボードの紹介やMantleの解説などを行なう「GIGABYTE & AMD DetonatioNゲームイベント」を実施する。(2014/2/13)

BlackBerry、身売りを含む戦略代替案を検討中と発表
BlackBerryが、身売りや合併事業を含む戦略代替案を検討するための特別委員会を設置したと発表した。(2013/8/13)

バラして見ずにはいられない:
「HTC J butterfly HTL21」 新しいHTCのDNAを“中身”を分解して知る
5インチの大画面フルHDディスプレイをいち早く採用しながら、薄く持ちやすいボディを実現したHTCの「HTC J butterfly HTL21」は、そのスペックの高さとデザインのよさから国内でも高い人気を誇る端末。早速その中身を見てみよう。(2013/3/29)

CeBIT 2013:
GIGABYTE、“Z87”マザーボードを公開
CeBIT 2013に合わせて、各ベンダーが開発中のマザーボードを公開している。ブースがないGIGABYTEもプライベートミーティングでラインアップを明らかにした。(2013/3/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
不況をチャンスに変える! 「儲け」を生み出す「すごい仕掛け」とは
「儲かるアイデア」とはどんなものか? 「儲かるアイデア」とは、「消費者の“あったらいいのに”を叶えるアイデア」。では、その「あったらいいのに」はどこから生まれてくるのだろうか?(2012/12/20)

軽快さを高めた明るいレンズの多機能コンパクト――キヤノン「PowerShot G15」
携帯性と画質、それに操作性という要素のハイレベルな融合を目指したPowerShot Gの伝統を受け継ぐ存在、それが「PowerShot G15」だ。(2012/10/4)

Mobile IT Asia:
“スマートデバイス化”をサポートするQualcommの技術と強み
Snapdragonをはじめとするチップセットや無線技術の開発で知られるQualcomm。スマートフォンやタブレットが急増する中、同社の存在感も高まっている。クアルコムジャパンの山田社長が語った戦略をまとめた。(2012/3/16)

Biz.ID Weekly Top10:
ほしいアプリがひと晩で手に入る――Androidのここがいい!
Androidの最新動向を追う勉強会に参加してきました。新しい技術、これから盛り上がりそうなテーマをいち早く察知するには開発者コミュニティーを追うことが1つの手のようです。(2011/12/27)

GoogleのAndroid Marketからのダウンロードが100億本突破 人気アプリを10円で販売
10 billion突破を記念して、6日から毎日日替わりで人気有料アプリを10円で販売する。6.99ドルの人気ゲーム、Minecraftも10セントだ。(2011/12/7)

金山二郎のAndroid Watch(2):
Androidの成長と課題、その劇的な道のり
金山二郎のAndroid Watchの第2回。Android回想の後半に当たる今回は、いよいよ登場したAndroidがたどった“道のり”について紹介。それは決して順風満帆なものではなかった!!(2011/11/24)

日本に特化した工夫も:
“気持ちよく使える”Android 4.0で「最強のスマホ/タブレットを実現できる」
10月19日にAndroidの新OS「Android 4.0」が発表されて以来、対応端末の「Galaxy Nexus」も含めて大きな話題を集めている。10月25日にグーグルが日本のメディア向けにAndroid 4.0を初披露し、ジョン・ラーゲリン氏がアップデート内容や日本市場への取り組みなどを説明した。(2011/10/25)

Google mobile revolution:
「Ice Cream Sandwich」のチラ見せも――ジョン・ラーゲリン氏が語るAndroidの展望
2008年に世界初のAndroid端末が発売されて以来、全世界でそのシェアを伸ばしてきたAndroid。新OS「Ice Cream Sandwich」では何が変わるのか。バージョンアップに対する考えは。アプリのセキュリティ面への配慮はあるのか。ジョン・ラーゲリン氏が説明した。(2011/7/21)

“負の遺産”を断ち切る:
「Mac App Store」はソフトウェア産業を21世紀へと誘う
iPhone/iPadで大きな成功を収めたApp StoreがMacでも利用できるようになった。このMac App Storeはソフトウェア流通に革命を起こすかもしれない。(2011/1/14)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第6回 2010年が転換点となったAndroid
移動体通信事業者に続き、固定系通信事業者やインターネットサービスプロバイダー、さらにはデジタルカメラや音響機器のメーカー組み込み機器にもAndroidが広がってきました。グーグルの新しいサービスをすぐに利用したければ、Android搭載機器を持っておくことという流れがごく自然に広がってくると考えられます。(2011/1/12)

レビュー:
「高級コンデジ」の現在地を確認する(前編)
コンデジと一眼レフの中間に位置する製品として、一定の地位を築くのが「高級コンパクト」と呼ばれる製品群だ。ミラーレスの躍進で立ち位置の希薄化も懸念されるが、そのメリットも無視できない。「PowerShotG 12」「COOLPIX P7000」「GXR+S10」の3機種を比較した。(2010/12/20)

スマートフォン普及のカギを握る? スマートフォンマイスターに会ってきた
iPhoneの一人勝ちだったスマートフォン市場だが、各キャリアが本腰を入れたことで日本でも本格的な競争が始まりそうだ。中でもAndroid他さまざまなOSの端末を投入するドコモでは、スマートフォンマイスターという資格を設け、顧客対応に当たっている。(2010/11/12)

アジア各国やフランスからキャリア幹部も参加:
HTC、盛大なパーティーで新端末やクラウドサービスお披露目
9月15日に英国で華々しいデビューを飾ったHTCの最新スマートフォン「HTC Desire HD」と「HTC Desire Z」のローンチ・パーティーが、改めて10月7日にHTCの本拠地、台湾で開催された。会場は台湾、香港、マレーシア、フランスなどでHTCの端末を提供するキャリアらがはせ参じた。(2010/10/10)

HTCってどんな会社なの?:
【台北発】SBMからHTC Desire後継の新Android端末登場か?
HTCのアジア・パシフィックプレス向けツアーに参加した@ITの西村記者が、HTC本社の様子やHTCの最新の取り組みをリポートする。(2010/10/7)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第1回 スマートフォンだけではない、広がるAndroidの可能性
オープンソースのソフトウエアプラットフォームとして多くの技術者から支持を得ている「Android」。オペレーティングシステムとしてLinuxを採用し、プログラム実行環境としてJava技術を導入するなど、実績がある既存の技術を取り入れていることが技術者の支持を集めている理由の1つと言えます。しかし、Androidには他にも技術者を引きつける要素がたくさんあります。(2010/8/11)

Androidは秋冬で「春を上回る爆発」――日本Androidの会 丸山会長
日本Androidの会の丸山会長が講演を行い、Androidの動向やクラウドサービスがもたらすメディアの変化を語った。同氏は「Androidは急速にiPhoneの背中をとらえはじめた」とし、秋冬にかけて影響力はさらに高まると予測する。(2010/6/29)

書籍「モバイル・コンピューティング」第一章(1):
今、何が起きているのか――モバイルコンピューティングの時代
各キャリアが多彩なスマートフォンを投入し、一般ユーザーへの普及が見込まれることから、2010年はスマートフォン元年になるとみられている。さまざまなプレーヤーが参入し、新たなビジネスモデルが生まれつつあるこの市場は、どんな新サービスを生み、人々の生活をどう変えるのか。(2010/3/26)

データプラン付き「Dell Inspiron Mini 10」を販売:
T-Mobile、HSPA+へのアップグレード計画を発表
米キャリア4番手のT-Mobileが、3GネットワークのHSPA+へのアップグレードとデータプラン付き「Dell Inspiron Mini 10」の発売を発表した。(2010/3/24)

EvAndroidに聞くAndroidのキモ 第1回:
そもそも、「Android」って何?
2010年中に国内3キャリアから端末が出そろい、iPhoneの独走に“待った”をかけるのか注目が高まっているAndroid。本連載ではTwitter上で集めた意見を参考にしながら、Androidの可能性を探っていく。第1回では、Androidの基本的な“キモ”をおさらいしよう。(2010/3/19)

「Nexus Oneは勝者」、Linuxの父が絶賛
電話嫌いのリーナス・トーバルズ氏だが、GoogleのNexus Oneは気に入ったようだ。「今やわたしは便利でかっこいい)ガジェットを持っている」と称賛している。(2010/2/9)

購入リポート:
高度3000メートルで「Nexus One」を買ってきました
Googleが自社ブランドで自らAndroidケータイを発売する――。2009年末から、IT業界は話題騒然となっていた。この“Googleフォン”をぜひとも入手したいと思い、年明け早々からドタバタ劇を繰り広げたあるライターの物語。(2010/1/15)

2009年、プロモバの注目記事は
2009年3月にオープンした「プロフェッショナルモバイル」。記事へのアクセス数とはてなブックマークの数から見た2009年の注目記事は。(2010/1/8)

iPhoneの米独占販売キャリア:
AT&T、Android搭載機を発売へ――Dellの「Mini 3」など5機種
AT&TDellの初Android携帯「Mini 3」のほか、Motorola、HTCのスマートフォンを2010年上半期から独占的に販売する。(2010/1/7)

Apple、iPhoneアプリのダウンロード数が30億を超えたと発表
Googleの「Nexus One」発表直前、AppleがApp Storeでのアプリダウンロード数を発表した。「競合は当面App Storeに追いつけそうにない」とジョブズCEO。(2010/1/6)

AndroidがiPhoneから関心を奪いつつある?
Android携帯電話を購入したいと考えている人が急速に増えており、iPhoneに関心を持つ層に迫る勢いだ。(2009/12/24)

iPhoneのユーザー成長率、300%超で日本がトップ――AdMob調査
11月時点でのiPhone OS搭載端末数は2530万台で世界スマートフォン市場で54%のシェアを占めるが、Androidが16%と拡大している。(2009/12/21)

Android、“DROID効果”で認知度が急上昇――米comScore
「次に欲しいスマートフォン」としてAndroidを挙げたユーザーがiPhoneにほぼ匹敵した。(2009/12/18)

永山昌克インタビュー連載:
デジカメの画素数競争は終わった?――キヤノン「PowerShot G11」開発者に聞く
キヤノンのコンパクトデジカメの最上位機「PowerShot G11」は、あえて従来製品よりも画素数を落とし、低ノイズの高感度画質「すっきりクリアフォト」を実現した。その狙いを開発者に聞いてみよう。(2009/11/24)

Dellの初Android携帯、China Mobileから発売へ
Dell初のAndroid携帯を「Mini 3i」として発売するChina Mobileが、そのスペックを明らかにした。(2009/11/24)

レビュー:
高感度に強くなった多機能コンパクト機――キヤノン「PowerShot G11」
キヤノンPowerShotの最上位モデル「PowerShot G11」を使ってみた。従来機から画素数を減らすことで高感度の画質を高め、バリアングル液晶を採用することで構図の自由度を広げた高機能コンパクト機だ。(2009/10/19)

LG、同社初のAndroidスマートフォンを発表
LGのAndroid携帯は、3インチのフルタッチスクリーンと、スライド式QWERTYキーボードを搭載する。(2009/9/15)

何が出るかな:
Appleスペシャルイベントの目玉は?――“気になるウワサ”をひとまとめ
スティーブ・ジョブズCEOの登場に期待が高まるAppleスペシャルイベントがいよいよ開催される(日本時間9月10日2時)。サンフランシスコの会場には3日前にして巨大広告が出現しているが、いったい何が発表される?(2009/9/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。