ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Huffington Post」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Huffington Post」に関する情報が集まったページです。

選挙予測に新しい手法の必要性
トランプ氏当選で露呈、“電話による世論調査はオワコン”か?
2016年米大統領選挙の予想外の結果は、携帯電話しか持たない世帯が主流になった時代における世論調査の在り方に多くの疑問を投げ掛けた。(2016/12/8)

【連載】行動経済学で理解する次世代マーケティングキーワード 第4回:
「ピア効果」――仲間同士の盛り上がりが満足度を劇的に高める
仲間同士でつながり合い、切磋琢磨することで成果が上がる「ピア効果」。SNSの普及を背景に、これをうまくマーケティングに取り入れるための考え方を紹介する。(2016/11/30)

原因分析で見えてきたこと
まさかの「トランプ氏当選」で面目丸つぶれのデータサイエンティスト、米大統領選の予想はなぜ外れた?
米大統領選挙では、ほぼ全ての予測モデリングアルゴリズムが勝者予想を外した。その原因にデータサイエンティストが注意を払わなければ、今後あらゆる予測分析プロジェクトを迷走させてしまう恐れがある。(2016/11/30)

2016米大統領選を検証
「トランプ大統領誕生」をデータ分析の専門家はなぜ予測できなかったのか
米大統領選でのドナルド・トランプ氏の予想外の勝利を受け、メディアや世論調査会社はデータ分析に失敗した原因の検証を進めている。(2016/11/24)

アンチ・トランプ氏公開書簡に署名したIT著名人の大統領選後のツイート集
7月にドナルド・トランプ氏の大統領選立候補に反対する公開書簡に署名したIT著名人らが、トランプ氏当選決定後にどんなツイートをしたかチェックしてみた。(2016/11/9)

「中の人に恋しています」 書店の公式Twitterの“中の人”にフォロワーが恋する→4年後に結婚
ツイート内容でほれる。(2016/7/21)

TwitterでシェアされるURLの59%はクリックされない──コロンビア大学とINRIAによる研究
人は記事を読むよりもシェアすることを好み、記事のまとめやまとめのまとめに基づいて自分の意見を形成すると、研究者は指摘する。(2016/6/20)

Facebook、「ライブ動画」普及のため著名メディアに報奨金供与
ニュースフィード上にライブストリーミング動画を投稿できる「ライブ動画」の普及に注力するFacebookが、New York TimesやHuffington Postなどの著名メディアに報奨金を支払っていると、Re/codeが報じた。(2016/4/7)

Facebook、ロック画面に最新ニュースをプッシュ通知する「Notify」アプリ発表
Facebookがまた単体アプリをリリースした(米国のiOS向け)。新アプリ「Notify」は、ユーザーが選んだ「ステーション」の最新情報をロック画面にプッシュ通知として表示し、その場でシェアもできる。(2015/11/12)

「BuzzFeed」日本版、Yahoo!JAPANと組んで今冬オープンへ 合弁会社「BuzzFeed Japan」設立
米バイラルメディアのBuzzFeedがYahoo!JAPANと組んで今冬に日本版をオープンする。(2015/8/18)

VerizonのAOL買収、狙いはコンテンツよりも動画広告か
Verizonが44億ドルでの買収を発表したAOLの直近の業績をみると、Huffington Postなどを含むコンテンツ事業よりも動画広告を含む広告事業の売上高が圧倒的に大きい。Huffington Postがスピンアウトを検討しているといううわさもある。(2015/5/13)

Verizon、AOLを44億ドルで買収
米通信大手のVerizon Communicationsが、Huffington PostやTechCrunchなどのデジタルメディアを有するAOLを44億ドルで買収すると発表した。(2015/5/12)

Facebook、大手メディアとオリジナルコンテンツ掲載で交渉中──New York Times報道
Facebookが、New York Times、Buzz Feed、National Geographicなどと、Facebookページに記事のリンクではなくオリジナルのコンテンツを掲載するよう交渉しているとNew York Timesが報じた。(2015/3/24)

雪から生まれた謎の奇跡 約9秒ものあいだ滑り続けて、雪かきできない男性の動画がありえないほど話題に
1万7千回以上リツイートされていて、撮影したお母さんもびっくり。(2015/2/28)

3分LifeHacking:
もしかして損してる? 倹約と収入のベストバランスを考える
「貯蓄」のためにできることといえば「倹約」と考える人がいるかもしれません。しかし、ファイナンスの専門家によれば、必ずしもそれが効果的とはいえないそうです。(2014/10/30)

日本進出のソーシャルニュースBuzzFeed、5000万ドル調達
SNSでシェアしやすい記事の量産で急成長し、1億5000万人の月間訪問者数を擁するバイラルメディアのBuzzFeedがAndreessen Horowitzから5000万ドルを調達した。資金は日本を含む海外進出やネイティブ広告事業の拡充に活用する。(2014/8/12)

日本の公教育の実情と現場教師の本音:
どうする? 近い未来、学校は若い教師でいっぱいに
これから5年も経つと、団塊世代の教師が一斉に退職する。その後は少ないベテラン・中堅教師と多くの若手が学校を構成し、教育現場は、経験したことのない課題に直面する。今回は、教員の年齢構成および、離職者数とその理由について考えてみよう。(2014/8/8)

三国大洋の箸休め(23):
米IT起業家らも注目の「マインドフルネス(Mindfulness)」って何だ?
FacebookやTwitterの共同創業者など、米国の起業家らがこぞって注目する「マインドフルネス(Mindfulness)」というムーブメントがある。日本ではあまり聞き慣れないこの言葉、一体どんな概念なのだろうか?(2014/2/10)

「いいね!」じゃない時は──「共感!」ボタン Facebookが導入の可能性も?
悲しんでいる友人の投稿に「いいね!」はおかしくないだろうか? そんなケースに合わせた新しいボタンが導入される可能性があるという。(2013/12/10)

「エンタープライズ」と「コンシューマー」の向こうに:
AWSとPivotalは同じものを見ている
「AWSはIaaSのサービスで、どちらかといえばネットサービス向け、PivotalはPaaSの製品でエンタープライズ向け」、だから比較にならないと考えるのは間違いだ。両社の目指しているものには大きな重なりがある。(2013/11/13)

「シリア電子軍」によるWebサイトダウン、発端はドメイン登録事業者への攻撃
New York TimesやTwitterなど被害に遭ったWebサイトはいずれも、同じレジストラを通じてドメインを登録していた。(2013/8/29)

新聞社のペイウォールの大半が失敗するのはなぜか
ペイウォールはいいところ、自立的なビジネスモデルを探す新聞社の未来に対する間に合わせの処置に過ぎない。世界が電子書籍・ニュースの消費に向かう中、書店や新聞が路傍に取り残されないためにペイウォールに代わる手法が必要なのではないか。(2013/8/7)

Facebook、公開投稿のWebページへの貼り付け機能を発表
Facebookが、Twitterのツイートと同様に公開設定の投稿をFacebook以外のWebページやブログに貼り付けるための機能「Embedded Posts」を発表した。現在は一部のパートナーサイトがテスト中だ。(2013/8/1)

米Engadget編集長のティム・スティーブンス氏が退任
2011年にジョシュア・トポスキー氏の後を継いでEngadgetの編集長に就任したティム・スティーブンス氏が同職を退く。(2013/7/16)

オンラインニュースの利用率、タブレットの成長に伴い2倍に
人々がニュースを消費する方法はここ10カ月ほどを振り返っても大きく変化している――ロイターの調査は、現在の情報消費動向について示唆を与えるものだ。(2013/7/8)

安倍首相、ハフィントン・ポスト日本版にブロガーとして参加へ
「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版に、安倍晋三首相がブロガーとして参加することになった。(2013/5/9)

ハフィントン・ポスト日本版オープン 読者参加による「ポジティブで良質な言論空間」へのチャレンジ
ニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版がオープンした。ネガティブコメントで埋まりがちだった読者参加型ニュースコミュニティーを「ポジティブな言論空間」に育てるというチャレンジでもある。(2013/5/7)

cciとThe Huffington Post(ザ・ハフィントン・ポスト):
cciが「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」とマーケティングパートナーシップを締結
サイバー・コミュニケーションズ(cci)は5月7日、「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」(ハフポ日本版)とマーケティングパートナーシップを締結したと発表した。(2013/5/7)

ハフィントン・ポスト日本版、5月7日スタート
日本語版「ザ・ハフィントン・ポスト」は5月7日にオープンする。(2013/4/23)

Huffington Post日本版編集長に「BLOGOS」「GREEニュース」手がけた松浦氏
5月7日にオープン予定のブログメディア「The Huffington Post」日本版の編集長に、ライブドア、グリー出身の松浦茂樹氏が就任。(2013/3/6)

Huffington Post日本版、朝日新聞と共同で来春オープンへ
ブログメディア「The Huffington Post」の日本版を、米Huffington Postと朝日新聞社が共同で開設へ。(2012/12/14)

海外モバイルニュースピックアップ:
子供の略語やスラングを平文に――親向け翻訳アプリ登場
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、略語やスラングを平文に翻訳するアプリ、iPad miniの発表は新iPhone発売後?、iPhoneをアーケードゲーム機にするガジェット、“あの店”にそっくりなSamsungショップ など。(2012/8/27)

海外モバイルニュースピックアップ:
SiriとGoogle Searchの対決、結果はいかに
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、SiriとGoogle Searchの対決、6月29日はiPhone記念日、懐かしの電話機が復活 など。(2012/7/2)

海外モバイルニュースピックアップ:
目の血管とiPhoneをパスワード代わりに――生体認証システム「EyeVerify」
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、目の血管とiPhoneをパスワードにする生体認証、打った場所をスマホで確認できるセンサー内蔵ラケット、ギター型便器など。(2012/6/1)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPadを凍らせたらどうなる?
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPadを凍らせて落下させたら、IBMが社内でSiri禁止、ソーラーパワーの街頭でスマホを充電、センサーとiPhoneアプリを使った植物育成サービスなど。(2012/5/24)

海外モバイルニュースピックアップ:
飛込競技をスマホで――人気飛込選手が全面協力したiPhoneアプリ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、飛込競技を楽しめるアプリ、次のiPhoneはジョブズ氏の置きみやげ?、性別や年齢を判定するスマホアプリ、アプリのアンケート結果から生まれたカンペキなビールなど。(2012/5/21)

海外モバイルニュースピックアップ:
Siri、我に返る
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ライバルを褒めたあと我に返ったSiri、Instagramアイコンのカメラをリアルカメラ化するプロジェクト、iPhoneの文字入力がラクになるシート、Ericssonの人体間通信のデモなど。(2012/5/16)

海外モバイルニュースピックアップ:
壁に絵の棚、“スマホでスキャン”で購入――バーチャル食料雑貨店オープン
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホ対応の仮想ショップ、チャット相手を3Dで投影するシステム、変わり種のiPhone用アクセサリーなど。(2012/5/9)

ブログに初のピューリッツァー賞 Huffington Postが受賞
Huffington Postで負傷兵のその後を追うブログを投稿する元戦争特派員が、ピューリッツァー賞の国内報道部門を受賞した。(2012/4/17)

海外モバイルニュースピックアップ:
“ダッシュボードもキーもスマホ”なスクーター
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、“ダッシュボードもキーもスマホ”なスクーター、猫が“iPadで描いたアート”で寄付金集め、Twitterを使ったSmartのユニークなキャンペーンなど。(2012/4/16)

海外モバイルニュースピックアップ:
“クリスタルがびっしり”のゴージャスなBlackBerry
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、“クリスタルがびっしり”のBlackBerry、すきまにアレを隠せるiPhoneケース、海外各紙のProject Glass続報、紹介画像がセクシーなiPad用ギアなど。(2012/4/9)

海外モバイルニュースピックアップ:
まるで近未来映画?――情報を表示し、タッチで操作する鏡
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、情報を表示するタッチ操作の鏡、超高級スペシャル版のBlackBerry、RIMイベントの傷害事件続報、InstagramのAndroid版登場など。(2012/4/5)

海外モバイルニュースピックアップ:
パパのアイデアから生まれたFaceTime用ガジェット、使い方いろいろ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、パパのアイデアから生まれたFaceTime用ガジェット、iPhone使って井戸に落ちた子供を救出、HarrodsのiPadマガジンなど。(2012/4/3)

海外モバイルニュースピックアップ:
水深30メートルまでOK――ダイビングに使えるiPhoneケース
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ダイビングに使えるiPhoneケース、高級ブランドのiPadカバー、“Appleさまさま”のGoogle、レーザーで焼かれるiPad、CEOの支持率調査のトップにティム・クック氏など。(2012/3/30)

海外モバイルニュースピックアップ:
タップもフリックもお手のもの――Galaxy Noteを鼻で操作するゾウ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、Galaxy Noteを鼻で操作するゾウ、iPadで泥棒を捕まえた8歳の少年、押すとピザが届くスマホ連動マグネット、iPadをはめ込む4チャンネルミキサーなど。(2012/3/28)

AmazonとGoogle Play、電子書籍をめぐり価格戦争に突入
GoogleがAndroid MarketをGoogle Playとして再生してから、AmazonとGoogleのセールにおける競争は激化している。AmazonのDNAはGoogleに低価格での販売者としてブランドを奪われることに堪えられないようだ。(2012/3/12)

「世界で一番かっこいいネットの政治メディア」を──新たな可能性を模索する津田大介さん
東日本大震災後、積極的に被災地の取材を重ね、Twitterなどで情報発信してきたメディアジャーナリスト・津田大介さんはいま、「メディアアクティビスト」を名乗り、メディアの新しい可能性を模索している。(2011/10/17)

電子書籍アプリ開発者は要注目:
FacebookがHTML5 Webアプリ販売インフラをiOS向けに正式稼働
米FacebookはiOS向けアプリをアップグレード、新たにHTML5アプリ配信サービスに対応した。(2011/10/11)

The Huffington PostとBookBrewer、電子書籍で提携
ニュースアグリゲーター大手の米Huffington Postが電子書籍を刊行する。この流れが主流になるか。(2011/9/12)

米ニュース・アグリゲーター大手、Huffington Postが初の電子書籍を刊行
米AOL傘下の「Huffington Post」が、同社初の電子書籍「A People’s History of the Great Recession」を刊行した。(2011/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。