ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人体通信」最新記事一覧

技術とアイデアのカオスから生まれた未知の可能性を感じるアプリ15連発〜MA10決勝戦まとめ
毎年恒例となった「Mashup Awards」の決勝戦と授賞式が、2014年11月19日に渋谷ヒカリエホールで開催された。ファイナリスト15組によって行われた最終プレゼンの様子と、受賞作品を紹介する。(2014/12/24)

EE Times Japan Weekly Top10:
どうなる、I2Cの後継規格
EE Times Japanで先週(2014年11月15〜21日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/11/25)

無線通信技術:
MWC 2014で展示の超小型基地局やネットワーク仮想化技術を国内で披露
大手基地局メーカーのEricssonは、超小型基地局の「Radio Dotシステム」や、ネットワーク仮想化に向けた「vEPC(Virtual Evolved Packet Core)」などを「Mobile World Congress(MWC)2014」でデモ展示した。フィリップスやシエナなどパートナー企業との共同開発した製品や技術も来場者の注目を集めた。(2014/3/20)

EE Times Japan Weekly Top10:
量子コンピュータ、“透明マント”……次世代技術に大きな反響
EE Times Japanで先週(2013年11月16日〜11月22日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/23)

EE Times Japan Weekly Top10:
スマホとの連携が進む医療機器
EE Times Japanで先週(2013年6月30日〜7月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/7/8)

無線通信技術 BAN:
さわってデータを「はい送信」、近未来は人体も通信ネットワークの一部に!?
Ericssonは、触れるだけで車やホテルの部屋の鍵を掛けたり、スマートフォンのデータを移動したりできる、人体を利用した通信技術「HBC(Human Body Communication)」の開発を進めている。(2012/6/21)

東京おもちゃショー2012:
スマホで操作? 実は自分で動く「i-SODOG」(アイソドック)
「東京おもちゃショー2012」で注目を集めている“スマートフォン連携”の玩具。その中の1つ、タカラトミーの「omnibot i-SODOG」(オムニボット アイソドッグ)に注目してみよう。(2012/6/14)

EE Times Japan Weekly Top10:
太陽電池、人体無線網(BAN)、M2M――、気になる技術の最新動向をここでチェック!
EE Times Japanで先週(2012年5月20日〜5月26日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/5/28)

無線通信技術 BAN:
人体通信網向けの新規格、策定開始から5年で正式に発進
人体通信網(BAN)に向けた新しい規格「IEEE 802.15.6」が正式に発行された。これにより、「Bluetooth Low Energy」や「IEEE 802.15.4」の置き換えが進むと予想されている。(2012/5/23)

人工網膜/人工内耳の最新研究事例から学ぶ:
もはやSFではない“サイボーグ”技術
米国の人気SFテレビドラマ「600万ドルの男」や「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」の主人公達のように、人体の機能を電子機器によって代替する、いわゆる“サイボーグ”技術の実用化が進んでいる。本稿では、人工網膜と人工内耳に関する米国の最新研究事例を紹介するとともに、それらに活用されている電子技術について解説する。(2012/3/27)

将来の商品化も:
デザイナーが提案した“スマホの可能性を広げる周辺機器”とは――LG Mobile Design Competition 2011
LGエレクトロニクスは、ケータイデザインのコンテスト「LG Mobile Design Competition 2011 〜私の形態〜」の受賞作品を発表した。4回目の今回は、スマートフォンの周辺機器をテーマに、300点以上の作品が寄せられた。(2011/11/22)

ビジネスニュース フォトギャラリー:
太陽電池の明るい未来――欧州最大の独立研究機関が最新状況報告(後編)
後編でも引き続き、IMECが取り組む無線技術や人体通信網、太陽電池といった研究プロジェクトを紹介する。(2011/11/11)

第3回カーエレ展/第2回EV・HEV展:
電動システムに加えて充電器の新製品が続々と
『第3回国際カーエレクトロニクス技術展』と『第2回EV・HEV駆動システム技術展』が、2011年 1月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催された。注目を集めるEV/HEV関連では、電動システムの展示だけでなく、EV用充電器の新製品も数多く見られた。(2011/4/1)

医療機器での応用目指す人体通信網、Bluetoothを凌ぐ技術となるか
人体通信網の国際標準規格は2011年に策定が完了し、2012年に実用化される見通しだ。(2011/2/25)

無線通信技術 BAN:
医療機器での応用目指す人体通信網、Bluetoothを凌ぐ技術となるか
人体通信網(BAN)はまだ新しい技術だが、医療機器や民生機器の分野でBluetoothの低消費電力版規格「Bluetooth Low Energy」と競合すべく、取り組みを加速させている。(2011/2/24)

センシング技術:
【年頭特集】EE Times誌が選ぶ2011年の注目技術(前編)
(2011/1/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
値ごろ感からの買いもあって底堅い展開
(2009/7/9)

アナログ設計:
CMOSが拓く次の応用 〜 ISSCC 2009開催
半導体集積回路の最新技術が世界中から集結する国際学会「ISSCC(IEEE International Solid-State Circuits Conference)」。2009年2月8〜12日に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「ISSCC 2009」から、半導体集積回路の新たな応用分野を拓く取り組みを紹介する。(2009/3/1)

無線通信技術 BAN:
活用始まる人体無線網、ヘルスケアから新市場が立ち上がる
わざわざ操作しなくても、身の回りにあるさまざまな機器が人間の要望にきちんと応えてくれる…。運動量や体温、心拍数といった生体情報を活用すれば、そんな生活が可能になるかもしれない。(2008/12/1)

ROA Group、人体通信技術と携帯デバイスとの融合に関する調査リポート発売
(2008/11/14)

神尾寿の時事日想・特別編:
目で指でケータイをコントロール――“カラダインタフェース”最新事情
現代の携帯電話はキーボタンやタッチパネルで操作するのが当たり前。だが、より直感的に操作するには、視線など人間の体の動きを使うのがいいのではないだろうか? ドコモが研究する、最先端のユーザーインタフェースを紹介する。(2008/4/16)

KDDIデザイニングスタジオがリニューアル、人体通信や心拍コミュニケーションの体験コーナー
KDDIが11月11日、KDDI デザイニングスタジオの3Fフロアの展示を一新。人体通信や顔認識による職業診断、人の心拍を使ったコミュニケーションなどを体験できるコーナーを用意する。(2007/11/8)

9月29日〜10月5日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
10月第1週のモバイル業界は、CEATEC JAPAN 2007の開催やKDDIの新料金「au買い方セレクト」の発表など、何かと話題が多かった。TCAの携帯電話契約数集計によると、ソフトバンクモバイルが5カ月連続で純増1位を記録したことも明らかになった。(2007/10/9)

CEATEC JAPAN 2007:
ドコモ、「人体通信」をデモ──自分の体を通信に活用
CEATEC JAPAN 2007のNTTドコモブースに「人体通信」なる技術とその活用提案例が展示されている。体内に微弱な高周波の電気信号を通し、自分の体を経由して送受信機器間で通信するものだという。(2007/10/2)

CEATEC JAPAN 2007:
CEATEC JAPAN、開幕
国内最大級の情報通信・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN」が千葉県幕張メッセにて開幕。“ミリ単位の競演”となる次世代薄型テレビをはじめとした最先端技術・製品の展示が行われている。(2007/10/2)

CEATEC開幕目前──通信キャリアブースの見どころは
10月2日から千葉・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2007」。体脂肪を計れるケータイやキーパッドディスプレイケータイ、INFOBAR 2、ケータイ版ライフログなど、各キャリアがユニークな端末やサービスを披露する。(2007/9/28)

海外記事とキーワードで振り返る2006年
2006年、ITmediaに登場した海外記事の中から主要トピックをピックアップ。海外記事担当の3人が激動の1年を振り返ってみた。(2006/12/26)

音楽も人体通信で――ソニーが特許出願
ヘッドフォンのコードに取って代わるのはBluetoothでも赤外線でもなく、「人体」かもしれない。(2006/11/29)

CEATEC JAPAN 2004:
お肌の触れ合い通信? 人体通信を試してきました
人間の体が、イーサネットケーブル代わりに。そんな人体通信を、実際に試してみた。(2004/10/6)

人体通信の実用化に成功──松下電工が販売開始
人体を通信線に使う人体通信システムの実用化に松下電工が成功。入退室管理や電子マネーなど、幅広い分野への展開を図っていく。(2004/9/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。