ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hutchison」最新記事一覧

現地のプリペイドはなぜか3Gのみ:
韓国でも「プリペイドでLTE」が可能、香港事業者のSIMを試す――海外プリペイドSIM導入マニュアル
LTEのカバー率が高い韓国だが、プリペイドSIMは3Gしか利用できない。しかし、香港で販売されているローミング対応のプリペイドSIMなら、現地でLTEを利用できる。(2016/4/26)

2日間で3カ国を回ってみた:
複数国の訪問に便利なヨーロッパ周遊SIMを試す――海外プリペイドSIM導入マニュアル
陸続きで1日で数カ国の移動も簡単なヨーロッパ、各国で共通で利用できるプリペイドSIMは使い方によっては便利な存在だ。(2015/9/29)

AppleとSamsungにGSMAが組み込みSIM立ち上げ協力を要請中──Financial Times報道
次期iPhoneには「Apple SIM」が搭載されるとうわさされる中、GSMAがAppleとSamsungに消費者向け端末の組み込み型SIM(e-SIM)立ち上げに協力するよう要請しているとFinancial Timesが報じた。(2015/7/17)

減収減益で増配にも疑問:
ドコモ株主総会で鋭い指摘相次ぐ――CMが意味不明/新料金は長期切り捨て/経営がソフトバンク化
ドコモの株主総会が開催され、加藤社長が今後の経営方針を報告した。ドコモのサービス基盤を生かした「+d」構想で中期的な収入増を目指す同社だが、株主からは疑問の声が相次いだ。(2015/6/22)

中央駅でSIMとスマホが買える:
欧米各国3ユーロ/500Mバイトで使えるSIMを購入――海外プリペイドSIM導入マニュアル「イタリア・ミラノ2015年」編
国際博覧会の開幕を前に、市内のあちこちで工事が進むイタリア・ミラノ。前回の訪問から3年がたち、LTEの開始や欧州各国で使えるプリペイドSIMの登場など、見どころがたくさんある。(2015/4/27)

周遊プランなど豊富な品ぞろえ:
香港で買える「海外用プリペイドSIM」完全ガイド2015年編――海外プリペイドSIM導入マニュアル
SIMフリーが当たり前の香港では、プリペイドSIMの種類も豊富。中でも香港以外の地域でも利用できる、海外向けSIMも数多く販売されている。(2015/1/28)

ZTE Spring Media Luncheon 2014:
“変化”するZTE、「2016年までにスマートフォンで世界トップ3のメーカーを目指す」
ZTEは日本ではやや地味な存在だが、世界では携帯電話端末のシェアで5本の指に入るメーカーだ。スマートフォンではやや苦戦しているものの、2014年はLTEネットワークとスマートフォンで、さらにシェアを伸ばすことを目指す。(2014/1/20)

「LTEも1日300円でOK」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「香港LTE 2013年」編
5社の通信事業者が競争し、通信料金の安さも世界でトップクラスの香港。今回は、プリペイドで利用できるLTEサービスを使ってみた。(2013/7/31)

「“アキバっぽい場所”で入手する」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「中国・深セン2013年」編
世界の工場が集まる中国・深セン。その深センの秋葉原と呼ばれるエリアにある電子ビル内にはケータイやデータ通信端末を売っている店がずらりと入っている。今回はそこでWi-Fiルータを購入してみた。(2013/4/25)

「他国よりカンタンに買える」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「オーストリア・ウィーン2013年」編
今回は芸術的に美しい街並みが魅力の、音楽の都「ウィーン」に訪れた。ヨーロッパの各国と比べても「すごくラク」にプリペイドSIMカードが入手できる都市である。(2013/3/27)

「1日400円台」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「オランダ・アムステルダム2012年」編
日本からは観光地やビジネスもそうだが、ヨーロッパへの入り口としてアムステルダムの空港を利用する人は多いかもしれない。今回はオランダでのプリペイドデータSIMカードの入手手段を紹介する。(2012/9/27)

香港SIMフリー版「iPhone 5」で熱気! 当面の入手はできるのか? 【山根康宏の“世界のモバイル”】
香港で販売されているiPhone 5はSIMフリー。このためSIMフリーiPhoneを購入するために香港に訪れる外国人も多く、新機種の発売時は長蛇の列ができる。(2012/9/26)

「Wi-Fiも割安」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「香港の公衆無線LANサービス」編
世界でも最も自由に携帯電話やプリペイドSIMカードを購入できる場所、それが香港。今回は少し趣向を変え、プリペイドSIMカードの残高で利用できる公衆無線LANサービスを紹介しよう。(2012/8/23)

「アクセス制限なし」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「香港のSIMカードを中国で使う」編
海外渡航先も定額のデータ通信手段を──。現地でプリペイドSIMカードを入手すると比較的安価に運用できるが、やや入手しにくく、若干の不都合がある国・地域もある。今回は中国で“香港のプリペイドSIMカード”を使う方法を紹介する。(2012/6/25)

KDDI、イギリスなどで「海外ダブル定額」対象事業者を追加
auの海外向けパケット定額サービス「海外ダブル定額」の対象事業者が拡大。イギリスでは大手4事業者が対象となる。(2012/5/28)

「数ユーロからOK」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「イタリア・ミラノ 2012年」編
観光地としても著名なイタリア・ミラノで、プリペイドSIMカードとデータ通信環境をそろえるにはどうするか。実はある理由で、「かなり簡単」で「そこそこ安価」だ。(2012/4/24)

旅するガジェット:
SIMロックなんて要らない?――海外旅行ついでにSIMフリーiPhone4Sを買うすすめ
SIMフリーiPhoneならば、海外旅行や海外出張でも格安で常時接続が可能だ。円高のおかげもあり以前と比べ値頃感も出てきた今、タイを例に買い方&使い方をまとめてみたい。(2012/4/11)

「代行がうれしい」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「インドネシア・ジャカルタ」編
インドネシアの首都、ジャカルタはアジアでも屈指の大都市。観光客のみならず世界中からのビジネス出張者が集まるため、プリペイドの携帯/データ通信環境も比較的容易に入手できる。(2012/2/24)

グアムやベトナムなど:
KDDI、「海外ダブル定額」が利用できる国と地域を拡大
KDDIは、「海外ダブル定額」の対象事業者を2012年1月1日に拡大する。追加されるのは、グアムやベトナム、インドネシアなど39の国と地域の通信事業者。(2011/12/27)

「今回はちょっと例外?」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「オーストラリア・シドニー」編
今回訪れたシドニーは古くから国際都市として栄え、日本からの渡航者数も多い。現地でのプリペイドSIMカード入手はほどほど容易だが、若干気をつけなければならないこともある。(2011/11/22)

KDDI、「海外ダブル定額」用のAndroidアプリを提供――海外向けサービスも拡充
KDDIは7月から、海外でもパケット料金が定額で利用できる「海外ダブル定額」の確認・設定用Androidアプリを提供する。また、定額対応の現地事業者と無料でau端末の充電が行える海外拠点を追加する。(2011/6/28)

「1日378円」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「マカオ」編
カジノや文化遺産観光で賑わうマカオ。香港旅行のついでに訪れるのも容易で、現地のプリペイドSIMカードは「自動販売機」で販売されている。今回はこのマカオで快適な定額データ通信環境を入手する方法を紹介する。(2011/4/22)

「1日数百円」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「イギリス」編
イギリスはヨーロッパの中でも海外からの渡航者向けのプリペイドサービスが充実している。今回はロンドンで現地のプリペイドSIMカードやHSPAモデムを購入し、データ通信環境を整える方法を紹介する。(2011/2/24)

香港電脳訪問記:
最新の電子書籍端末を求めて香港を行く
先達廣場や黄金電脳商場、香港の熱すぎるスポットに最新の電子書籍端末を求めて足を踏み入れてみた。かつてのカオスな雰囲気は今どうなっているのか。(2010/12/24)

「1日数百円」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「香港」編
日本と同じように、海外でも安心して「データ定額」で利用したい──。ちょっとしたコツで、海外でも手軽に「格安な」定額モバイルインターネット環境を入手できる。今回は休暇や出張で“香港へ行く人向け”の活用方法を紹介する。(2010/12/21)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第3回 海外ケータイを“日本語化”――Androidアプリで楽々設定
注文していたAndroidスマートフォンとプリペイドSIMカードが到着した。渡航に備えて、日本語化やネットワーク関連の設定を実行した。(2010/4/7)

海外ケータイとプリペイドSIMを日本で購入する:
第2回 海外ケータイを“個人輸入”――日本語重視ならスマートフォンがお勧め
前回は、海外ケータイを購入するにあたっての注意事項を取り上げた。今回は、海外で利用するSIMロックフリー端末とプリペイドSIMを実際に購入する方法を解説しよう。(2010/3/11)

せかにゅ:
「Macタブレットは9月発表、11月発売」 アナリストが試作機目撃
「あるベテランアナリスト」が、タブレット型Macの試作機を見たと報告している。タブレットMacは10インチディスプレイを搭載し、高精細ビデオが見られるという。(2009/8/4)

イー・モバイル、データ通信ユーザー向け国際ローミングサービスを提供
イー・モバイルが5月25日、「EMモバイルブロードバンド」ユーザー向けに、25カ国で国際ローミングサービスを提供すると発表した。6月1日から利用可能になる。(2009/5/25)

加速するグローバル人材戦略:
【第3回】新興国市場を狙うグローバル戦略
かつては低コストで労働力を提供する場に過ぎなかった新興国は、魅力的な市場に変貌するとともに、自らも競争力を高めて大きく経済成長を遂げている。キリン、ナイキ、ネスレなどの事例から新興市場攻略の糸口を探る。(2009/1/15)

P&T/Expo Comm China 2008:
シェアを広げる中国メーカー製3G端末の実力
日本でもデータ通信端末を中心に中国メーカーのモデルが数を増やしつつある。この動きは海外でも顕著であり、P&T/Expo Comm China 2008会場では海外向けに展開する中国メーカーの端末が多数展示。各国通信事業者のバイヤーなどからも注目を集めていた。(2008/10/23)

イー・モバイル、国際電話サービスを162の国と地域に拡充
イー・モバイルは10月より、国際電話サービスを現在の57の国と地域から、162の国と地域へ大幅に拡充する。また、香港とシンガポールでの国際ローミング提供事業者の追加も発表した。(2008/9/24)

香港でも“iPhone 3G祭り”:
香港は“抽選販売”のiPhone 3G、熱気に包まれたイベント会場
香港でも7月11日からiPhone 3Gの販売が始まった。早くも“オークション”に登場するなど、諸外国と負けず劣らずの熱狂ぶりが見られる香港のユーザーの反応はどうなのか、また、香港で熱狂的に支持される理由は――。さまざまな角度から香港のiPhone 3G人気を検証する。(2008/7/14)

iPhoneの投入は「可能性を検討」、個人向けBlackBerryも「鋭意検討」――ドコモ株主総会
6月20日、NTTドコモが株主総会を開催した。同日をもって社長を退任する中村維夫社長が議長を務め、株主からの株価低迷対策やiPhone、BlackBerryなどの端末投入、企業価値向上のための具体的な施策などの質問に経営陣が答えた。(2008/6/20)

Vodafone、CEO交代を発表
英Vodafoneで5年にわたりCEOを務めたアルン・サリーン氏が7月で退任。CEO代理のビットリオ・コラオ氏が後任となる。(2008/5/28)

Skype、「携帯からSkype」ソフトのβ版をリリース
携帯電話にダウンロードすれば、Skype通話の受信やチャットが可能。欧州などの一部市場では、SkypeOut機能も利用できる。(2008/4/25)

Mobile World Congress 2008:
クアルコム、HSPA+トライアルを複数の通信事業者と実施──2009年商用サービス開始に向け
(2008/2/11)

「世界最強ビジネスパーソン」はAppleのジョブズCEO
Fortuneの「最も有力なビジネスパーソン25人」ランキングで、Appleのスティーブ・ジョブズCEOが1位になった。(2007/11/28)

NTTドコモ、国際ローミングのPCデータ通信で準定額制を導入
NTTドコモが加盟するアジア・太平洋地域の携帯キャリアアライアンス「コネクサス・モバイル・アライアンス」が、国際ローミングサービスを強化すると発表した。その一環としてNTTドコモは、国際ローミングのPCデータ通信について準定額制を導入する。(2007/11/14)

米Yahoo!、アジア太平洋地域でのモバイル戦略を強化
Yahoo!はアジア太平洋地域で、新たに携帯キャリア9社と提携。また台湾市場向けに「Yahoo! Go 2.0」の中国語版をリリースする。(2007/11/14)

Skypeと3、「Skype携帯」発売へ
Skypeが3と提携、独自ブランドの携帯電話を発売する。(2007/10/30)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
Oracle Database 11gがアジアで始動する
上海で行われているOracle OpenWorld Asia Pacific 2007。2日目の基調講演にはOracle社長のチャールズ・フィリップ氏が登壇、最新となる11gに注がれたOracleのイノベーションをアジアで強くアピールした。(2007/7/31)

専任のモバイルマネジャーを
モバイル管理の本質は20年間変わらず
専任のモバイル通信管理担当者設置の必要性とその職務内容、誰に端末を持たせるかの選定など、重要なことは今も昔も変わらない。(2007/7/13)

ドコモ、「WORLD WING」のテレビ電話料金とパケット通信料を期間限定で割引
(2007/6/21)

iモード、香港Hutchison Telephoneがサービス開始
ドコモは、香港の携帯電話オペレーターHutchison Telephoneがiモードサービスを開始したと発表した。(2007/5/30)

Joost、4500万ドルの資金調達に成功
大手ベンチャーキャピタル、CBS、ViacomらがJoostに資金提供を行う。(2007/5/11)

ドコモとインドHutchison Essar、iモードライセンス契約を解消へ
NTTドコモとインドのHutchison Essarは5月7日、両者間で結んでいたiモードライセンス契約を解消することで合意した。(2007/5/7)

VodafoneとインドEssar、提携で合意
インドの携帯電話会社Hutchison Essarは「Vodafone Essar」となる。経営権はVodafoneが握るが、Essarも持ち分を維持。(2007/3/16)

3GSM World Congress 2007:
激変するモバイル業界に3つの提言──VodafoneのサリーンCEO
MySpace、YouTubeとの提携、インド市場への参入など、矢継ぎばやに新たな施策を打ち出す英Vodafone。同社のアルン・サリーンCEO兼社長が、モバイル業界の発展に欠かせない3つのポイントについて説明した。(2007/2/19)

2007 International CES:
Yahoo! Go for Mobile、新検索エンジン「oneSearch」を搭載
Yahoo!は、携帯向けサービス「Yahoo! Go for Mobile 2.0」のβ版をリリースした。同社の新しいモバイル向け検索エンジン「oneSearch」を採用している。(2007/1/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。