ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キッズケータイ HW-02C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キッズケータイ HW-02C」に関する情報が集まったページです。

「グローバルでの競争力」と「日本での経験」が強み――SIMフリー市場を攻めるHuaweiの勝算
Huaweiが6月下旬に発売を予定しているSIMロックフリースマホの「Ascend G6」の価格は2万9800円(税別)で、キャリアが販売する端末よりもはるかに安い。ファーウェイ・ジャパンの担当者が、SIMフリー市場参入の背景を説明した。(2014/6/18)

ワンピーススマホは80%オフ――ドコモオンラインショップでスマートフォンを大幅値下げ
ドコモが、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」や「N-02E ONE PIECE」などのスマートフォンやケータイを、ドコモオンラインショップで大幅に値下げしている。(2014/3/6)

ドコモ、「キッズケータイ HW-01D」を9月5日に発売 ガードマン派遣サービスも提供
ドコモは「キッズケータイ HW-01D」のブルーとピンクを9月5日に発売する。また10月からは、防犯ブザーが鳴った場合にALSOKのガードマンを派遣する専用サービスも提供する。(2012/8/27)

ドコモ、「Xperia NX/acro HD」「GALAXY Tab 7.0 Plus」「MEDIAS ES」などのソフト更新を開始
ドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia NX SO-02D」「Xperia acro HD SO-03D」と、NECカシオ製の「MEDIAS ES N-05D」、Samsung電子製の「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」、Huawei製「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。(2012/5/17)

防水・防塵機能を備えた子ども向け端末――「キッズケータイHW-01D」
NTTドコモが、通話・防犯・GPSに機能を絞った子ども向け携帯電話「キッズケータイHW-01D」を発表した。7〜8月に発売する。防水・防塵ボディには傷つきにくい加工を施し、文字入力機能を新たに搭載している。(2012/5/16)

Mobile World Congress 2012:
ナンバーワンにこだわり――Ascendシリーズで“上昇”を狙うHuawei
MWCのHuaweiブースでは、新シリーズ「Ascend」に属するスマートフォンを中心に展示していた。中でも注目を集めていたのが、独自開発したクアッドコアCPUを備える「Ascend D quad」だ。(2012/2/29)

ドコモ、「キッズケータイ HW-02C」をアップデート――エリアメールに対応
ドコモは、Huawei製の子供向け端末「キッズケータイ HW-02C」の機能アップデートを12月14日から提供する。(2011/12/12)

ドコモ、「F-02D」「キッズケータイ HW-02C」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモは、富士通製のiモード端末「F-02D」とHuawei製の「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。F-02D向けのソフト更新では、端末がフリーズしたり、再起動するなどの不具合を改善する。(2011/11/21)

ドコモ スマートフォンも「イマドコサーチ」「イマドコかんたんサーチ」に対応
NTTドコモは、位置情報が検索できる「イマドコサーチ」と「イマドコかんたんサーチ」のサービスを、spモード対応のスマートフォンでも開始すると発表した。(2011/9/16)

ドコモ、「キッズケータイ HW-02C」を9月28日から販売
ドコモの子ども向け携帯電話「キッズケータイ HW-02C」が9月28日から販売される。iモードには対応せず、通話、防犯ブザー、GPSに機能を絞っている。(2011/9/16)

ドコモ、3歳から12歳を対象にした期間限定割引「キッズ割」を提供
ドコモが9月28日から2012年1月31日までの期間限定で、新規に契約する3歳から12歳の子供を対象に基本料金を割り引く「キッズ割」を提供する。(2011/9/9)

自由自在な“クラウドフォン”でB to Pのサービスを提供する――Huawei
Huaweiが同社のAndroid端末向けのクラウドサービス「Cloud+」を発表。160Gバイトのオンラインストレージが提供されるほか、端末の遠隔操作やアプリマーケットも利用できる。Cloud+と同社製品を含む“クラウドフォン”を筆頭に、ユーザー目線のサービスを提供していく。(2011/8/8)

ドコモ、通話・防犯ブザー・GPSに機能を絞った「キッズケータイ HW-02C」を発表
NTTドコモが、小学校低学年の子ども向け携帯電話「キッズケータイ HW-02C」の開発を発表。9月〜10月に発売する。HW-02Cはiモードを搭載しておらず、通話、防犯ブザー、GPSに機能を制限している。(2011/7/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。