ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hybrid 4G LTE」最新記事一覧

ソフトバンク、8型タブレット「Lenovo TAB2」&専用アクセサリーを11月27日に発売
ソフトバンクは、レノボ製の8型タブレット「Lenovo TAB2」を11月27日に発売する。またSoftBank SELECTIONで専用アクセサリーも用意した。(2015/11/20)

大画面とステレオスピーカーで動画・音楽が快適 2台持ちに最適な「Lenovo TAB2」【画像追加】
ソフトバンクのAndroidタブレット第2弾となる「Lenovo TAB2」は、スマホ・フィーチャーフォンとの2台持ちを想定したモデルだ。Hybrid 4G LTEによる安定した通信、8型ディスプレイ、前面ステレオスピーカーによって動画や音楽を快適に楽しめる。(2015/10/8)

ソフトバンク、「AQUOS Xx」を6月26日に発売 MNPなら実質1万800円
ソフトバンクが5.7型液晶のシャープ製スマホ「AQUOS Xx」を6月26日に発売する。販売価格は一括で8万1120円。割引を差し引いた2年間の実質負担額は、新規・機種変が3万7920円、MNPが1万800円。(2015/6/19)

Surface 3も登場:
スマートデバイスで生活が変わる――2015年夏の“新”ソフトバンクはAndroidにも注力 ヤフーとの連携はさらに強化
ソフトバンクモバイルが久々に大規模な発表会を開催した。ワイモバイルを統合し、商号を「ソフトバンク」に改める同社は、モバイルインターネットのNo.1コアカンパニーを目指す。(2015/5/19)

リコーも認めるカメラ画質:
5.7型「S-PureLED」液晶搭載のフラッグシップスマホ「AQUOS Xx」
ソフトバンクの新型「AQUOS Xx」は、EDGESTデザインの狭額縁ボディに5.7型「S-PureLED」液晶を搭載したフラッグシップモデル。リコーが認めた高画質カメラはハイスピード撮影にも対応した。【写真追加】(2015/5/19)

ワイモバイルがスマホ初心者に優しいタフネススマホ「DIGNO C」発売――価格は2万8800円
ワイモバイルは、MIL規格準拠のタフネススマホ「DIGNO C 404KC」を2月27日に発売する。ソフトバンクの「DIGNO U」と同等のスペックで、スマホ初心者でも使いやすいオリジナルUIを用意した。(2015/2/20)

ソフトバンク、防水/防じん/耐衝撃性能を備えるタフネススマホ「DIGNO U」を2月27日に発売
ソフトバンクモバイルは、同社初となるMILスペック準拠のタフネススマホ「DIGNO U」を2月27日に発売する。防水/防じん性能も備える5型ディスプレイ搭載の京セラ製モデルだ。(2015/2/20)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
スマホ冬モデル全17機種丸分かり比較――通信サービス、基本機能、連携機能編
2014冬モデルのスマホ17機種スペック比較第3回では、各社が最も力を入れる通信回りを確認していく。防水対応や外部連携機能なども合わせて見ていこう。(2014/12/25)

スマホの不安を“スパ”っと解決?――「シンプルスマホ2」温泉特典の背景
ソフトバンクのシニア向けスマホ「シンプルスマホ2」。ユーザー層に配慮したデザインと機能も注目だが、大江戸温泉で使えるクーポンがもらえるなど、独自のキャンペーンを展開する。(2014/10/29)

ソフトバンクモバイル、シニア向け「シンプルスマホ2」を11月下旬以降に発売
ソフトバンクモバイルが、シニアのスマホ初心者をメインターゲットとした「シンプルスマホ2」を発表。4.5型の大画面や大きな物理キーを搭載している。11月下旬以降に発売する。(2014/10/28)

キャリアロゴなし:
ソフトバンクの「Xperia Z3」を写真で速攻チェック
ソフトバンクモバイルが発表したことで、3キャリアから発売されることとなった「Xperia Z3」。“ソフトバンクモデル”の実機を触ってきたので、さっそく写真で見ていこう。(2014/10/2)

ソフトバンク、ソニー製スマホ初めて発売 「Xperia Z3」11月下旬以降に
ソフトバンクモバイルが「Xperia Z3」を発売する。(2014/10/1)

ソフトバンクモバイルが「Xperia Z3」を11月下旬以降に発売
ソフトバンクは、「Xperia Z3」を11月下旬以降に発売すると発表した。ソニーモバイルのスマートフォンを初めてラインアップする。(2014/10/1)

日米定額も提供:
圧倒的な“実効速度”と“基地局数”、他社対抗は「徹底的に」――ソフトバンクがiPhone 6の販売戦略を説明
ソフトバンクがiPhone 6/6 Plusの販売戦略を説明。どこよりもお得とするMNPと機種変施策や、圧倒的という4Gネットワーク、そして「アメリカ放題」などグループシナジーをアピールした。(2014/9/17)

「ARROWS A 301F」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
スマホ夏モデル丸分かり比較――基本スペック、通信サービス編
2014年夏モデル14機種のスペックをまるっと比較するコーナーの第3回では、基本スペック、通信サービスについてまとめた。どんな機能が搭載されているのか見ていこう。(2014/6/4)

PR:EDGEST×IGZOでリッチな体験を――「AQUOS Xx SoftBank 304SH」が切り開く新しい世界
2013年冬モデルの「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」をベースに、ディスプレイやカメラが大きく進化した夏モデルの「AQUOS Xx SoftBank 304SH」。メタルフレームを採用したことで、デザインも洗練された。主な見どころをチェックしていこう。(2014/5/8)

ソフトバンク、メタルフレームに5.2型IGZO液晶を搭載した「AQUOS Xx 304SH」を発表
ソフトバンクモバイルが、5.2型のIGZO液晶を搭載したシャープ製のスマートフォン「AQUOS Xx 304SH」を5月下旬に発売する。(2014/4/24)

ソフトバンク、コンパクトスマホ「AQUOS PHONE Xx mini」の事前予約を開始
ソフトバンクは、4.5インチのフルHD IGZO液晶を搭載したコンパクトスマホ「AQUOS PHONE Xx mini」の事前予約を開始した。発売は2月下旬を予定している。(2014/1/31)

写真で解説する「ARROWS A 301F」
ソフトバンクの富士通製「ARROWS A 301F」は、スペックの高さに加えて持ちやすさや使いやすさにこだわった5インチディスプレイ搭載のスマートフォン。10分で1日分をチャージする急速充電も特徴だ。(2014/1/29)

石野純也のMobile Eye(2013年総括編):
激化するLTE競争/3社から出そろったiPhone/14年に登場を控えた第3のOS――2013年を振り返る
今回は年内最後の連載ということもあり、2013年のモバイルニュースを総括していく。モバイル業界全体のトレンドをざっとつかめるよう、「LTE」「iPhone」「第3のOS」に焦点を当てて振り返っていきたい。(2013/12/20)

THE EDGEST STYLE:
PR:「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」の全身ディスプレイを体感せよ
シャープが「EDGEST」と名付けた3辺狭額縁デザインの「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」。特にカメラを使うと、コンパクトボディに搭載された5.2インチフルHD液晶をフルに楽しめる。(2013/12/13)

ソフトバンク、10分間充電で1日使える高速充電スマホ「ARROWS A 301F」を12月6日発売
ソフトバンクモバイルは、10分間の充電で1日、フル充電で3日間使える高速充電スマホ「ARROWS A 301F」を12月6日に発売する。(2013/12/4)

ソフトバンク、3辺狭額縁5.2インチ液晶を搭載した「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売
ソフトバンクモバイルは、2013年冬春モデルのフラッグシップ端末となるシャープ製「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売する。(2013/12/4)

PR:新スタイルのスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」はココが進化した!
5.2インチの大型ディスプレイを搭載しながら、ディスプレイ面の3辺の縁を細くする狭額縁の設計技術により、幅をギリギリまで抑えたスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」。その新しいスタイルはもちろん、カメラや通信関連の機能も大きく進化している。302SHの魅力をレビューしていこう。(2013/12/6)

IGZOの“ノウハウ”が強み:
2014年度、国内市場でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――シャープ
シャープはこの冬(一部は春)商戦で、計7機種のスマートフォンを投入する。これらの新機種でシャープが重点的に取り組んできたことは「7つ」ある。そして11月7日の説明会では、2014年度に国内でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――という目標も明かした。(2013/11/9)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

Mobile Weekly Top10:
“ケータイ”は「iPhone 5s/5c」より売れている
ソフトバンクとauが新製品発表会を開催。2社ともフィーチャーフォンの新機種をラインアップに追加した。販売ランキングでは既存機種がiPhone 5s/5c(の一部モデル)より上位に付けている。(2013/10/7)

写真で解説する「AQUOS PHONE Xx 302SH」
5.2インチフルHDディスプレイを搭載したシャープ製の「AQUOS PHONE Xx 302SH」は、ソフトバンクの2013年冬春モデルの中ではハイエンドクラスに位置付けられる。3辺狭額縁設計や2日以上使えるバッテリー駆動が特徴だ。(2013/10/3)

「世界最高のネットワークだ」 孫社長、ドコモiPhone参入にも余裕「流出リスクほとんどない」
「ドコモのiPhone参入が4年前なら壊滅的な打撃だった」が、ネットワークの改善が進んだ結果、流出リスクはほとんどなくなった、と孫社長。今後の差別化要因となるネットワークは「世界最高」と胸を張る。(2013/9/30)

ハハッ! ハイエンドなのさ:
ディズニーモバイル、5.2インチフルHD+2.2GHzクアッドコア搭載の「DM016SH」
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、Disney Mobile on SoftBankの新機種として、AQUOS PHONE Xx 302SHベースのハイエンドモデル「DM016SH」を発表した。(2013/9/30)

Hybrid 4G LTE対応:
4.5インチで幅63ミリ、IGZO搭載のコンパクトスマホ――「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」
ソフトバンクモバイルの2013年冬春モデルの「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」は、フラッグシップモデルの302SHに相当する性能を発揮する、コンパクトなスマートフォンだ。(2013/9/30)

Hybrid 4G LTE対応:
3辺狭額縁+5.2インチフルHD液晶搭載、フルセグ視聴もできる「AQUOS PHONE Xx 302SH」
ソフトバンク 2013年度冬春モデルフラッグシップモデルとなるのが、シャープ製の「AQUOS PHONE Xx 302SH」だ。3辺狭額縁設計でディスプレイの大型化とボディの小型化を両立した。(2013/9/30)

Hybrid 4G LTE対応:
10分間充電で1日 フル充電で3日間使える高速充電スマホ――「ARROWS A 301F」
富士通製の「ARROWS A 301F」は、10分間の充電で1日使えるという業界最速の高速充電を実現したAndroidスマホ。SoftBank 4G+4G LTEに対応した「Hybrid 4G LTE」もサポートした。(2013/9/30)

ソフトバンクモバイル、2013年度冬春モデルを発表――「Hybrid 4G LTE」対応スマホが登場
ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルと2014年春モデルを発表した。スマートフォンの新製品4機種は、AXGPとFDD-LTEをサポートする「Hybrid 4G LTE」に対応している。フィーチャーフォン2機種とモバイルWi-Fiルーター1機種も発売する。(2013/9/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。