ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイパーバイザー」最新記事一覧

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

車載ソフトウェア:
QNXは車載ソフトの安全とセキュリティを重視「AndroidやLinuxは脆弱性だらけ」
ブラックベリーは、車載分野を中心に組み込みソフトウェアを展開するBlackBerry QNXの事業戦略について説明。QNXが得意としてきた安全に関わる機能に加えて、新生ブラックベリーが重視するセキュリティの機能も車載分野に提案していく方針を示した。(2017/11/22)

HCI無しで設定自動化や簡単VM構築が可能に
ハイパーコンバージドインフラをあえて持たない企業の運用効率化術とは
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は簡単に仮想化環境を整えることができる製品だ。だが当然全ての企業が導入しているわけではない。HCIがなければ仮想化環境を使いこなすことは難しいのだろうか。(2017/11/13)

CADニュース:
ホンダのVDI導入、きっかけは東日本大震災――3D CADやCAEでVDIを使う
ホンダは「次世代EWSプロジェクト」で「NVIDIA GRID」を利用してEWS環境を構築。VDI導入のきっかけは、同社四輪R&Dセンター(栃木)が東日本大震災で被災したことだった。(2017/11/9)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(10):
Windows 10に組み込まれた多層かつ高度なマルウェア対策機能
Windowsのセキュリティ機能は、バージョンを経るごとに強化されてきました。「マルウェア対策」という点に絞っても、ユーザーには見えないWindowsのコア部分から、ユーザーと対話する機能まで、さまざまなセキュリティ機能を備えています。最新のWindows 10、特にEnterpriseエディションは最高レベルのマルウェア対策機能を提供します。(2017/11/1)

サーバ仮想化? ちょっと待って、DB統合にはもっといい方法があるんです!:
PR:コストも運用管理の手間も大きく削減。最新データベース統合ソリューションの6つのメリットをクローズアップ!
社内に散在するデータベースを集約した統合データベース基盤を作る際のベストアプローチって何でしょう? 「サーバ仮想化!」──いいえ、データベース統合に関しては、必ずしもそうではありません。コストも運用の手間も大きく減らすことができるもっといい方法が他にあるんです!(2017/11/14)

PR:5000通のアラート通知メールが3通に? クラウド運用管理の疲弊が招く「ビジネスリスク」を回避する方法
変化への素早い対応が求められるビジネスシーンで、今やなくてはならない存在になりつつあるクラウド。しかし、マルチクラウド環境が当たり前になりつつある今、運用管理は複雑化し、手に負えない状況になっている企業も少なくない。放っておくとビジネスリスクにつながりかねないこの状況を改善する方法とは。(2017/10/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(95):
図解で理解できる(はず)Microsoftの仮想化技術――Windows上で稼働するLinux、動かしているのはどのテクノロジー?(その2)
前回は、Windows 10で実現可能なLinux環境とそのベースとなっているテクノロジーを、実際の動作中のスクリーンショットを使って簡単に紹介しました。今回は、図版でLinux環境とその技術的な背景を解説します。一部はWindows 10 Insider Previewを使用しています。先日、リリースされたWindows 10 Fall Creators Updateとは異なる部分がある可能性があります。ご了承ください。(2017/10/24)

Dell EMC XCシリーズがWindows Server 2016 Hyper-Vに対応:
Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート
デルとEMCジャパンはXCシリーズのデータバックアップ機能を強化した。さらに、Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverに、最新のサーバ機とストレージ装置を追加した。(2017/10/18)

なぜストレージ変更でコストが下がるのか
SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減
HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?(2017/10/17)

最新ソフトウェアでインテントベースネットワーキングの導入や拡張を容易に:
Cisco Systems、データセンターSDNソリューション「Cisco ACI」をアップデート
Cisco SystemsはデータセンターSDNソリューション「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)」を最新ソフトウェアで更新し、データセンター用のインテントベースネットワーキング(意図に基づくネットワーキング)の導入や拡張を容易にした。(2017/10/16)

仮想化ベースセキュリティ機能を紹介
Windows 10の知ると驚く技術、仮想化ベースのセキュリティ機能「デバイスガード」
Microsoftは「Windows 10」搭載マシンから企業情報が流出する事態を防止するため、「デバイスガード」「資格情報ガード」といった仮想化ベースのセキュリティ機能を強調している。どのような機能なのか。(2017/10/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージェンスで企業のIT環境はどう変わる?
調査会社の最新統計を基に、過熱するハイパーコンバージド市場の動向について解説する。(2017/10/3)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージェンスのメリットとデメリット
ハイパーコンバージド技術に弾みがついている。だが自分の組織にとってはどんなメリットがあるのか。(2017/9/29)

「Commvault」でNutanix「AHV」を丸ごとバックアップ
ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ
企業ITが仮想環境を前提とする中、課題となるのがバックアップ。とりわけ、注目を集める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」では、どうすればいいのだろうか。(2017/10/17)

「高い」の一言で製品選定やり直し
“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント
HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。(2017/9/21)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(3):
認証情報を守るWindows 10の「Credential Guard」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第3回は認証情報の保護について紹介する。新たに加わった「Credential Guard」の役割と、認証情報を盗み出す攻撃について紹介する。(2017/9/22)

モノリスの限界を示す3つの兆候
判断基準は? 企業がマイクロサービスを検討すべきタイミング
モノリシックなアーキテクチャはあるときを境に限界を迎え、企業はマイクロサービスへの移行に迫られる。モノリスの限界を示す3つの兆候について紹介する。(2017/9/20)

単独インタビュー:
NutanixのCEOとCTOに聞いた、エンタープライズクラウドの近未来
Nutanixは2017年6月末、Nutanix .NEXT Conference 2017で、ソフトウェア単体での展開、アプリケーション視点のクラウド管理ツール「Nutanix Calm」、Google Cloud Platform(GCP)上で同社のソフトウェアスタックを動かし、これを従量課金で使えるサービスの「Xi Cloud Services」を発表した。本記事ではNutanixのCEO、ディラージ・パンディ氏およびNutanix CTOであるスニル・ポッティ氏への単独インタビューの抜粋をお届けする。(2017/9/13)

納得できるTCOとは
TCOと機能で比較 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)選びの勘所
どうしても価格が目についてしまうハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、特にVDIを検討している企業はTCO(総所有コスト)に注意が必要だ。仮想化製品の特長を比較しながらコスト管理のポイントを解説する。(2017/9/13)

HCI同様に導入と運用をまとめてシンプルに
ハイパーコンバージドにベストマッチなバックアップツールは見つかるか?
導入が進むハイパーコンバージドインフラ。導入や運用がシンプルになるのが特徴だが、それならバックアップもシンプルにしたい。そんなユーザーの要望に応える製品とは?(2017/9/13)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「シンクライアントと仮想化技術」
仮想化アーキテクチャに欠かせない「シンクライアント」について、ネットワーク資源の有効活用と、端末やデータの運用管理の効率化を実現する「デスクトップの仮想化」と「アプリケーションの仮想化」と合わせて解説します。(2017/9/12)

コンテナ採用、新課金モデルの動きも
超速で進化するハイパーコンバージド(HCI)技術、次は脱ハイパーバイザー
ハイパーコンバージド技術が進化している。従来のハイパーバイザーではなく、コンテナ技術をサポートする製品も登場。新しい課金モデルが現れるなど市場の変化が激しい。(2017/9/11)

「EPYC」で復活を目指すAMD(後編)
“メモリと仮想マシンを自動で保護”するAMD EPYCのセキュリティ機能
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/9/11)

山市良のうぃんどうず日記(104):
そのNano Serverのインストール、ちょっと待った!
Windows Server 2016には、従来のGUI環境と「Server Core」と呼ばれるCUI環境に加え、新たに「Nano Server」という最小インストールオプションが追加されました。Nano Serverは、Hyper-Vなど幾つかのサーバの役割を実行できますが、現行バージョンの本番環境への導入はお勧めしません。なぜなら初代Nano Serverは、ある意味、一代限りのはかない存在になりそうだからです。(2017/9/8)

開発と運用の新たな接点を模索:
VMware、マルチクラウド戦略とVMware Cloud Servicesの説得力
VMwareは、2017年8月に開催したVMworld 2017で、同社が2016年に打ち出した戦略の第1弾を、「VMware Cloud Services」という形で具体化してみせた。VMware Cloud Servicesの大部分は、主要パブリッククラウドに直接対応した運用管理支援サービス。これらが説得力を持つ理由は、開発者と運用担当者の関係の変化を反映している点にある。(2017/9/6)

コスト削減と柔軟性アップを実現
いまさら聞けないソフトウェア定義ストレージ(SDS)、その技術と主要製品一覧
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)とは、データストレージのリソースと機能を管理する技術だ。基盤となる物理ストレージとは依存関係を持たない。(2017/9/6)

コンテナの実態と課題を整理
「コンテナ」の“誇大広告”にだまされないために確認すべきチェックポイント
コンテナは数多くのメリットをもたらすが、制約も少なからずある。コンテナの可能性を正しく引き出すために、把握しておくべき制限事項を紹介する。(2017/9/5)

Azureに学ぶ単一障害点による障害の回避方法
IaaSはなぜダウンしないのか、ダウンしたらどうなるのか
クラウドサービスで物理障害が発生した場合、初期設定のままでは稼働中のサービスにダウンタイムが発生してしまう。高可用性を維持するために必要な設定についてAzureを例として解説する。(2017/9/5)

ネットワールドが技術力で強力に後押し:
PR:Nutanixの国内普及が加速、それでも残る課題とは
Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品の普及が加速している。こうした時期だからこそ、多くの課題をクリアしていく必要があると、ネットワールド マーケティング本部の三好哲生氏は話す。課題とは何なのか。(2017/8/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「リアルタイムAI」にGoogleと異なる手法で挑むMicrosoft 「BrainWave」プロジェクトとは?
AI時代では手元のデバイスより、クラウドの先にあるAIプラットフォームがますます重要になってくる。Googleと異なる手法でこれに取り組む、Microsoftの「BrainWave」プロジェクトとは何か。(2017/8/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(91):
「Device Guard」はWindows 10 Enterpriseの“限定”機能か、否か?
主に教育分野向けのWindows 10の新しいエディション(SKU)である「Windows 10 S」を評価中、あることに気が付きました。Windows 10 Enterpriseの限定機能と思っていた「Device Guard」ですが、一部制限はあるものの、Windows 10 Homeを含む全てのエディションが備えているようなのです。(2017/8/28)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第1回】
クラウドをバックアップ/DRに活用するには? 目的別に要件を固める
「クラウドにバックアップデータを保存したい」「クラウドを災害対策(DR)に活用したい」場合に、幾つかの確認事項がある。クラウドを活用したバックアップ/DRについて目的や要件を整理する。(2017/8/31)

PR:オンプレミスからのクラウド移行は、ベアメタルが活用できる「IBM Cloud」がオススメな理由
日本企業のクラウド活用に、「唯一の正解」はない。それぞれの企業に最適なアプローチをするためには、オンプレミスとクラウドをどう使い分けるか、という視点が必要だ。特に「変えない方がいいもの」をどう扱っていくかが重要だという。(2017/8/23)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 Pro for Workstations」はなぜ生まれたのか
現地時間の8月10日、Microsoftが「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。Windows 10の新たなエディションとなるのか、追加ライセンスのような形になるのかは不明だが、従来のWindows 10よりもサーバOSに近い位置付けの製品になるのではないかと見ている。(2017/8/16)

Computer Weekly製品導入ガイド
拡大するHANAホスティング市場
SAPのHANA技術によってもたらされた、従来のSAPアーキテクチャとの違いについて解説する。(2017/8/16)

2018年初頭にOSSコミュニティーへ寄贈予定:
Microsoft、エンタープライズ要件を満たすブロックチェーン構築フレームワーク「Coco Framework」を発表
Microsoftが、ブロックチェーン構築フレームワーク「Coco Framework」を発表。企業導入を踏まえたエンタープライズクラスの要件を満たす機能を実現する。2018年初頭にOSSコミュニティーへ寄贈予定としている。(2017/8/15)

Microsoft、8月の月例更新プログラムを公開 48件の脆弱性に対処
IE 9〜11とEdge、Windows 7〜10、Windows Server 2008〜2016の各製品に、最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」の脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。(2017/8/9)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド製品を徹底比較、仮想化機能でどれだけ差がつくのか?
仮想化環境の構築法として、主流となりつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットを引き出すには、仮想化機能が重要になる。本資料では仮想化機能がHCIにもたらす影響を解説する。(2017/8/9)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第10回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──コンテナ編
「Windows Server 2016」の新機能で多くの関係者が関心を寄せているのがコンテナ機能の導入だ。ほぼLinux環境限定だったコンテナ機能をWindows Server 2016で使うために確認しておきたいポイントを紹介する。(2017/8/8)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視(8):
Yahoo! JAPANがSensuを選んだ「5つの理由」
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回は、Yahoo! JAPANがSensuを採用した経緯と活用状況を紹介します。(2017/8/3)

パブリッククラウドに構築したプライベート環境
仮想プライベートクラウドは、オンプレミスのプライベートクラウドの代わりになるか?
多くの企業はパブリッククラウドのメリットを理解しているが、シングルテナント環境で運用したいと考えているのが実情だ。本稿では、仮想プライベートクラウドがそのニーズをどう満たすかについて説明する。(2017/8/1)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージドがさらに進化、拡張性とコスト効率を向上させる技術とは?
拡張性やコスト効率の高さ、管理のシンプルさなど、さまざまなメリットを備えたハイパーコンバージドインフラ。その中でも大きく注目されている、ハイパーバイザーをベースとした製品を紹介する。(2017/8/2)

Linux基本コマンドTips(128):
【 iostat 】コマンド――I/Oデバイスの使用状況を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、I/Oデバイスの使用状況を表示する「iostat」コマンドです。(2017/7/20)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(1):
Windows起動前後にデバイスを守る工夫、ルートキットを防ぐ
Windows 10が備える多彩なセキュリティ対策機能を丸ごと理解するには、5つのスタックに分けて順に押さえていくことが早道だ。連載第1回は、Windows起動前の「デバイスの保護」とHyper-Vを用いたセキュリティ構成について紹介する。(2017/7/24)

Linux基本コマンドTips(127):
【 mpstat 】コマンド――CPUごとの使用率を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、CPUごとの使用率を表示する「mpstat」コマンドです。(2017/7/14)

「ユーザー要望を反映した」パラレルス、仮想化ソリューション新版
パラレルスがビジネス向け仮想化ソリューションの最新バージョン「Parallels Remote Application Server v16」を発表。VDIの改善やTurbo.netの統合、セキュリティの強化など、主にユーザーからの要望を反映した機能追加や改善が行われている。(2017/7/13)

「非破壊的で破壊的」な存在を目指す:
Nutanixは、名実ともに「ハイパーコンバージドインフラ専業ベンダー」から脱皮した
Nutanixは、以前より「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を超える」と主張してきたが、2017年6月の発表で、とうとう周囲の人たちも、同社を「HCI専業スタートアップ企業」とは呼べなくなってきた。さらに同社は、「非破壊的でありながら破壊的になる」ための新たな取り組みを明らかにしている。(2017/7/12)

中小企業のVDI化をサポートする「Dell EMC XC Xpress for VDI」など:
Dell、VDIソリューションを強化 ハイパーコンバージド、シンクライアント、管理ソフトウェアの各製品を刷新
DellがVDI環境の管理を容易にする新製品群を発表した。ハイパーコンバージドアプライアンス、モバイルシンクライアント、シンクライアントOS、管理ソフトウェアの各製品を刷新した。(2017/7/10)

Nutanix .NEXT 2017:
Nutanixが発表したクラウドサービスや多数の新機能をまとめてみた
Nutanixが同社イベント「Nutanix .NEXT 2017」で、クラウドサービス「Xi Cloud Services」と、同社プラットフォーム製品における多数の新機能について説明した。本記事ではこれらについて、それぞれの説明を最小限にとどめて紹介する。(2017/6/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。