ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイパーバイザー」最新記事一覧

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(2):
Dockerコンテナのセキュリティと仮想マシン対ベアメタルの議論
米Dockerは、同社のコンテナ管理ソフトウェア群で、セキュリティ機能の強化を進めている。こうした動きが、コンテナを仮想化環境の上で動かすべきか、それともベアメタル環境の上で直接動かすべきかに関する議論に、大きな影響を与える可能性がある。(2017/5/26)

ソリューションの開発も:
ニュータニックス・ジャパン、10社と「Enterprise Cloud Association」を設立
ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。(2017/5/16)

ヴイエムウェアが初の公開デモを実施:
画面で見るVMware Cloud on AWS。AWSで手軽に専有vSphere環境を構築
米ヴイエムウェアとAmazon Web Services(AWS)が2017年中ごろに提供開始予定の「VMware Cloud on AWS」。2017年5月第2週に開催された「Dell EMC World 2017」で、初の公開デモが実施された。本記事ではデモの画面を収録し、このサービスがどのように使えるのかを紹介する。(2017/5/12)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Nutanix搭載のXCは、Dell EMCにおけるHCIの重要な選択肢であり続ける
デルが開発・提供してきたNutanixベースのハイパーコンバージドインフラ製品を、Dell EMCは今後も推進していくという。豊富な製品群が出そろったにもかかわらず、提供を続ける理由は何か。(2017/5/1)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

Software-Definedの実践を設計思想から掘り下げる
ワークロード混在を前提とした戦略的な物理環境整備の手法
クラウドネイティブなアーキテクチャを考えるとき、物理環境を蚊帳の外に置いていては真の統合運用は実現しない。ではクラウドの思想を物理環境に適用する方法とは?(2017/4/28)

特選ブックレットガイド:
リアルタイム処理にみる、組み込み開発における仮想化のメリット
ハードウェアの制約が多い組み込み開発こそ、仮想化の考えを導入するべきなのかも知れません。ここでは組み込み分野における『仮想化技術』の適用イメージと、そのメリット・デメリットについて、“リアルタイム処理への応用”をテーマに解説します。(2017/4/25)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(1):
基幹系もいよいよクラウドの時代へ――日本企業のIT環境としての最適解は、どのような形態か
「基幹業務をはじめとする既存アプリケーションを、どのような観点でクラウドプラットフォームへ移行すべきか」を探る連載。初回は、昨今のクラウドトレンドを踏まえた上で、基盤視点(非機能側面)を中心に「企業のIT環境における最適解は、どのような形態か」を考察する。(2017/4/24)

無停止システムを仮想環境へ適用可能に:
HPE、「HPE Virtualized NonStop」をリリース ハイブリッドクラウドの無停止運用を実現
HPEが同社フォールトトレラントサーバの機能を仮想化する新製品「HPE Virtualized NonStop」をリリース。障害発生時でもシステムを再起動せずに処理を継続可能とする技術を採用し、無停止システムを仮想環境にも適用できるようにする。(2017/4/12)

クラウドファースト時代にあえての決断
メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情
クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。(2017/4/12)

欠点を理解すれば大きな武器になる
「ベアメタルクラウド」の長所と短所、ビッグデータ分析の“現実的な選択肢”となるか
ベアメタルクラウドサービスは、物理サーバとパブリッククラウドのメリットを組み合わせたものだ。だが、全てのワークロードに適しているとは限らない。その長所と短所とは。(2017/4/11)

「Windows Server 20162つのコンテナ
「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?
コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。(2017/4/11)

セキュリティと機能安全を両立:
ルネサス、組み込み向け仮想化技術をR-Carで実現
ルネサス エレクトロニクスは、車載コンピューティングプラットフォーム「R-Car」用に、仮想化OS向けソフトウェアパッケージの提供を始めた。車両のセキュリティと機能安全を単一システム上で実現できるとする。(2017/4/6)

HCIベンダー囲い込みによる影響
「ハイパーコンバージド導入で技術革新に対応できない?」にどう答えるか
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、問題が起きた際にベンダー1社にだけ責任を問うことができるという便利さがある。だが新技術が登場してもベンダーが対応するまで利用できない不便さもある。(2017/4/4)

PR:プラザクリエイトがオンプレミスの仮想化基盤を刷新し、クラウドを超える俊敏性・TCO削減を実現
国内最大級の写真プリントショップチェーンを展開するプラザクリエイトが、クラス最高水準の性能と拡張性を誇るインテル® Xeon® プロセッサ E5-2600 v3 製品ファミリー搭載のハイパーコンバージド製品「HPE Hyper Converged 250 System」を採用し仮想化基盤を刷新。パブリッククラウドサービスを超えるビジネスアジリティをオンプレミス環境で実現し、導入・運用・保守を含むトータルコストを劇的に削減した。処理要求の急増に即座に対応するため商用クラウドサービスとの連携も実現。優れたビジネスアジリティを達成したハイブリッド・インフラの先進事例である。(2017/4/21)

Computer Weekly製品ガイド
コンバージドインフラのメリットを引き出す
エンタープライズITの要素を組み合わせれば、運用上、コスト上のメリットを引き出せる。だが、リスクのバランス調整や導入には慎重さも必要だ。(2017/3/31)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】
単なる保険から「データ管理」の中核へ、バックアップ製品の未来像
「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。(2017/3/30)

比較表で製品の特徴を解説
ハイパーコンバージドインフラ製品を選ぶ上でのポイントとは?
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の選び方は難しい?」。このような指摘は本当だろうか。本コンテンツでは比較表を交えながら識者がHCIの選び方を説明する。(2017/4/3)

PR:新たな証券システムを支える“堅牢な保守基盤”をハイパーコンバージド・システムで実現 岡三情報システムの挑戦
岡三情報システムが、証券フロントシステムの保守ツール稼働基盤として「Lenovo Converged HX シリーズ」を導入した。運用と投資の効率化を図るとともに、トラブル発生時の迅速な対応も目指している。(2017/3/17)

SDxのおかげ?
ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?
コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。(2017/3/15)

Computer Weekly製品ガイド
ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命
ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。(2017/3/13)

IT部門の責任はどう変わる?
DaaSとVDIを比較、オフィスからの解放を現実にするデスクトップ仮想化とは
デスクトップ仮想化市場の独占をかけた争いが進行中だ。DaaSはVDIと比べると、コストメリットやクラウドサービスとしての柔軟性の高さで上を行くが……。(2017/3/10)

自動停止タイマーやテンプレート機能で安心&楽々:
PR:「Oracle Ravello Cloud Service」はソフトウェアのトレーニング環境として使えるか? ソフトバンク コマース&サービスが検証
プライベートクラウドで運用されているVMware環境を“修正なし”でそのままパブリッククラウドに移行できるサービスとして登場した「Oracle Ravello Cloud Service」。自社トレーニング環境への導入を検討するソフトバンク コマース&サービスが、その実力を検証した。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/3/8)

Computer Weekly製品ガイド
NFVが通信事業者のWANインフラ経費削減を支援
通信事業者はネットワーク機能仮想化を通じてサービスの最適化を行っている。(2017/3/1)

複雑さ、コスト、パフォーマンスの壁
こんなはずじゃなかった仮想デスクトップ、失敗企業が見落とした3つの課題
IT部門がVDI(仮想デスクトップインフラ)の実装計画を実行する際には、複雑さ、コスト、パフォーマンスに関する問題に留意しなければならない。(2017/2/28)

多種多様なワークロードに対応、「スモールスタート」も可能:
PR:デジタルトランスフォーメーションに不可欠な要素を「オールマイティー」にカバー 富士通「ETERNUS AF series」で得られる真の価値
SSDの低価格化を背景に、2016年はさしずめ「オールフラッシュ元年」と呼べるほど、オールフラッシュストレージ製品が一気に身近なものになってきた。そんな中、富士通が満を持してリリースしたオールフラッシュアレイ製品「FUJITSU Storage ETERNUS AF series」は、企業のどんな課題やニーズに応えてくれるものなのか。実際のモデルケースを挙げながら解説する。(2017/2/20)

過去のお荷物を捨てよ
未来のサーバOSに求められるパラダイムシフト
現在、サーバには多くのソフトウェアスタックが組み込まれている。この複雑性を解消するために、未来のサーバOSはどうあるべきか?(2017/2/17)

Computer Weekly製品ガイド
OpenStackネットワークで進化するNeutronの役割
OpenStackのクラウドネットワークモジュール「Neutron」の進展について解説する。(2017/2/16)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編
ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット
ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。(2017/2/14)

ベリタス、AWS対応のシステム復旧支援ソフトを発売
異機種混在環境のデータセンターで稼働するシステムがダウンした際に、待機系システムを用いた迅速な復旧作業を支援するという。(2017/2/10)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
家庭用NASと企業用NAS、決定的な違いは
ネットワーク接続型のストレージ「NAS(Network Attached Storage)」の特徴やメリットとは? 用途によって家庭用と業務用に分け、それぞれのポイントをまとめます。(2017/2/3)

超入門Docker:
最終回 Windowsプログラムを実行するWindowsコンテナ
Dockerの概要を知るための超入門連載の最終回。Windowsコンテナを使えば、Windowsプログラムもコンテナとして実行できるようになる。(2017/2/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第34回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSを知る編)
Dockerのネットワークを構成するには、さまざまな方法があります。今回からは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用した方法を取り上げます。OVSの紹介から始めましょう。(2017/2/1)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

2021年のSolaris 10延長サポート終了に向けて:
PR:Solaris 10からSolaris 11.3に移行することで何ができるようになるの?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、Solaris 10からSolaris 11.3への移行プロジェクトを数多く手掛けられているCTCさまにOSのバージョンアップによってお客さまにどのようなメリットを享受できるかを詳しく聞いてきました。(2017/2/3)

超入門Docker:
第1回 Dockerとは
Dockerの概要を知るための超入門連載(全4回)。Dockerとは何か、コンテナとは何か、従来のハードウェアエミュレーション型の仮想化とはどう違うのかなどについてまとめておく。(2017/1/30)

複数のDell EMCサーバを一元管理するOpenManage Essentials(オープンマネージ・エセンシャルズ)
多くのIT管理者は、無償で提供されているソフトウェアは、それなりの性能しかないのでは、と思われる。しかし、OpenManage Essentialsの機能を見てみると、他社が有償で提供している管理ソフトウェアを凌駕する性能を持っている。(2017/1/30)

SIerやサービス事業者にとっての選択肢拡大?:
ニュータニックス、HCIからプラットフォームへの進化を国内で説明
ニュータニックス・ジャパンは2017年1月25日、米ニュータニックスの会長兼CEOであるデイラージ・パンディ氏とニュータニックス・ジャパンのコーポレートマネージングディレクター兼社長の町田栄作氏が記者に対し、同社の戦略を説明した。(2017/1/26)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】
Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する
新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。(2017/1/19)

特集:ハイパーコンバージドインフラの課題と可能性(2):
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」の利用が広がりつつあります。過去1、2年で製品は大きく進化してきました。この進化を踏まえ、HCIとは何かをあらためて分かりやすく解説します。(2017/1/19)

既存のVMware環境を“修正なし”でパブリッククラウドへ移行:
PR:知ってる? “VMwareユーザーのためのクラウド”があるって! それが「Oracle Ravello Cloud Service」
VMwareユーザーのために作られたパブリッククラウドがあるのをご存じだろうか? オラクルが2016年2月に買収したラベロ・システムズの技術を用いた「Oracle Ravello Cloud Service」だ。これを使えば、オンプレミスのVMware環境を“修正なし”でパブリッククラウドに移行できる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/1/18)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
VSANのメリットとデメリット
VMwareのストレージ管理技術の1つ「VSAN(VMware Virtual SAN)」について解説します。仮想環境をスモールスタートする場合にも有力な選択肢となりうるストレージ機能です。(2017/1/13)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

レガシーなITインフラでは、もはやビジネスを支えられない:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てるITインフラ」の必要3要件とは
テクノロジの力を使って価値を生み出す「デジタルトランスフォーメーション」が進展し、ITインフラには、スピーディなビジネス展開を支える一層の俊敏性、柔軟性が求められている。だが多くの企業では、コスト/運用効率の向上を求めて仮想化、クラウドを導入しながら、システムの複雑化に悩まされ、かえって運用管理負荷・コストが増大しているケースが多い。ではデジタルビジネスの競争が激化している中で、短期間で「差別化に寄与するインフラ」に刷新するためにはどうすればよいのだろうか?(2016/12/21)

コンテナの検討課題をピックアップ
コンテナ vs. 仮想化、クラウドでアプリケーションを構築するならどっち?
メモリ効率、アプリケーションのテナント化、ネットワーク接続など、要件に応じてコンテナで構築できるクラウドアプリケーションは変わってくる。(2017/1/11)

Windows Server環境、アーカイブストレージが格安:
PR:IaaSもOracle Cloud! “高性能&低価格”に加えてSPARCやVMware向けクラウドなど独自サービスも充実
Oracle Cloudは、IaaSもすごい。Windows Server環境などが圧倒的なコストパフォーマンスで使える他、SPARC環境やVMware向けクラウドのRavello、クラウドと同じインフラをオンプレミスで使えるOracle Cloud at Customerなど、独自のサービスも豊富に提供している。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/1/10)

今や使うのが当たり前
企業に広がるオープンソースストレージ利用
OSやアプリケーションに続き、オープンソースストレージが企業に進出しつつある。多くのソフトウェアが既に利用されており、オープンソースストレージ利用は主流といえる状況だ。(2017/1/5)

アップデートが頻発するWindowsのライフサイクルを賢く管理:
PR:ついに“Windows 10 on Azure”が実現――Windows 10 VDIをクラウド基盤で運用可能にするシトリックスの「XenDesktop Essentials」
「Windows as a Service」を掲げるWindows 10では、従来のWindowsに比べてアップデートの頻度が増え、大規模改訂も年に数回行われる。システム管理者にとっての悩みは、アップデートに伴う作業量をいかに減らすかということ。そのための方策の1つとして、シトリックスはWindows 10を「Citrix Cloud」上の仮想デスクトップ基盤(VDI)として提供する方法を勧める。(2016/12/27)

Nutanixに続くことができるか
ハイパーコンバージドインフラ市場、これから要注目の3社とその技術
ハイパーコンバージド市場は新興企業が群雄割拠する場ではなくなった。SimpliVity、Pivot3、Scale Computingのような企業は、Nutanixやサーバ、そしてストレージの大手企業と新たな戦いを繰り広げている。(2016/12/27)

運用管理から踏み出すクラウドへの第一歩:
PR:“初めてのクラウド”は運用管理から始めてみよう――Microsoft Operations Management Suiteによる最先端の運用管理実践をJBSがトータルサポート
どのようにクラウドを自社に導入すべきか、悩んでいるIT担当者や経営者は少なくないだろう。複雑なことばかり検討して、二の足を踏んではいないだろうか。Microsoft Azureで提供されている「Microsoft Operations Management Suite(OMS)」は、オンプレミスシステムや他のクラウドサービスも統合的に管理することのできるクラウド型運用管理ツールである。既存の管理ツールでは実現できない迅速性と柔軟性、マイクロソフトの持つ膨大な情報とノウハウを活用できる利便性を、ぜひ体験してほしい。(2016/12/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。