ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i-ELOOP」最新記事一覧

北京モーターショー2016:
マツダの新型SUV「CX-4」が狙う「真の豊かさを模索する」中国の若者たち
マツダは、「北京モーターショー2016」において、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開した。SUV市場の成長が著しい中国のユーザーをターゲットに開発したモデルだ。全長が「CX-5」よりも長く、全高は「CX-3」よりも低いプロポーションが特徴となる。現時点では中国のみでの生産/販売となるが、グローバル展開も視野に入れている。(2016/4/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」 2016年新春特別編:
今後期待の省燃費技術は?
ここ数年の自動車業界を振り返れば、「省燃費技術の時代だった」ということになるだろう。そうした中にあって押さえておきたい自動車推進装置は3つに代表される。(2016/1/4)

エコカー技術:
次期「SKYACTIV」は2016年度以降に採用へ、電動化技術で燃費をさらに15%向上
マツダの好調さを支える大きな要因になっているのが、新世代技術「SKYACTIV」とデザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」だろう。これらのうちSKYACTIVについては、さらに進化した「SKYACTIV GEN2」が2016年度以降に登場する見込みだ。電動化技術などを活用し、現行SKYACTIVよりも全社平均燃費をさらに15%高めることが目標になっている。(2015/5/7)

車両デザイン:
新型「ロードスター」は自動ブレーキ非搭載、「マツダコネクト」なしモデルも
マツダは2015年3月20日、同社販売店で新型「マツダ ロードスター(以下、ロードスター)」の先行商談を行うための予約受付をWebサイトで開始したと発表。併せて国内で展開する新型ロードスターのグレードや仕様、主要装備なども公開した。(2015/3/20)

エコカー技術:
「CX-3」はクリーンディーゼル専用車に、全高は1550mmで機械式立駐に対応
マツダの新開発の小型SUV「CX-3」は、排気量1.5l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」専用車となり、JC08モード燃費は25.0km/lを達成した。全高は1550mmで、機械式立体駐車場の高さ制限に収められている。(2015/2/27)

エコカー技術:
新型「デミオ」のJC08モード燃費、ディーゼル30.0km/lでガソリン24.6km/l
マツダは小型車「デミオ」をフルモデルチェンジするとともに予約受注を開始した。JC08モード燃費は、排気量1.5lのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載する2WDモデルで30.0km/l、排気量1.3l(リットル)のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.3」を搭載する2WDモデルで24.6km/lとなった。(2014/9/11)

エコカー技術:
新型「デミオ」が“最高燃費”へ、1.5lクリーンディーゼルを搭載
マツダは、新世代技術「SKYACTIV」を採用した排気量1.5l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を開発した。新型「デミオ」に搭載して国内市場で販売する計画。ハイブリッド車と軽自動車を除く登録車で、最高のモード燃費を目指すという。(2014/6/10)

エコカー技術:
マツダの「i-ELOOP」に不具合、「アテンザ」と「アクセラ」計2.7万台をリコール
マツダは、「アテンザ」と「アクセラ」のリコールを国土交通省に提出した。対象となるのは、2012年10月2日〜2014年1月9日に製造した2万7627台。リコール原因は、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」に用いられている電気二重層キャパシタの故障判定プログラムにあった。(2014/4/3)

車両デザイン:
「マツダ跳」は野生動物が跳躍するイメージ、小排気量クリーンディーゼル搭載
マツダは、「第84回ジュネーブ国際モーターショー」に出展する次世代コンパクトカーのコンセプトモデル「マツダ跳(HAZUMI)」を公開した。その名称は、コンパクトなボディから弾けるようなエネルギーを発し、野生動物のように勢いよく跳躍するイメージが基になっている。(2014/3/5)

CEATEC 2013:
新型「フィット」と新型「アクセラ」の電気二重層キャパシタは日本ケミコン製
日本ケミコンは、「CEATEC JAPAN 2013」において、ホンダの新型「フィット」とマツダの新型「アクセラ」に、電気二重層キャパシタ「DLCAP」が採用されたことを明らかにした。(2013/10/2)

エコカー技術:
新型「フィット」の1.3lエンジンモデル、燃費26.0km/lで日産「ノート」を上回る
新型「フィット ハイブリッド」の燃費性能に注目が集まっているが、同時に発表された新型「フィット」の排気量1.3lエンジンモデルも、JC08モード燃費が26.0km/lと極めて良好だ。日産自動車の「ノート」やマツダの「デミオ」といった、同格のガソリンエンジン車と比べて燃費性能で上回り、価格も安価である。(2013/9/11)

ハイブリッドの国内導入なんか目じゃない:
新型「アクセラ」は待望の小型「アテンザ」か、魂動+SKYACTIVにHUDも搭載
マツダは、2013年秋以降に発売される新型「Mazda3(日本名:アクセラ)」の車両概要を明らかにした。小型「アテンザ」のような「魂動」デザインの外観に加えて、新世代技術「SKYACTIV」の全面採用による大幅な燃費の向上も期待できそうだ。さらに、エンジン始動と同時にポップアップするヘッドアップディスプレイ(HUD)の採用も予定している。(2013/6/28)

エコカー技術:
新型「アテンザ」がリコール、「i-ELOOP」のDC-DCコンバータが原因
マツダは、新型「アテンザ」のリコールを国土交通省に提出した。対象となるのは、2012年10月2日〜2013年3月8日に製造した8902台。リコール原因は、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」のDC-DCコンバータである。(2013/3/27)

車両デザイン:
広島の赤ヘルに魂を吹き込む、マツダがプラスチック対応「ソウルレッド」を開発
マツダは、プロ野球チームの広島東洋カープが試合で使用するヘルメット向けに、マツダの「アテンザ」や「CX-5」に採用しているボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」をイメージした特別色を開発した。(2013/3/21)

ハイブリッド車向けだけじゃない:
パナソニックが切り開く車載ニッケル水素電池の新市場
ハイブリッド車(HEV)などに搭載される車載ニッケル水素電池で世界をリードするパナソニック。同社は、車載ニッケル水素電池の新たな用途を開拓すべく、急激に市場が拡大しているアイドルストップシステムをターゲットにした製品を開発した。(2013/2/18)

エコプロダクツ2012 フォトギャラリー:
「エコカーで楽しんで!」、自動車メーカーは子ども向けの体験型展示を展開
小学校から高校まで多くの学生が社会見学のために参加していた「エコプロダクツ2012」。自動車メーカーの展示は、モーターショーなどと異なり、子どもが楽しめる体験型のものが中心になっていた。(2012/12/19)

10秒チャージで電装品を1分動かす、アテンザ搭載の「i-ELOOP」
マツダが新型「アテンザ」に標準搭載した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」。減速エネルギーを電力に変換して、キャパシタを7〜10秒で満充電にする。(2012/11/26)

2時間キープは無理ですが:
10秒チャージで電装品が1分以上動く、新型「アテンザ」搭載の「i-ELOOP」
マツダの新型「アテンザ」に標準搭載された、新開発の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」は、減速エネルギーを電力に変換して、電気二重層キャパシタを7〜10秒で満充電にする。この電力によって、カーエアコンやカーオーディオなどの電装品を60〜80秒動作させられるという。(2012/11/22)

マツダ、3代目「アテンザ」発表――新しいマツダの象徴に
マツダは新型「マツダ アテンザ」のセダンとワゴンを発売した。ガソリンモデル2種とクリーンディーゼルモデルを用意する。価格は250万円〜340万円。(2012/11/20)

マツダ 安全システム 車両開発本部長インタビュー:
「走る歓び」を支える先進安全技術はドライバーへの信頼が基本
マツダの新型「アテンザ」は、9つの安全機能を持つ先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載している。同社の安全技術に対する考え方や、i-ACTIVSENSEの特徴、今後の技術開発の方向性について、同社の執行役員で車両開発本部長を務める素利孝久氏に聞いた。(2012/11/19)

エコカー技術:
新型「アテンザ」のJC08モード燃費が判明、ディーゼルMTモデルは22.4km/l
マツダの新型「アテンザ」のJC08モード燃費が判明した。排気量2.2l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と、マニュアルトランスミッション(MT)「SKYACTIV-MT」を搭載するセダンタイプのモデルで、22.4km/lと良好な燃費を達成している。(2012/10/26)

マツダ、「アテンザ」ワゴンが東京ミッドタウンに登場
東京ミッドタウンのデザインイベントにマツダ「アテンザ」のセダンとワゴンが展示中だ。会場でインテリアを担当したデザイナーに話を聞いた。気になるサイズや燃費は?(2012/10/26)

マツダ、新型「アテンザ」を東京ミッドタウンで特別展示
10月26日から東京ミッドタウンで開催されるデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」に、「マツダ アテンザ」のプロトタイプが展示される。11月4日まで。(2012/10/23)

マツダ、新型「アテンザ」を11月に発売――ディーゼルも投入
マツダは、11月後半に発売を予定する新型「マツダ アテンザ」の予約受付を10月6日に開始する。価格はセダンタイプ、ワゴンタイプともに250万円〜340万円。(2012/10/5)

マツダ、次期アテンザ ワゴンをパリモーターショーで披露
パリモーターショ2012で、新型「Mazda6」(日本名:マツダ アテンザ)のワゴンモデルが世界初公開。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載する。(2012/9/5)

マツダ アテンザ、筑波サーキットで国内初披露
9月1日に筑波サーキットで開催された「第23回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」のパドックに、次期マツダ アテンザ(欧州名Mazda6)が展示された。(2012/9/3)

マツダ、次期アテンザをモスクワモーターショーに出展
マツダは、モスクワモーターショー2012で、新型「Mazda6(アテンザ)」のセダンモデルを初公開する。5年ぶりのフルモデルチェンジだ。(2012/7/25)

マツダ、次期アテンザの一部を動画でお披露目
マツダは2012年7月10日、次期「アテンザ」のエクステリアイメージ動画をYouTubeで公開した。まずはフロントフェイスからヘッドライトまで。(2012/7/10)

サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2012 リポート:
技術者と直接交流できるマツダの技術フォーラム、意見交換会が白熱
マツダは、技術者と一般ユーザーの交流の場として、毎年1回技術フォーラムを開催している。今年は、2012年2月に発売したばかりのSUV「CX-5」を目玉に据えて、CX-5に搭載する新世代技術「SKYACTIV」や安全技術をアピールした。(2012/3/9)

カーエレ展/EV・HEV展:
半導体メーカーが多数出展、電気二重層キャパシタも注目集める
半導体メーカーが多数出展していた今年の「カーエレ展/EV・HEV展」。各社の展示から筆者が特に気になったものと、注目の蓄電デバイスである電気二重層キャパシタの展示を紹介する。(2012/1/26)

環境技術 記事ランキング(3):
無理をせずにEVの走行距離を伸ばすには
@IT MONOist 環境技術フォーラムでアクセスが多かった記事(電気自動車関連)を紹介します。今回の集計対象期間は、約1年間、2011年1月1日〜12月27日です。(2011/12/27)

マツダアクセラ開発者に聞く:
誰でも“しなやかな運転”になるクルマ――「これ、何か違う」から生まれたi-DM
マツダは近年の自動車業界における「エコ一辺倒」の風潮とは一線を画しているように見える。そして同社のクルマ作りに対するビジョンとは何か。(2011/12/27)

東京モーターショー2011:
写真で見る、マツダ 雄(TAKERI)
第42回東京モーターショー2011、マツダブースで耳目を集めたのはミッドサイズセダンのコンセプトモデル「マツダ 雄(TAKERI)」だった。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載する。(2011/12/10)

東京モーターショー2011 フォトギャラリー:
「i-ELOOP」をブン回せ!疲れたらアイスタイヤカフェで一休み
「第42回東京モーターショー2011」(2011年12月3〜11日、東京ビッグサイト)で、記者が「個人的」に興味深いと思った展示をフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2011/12/9)

東京モーターショー2011 フォトギャラリー:
「i-ELOOP」をブン回せ!疲れたらアイスタイヤカフェで一休み
東京モーターショー2011の参加各社は、一般参加者が楽しめるような工夫を凝らした展示を行っている。そこで、マツダの「i-ELOOP」体験コーナーやブリヂストンのアイスタイヤカフェなどの興味深い展示をフォトギャラリー形式で紹介する。(2011/12/9)

電気自動車 東京モーターショー 2011:
ガソリン車でもハイブリッドに近い燃費を実現か、マツダがキャパシタ採用
ハイブリッド車はエンジンとモーターを組み合わせることで高い燃費を実現している。実は通常のガソリン車でも似たような方法で燃費を高める手段がある。減速時のエネルギー回生だ。マツダは従来のバッテリーではなく、高効率な大容量キャパシタを採用することで、ガソリン車の燃費を10%高めるシステム「i-ELOOP」を開発した。(2011/11/25)

実用走行で約10%燃費改善、マツダの減速エネルギー回生システム
マツダは、世界で初めてキャパシターを活用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を発表した。2012年から市販車に搭載していく。(2011/11/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。