ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i-ROAD」最新記事一覧

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタはEV開発に出遅れたのか?
「世界はEV(電気自動車)に向かっている」というご意見が花盛りである。併せて「内燃機関終了」や「日本のガラパゴス化」といった声をよく耳にする。果たしてそうなのだろうか。(2017/8/28)

DMS2017 オートデスク ユーザートークショー:
あらゆる産業がモノづくりをビジネスに!? これからの製品開発と設計者の役割
3Dプリンティングやクラウドといった技術の進化により、モノづくりを取り巻く環境が大きく変わろうとしている。「ものづくりの民主化」を推進するカブクの横井康秀氏がオートデスクのユーザートークショーに登壇し、同社の取り組み、これからの製品開発やデザイナー(設計者)の役割について語った。(2017/7/6)

CeBIT 2017:
“オールドタウン”化するニュータウン、高齢者の移動の自由を「Ha:mo」が支援
トヨタ自動車は、「CeBIT 2017」において、モビリティサービス「Ha:mo」のカバー範囲を拡大させていく方針を示した。高齢化社会に向けて、「自宅からバス停といった小さな移動単位でも移動の自由を確保できるようにしたい」(同社)という。(2017/4/10)

ジュネーブモーターショー2017:
トヨタが子育て世代向けに3人乗りEV、「i-ROAD」と同じアクティブリーン機構採用
トヨタ自動車は「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において、近未来型の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」を世界初披露した。(2017/3/9)

路上に貸し出し拠点設置:
パーク24、カーシェアリング社会実験に参加
パーク24は、国土交通省が12月20日から実施するカーシェアリングの社会実験に参加する。地下鉄大手町駅前の道路に超小型電気自動車の貸し出し・返却拠点を設置する。(2016/12/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
もしトヨタがドラッカー理論をカイゼンしたら
従来から「トヨタ生産方式」という名のカイゼンに取り組んできたトヨタが、さらなるカイゼンに向けて『TOYOTA NEXT』という事業企画公募をスタートした。その真意は――。(2016/12/12)

イノベーションのレシピ:
トヨタの国内販売はオープンイノベーションで“ReBORN”できるのか
トヨタ自動車がオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」を開始する。5つの募集テーマに沿う新たなサービスの提案を、トヨタ自動車以外の企業や研究機関、個人などから募り、選考を経た上で、オープンイノベーションで求められる“共創”の視点に立って共同で開発を行う。(2016/12/8)

東京モーターショー2015:
実用化は目前? 「超小型モビリティ」「パーソナルモビリティ」を試乗
超小型モビリティ「i-ROAD」、パーソナルモビリティ「Winglet」(トヨタ自動車)などに試乗できるブースが「東京モーターショー2015」に登場。(2015/10/29)

Pop-Up Gallery Tokyo:
東京でやるから意味がある! モノづくりの未来を発信する拠点が表参道に登場
オートデスクは、「The Future of Making Things 〜創造の未来〜」をテーマに、未来のモノづくりの在り方やその可能性を体感できる期間限定ギャラリー「Pop-Up Gallery Tokyo」を開催する。(2015/7/22)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
3Dプリンタによるマスカスタマイゼーションに必要なもの
自分好みのデザインにできるからって、さぁどうぞ一から自由に作ってくださいと言われても困りますよね。(2015/7/7)

車両デザイン:
超小型EV「i-ROAD」のパーツを3Dプリンタでカスタマイズ、プロジェクトが始動
カブクは、トヨタ自動車の超小型電気自動車(EV)「i-ROAD」の本格的な実用化に向けた「OPEN ROAD PROJECT」に対して、3Dプリンタで出力したカスタマイズパーツを1年間にわたり実験的に提供する。(2015/7/6)

電気自動車:
都市部で生きる小型EVの利便性、総勢100人のユーザーが走行検証
低炭素社会への貢献や、新たな移動手段として注目される超小型EV。トヨタ自動車が実用化に向けた新たな試みを東京都内で開始する。同社の超小型EV「i-ROAD」を利用して、新たな駐車・充電スポットの発掘などを進め、総勢100人のモニター参加者がi-ROADに乗って利便性を検証していく。(2015/5/13)

電気自動車:
超小型EVの普及に向けたオープンプロジェクト、3Dプリンタで外装パーツも自由に
トヨタ自動車は、超小型電気自動車(EV)「TOYOTA i-ROAD」の本格的な実用化に向けた新たな取り組みを、2015年7月から東京都内で1年間実施すると発表した。(2015/5/7)

電気自動車:
東京の交通を変えるか小型電気自動車、トヨタとタイムズが協力
トヨタ自動車は「タイムズ」を展開するパーク24と共同で、1人乗りの電気自動車を利用した実証実験を2015年4月から開始する。個人が使う乗り物と公共交通機関を連携し、交通渋滞の緩和や大気汚染の解消を狙う。東京都心部を主な対象とした。(2015/2/27)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
前2輪/後1輪の三輪バイク「トリシティ」の魅力
そういやCMキャラクターは大島優子ですよね。「トリシティ」に乗るためAT小型限定普通自動二輪免許の取得に挑戦するとか。(2014/7/8)

人とくるまのテクノロジー展2014 フォトギャラリー:
君はボッシュの次世代ワイパーを見たか!? ゆるキャラあざらしくんも出没
2014年5月21〜23日の3日間、自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2014」が開催された。本稿では、速報で紹介しきれなかったものを含む興味深い展示をピックアップし、フォトギャラリー形式で紹介する。(2014/6/5)

MONOist新人編集の突撃リポート:
トヨタのバンクする超小型EV「i-ROAD」は重心が安定していて意外と安心
2014年5月21〜23日に「人とくるまのテクノロジー展2014」が開催された。同展示会で試乗できたトヨタの超小型電気自動車(EV)「i-ROAD」について、MONOist編集部の新入部員による突撃リポートをお送りする。(2014/5/26)

こいつぁすごいぜ!:
イカすクルマニュース2013年度ランキング! 1位は仲村トオル絶賛の三輪バイク
MONOistオートモーティブフォーラムの編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュース「イカすクルマニュース」のランキングトップ10。今年も発表しちゃいます!!(2014/4/1)

電気自動車:
角を曲がる動作が面白い、トヨタの超小型EVが首都圏を走る
トヨタ自動車は1人乗りの電気自動車「TOYOTA i-ROAD」のモニター調査を2014年3月から同6月まで東京都と神奈川県で進める。カーブを曲がるときに車体を自動的に傾ける「アクティブリーン機構」を備えた超小型EVである。(2014/3/20)

電気自動車:
トヨタが超小型EV「i-ROAD」のモニター調査を首都圏で実施、5色ボディカラーで
トヨタ自動車は、2014年3月24日〜6月初旬までの間、東京・神奈川などの首都圏において、超小型電気自動車(EV)「TOYOTA i-ROAD」のモニター調査を実施する。「ジュネーブモーターショー2013」で初披露したモデルと比べて、2人乗りから1人乗りでになるとともに、最高速度が時速45kmから同60kmに引き上げられた。(2014/3/20)

プロダクトデザイナーが見た東京モーターショー2013:
トヨタの分かりにくさ、BMWの分かりやすさ
「東京モーターショー2013」における各自動車メーカーの展示内容やコンセプトカーをプロダクトデザイナーが斬る。トヨタ自動車/レクサスブースと、BMW/MINIブースの展示内容から感じたこととは?(2013/12/27)

東京モーターショー2013:
超小型EV「コムス」の2人乗りモデル、2014年初に豊田市の「Ha:mo」で運用開始
トヨタ車体が開発した超小型電気自動車(EV)「コムス」の2人乗りモデル「T・COM」は、愛知県豊田市で実証運用中の都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」向けに開発された。2014年初からの投入を予定している。(2013/11/21)

東京モーターショー2013:
「賛否両論あっていい、もっといいクルマ作りたい」――トヨタ、5台のワールドプレミア
トヨタ自動車が、東京モーターショー2013でセダンタイプの燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」やコンセプトカー「TOYOTA FV2」など5台のワールドプレミア(世界初出展)を実施。また、トヨタ自動車副社長の加藤光久氏から、同社のクルマ作りの方向性が語られた。(2013/11/21)

「東京モーターショー2013」開幕 軽自動車と原付自動車のあいだ「超小型モビリティ」に熱視線
「東京モーターショー2013」が本日開幕。軽自動車より小さい1〜2人乗りの電気自動車「超小型モビリティ」の出展が目立った。(2013/11/20)

ITS世界会議東京2013リポート:
自動運転、車車間通信、スマホ活用――国内自動車メーカーが示すクルマの未来像
「第20回ITS世界会議東京2013」の展示会場では、国内自動車メーカーがそろって、ITS(高度道路交通システム)を活用した安全システムや自動運転技術への取り組みを披露していた。いずれも2015〜2020年以降にかけて市販車への搭載が想定されている。(2013/10/18)

CEATEC 2013 フォトギャラリー:
ホンダのやかんはマジでかい、異次元一輪ビークルやEVデロリアンもお目見え
会場スペースの4分の1が、自動車のデモ走行&試乗コースになった「CEATEC JAPAN 2013」。トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ。マツダといった自動車メーカーの他にも、数多くの自動車が展示されていた。(2013/10/11)

CEATEC 2013:
超小型EV「i-ROAD」の国内版は1人乗り、2014年初からカーシェアで利用可能に
トヨタ自動車は、「CEATEC JAPAN 2013」に、超小型電気自動車(EV)「TOYOTA i-ROAD」を出展すると発表した。国内向けモデルは1人乗りで、2014年初頭から、同社が愛知県豊田市で実証運用している都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」のシェアリングサービスで利用できるようになる。(2013/9/27)

リーニングメカニズム搭載:
ヤマハ発動機が前2輪/後1輪の三輪バイクを開発中、2014年に発売
ヤマハ発動機は、前2輪/後1輪の三輪バイク「Leaning Multi Wheel(LMW)」を2014年末までにグローバル市場に投入する。LMWは、その名の通り、左右に曲がる際には、前2輪を制御して車両を傾けるリーニング(Leaning)メカニズムを用いる。(2013/7/4)

電気自動車:
「プリウスPHV」の大規模実証実験が終了、1日1.1回の充電で燃料消費量半減
トヨタ自動車は、フランスのストラスブール市における、プラグインハイブリッド車(PHEV)「プリウスPHV」を用いた大規模実証実験が終了したと発表した。実験データからは、1日当たり1.1回の充電によって、プリウスPHVと同じサイズのガソリンエンジン車と比べて、燃料消費量を平均46%削減できることが分かった。(2013/4/12)

こいつぁすごいぜ!:
イカすクルマニュース2012年度ランキング! トップはうわさの超小型EV
MONOistオートモーティブフォーラム開設1周年記念! 編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュース「イカすクルマニュース」の2012年度ランキングトップ10を発表します!!(2013/4/1)

電気自動車:
トヨタが10年をかけて進化させたパーソナルモビリティ、「i-ROAD」が市街を走る
トヨタ自動車が、「第83回ジュネーブ国際モーターショー」で公開した、都市内部の近距離移動に用いる超小型電気自動車(EV)「i-ROAD」は、同社が10年かけて進化させてきたパーソナルモビリティの最新コンセプトだ。市街を走行するi-ROADのイメージ映像が、Youtubeで公開されている。(2013/3/9)

電気自動車:
電気自動車の本命は超小型?トヨタが2人乗りのコンセプトカーを発表
期待されたほど売れていないと言われる電気自動車。価格が高くて走行距離が短い、という難点は簡単に解決しそうもない。現在まで電気自動車を正式に発売していないトヨタ自動車が考える本命は、バイクのような形をした超小型の2人乗りか。(2013/3/5)

電気自動車:
トヨタ自動車の超小型EVはコーナーでバンクする、最高時速は45kmと安全設計
トヨタ自動車の超小型電気自動車(EV)のコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」は、新開発の「アクティブリーン機構」によって、二輪車のバンク走行のように車体を傾けながらカーブを曲がることが可能だ。最高時速は45kmという安全設計になっている。(2013/3/5)

ジュネーブモーターショー2013:
トヨタ、バイクのような2人乗り小型EVコンセプト「TOYOTA i-ROAD」
ジュネーブモーターショー2013に出展予定のコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」のテーマは「コンパクトで爽快なモビリティ」。バイクのような使い勝手を目指す。(2013/3/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。