ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IAサーバ」最新記事一覧

Intel Architecture
-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

ホワイトペーパー:
IAサーバの災害対策は問題なし? チェックリストで確認しよう
災害対策の必要性は理解しているが、ハードウェアやデータセンター施設の追加投資が必要で、構成や手順が複雑では……とお悩みのITリーダー諸君、ネットワークに接続するだけで対策が可能なクラウド型のリカバリー・サービスを検討してみてはいかがだろうか。(2015/4/24)

ホワイトペーパー:
無停止仮想化ソフトウェア「Stratus Avance」を徹底検証!! ソフトウェアFTの機能と性能に迫る
標準IAサーバ2台と「Stratus Avanceソフトウェア」があれば、止まらない仮想化システム基盤を手に入れられる。低コストでシンプルな運用管理を実現する同製品のセットアップからフェイルオーバーテスト、パフォーマンスなど、検証試験結果を紹介する。(2015/1/13)

発売20年、ハイブリッドクラウド基盤へ進化:
NEC、「Express5800」にクラウド利用権付き新商品 中堅中小企業のクラウド化を支援
NECが、発売20周年のIAサーバ「Express5800シリーズ」にクラウド基盤3年間利用権を付加したハイブリッドクラウド対応モデルを新規投入。中堅中小企業のクラウド化を後押しするパッケージに仕立て、Express5800ブランドで販売する。(2014/12/2)

日本オラクル×伊藤忠テクノソリューションズ
IAサーバとは桁違いの信頼性と性能を低コストで UNIXサーバがやっぱりスゴイ
ミッションクリティカルなシステムにIAサーバは不安。そんな企業の間で注目されているのが最新技術を搭載し、コストも大幅に抑えたUNIXサーバだ。UNIXサーバのこれまでの常識を覆す新しい潮流を紹介しよう。(2014/8/27)

NECがIAサーバ新モデル、Windows Server 2003の移行支援も
Express5800シリーズで最新版Xeonを採用する7モデルを発表した。(2014/7/7)

処理性能を最大2.5倍に向上、富士通が基幹向けIAサーバ発売
富士通は基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」の新シリーズを投入する。(2014/4/10)

NEC、最大20%処理性能を向上させたIAサーバ7機種を発売
「Express5800シリーズ」の新機種では最大10コアの「インテル Xeon プロセッサー E5-2400v2製品ファミリー」などを採用する。(2014/1/16)

NECと網屋、アクセスログ監査分野で協業強化 新製品を発売
網屋のサーバアクセスログ監査ツールをNEC製IAサーバに対応させ、NECが販売する。(2013/2/21)

日本ストラタステクノロジー Avanceソフトウェア徹底検証
システム停止を未然に防ぐ、無停止仮想化ソフトウェア「Stratus Avance」――その実力とは?
標準IAサーバ2台にインストールするだけでシステムを無停止運用できる「Stratus Avanceソフトウェア」。同製品のセットアップからフェイルオーバーテスト、パフォーマンスなど、本ソフトウェアの機能と性能を徹底検証した。(2013/2/20)

仮想化とIAサーバのトップベンダーがタッグを組んで実現!
1Wayサーバで実現する“中小企業に効く仮想化”
「サーバ台数が少ないと導入効果も低いのでは」といった理由で仮想化の導入をためらう中小企業が多い。だが仮想化は中小企業にこそ効く。仮想化ソフトとIAサーバのトップペンダーがタッグを組んでそれを実証する。(2012/12/17)

NEC、超並列処理に対応した1Uラック型サーバを発売
IAサーバ「Express5800シリーズ」の新製品ではインテル Xeon Phiを採用し、ビッグデータの高速処理などが可能という。(2012/11/13)

導入事例:
関西大、教育研究システムを仮想化技術で刷新 ICTコストを3割減
メールや認証など各種サーバ21台の機能を2台のIAサーバに集約し、ICT関連トータルコストや消費電力を大幅に削減したという。(2012/10/4)

日本ストラタステクノロジー「Stratus Avanceソフトウェア」
アプリケーションの無停止運用と仮想化を低コストで同時に実現するには
オープン系システムが企業ITの隅々まで浸透した今、IAサーバ上で動くアプリケーションの可用性はこれまで以上に重要性を増している。しかし、そのために無尽蔵にコストを掛けられるわけでもない。どうすればいいか。(2012/8/31)

災害対策ソリューション「IBM SmarterCloud Virtualized Server Recovery」
IAサーバのクラウド型災害対策は「切り替え、リカバリの確実性」で選ぶ
IAサーバは既に多くの企業で基幹を担うプラットフォームとなった。ではその災害対策はどうしているだろうか。昨今クラウド型の災害対策が注目されているが、いざというときに確実に復旧できるサービスを選びたい。(2012/8/6)

NEC、複数サーバの一括節電に対応したIAサーバ発売
「Express5800シリーズ」の新製品ではXeonプロセッサの最新版の採用により、最大約35%の消費電力の削減を実現している。(2012/7/19)

ぷらっとホーム、ARMベースのマイクロサーバ新製品を発売
ぷらっとホームは、ARMベースのCPUを搭載したマイクロサーバ「OpenBlockS AX3」「OpenBlockS A6」を発売。Atom搭載IAサーバと比較して消費電力を7〜8割程度削減できるという。(2012/6/7)

ARMサーバ入門【前編】
消費電力をIAサーバ比90%削減するARMサーバの可能性
最先端のサーバで徐々に採用されてきたARMプロセッサ。その要因は、GoogleやFacebookなどのクラウド事業者が求めるデータセンター要件が急速に変化したことにある。(2012/2/24)

NEC、中堅・中小企業向けIAサーバとNASの新製品を発売
最大30〜35%の省電力化が図られ、室温40度環境での稼働を可能にした。一部モデルは防塵対策も施されている。(2012/2/21)

NEWS
重複排除バックアップストレージなど3製品を発表 日本HP
重複排除バックアップストレージの最上位機種、IAサーバベースのストレージ専用アプライアンスなどの販売を開始した。(2011/12/2)

仮想化導入、見落としたくない検討ポイント
基幹システムへの仮想化検討、UNIX/IAサーバ製品を徹底比較!
IAサーバの仮想化統合を実施した企業が、今度はより重要なシステムへの仮想化適応を検討している。これまでのプロジェクト以上に信頼性と拡張性が求められる中、選ばれたソリューションとは?(2011/9/16)

NEWS
データセンターの消費電力を最大30%削減 NECのサーバ/ストレージ新製品
NECが省電力性を強化したIAサーバ製品群とストレージ新製品群を発表した。データセンターやオフィスの空調などのファシリティも含めた消費電力を最大30%削減できるという。(2011/6/7)

40度の室温でも安定稼働するサーバ/ストレージを発表 NEC
 NECは、IAサーバ「Express5800シリーズ」およびストレージ「iStorage Mシリーズ」の最新版を発売した。(2011/6/6)

NEWS:
川崎重工、航空機の部品構成を一元管理へ
川崎重工業 航空宇宙カンパニーが「次世代設計部品表統合システム」構築に着手。メインフレームからIAサーバでの一元管理による効率化を目指す。(2011/5/10)

富士通、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」シリーズに10コアCPUモデルを追加
富士通は、PRIMEQUEST 1000シリーズに「インテル Xeon プロセッサー E7ファミリー」を搭載した5つの新モデルを追加し、販売を開始した。(2011/4/26)

ホワイトペーパー:
IBM BladeCenterへのサーバ仮想統合とディスク一元バックアップ
IBM iの更新を検討するお客様を事例風に想定、「仮想統合・一元化」をキーワードに、IBM BladeCenter-Sを利用してIBM iの更新・仮想分割、IAサーバの統合、システムの一元バックアップを実現するベスト・プラクティスを紹介(提供:兼松エレクトロニクス)。(2010/11/8)

ハイエンドのDNAを受け継ぐ日立ミッドレンジストレージ:
PR:“ストレージの仮想化”が中堅・中小企業のクラウド導入を促進する
クラウドコンピューティングが注目される今、日立がストレージ分野において注力しているのが、ストレージ仮想化の段階的な適用だ。それを実現すべく、日立は仮想化機能を備えたミッドレンジ向けのストレージ製品「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ(以下、AMS2000シリーズ)」を提供している。新たにIAサーバ向けに「Hitachi Adaptable Modular Storage 2010(以下、AMS2010)」を追加するとともに、AMS2100/2300/2500でもエンハンスを実施した。(2010/6/28)

プライベートクラウド化のA to Z:
第一歩 自社IT基盤の分析から始めよう
最近のIAサーバは、仮想化環境での利用を前提に、高い性能が与えられている。だが性能だけで仮想化がうまくいくわけではない。その“第1歩”は、自社システムの分析からだ。(2010/6/22)

Weekly Memo:
新IAサーバにみた富士通の意地
富士通が先週発表したミッションクリティカルシステム向けのIAサーバ新製品には、同社のコンピュータメーカーとしての強い思いが込められているようだ。(2010/4/5)

PR:VMwareやHyper-Vに加え、Virtage――それはクラウドを見据えたサーバ仮想化技術
景気の逆風をむしろ追い風にして普及するサーバ仮想化技術。多くのサーバベンダーがVMwareやHyper-VによるIAサーバの仮想化に取り組む中、高性能/高信頼というメインフレームのDNAを受け継いだサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」を加え、ソリューション展開を図るのが日立製作所(以下、日立)である。(2010/2/15)

NEWS
NEC、インテル最新CPU搭載のIAサーバ「Express5800シリーズ」新製品
NECは、Xeon 34xxを搭載したIAサーバの新製品2種を発表した。最新の省電力技術採用で運用コストを最大52%削減したほか、SSDや2.5型HDDを最大8台まで搭載できる高拡張性を確保した。(2010/1/28)

Express5800シリーズ:
NEC、Xeon3400番台採用の1wayラックサーバ/タワーサーバを発表――52%の省電力化
NECは同社のIAサーバ「Express5800シリーズ」に、Xeon 3400番台を採用した1wayのラックサーバ/タワーサーバを追加すると発表した。冷却ファンの自律稼働などにより、従来製品比52%の省電力を果たしたという。(2010/1/26)

好きな言葉は「心技体」:
IAサーバ重視は変わらず――富士通の山本次期社長
富士通の山本次期社長は「グローバルIT企業としての位置づけを強化する」と意気込んだ。(2010/1/22)

ポルトガルテレコムグループ、PRIMEQUESTでネットワークシステムを構築
ポルトガルで携帯電話サービスを手掛けるTMNは、富士通のIAサーバおよびストレージで構築した第3世代ネットワークシステムを稼働させた。(2009/11/27)

国内IAサーバ戦略:
富士通、「IAサーバシステムセンター」を設立
富士通は、IAサーバの新技術や適用に関する技術サポートをワンストップで提供する「IAサーバシステムセンター」を設立したことを発表した。(2009/7/8)

NEWS
IDCフロンティア、NECやMSと共同開発したクラウド型システム開発基盤
NECのIAサーバやマイクロソフトの仮想化技術を活用したシステム開発基盤をオンデマンドサービスとして利用できる。(2009/6/24)

国内シェアトップへの「のろし」:
富士通、Nehalem搭載ラックサーバを発表――現行品は最大49%値下げ
Xeon 5500番台を搭載した2Wayラックサーバを発表するとともに、現行品の大幅な価格引下げを実施する富士通。「2010年に国内IAサーバ市場でトップシェアを狙う」という宣言を裏打ちする施策となる。(2009/4/6)

世界市場で50万台:
2010年、国内トップシェアの先にあるIAサーバ戦略
富士通は3月30日、Fujitsu Siemens Computers統合によるグローバル戦略を発表。IAサーバに大きく舵を取る、サーバ戦略の概要を明らかにした。(2009/3/31)

世界ではシェア10%超:
富士通、2010年にIAサーバの国内シェア1位を目指す
富士通は、IAサーバの販売を強化し、国内シェア1位を目指すと発表した。(2009/3/30)

NEC、IAサーバ「Express5800」製品ラインを拡充 新ロゴも
NECがIAサーバ「Express5800」の製品ラインを強化。データセンター向けと、オフィスや店舗など現場向けの2つの製品群に分け、強化・拡充していく。(2008/11/12)

NEC、Express5800の製品ラインを2分類 データセンター向けと現場設置向けに
NECは自社のIAサーバExpress5800シリーズを、データセンター設置向けと現場設置向けの2つの製品ラインに分類して展開する。クラウドコンピューティング基盤を実現するための戦略という。(2008/11/11)

富士通、Siemensとの合弁会社を完全子会社化 「真のグローバル化の第1歩」
Fujitsu Siemens Computersを富士通が4億5000万ユーロで完全子会社化。IAサーバ「PRIMERGY」の開発の中核を担う同社を直轄することで「真のグローバル化の第1歩」を踏み出す狙いだ。(2008/11/4)

富士通の製品を採用:
ヤマトグループ、災害対策システムを構築 Web業務をバックアップ
ヤマトグループが東京と大阪にあるデータセンターで、Web業務のデータをバックアップできる環境を構築した。富士通のIAサーバ「PRIMEQUEST」やストレージ「ETERNUS」を採用している。(2008/9/10)

世界最小の水冷式スリムサーバ、NECが発売
NECがスリムな水冷式サーバ「Express5800/110Ge-S」を発売した。タワー型IAサーバの水冷式としては設置面積、体積とも世界最小。(2008/7/23)

富士通、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」にエントリーシリーズ500Aを追加
基幹IAサーバだけでなく、中小規模のサーバ環境にも適したサーバラインアップを用意。富士通は、従来のモデルシリーズを拡充してWindows Server 2008サポートも行った。(2008/4/18)

富士通、基幹IAサーバに中小規模向けエントリーモデル
富士通は、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」に、デュアルコアItanium 9100番台を搭載した「500Aシリーズ」を追加し、販売を始めた。(2008/4/18)

東芝、Windows Server 2008対応のIAサーバ新製品を発売
IAサーバ「MAGNIA」シリーズの新製品を発売した。(2008/4/16)

NEWS
東芝、Windows Server 2008に対応したクアッドコアXeon搭載サーバを発売
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、2Uサイズのラックマウントサーバ「MAGNIA3515R」の販売を開始。6月より「Windows Server 2008 Standard」をバンドルしたモデルの販売も予定している。(2008/4/15)

NEC「Express」が100万台突破 国内IAサーバ初
NECのIAサーバ・Expressサーバの国内出荷台数が累計100万台を突破した。(2008/3/31)

NEC、クアッドコアXeonなどを搭載したIAサーバ8モデルを出荷
NECは、事務処理専用コンピュータのアプリケーション資産を継続して活用できるIAサーバシリーズの新製品を出荷した。(2008/2/26)

もう1つの温故知新:
世界一奇妙?なサーバの現在・過去・未来
サーバといえば、インテルベースのWindowsサーバが情報システムの主役。だが、2007年10月に登場したLeopard Serverには、IAサーバとは別の指向性が見えてくる。(2007/11/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。