ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM CloudBurst」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM CloudBurst」に関する情報が集まったページです。

SaaS、PaaS、IaaSの違いとは?
いまさら聞けないクラウドコンピューティングの基礎用語
クラウドコンピューティングの世界にこれから接する読者のために、一般的な展開モデル、サービスの種類、主要ベンダーなど、押さえておくべき基本的な用語をまとめた。(2018/3/13)

クラウドとのコーペティションを実現
“最適解”が見えてきたハイパーコンバージドインフラの活用
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、もともと仮想デスクトップインフラ(VDI)などニッチな市場から成長、普及した。現在は企業のデータセンターに導入され、クラウドと密な関係を構築している。(2017/12/20)

かつての課題は解決されつつある
「プライベートクラウド、実はこんなに魅力的」と評価が変わる日は来るか
コストは低下の一途をたどり、パブリッククラウドとの相互運用性も向上し続けていることから、プライベートクラウドを実装するメリットはますます顕著になっている。(2017/8/7)

今、企業のCTOが欲しい人材
「クラウドセキュリティ最高責任者」と今までの「CISO」は何が違うのか?
ハッカーがメディアで取り上げられるようになり、最高情報セキュリティ責任者(CISO)という役職に注目が集まっている。現在クラウドプロバイダーは、今までと微妙に異なるIT人材を求めるようになっている。(2017/6/20)

クラウドバーストのメリットをフル活用するには
ハイブリッドクラウドにおけるStorage as a Serviceの役割とは
ハイブリッドクラウドでは、データを保存する場所がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。データ管理とレイテンシ問題を解決するのが「Storage as a Service」だ。(2017/6/8)

ホワイトペーパー:
クラウドバースト製品導入戦略ガイド
クラウドの概念が拡大している。本稿ではクラウドバーストのメリットとデメリット、オンプレミスITの役割について解説する。(2017/5/22)

AWS、Azure、Googleなどがサポート
主要クラウドが提供する「GPUインスタンス」、本気を引き出す高負荷アプリとは?
AWS、Azure、Googleなどのパブリッククラウドは、高性能なコンピューティングリソースを集中的に提供する「GPUインスタンス」を用意している。そのメリットを享受できるアプリとは? (2017/4/17)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバースト製品導入時に検討すべきポイント
組織のワークロードをプライベートクラウドで運用し、適切な場面でパブリッククラウドにバーストすることにより、パブリッククラウド戦略をオンプレミスITに沿わせることができる。(2017/1/6)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバーストの利用が伸びない理由
クラウドバーストの魅力は理解しやすい。だが少なくとも現時点では、それに伴う複雑さがメリットをかき消している。(2016/12/20)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバーストのメリットとデメリット
誇大に宣伝されているクラウドコンピューティングの恩恵は、移植性や互換性問題によって陰りが生じることもある。(2016/12/15)

クラウド時代のアプリケーション移植【後編】
コンテナ技術「Docker」で実現するアプリケーション移植、知っておきたい5つの勘所
クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢としてコンテナを選んだ場合、コンテナの特徴を保持する必要がある。その手段を紹介する。(2016/8/22)

サービス事業者が重要なターゲット:
「クラウドDevOps」サービスを国内で正式発表、日本IBM
日本IBMは2月26日、アプリケーションの開発から検証、デプロイメント、運用までのプロセスを同社クラウドサービス上で完結できるサービス、「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」を国内で正式発表した。2012年12月に提供開始していたという。(2013/2/26)

アナリストに聞く PaaS市場動向
【市場動向】2012年はPaaS元年にならず、市場拡大は2014年以降か?
「2012年はPaaS元年」という見方があった。実際の2012年の市場はどの程度拡大したのか。ITの調査会社であるIDC Japanに市場動向を訊いた。(2012/12/18)

伴大作の木漏れ日:
経済鎖国か、国際化か――富士通の行方
富士通は国内中心のビジネスに回帰するのだろうか。もしそうなら、どのようなことが今後起こるのだろう?(2011/7/14)

専用クラウドを短時間で構築するアプライアンス、日本IBMが発表
日本IBMは、ワークロードパターンによるソフトウェアの自動構成で専用クラウドを短時間に構築できるという専用アプライアンスを発表した。(2011/6/14)

「変化即応型」企業を目指す:
PR:10円から使えるSmart Businessクラウドが攻めのビジネスを支援
本格普及期にさしかかったと目されているクラウド。こうした中、IBMが新たに提供を開始したクラウドサービスが「IBM Smart Businessクラウド・サービス(Smart Businessクラウド)」だ。その特徴は1時間10円という完全従量制の料金体系が採用されている点。セキュリティや使い勝手など、細かな点にも配慮が払われている。(2011/4/13)

監視・資産管理・セキュリティ・自動化:
PR:クラウドを見据えたサービスマネジメントに求められる4つの視点
リソースの平準化や、コスト削減といった効果をもたらすクラウド環境だが、情報システム部門にとっては、従来の物理環境に比べて、仕事の負担は増える一方。クラウド環境の導入を成功させるには、管理負荷の軽減に取り組むことが必須である。それを実現するソリューションについて、「監視」「資産管理」「セキュリティ」「自動化」という4つの視点から考えてみた。(2011/4/11)

プライベートクラウドソリューション最前線
大手ITベンダーを中心に、プライベートクラウドソリューションを紹介する。(2010/11/18)

仮想環境のプーリングと自動化が鍵
プライベートクラウド向けインフラを検討する
プライベートクラウドを検討する企業が注意すべきポイントと、インフラのビルディングブロックとなる主な製品を紹介する。(2010/11/4)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
経費削減、次はクラウドかな?
データセンターを仮想化して経費削減に成功したら、CEOに「今度はクラウドを利用して、さらにIT経費を削減してくれ」と言われた――こんな状況に置かれたCIOの気持ちをオルタナティブ・ブロガーの岸本善一氏が想像してみました。(2010/11/2)

プライベートクラウドソリューション最前線【第1回】
企業内クラウド環境を迅速に構築可能なIBMのプライベートクラウドソリューション
日本IBMが提供する企業向けクラウドソリューション「Smart Business」は、ニーズの高い6つの適用分野を主軸にサービス・製品を配置。ターンキー製品である「IBM CloudBurst」はプライベートクラウドの迅速な立ち上げを可能とする。(2010/10/22)

伴大作の木漏れ日:
モンスター・メインフレーム
日本IBMがメインフレームの新版「IBM zEnterprise 196」を発表した。本コラムではメインフレームを取り巻く環境の変化や各ベンダーの戦略をひも解きたい。(2010/8/17)

NEWS
マイクロフォーカス、負荷テストツール「SilkPerformer 2010」をリリース
Adobe FlexやAjaxにおけるシミュレーション機能やクラウドエージェントを利用した負荷テストなどを実現する。(2010/7/30)

企業に「ビジネスの俊敏性」をもたらすWebSphere
日本IBMはクラウド環境の構築に適したアプライアンス製品の最新版を発表した。ソフトウェアブランド「WebSphere」の戦略も説明し、企業にビジネスの俊敏性をもたらすというメッセージを発信した。(2010/7/8)

IBM Impact 2010 Report:
いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ
米IBMはβ提供しているクラウドサービス「IBM Cloud」を初夏には正式提供に移行させるほか、年内には日本でもサービスを開始することを明らかにした。(2010/5/6)

伴大作の木漏れ日:
クラウドコンピューティングの本質
クラウドは、過去に何度か登場したシステムとは完全に別次元のものだ。情報システム部門が生き残る唯一の方法は、クラウドに積極的に取り組むことである。(2010/4/22)

NEC、クラウド基盤のパッケージ「Cloud Platform Suite」を発表
NECは企業がクラウド基盤を構築するのに必要なハードウェア/ソフトウェアをパッケージ化したITプラットフォーム「Cloud Platform Suite」を発表した。(2010/1/21)

「クラウドの最強集団を作る」――日本IBM、社長直轄の専門組織を設立
日本IBMが社長直轄のクラウド統括専門組織「Team Cloud」を1月に設立した。クラウド事業のスペシャリストの結集と育成に注力し、同社が一丸となってクラウド型サービスを企業に提案するという決意を表した。(2010/1/14)

お勉強モードは終わった――IBMが考える今後のクラウド事業
「日本のCIOは、テクニカルバックグラウンドを持たない、総務部門や業務部門の出身者、兼任者が多い」――日本アイ・ビー・エムが、クラウド事業における自社の強みと今後の施策について説明した。(2010/1/14)

兼松エレクトロニクス、クラウド基盤にIBM CloudBurstを採用
兼松エレクトロニクスは新サービスの開発や検証用の環境構築に、日本IBMの「IBM CloudBurst」を採用した。(2009/12/22)

IBMのクラウド責任者、Blue Cloud戦略やCisco連合を語る
「CiscoやEMCが提携を組む必要があるという事実は、連係が欠如し、複雑さが解消されていないことを示している」とIBMでクラウド戦略を統括するエリック・クレメンティ氏は話す。(2009/11/24)

日本IBM、企業内クラウド構築を実現する新版「CloudBurst」を発表
日本IBMは企業内にクラウド環境を構築するソリューション「CloudBurst」の新版を発表。サーバやストレージ、ソフトウェアを組み合わせ、導入支援までをサービスとして提供する。(2009/11/5)

CloudBurst V1.2もお披露目:
CIOはクラウドに「責任ある効率化」を求める――IBM Pulse Japan
IBMのカンファレンス「IBM Pulse Japan 2009 Autumn」が、11月5日に開催。基調講演では、市場で注目を集めるクラウドに対しサービスマネジメントの観点から展望が述べられるとともに「CloudBurst V1.2」もお披露目された。(2009/11/5)

JBグループ、中小向けクラウド事業に参入
JBCCホールディングスのグループ企業12社が中小企業向けのクラウドサービスを展開する。システム構築や連携を検証する専用施設を新たに構築し、クラウドコンピューティングに関連するサービスを提供していく。(2009/10/7)

Pulse Japan 2009 Autumn:
PR:「クラウド時代のサービスマネジメント」――その鼓動を聞け
企業IT基盤の新たな選択肢として注目されるクラウドコンピューティング。この秋に開催されるPulse Japan 2009 Autumnでは、その確立に必要な製品とサービスをはじめ、実行環境や運用手法、そして事例が一堂に会し、紹介されるという。(2009/10/1)

システム構築の新標準:
プライベートクラウド構築を現実解にする
プライベートクラウドには、運用のガバナンスの整備や業務プロセスの標準化など、乗り越えておくべき課題が多い。大手ベンダーが提供するサービスを正しく理解することで、プライベートクラウド構築は実現に近づく。(2009/7/31)

日本IBM、運用サービス込みのパブリッククラウドを展開へ
日本IBMは10月中旬に、サーバやストレージなどのITリソースをネットワーク経由で提供するクラウドサービスを提供する。(2009/7/30)

伴大作の木漏れ日:
クラウドバーストの衝撃
日本IBMが、クラウド環境を利用できるようにする新サービス「クラウドバースト」を7月に発表した。具体的な製品を交えた分かりやすいサービスだ。一方で、国産ベンダーの発表内容はいまひとつだ。(2009/7/24)

日本IBM、企業内クラウドを数日で構築できる「CloudBurst」
企業内クラウドに必要なハードとソフト、導入サービスを統合した製品「CloudBurst」を日本IBMが発表。設置から数日で利用できるという。(2009/7/15)

IBM、クラウドサービス「IBM Smart Business」を発表
IBM Smart Businessでは、企業がソフトの開発・テストなどをIBMのクラウド上で実行できる。(2009/6/17)

IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE:
4週間の仕事を2日で達成するには――IBM サンディー・カーター氏
日本IBMが19日に開催した「IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE」の基調講演で、IBMコーポレーションのSOA,BPM&WebSphere マーケティング バイス・プレジデントのサンディー・カーター氏は「仕事の方法を変える」ことの重要性について述べた。(2009/5/20)

パートナーを拡充させてSOAビジネスも加速させたい:
IBM、同社初となるビジネスルール管理新製品
(2009/5/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。