ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM InfoSphere」最新記事一覧

IBM IoT for Automotive:
ホンダがF1カー向けパワーユニットの解析基盤にIBMのIoTソリューションを採用
ホンダのF1レースカー向けパワーユニットのレーシングデータ解析システム基盤に、IBMの自動車業界向けソリューション「IoT for Automotive」が採用されている。(2016/2/25)

モータースポーツ:
ホンダのF1パワーユニットが「IoT」に、IBMが協力
日本IBMは、同社の自動車業界向けソリューション「IoT for Automotive」が、ホンダのF1レースカー向けパワーユニットのレーシングデータ解析システム基盤に採用されていることを明らかにした。(2016/2/24)

IBM InterConnect 2016 Report:
ホンダのF1復活への布石、データでIBMと組む理由とは?
2015年にパワーサプライヤーとしてF1に復帰したホンダ。年々厳しくなるF1のルールに対応すべく、日本IBMとデータ分析システムを構築した。開幕が近づく2016年シーズンに向けた取り組みを聞く。(2016/2/23)

NEWS
イグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設
イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。(2015/11/2)

BluemixにdashDBが登場 既存データ資産の行方は?:
データ分析基盤としてのPaaS利用は進むか
OSSを含むアプリケーション実行環境をPaaSとして提供する「Bluemix」に蓄積データの分析・加工を得意とする「dashDB」とPaaS版「InfoSphere Streams」(β版)が加わった。データ分析基盤でのPaaS利用は進むか。(2015/8/24)

1200台のタブレットを配備:
日本IBM、北洋銀行のCRM/データウェアハウス刷新とともに全店にタブレットを導入
日本IBMは2015年5月28日、北洋銀行のCRMシステムおよびデータウェアハウスを刷新し、さらに顧客サービス向上に向け、174の全営業店にタブレットを導入したことを発表した。(2015/5/29)

ホワイトペーパー:
商用Hadoopディストリビューション一覧表
「Apache Hadoop」を利用すれば、ビッグデータを高速かつ安価に処理することができる。だが、その導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。本稿では注目の6種を紹介する。(2015/4/17)

IBM Enterprise 2014 Report:
どっこい、メインフレームやPowerこそが企業の競争優位の基盤に
ラスベガスのベネチアンホテルで「IBM Enterprise 2014」が開幕した。多くの企業は、モバイルやソーシャル、ビッグデータといった新しいテクノロジーの波に乗る準備がいまだ十分ではない。IBMは、古臭いイメージのメインフレームをモダン化し、Powerをオープンイノベーションで生まれ変わらせ、デジタル時代の最適なITインフラとして売り込む。(2014/10/7)

Database Watch(2014年8月版):
BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか?
PaaSの世界のデータベースはどうなっている? ビッグデータ対応インフラの実装として、本気を出し始めたHadoop環境の弱点を補う仕組みもウォッチした。(2014/8/21)

転換期を迎えるHadoop:
Hadoopは「難しい・遅い・使えない」? 越えられない壁がある理由と打開策を整理する
ブームだったHadoop。でも実際にはアーリーアダプター以外には、扱いにくくて普及が進まないのが現状だ。その課題に幾つかの解決策が出てきた。転換期を迎えるHadoopをめぐる状況を整理しよう。(2014/8/22)

Database Watch(2014年5月版):
実装のひと工夫で高速化する技術
データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。(2014/5/28)

フォトギャラリー 技術革新にみる:
IBMの歴史
チーズスライサーや計算機を扱っていたIBMは、コンピュータ/PC市場に参入し、「帝国」と呼ばれるまでに成長した。今でこそ大規模な人員削減を行っている同社だが、コンピュータ業界における軌跡は、“帝国”と呼ばれるにふさわしい。(2014/3/26)

膨大な企業取引データから見えたもの 帝国データバンクがビッグデータ分析に本腰
企業の信用調査データなどを提供する帝国データバンクが新たな情報分析基盤を構築。ビッグデータを活用して顧客に対するサービスの強化を図った。(2014/1/22)

ホワイトペーパー:
IBM PowerLinux Big Data Analytics Solutions
Watsonから始まった、あらゆるビジネスサイズ向けの分析ソリューション。(2013/11/12)

IBM Information On Demand 2013 Report:
世界をビッグデータで変えられるのか?
1万人を超える参加者がラスベガスに集結。米IBMの年次カンファレンス「IBM Information On Demand 2013」が開幕した。(2013/11/5)

NEC、データベースソフトのセキュリティ強化を実施
NECは、スケールアウト型のデータベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store」のセキュリティ強化として、IBMの「InfoSphere Guardium」との連携機能を提供する。(2013/11/1)

ビッグデータ分析基盤の構築をより早く、日本IBMが新モデル投入
日本IBMはデータ分析基盤システム「PureData」シリーズの新モデルとして、エントリー向けとHadoop対応の2製品を発表した。ビッグデータ活用をすぐにしたいという企業ニーズに対応したものという。(2013/10/15)

製品動向:
Hadoop環境を即立ち上げ、BigInsightsが使えるPureData Systemが登場
SQLクエリが使えるHadoop環境を即立ち上げできるPureData System製品が登場。統合管理ツールと併せてチューニング済みの状態で提供する。(2013/10/15)

ホワイトペーパー:
SNSをテキストマイニングして株価予測へ、カブドットコム証券のビッグデータ活用
SNSのコンテンツと株の売買の動きを分析したら何か見えるのでは? カブドットコム証券のビッグデータへの取り組みは、そんなアイデアから始まった。同社に対して、SNSを分析して数値化する方法を提示できたベンダーは1社だけだった。(2013/9/13)

日本IBM、BIソフト最新版でビッグデータ活用を強化
日本IBMはBIソフトウェア製品の最新版「IBM Cognos Business Intelligence V10.2.1」を発表した。(2013/6/12)

安価にビッグデータの高速処理:
日本IBM、予測分析システムSPSSにHadoopを追加した「IBM SPSS Analytic Server V1.0」を発表――安価にビッグデータの高速処理を実現
日本IBMは5月30日、同社の予測分析システムを使ったビッグデータの処理プロセスを迅速化/コスト最適化するソフトウェア「IBM SPSS Analytic Server(エスピーエスエス・アナリティック・サーバー) V1.0」を発表した。(2013/5/31)

日本IBM、Hadoopに連携する予測分析ソフトの新製品を発表
予想分析ソフトウェア「IBM SPSS Modeler」と連携する「IBM SPSS Analytic Server V1.0」を発表。RDBに加え、Hadoopのデータも分析対象にできる。(2013/5/30)

RDBに加え、Hadoop上のデータも分析対象に:
日本IBM、SPSS ModelerとHadoopを連携するソフトウェアを販売
IBM SPSS Analytic Server V1.0を導入することで、SPSS ModelerからHDFSに直接アクセスしてHadoop基盤上にあるデータを分析可能になる。(2013/5/30)

ビッグデータと攻撃者視点でセキュリティ対策を講じるべし――IBM
米IBMが新たなセキュリティ対策のコンセプトを発表。従来の対策手法をかわすサイバー攻撃に対し、ビッグデータを攻撃者の視点から分析することで、被害抑止につなげていくという。(2013/5/23)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

IBM Impact 2013 Report:
「音楽はテクノロジー」── SOAで変化の波を乗り切る放送音楽協会
ラスベガスの「IBM Impact 2013」は2日目を迎え、音楽の配信権を管理する非営利団体、Broadcast Music Inc.が登場、テクノロジーの変化にも柔軟に対応できるSOAの重要性が改めて強調された。(2013/5/1)

ホワイトペーパー:
SNSと株価変動の関係を導き出せるか? カブドットコム証券が挑むビッグデータ活用
SNSの膨大な情報を分析して株価変動の予測に生かせないか? カブドットコム証券が開始したビッグデータ活用への挑戦。同社の分析手法や今後の展開を紹介する。(2013/4/30)

日本IBM、「InfoSphere BigInsights」の最新版を発表
日本IBMは、同社のビッグデータ・アーキテクチャを支える中核製品の最新版「IBM InfoSphere BigInsights V2.1」と「IBM InfoSphere Streams V3.1」を発表した。(2013/4/24)

Database Expertイベントレポート:
ビッグデータインフラのパズルを埋めるラインアップと「5つのシナリオ」
近いうちに多くの企業がビッグデータ活用企業になる――その時あなたの会社はどうする? 今年の「Information On Demand Conference Japan 2013」はビッグデータ活用をより手軽に、身近にするための情報が多数見られたようだ。(2013/4/19)

はっきりした目的を持ってデータ活用に取り組め
ビッグデータ活用に成功している企業とそうでない企業の差異はどこにあるのか。日本IBMのビッグデータ&DWH製品営業部トップに話を聞いた。(2013/3/12)

PR:元カブドットコム・IT戦略担当が語るプロジェクト成功の要諦とは?
ソーシャルメディア情報を活用した株価分析サービスから移動営業所による証券窓口サービスに至るまで、数多くのプロジェクトを統率した敏腕ITマネジャーが示すプロジェクト成功のポイントとは。(2013/2/25)

ビッグデータ活用の切り札、ストリームコンピューティングで顧客企業を変革するウルシステムズ
ビッグデータ活用では欠かせない「リアルタイムデータ処理」が注目を集めつつある。最先端のテクノロジーで顧客企業のビジネスを変革し、収益増へとつなげるウルシステムズは、「膨大なデータをフィルターに通し、リアルタイムでインテリジェンスを獲得していくノウハウや知恵が、これからの企業に不可欠になってくるはずだ」と話す。(2013/2/21)

日本IBM、社内データを可視化するデータ探索ソフトを発売
2012年に買収をVivisimoの製品を統合した初のソフトウェア製品になる。(2013/1/28)

ストリームデータ/ビッグデータ分析を身近に:
SPL言語学習なしでもストリームデータ処理の実装が可能になった「InfoSphere Streams V3.0」
センサネットワークなどから送出されるストリームデータの分析がより身近に。IBMは専用言語スキルがなくても機能を組み合わせて分析プラットフォームを実装可能にする製品を発表した。(2012/11/19)

日本IBM、ストリーミングデータ処理ソフトの最新版などを発表
ビッグデータ関連製品の「InfoSphere Streams」および「InfoSphere BigInsights」の最新版を日本IBMが発表した。(2012/11/19)

IBM InterConnect 2012 Report:
新興国の時代? ビッグデータに最適化されたPureData Systemがアジアから世界デビュー
IBMは10月9日、シンガポールで開催中の「InterConnect 2012」カンファレンスでPureSystemsファミリーの新製品「PureData System」を披露した。新たなテクノロジーの活用は、意外にも新興国が長けているのかもしれない。(2012/10/10)

ホワイトペーパーレビュー
ビッグデータの活用方法が分かる3つのホワイトペーパー
日本企業のビッグデータ活用事例が紹介され始めている。先進企業はどのようにビッグデータを活用しているのか。またビッグデータを活用する上でIT部門が考慮すべきことは何か。役立つホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/30)

ビッグデータいろはの「い」:
経験や勘では勝てない、「マネーボール」が物語る洞察のチカラ
かつてオークランドアスレチックスは膨大な過去のデータを活用して文字通り戦い方を変えて成功した。今やビッグデータがエネルギー、医療、証券など、さまざまなビジネスやサービスを変革しようとしている。(2012/6/27)

日本IBM、リアルタイム処理対応の非構造化データ分析ソフトを発売
「IBM InfoSphere Streams」を同梱した「IBM InfoSphere BigInsights」最新版を発表した。(2012/6/14)

数億件のソーシャルメディアデータを解析 日本IBM
Hadoopと連携したテキストデータ分析ソフトの新製品を日本IBMが発表した。(2012/6/7)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】
高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには
ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。(2012/4/11)

グローバルビジネスでの困り事、日本IBMが自らの体験をベースに解決を支援
ビジネスのグローバル展開で直面する課題の解決に向けたファーストステップを後押し――7分野14領域の日本IBMの実務経験者が顧客企業の悩み事に対応する。(2012/3/22)

レポート ビッグデータセミナー:
情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか
@IT情報マネジメント編集部では2011年11月30日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス「〜情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか〜ビッグデータの活用意義と、収益向上へ導くキーテクノロジ」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/2/16)

ビッグデータ時代に向けた“完全なる”ソリューションに強み、IBMの事業戦略
日本IBMは「インフォメーション・マネジメント」分野に関する2012年の事業戦略を説明。企業のビッグデータ活用を支援する施策を展開する。(2012/2/6)

“コンプリート”なミドルウェア製品に注力、IBMの2012年ソフトウェア事業戦略
日本IBMが2012年のソフトウェア事業に関する戦略説明を実施。セキュリティ事業部門も新たに設立した。(2012/1/24)

ビッグデータが切り開く新たな経営の地平:
PR:リアルタイムデータの分析がもたらす情報活用の未来とは
企業における情報の価値がますます高まる中で、センサーやソーシャルメディアなどによってもたらされる非構造化データをリアルタイムに分析する動きが盛り上がりを見せている。その実現の壁であった技術的な問題を独自のアプローチで解決したのがIBMだ。では一体、データのリアルタイム分析によって企業は何を享受できるのか――。(2011/12/26)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

DWH製品紹介:Netezza(日本アイ・ビー・エム)
高速は当たり前、DWHアプライアンス「Netezza」は「簡単」にこだわり続ける
IBMのビッグデータ戦略の中で重要な役割を担うNetezza。買収以前から一貫してアプライアンス形態で提供しているのには理由がある。(2011/12/9)

イベントレポート:
「ポスト震災」時代をスマートなものにするために
震災を機にグローバル化への対応を急ぐ日本の製造業各社。次世代に向けて各社はどのような構想を持っているのだろうか。その中でIT技術はどう活用されるだろうか。「IBM インダストリアル・フォーラム京都2011」で聴講した内容からそのヒントを探る。(2011/11/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。