ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IDT」最新記事一覧

認定拠点2か所に、車載半導体事業を加速:
IDTのペナン工場、TS 16949の認証を取得
IDTは、マレーシア・ペナン工場の自動車バックエンド生産フロアにおいて、自動車産業向け品質マネジメントシステム技術仕様「TS 16949」の認証を取得した。(2016/8/16)

IDT VersaClock 3S 5P35023/5P35021:
タイミングデバイスを不要にする、プログラマブルクロックジェネレーター
IDTは、水晶振動子や水晶発振器などのタイミングデバイスを不要にする、プログラマブルクロックジェネレーター「VersaClock 3S 5P35023/5P35021」を発表した。(2016/6/24)

IDT VersaClock 3S:
消費電力を低減するプログラマブルジェネレーター
IDTは、水晶振動子や水晶発振器などのタイミングデバイスを不要にするプログラマブルクロックジェネレーター「VersaClock 3S 5P35023/5P35021」を発表した。(2016/6/13)

MEMS発振器メーカーの“生き残り”:
「シリコンは水晶に必ず勝てる」――SiTime
かつては水晶の独壇場だった発振器市場において、MEMSの存在感が高まっている。温度補償機能を備えていない最もシンプルなタイプの発振器では、MEMSの出荷数が既に水晶を上回っている。そのMEMS発振器市場でシェア90%を獲得しているのがSiTimeだ。(2016/6/2)

IDT VersaMixer:
設定可能なゲインで無線システムを柔軟に設計できるRFミキサー
IDTは周波数帯域400〜3800MHzのRFミキサーファミリー「VersaMixer」を発表した。ラインアップは、デュアルチャネルの「F1192」とシングルチャネルの「F1792」の2種。(2016/5/19)

企業動向を振り返る 2016年4月版:
熊本地震で影響を受けた各社工場一部再開へ/インテル大規模人員削減計画
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年4月は、熊本地震の影響を受けた製造業各社の生産再開見込みに関する速報や、国内外の大手企業による人員整理の話題に注目が集まりました。(2016/5/12)

IDT VersaMixer F1192/F1792:
設定可能なゲインで柔軟性の高いRFミキサー
IDTは、広帯域幅の新RFミキサー「VersaMixer」ファミリーの新デバイスを発表した。設定可能なゲインと超広帯域幅の組み合わせにより、無線システムを柔軟に設計できるという。(2016/5/2)

ベンチャーキャピタルとともに:
IDT、WiGigチップメーカーPerasoに投資
IDTは2016年4月、WiGig用チップ手掛けるカナダの半導体ベンチャー企業への投資を実施した。(2016/4/26)

IDT ZSPM1363:
デュアルフェーズ高性能デジタル電源コントローラ
IDTは、大容量電源システムの最適化やモニタリング、制御を可能にするデュアルフェーズ高性能デジタル電源コントローラ「ZSPM1363」の出荷を開始した。(2016/4/25)

IDT ZSPM1363:
拡張型OTPメモリ搭載のデジタルPWMコントローラ
IDTは、大容量電源システムの最適化を可能にするデュアルフェーズ高性能デジタル電源コントローラ「ZSPM1363」を発表した。拡張型ワンタイムプログラマブル(OTP)メモリを搭載している。(2016/4/14)

IDT RapidIO対応スイッチ:
遅延100nsのRapidIO対応スイッチアプライアンス
IDTは、Prodrive Technologiesと協業し、レイテンシ100ナノ秒の高エネルギー効率を特長とする、RapidIO対応スイッチアプライアンスポートフォリオを開発した。(2016/3/28)

製品解剖:
Samsung「Galaxy S7 Edge」を分解
Samsung Electronicsの最新スマートフォン「Galaxy S7 Edge」を、iFixitが分解した。(2016/3/16)

電子ブックレット(EDN):
理想的なインターコネクト規格を探る
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を踏まえた上で、既存のインターコネクトテクノロジから理想的なインターコネクト規格を探っていきます。(2016/2/28)

IDT ZOPT2202:
UVソリューションとして高性能を発揮する2チャンネルUVA/UVB光センサー
IDTは、2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表。UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる。(2016/2/5)

IDT ZOPT2202:
紫外線の光スペクトルを正確に検出する光センサー
IDTは、UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表した。紫外線(UVA/UVB)に対する過剰暴露(ばくろ)、暴露不足を検出し、ウェアラブル、モバイル端末に新たなウェルネス機能を提供するという。(2016/2/5)

日本アイ・ディー・ティー 社長 迫間幸介氏:
PR:データセンター/通信/民生機器での急成長を続け、自動車にも進出へ
IDT(Integrated Device Technology)は、2年前に「データセンター」「通信インフラ」「民生機器」の3市場に注力する経営方針を掲げて以来、急成長を実現してきた。売り上げ規模は過去2年間で、1.5倍以上に拡大した。2015年末には独車載半導体メーカーを買収し、自動車市場への本格参入に着手。2016年以降も、急成長の持続をもくろむIDTの日本法人社長(シニアディレクター兼日本担当カントリーマネジャー)の迫間幸介氏に、今後の事業戦略などについて聞いた。(2016/1/12)

IDT F1423:
統合型トランシーバの設計を簡素化するRFアンプ
IDTは、高性能アンプとバランを単一の小型パッケージに統合した、広帯域差動入力RFアンプ「F1423」を発表した。RF D/Aコンバータ(RF DAC)や統合型トランシーバの標準差動Tx出力に適合する差動入力と広帯域RF性能を搭載しているという。(2016/1/8)

電子ブックレット(EDN):
理想的なインターコネクトの特性とは
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を紹介します。(2015/12/31)

IDT 社長兼最高経営責任者 Gregory Waters氏:
車載市場でのブランド作りはゼロから始める
IDTは2015年12月、車載半導体を手掛けるドイツZMDI(Zentrum Mikroelektronik Dresden)を買収した。これにより、車載半導体市場に本格的に参入することになる。IDTの社長兼最高経営責任者を務めるGregory Waters氏は、同市場におけるブランド力をゼロから作り上げると意気込む。(2015/12/16)

8000万米ドルを4億米ドル超へ:
ZMDI買収のIDT、車載向け売上高「5年で5倍に」
IDTの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるGregory L. Waters氏が2015年12月15日、都内で会見し、自動車向けビジネスの売り上げ規模を5年後に、現状の5倍以上となる4億〜5億米ドル程度へ引き上げるとの方針を示した。(2015/12/15)

IDT 82P339xx-1:
IEEE 1588同期を簡素化するソリューション
IDTは、ネットワーク通信機器のIEEE 1588同期を簡素化するハードウェア/ソフトウェア「82P339xx-1」を発表した。包括的な通信ネットワーク同期ソリューションを可能にするという。(2015/11/19)

オープンコンピューティング向けインターコネクト[後編]:
理想的なインターコネクト規格を探る
あらゆるコンピューティングで必要なインターコネクト。オープンな高性能コンピューティングのための「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を紹介する本稿の後編では、規格それぞれの特性を詳しく見ていきながら、理想的なインターコネクト規格を探っていく。(2015/10/30)

M&Aも示唆:
スマホからIoTへ舵を切るMediaTekの次の戦略
ファブレス半導体メーカーのMediaTekは2015年10月28日、日本で初となる事業戦略の説明会を東京都内で開催した。従来のモバイル事業に注力しつつも、スマートフォン市場の成長の鈍化に伴い、IoT向けの製品展開やM&A、ベンチャー企業への出資を行っていくことを示唆した。(2015/10/29)

IDT VersaClock 6:
位相ジッタ500fs未満のクロックジェネレータ
IDTは、高性能アプリケーションで求められる柔軟かつ低消費電力のタイミング機能を備えたプログラマブルクロックジェネレータファミリ「VersaClock 6」を発表した。RMS位相ジッタ性能は、500fs(フェムト秒)未満となる。(2015/10/27)

オープンコンピューティング向けインターコネクト[前編]:
理想的なインターコネクトの特性とは
あらゆるコンピューティングで必要なインターコネクト。インターコネクトの消費電力は増大の一途をたどっており、その効率性を高めることが重要視されている。本稿では、オープンな高性能コンピューティングのための「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を紹介する。(2015/10/19)

PR:半導体テストの新時代――柔軟で低コストな手法とは
半導体テストに要する時間やコストを抑えることができない。特にアナログデジタル混載半導体やRF半導体では仕様の幅が広く、テスト項目の変更もしばしばだ。従来の半導体自動テスト装置(ATE)とは異なる特徴を備えた新しい半導体自動テストを紹介する。(2015/9/8)

プラグアンドプレイ方式での統合が可能:
ワイヤレス給電を数時間で組み込み可能なキット
IDTは、幅広いコンシューマ製品向けにワイヤレス給電キットを発表した。Qi規格に準拠した新キットは、プラグアンドプレイ方式での統合が可能であり、ワイヤレス給電機能を数時間で製品設計に組み込むことができる。(2015/9/4)

米国EDN/EE Timesが選ぶ注目の企業・技術:
最も注目すべき企業にNXP――ACE Awards 2015
米国EDNとEE Timesが、その年の最も注目すべき企業・技術(製品)を独自に選出する「Annual Creativity in Electronics(ACE) Awards」。今回は、最も注目すべき企業としてNXP Semiconductosが選ばれた。(2015/9/2)

“Rambus 3.0 ビジネスモデル”:
Rambus、ファブレスチップ市場に参入
メモリ技術のIP(Intellectual Property)事業を柱としてきたRambusが、大きな方向転換を図った。サーバ用メモリインタフェースチップセットを、IPでなく“実際のIC”として提供しようというのである。この動きは、3つの点で重要だと考えられる。(2015/8/20)

IDT F2255/2258:
直線性を1000倍改善、IDTのRF電圧可変アッテネータ
IDTの「F2255」と「F2258」は、RF電圧可変アッテネータ(VVA)シリーズである。GaAs(ガリウムヒ素)ベースの既存製品に比べて、直線性を1000倍改善している。(2015/8/18)

IDT F1358統合型デジタルプリディストーション復調器:
3200〜4000MHzで動作するTDD携帯電話基地局向け復調器
IDTは、TDD携帯電話基地局の開発者向けに、消費電力、ソリューションコスト、基板面積を削減できるRFデバイス「F1358統合型デジタルプリディストーション復調器」を発表した。(2015/8/13)

IDT 9FGL06/9FGL08:
PCIe Gen4仕様を想定した3.3V PCIeクロックジェネレータ
IDTは、クロックジェネレータの低電力PCI Express(PCIe)に、6出力と8出力の3.3 Vクロックジェネレータ「9FGL06」「9FGL08」を追加した。従来のPCIeクロックデバイスの約1/5の電力となる約100mWで動作する。(2015/7/6)

製品解剖:
「LG G4」を分解、量子ドットディスプレイを採用
高級感のある仕上がりが特長となっているLG Electronicsの最新スマートフォン「LG G4」。iFixitの分解の様子を見てみよう。LG G4は、Samsung Electronicsの「Galaxy S6 edge」やAppleの「iPhone 6」に比べて、修理しやすい機種のようだ。(2015/6/24)

IDT 5P49V5933/5P49V5935:
水晶振動子を一体化したプログラマブルクロックジェネレータ
IDTは、電子システムのタイミング向けに、水晶振動子を内蔵したVersaClock 5プログラマブルクロックジェネレータの新製品「5P49V5933」「5P49V5935」を発表した。水晶振動子を一体化したことで、基板面積やBOMコスト、設計時間を削減した。(2015/6/9)

ビジネスニュース 業界動向:
ワイヤレス給電規格の推進団体A4WPとPMAが合併、中核技術を融合
ワイヤレス給電規格の推進団体であるAlliance for WirelessPower(A4WP)と、Power Matters Alliance(PMA)は、両組織の統合に署名した。新組織の名称は2015年中に決める。両団体の中核技術を融合した統合製品のロードマップなどを作成していく。(2015/6/8)

パワー半導体 GaNデバイス:
GaNデバイス開発でIDTとEPCが提携、ワイヤレス給電や通信・コンピュータ向け
Integrated Device Technology(IDT)は、エンハンスモードの窒化ガリウム(eGaN)FETで強みを持つEfficient Power Conversion(EPC)と提携した。両社は、eGaN技術とシステム化のノウハウを持ち寄り、通信・コンピュータやワイヤレス給電、RF回路に向けた高速で高効率の半導体デバイス製品を共同開発していく。(2015/6/5)

TECHNO-FRONTIER 2015:
複雑なクロックツリーを簡素化、柔軟な周波数設計が可能に
Integrated Device Technology(IDT)は、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、プログラマブルクロックジェネレータやパワーマネジメントICなどを展示した。(2015/5/22)

サイドテーブルにスマホを置けば、充電開始:
イケアの家具でワイヤレス給電! IDTのトランスミッタICを内蔵
IDTは、IKEAから発売される家具とホームアクセサリーに同社のワイヤレス給電トランスミッタを内蔵すると発表した。サイドテーブルやランプなどに内蔵され、対応するポータブル機器のワイヤレス充電が可能となる。(2015/4/24)

IKEA、同社製家具に“ワイヤレス給電”機能を搭載
米IDTは、IKEA製の家具/アクセサリ製品の同社製ワイヤレス給電トランスミッタが採用されたと発表。北米/ヨーロッパにて採用製品の販売が開始される。(2015/4/23)

SPICEの仕組みとその活用設計(22):
Spiceの応用解析――微分方程式を解く
今回は数値計算の代表的なツールであるSpiceの応用解析として、“アナログコンピュータ”を模擬して代表的な微分方程式を解いてみます。(2015/3/27)

ワイヤレス給電技術:
スマホ同士でのワイヤレス給電を可能にする「Wireless PowerShare」を発表
IDTは2015年3月、スマートフォンなどのモバイル機器同士でのワイヤレス給電を実現する技術「Wireless PowerShare」を発表した。(2015/3/6)

IDTやCSRも買収候補だった!:
NXP CEOに聞く“フリースケール買収の舞台裏”
NXPセミコンダクターズによるフリースケール・セミコンダクタの買収は、半導体業界から大きな注目を集めている。スペイン バルセロナで開催中の「Mobile World Congress (MWC) 2015」にて、NXPのCEOを務めるRick Clemmer氏に今回の買収について聞いた。(2015/3/5)

複数の周波数/出力に対応するデバイスで簡単に:
RMS位相ジッタ・バジェットにおけるマージンを拡大する方法
周波数マージニングを使ってテストを行うことで、システムの設計余裕度を確認し、その信頼性と堅牢性を最高のレベルにまで高めることができます。(2015/2/6)

IDT XU/XLファミリー:
位相ジッタ最大値400フェムト秒の高性能水晶発振器
IDTは、高性能・低位相ジッタの水晶発振器「XU/XLファミリー」を発表した。位相ジッタは、通常で300フェムト秒、最大値で400フェムト秒となる。(2015/2/2)

ビジネスニュース 業界動向:
ワイヤレス給電の標準化団体、A4WPとPMAが合併
磁界共鳴ワイヤレス給電技術を採用するThe Alliance for Wireless Power(A4WP)と、電磁誘導方式を採用するPower Matters Alliance(PMA)は、両団体が合併し、新たな標準化団体を立ち上げることで合意した。(2015/1/6)

2015 CES:
CESで公開予定の箱形リモコンに無線給電IC
IDTは2014年12月、2015年1月に開催される「2015 International CES」で紹介されるリモコン「Cube」に、無線給電ICが採用されたと発表した。(2014/12/22)

IDT P923xファミリ:
ワイヤレス給電向けトランスミッタIC、IDTが5製品
IDT(Integrated Device Technology)の「P923x」ファミリは、電磁誘導方式のワイヤレス給電システム用トランスミッタICである。ウェアラブル機器やスマートフォン、家具などの用途に向ける。(2014/11/28)

ビジネスニュース 企業動向:
経営陣を刷新したIDTの成長戦略
Integrated Device Technology(IDT)は、2014年より新たな成長戦略に取り組んでいる。通信インフラや高性能コンピュータおよびパワーマネジメントを主なターゲット分野に掲げ、Rapid IOやRF、メモリインタフェース、ワイヤレス給電などに向けたユニークなIC事業に注力していく。(2014/11/17)

NIDays 2014:
開発から量産までICのテスト環境を統一、NIの半導体テストシステム
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)の半導体テストシステム「STS(Semiconductor Test System)」は、従来のATE(Automated Test Equipment)と比較して、システム拡張や仕様変更に柔軟に対応できる。ICの設計現場と量産現場で同じシステムを使えることもメリットだ。(2014/10/27)

IDT 9FGU/9DMU:
消費電力と専有面積を最大90%削減、PCIeタイミング製品に1.5V品追加
IDT(Integrated Device Technology)は、PCI Express(PCIe)タイミング製品群に、動作電圧が1.5VのクロックジェネレータIC「9FGU」とクロックマルチプレクサIC「9DMU」を追加した。デジタル一眼レフカメラや多機能プリンタ、車載インフォテインメント機器などの用途に向ける。(2014/10/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。