ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iFixit」最新記事一覧

関連キーワード

電子ブックレット:
「iPad Pro 9.7インチ」を分解、修理しにくい?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、iFixitが公開した「iPad Pro 9.7インチ」の分解を紹介します。(2016/4/30)

電子ブックレット:
4型ディスプレイに回帰した「iPhone SE」を分解
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、iFixitが公開したApple「iPhone SE」分解の様子を紹介します。(2016/4/29)

特選ブックレットガイド:
ソニーの「PS4」、分解して分かったこととは?
プレステ4を丸裸に! ChipworksとiFixitが分解。(2016/4/12)

修理しにくい端末?:
「iPad Pro 9.7インチ」を分解
2016年3月31日に発売されたApple「iPad Pro 9.7インチ」を、iFixitが分解した。(2016/4/5)

4型ディスプレイに“回帰”:
「iPhone SE」を分解
2016年3月31日に発売されたばかりのApple「iPhone SE」を、iFixitが分解した。(2016/4/1)

「Oculus Rift」をiFixitが解剖 イヤピースとフェイスパッドは交換可能
VR HMD「Oculus Rift」をiFixitが分解した。修理しやすさは10点満点中7点だった。(2016/3/31)

製品解剖:
Samsung「Galaxy S7 Edge」を分解
Samsung Electronicsの最新スマートフォン「Galaxy S7 Edge」を、iFixitが分解した。(2016/3/16)

iPhone 6sの純正バッテリー内蔵ケース、何がよくて何がダメなのか
あまりスマートに見えないその外観が話題の、アップルのバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」ですが、実際に使ってみるとなかなか考えられていることが分かります。(2015/12/13)

製造プロセスの進化もまとめてみた:
「A9」に秘められたAppleの狙い(後編)
後編では、Appleの最新プロセッサ「A9」の詳細をもう少し見ていく。特に、Aシリーズに適用されている製造プロセスの進化には、目を見張るものがある。(2015/11/25)

「Apple Pencil」をiFixitが解剖──折りたたみ式ロジックボードなどの工夫が随所に
iFixitがiPad Pro専用スタイラス「Apple Pencil」の分解リポートを公開した。ロジックボードが2つに折りたたんであるなど省スペースの工夫があるが、バッテリーの交換はほぼ不可能なことが明らかになった。(2015/11/20)

「iPad Pro」をiFixitが解剖──メモリは(やっぱり)4Gバイト
Appleが11月11日に発売した同社最大のタブレット「iPad Pro」をiFixitが分解し、詳細なリポートを発表した。搭載RAMはAdobeがうっかり明かしたように4Gバイト。32GバイトのFlashメモリは東芝製だった。(2015/11/12)

電池容量は「iPad Air 2」比で40%アップ:
「iPad Pro」を分解
2015年11月11日に世界40カ国以上で発売されたばかりの「iPad Pro」。Appleのタブレットでは最大となる12.9型のRetinaディスプレイを備える。モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが分解を行ったので、中身を紹介したい。(2015/11/12)

組み込み機器開発入門(5):
組み込み機器における「ハードウェア開発」はどのように行われるか
電子機器を開発する際には、ソフトウェアとハードウェア、双方の開発が必要となります。では、組み込み機器におけるハードウェア開発とはどのような工程を経るのでしょうか。(2015/11/10)

「Surface Book」をiFixitが解剖──「マッスルワイヤ」の構造も明らかに
Microsoftの初ハイブリッドノートPC「Surface Book」をiFixitが分解した。マザーボードが通常とは逆向きに設置されていたり、いたるところに粘着剤が使われており、“修理しやすさ”は10点満点で最低の1点だった。(2015/11/4)

「Nexus 6P」をiFixitが解剖──指紋センサーは四角、修理しにくい構造
日本ではソフトバンクが11月に発売するGoogleの「Nexus 6P」をiFixitが分解した。Nexus 5Xと同じソニー製カメラやQualcommのQuick Charge 2.0対応チップを搭載するが、指紋認証センサーはNexus 5と異なる四角いものであることが判明。修理しにくさは10点満点で2点だった。(2015/10/30)

「Nexus 5X」をiFixitが解剖──カメラはソニー製でQuick Charge 2.0チップ搭載
日本でも発売されたGoogleの新Nexus端末「Nexus 5X」をiFixitが分解し、詳しいリポートを公開した。背面カメラにはソニーのセンサーを採用し、QualcommのQuick Charge 2.0チップを搭載していることなどが分かった。(2015/10/24)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第42回 ウェアラブル
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第42回はウェアラブル機器について解説する。(2015/10/21)

「A9」の製造元はSamsungとTSMCの2社:
iPhone 6s、BOMコストは推定245ドル
2015年9月25日に発売され、販売初速の記録を早くも更新した「iPhone 6s」と「iPhone 6 Plus」。米TechInsightsによると、iPhone 6s(64GB版)のBOMコストは約245米ドルだという。さらに、カナダChipworksの分解により、新型プロセッサ「A9」の製造元は、Samsung ElectronicsとTSMCの2社であることが分かった。(2015/9/30)

新iPhoneの「A9」プロセッサの製造元はSamsungとTSMC──Chipworksの分解で判明
半導体チップの解析で知られるChipworksが、iPhone 6s/6s Plusのプロセッサ「A9」の製造元がSamsungとTSMCの2社で、Samsung製の方が小さいという分解・解析結果を発表した。iFixitの分解リポートでは、6sのA9はSamsung製、6s PlusはTSMC製だった。(2015/9/29)

iPhone 6sに続いてiFixitが公開:
「iPhone 6s Plus」を分解
モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが「iPhone 6s Plus」の分解の様子を公開した。今回も、搭載デバイスを中心に中身をみていこう。(2015/9/25)

電池容量は1715mAh!:
「iPhone 6s」を分解
モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが「iPhone 6s」の分解の様子を公開した。気になる搭載デバイスを中心にその様子を見ていこう。(2015/9/25)

気になる搭載デバイスを中心に:
新型Apple TVを分解
Appleが2015年9月9日(米国時間)に発表した「新型Apple TV」。iFixitが既に分解し、その様子を公開した。搭載部品を中心に見ていこう。(2015/9/24)

「iPad mini 4」のRAMは2Gバイト──iFixitが解剖で確認
Appleが公表しないRAM容量、「iPad mini 4」は2Gバイトであることが、iFixitの分解リポートで明らかになった。その他、iPad Air 2とほぼ同等の性能を小さなボディで実現するための様々な工夫がみられる。(2015/9/19)

さらりと発表、でもきちんと進化:
「iPad mini 4」を分解
「iPad Pro」に比べて、さらりと発表されてしまった「iPad mini 4」だが、前世代に比べて当然ながらきちんと進化している。iFixitが、既に分解を完了しているので、その様子を見てみよう。(2015/9/18)

「iPad Pro」のRAMは4Gバイト──Adobeが公式ブログで言及(その後、削除)
Appleはモバイル端末の搭載RAMの容量を公表しないが、Appleの発表イベントでアプリのデモを披露したAdobeが公式ブログでうっかり「4Gバイト」と書いてしまい、しばらくしてその部分を削除した。(2015/9/11)

CMOSイメージセンサーの存在感が際立つ:
ソニー「α7R II」を分解
ソニーのミラーレス一眼の最新モデル「α7R II」。35mmフルサイズの裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」の搭載が話題となった。iFixitの分解では、やはり同センサーの存在感が際立っていた。(2015/8/22)

製品解剖:
第6世代iPod touchを分解、目を引く「A8」
iFixitが、2015年7月に発売されたばかりの第6世代「iPod touch」をさっそく分解している。新iPod touchは、「iPhone 6」に搭載されているプロセッサ「A8」やコプロセッサ「M8」を採用している。第5世代では「A5」だったことを考えると、ずいぶん進化している。(2015/7/23)

“iPhone 6S”情報の9TO5Mac、ロジックボード解析でChipworksと協力
9月に発表されるとみられる次期iPhoneのロジックボードの画像を入手したとする9TO5Macが、NFCチップが新しくなり、部品数が少なくなることなどを報じた。(2015/7/6)

製品解剖:
「LG G4」を分解、量子ドットディスプレイを採用
高級感のある仕上がりが特長となっているLG Electronicsの最新スマートフォン「LG G4」。iFixitの分解の様子を見てみよう。LG G4は、Samsung Electronicsの「Galaxy S6 edge」やAppleの「iPhone 6」に比べて、修理しやすい機種のようだ。(2015/6/24)

製品解剖:
Apple WatchをX線写真で見るとこうなる! 「S1」の搭載部品も
モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが、「Apple Watch」のX線画像を公開している。単に分解しただけでは見られない内部まで鮮明に見えて、なかなか面白い。また、Chipworksは、Apple Watchの心臓部であるSiP(Silicon in Package)「S1」の搭載部品を公開している。(2015/5/28)

Apple Watchは急速充電に対応している?
iPhoneは、付属の電源アダプターではなく、iPad用の電源アダプターを使用することでより速い充電が可能でした。ではApple Watchはどうでしょうか。(2015/5/10)

Apple Watchの中国製部品に不具合 日本電産製に一本化へ──Wall Street Journal報道
「Apple Watch」がユーザーの手首を叩いて通知する「Taptic Engine」の中国製部品で不具合が発覚し、Appleがこの部品を搭載する端末の出荷を中止したとWall Street Journalが報じた。もう1社の部品メーカーである日本電産の部品には問題がないため、今後は同社が増産して対応することになるという。(2015/4/30)

Apple Watchは「1000回充電で容量80%維持」 公式サイトに説明
Apple Watchは1000回のフル充電で本来のバッテリー容量の最大80%を維持できるよう設計していることが明らかにされた。(2015/4/27)

「Apple Watch」のバッテリーは205mAh、プレスチモグラフを搭載──iFixitの解剖で分かったこと
iFixitが発売当日に「Apple Watch Sport」(38ミリ)を分解したところ、バッテリーの放電容量が205mAhであることや、心拍数計センサーにはプレスチモグラフ(体積変動記録装置)の機能もあることなどが分かった。修理しやすさは10点満点中5点だった。(2015/4/25)

製品解剖:
Apple Watchを分解、心臓部の「S1」がお目見え
「Apple Watch」の販売が始まった。売れ行きも気になるが、それと同じくらい気になるのが“中身”だ。iFixitが早速分解に挑んでいる。タッチスクリーンコントローラにAnalog Devices(ADI、アナログ・デバイセズ)の「AD7166」が採用されていることが分かった。(2015/4/24)

新MacBookをiFixitが解剖──バッテリーコネクタの構造はiPadと同じ
Apple製品の分解マニュアルで人気のiFixitがさっそく新しいMacBookの分解リポートを公開した。気になるType-Cポート周りや感圧タッチトラックパッドの構造も豊富な写真で確認できる。(2015/4/16)

製品解剖:
Samsung「Galaxy S6 edge」を分解
「Mobile World Congress(MWC) 2015」で注目を浴びた、Samsung Electronicsの最新スマートフォン「Galaxy S6 edge」。日本では、NTTドコモとKDDIが4月下旬に販売すると発表したばかりだ。iFixitが、Galaxy S6 edgeを分解していたので、メインボードの搭載部品を中心に見ていきたい。(2015/4/8)

製品解剖:
「HTC One M9」を分解
「Mobile World Congress(MWC) 2015」(スペイン・バルセロナ)で展示されたHTCの最新スマートフォン「HTC One M9」。Android 5.0.2(Lollipop)を搭載し、Qualcommのオクタコアプロセッサ「Snapdragon 810」を採用した、この最新機種をiFixitが分解した。(2015/4/6)

製品解剖:
「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデルを分解
Appleの「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデル。Thunderbolt 2を搭載し、SSDも高速になったといわれている。発売されたばかりの同モデルを、iFixitが分解した。(2015/3/13)

製品解剖:
「Nexus 9」を分解
2014年11月に国内販売が始まったAndroidタブレット端末「Nexus 9」。Nexusシリーズでは初となる64ビット対応のCPUを採用し、Android 5.0 Lollipopを搭載している。そのNexus 9を、モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが分解した。(2015/3/6)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

製品解剖:
Newニンテンドー3DS LLを分解
iFixitは、2014年10月に発売された任天堂の携帯型ゲーム機「Newニンテンドー 3DS LL」の分解を行った。富士通セミコンダクター製FCRAMなどが搭載されている。(2015/2/18)

製品解剖:
どこまで同じ? iPad mini 2とiPad mini 3
Appleのタブレット端末「iPad mini 3」は発売当初から、前世代の「iPad mini 2」と仕様がほとんど変わらないといわれてきた。中身、つまりメインボードに搭載されている部品なども変わらないのだろうか。iFixitの分解データを基に比較してみる。(2015/1/22)

製品解剖 スマートフォン:
「Nexus 6」を分解
iFixitは、2014年12月に発売されたGoogleのスマートフォン「Nexus 6」の分解を行った。QualcommのSoC「Snapdragon 805」などが搭載されている。(2015/1/15)

製品解剖 iFixitがWebで公開:
「iPad Air 2」を分解
販売が開始されたAppleの新型タブレット端末「iPad Air 2」。モバイル機器の修理マニュアルなどを提供するiFixitが、iPad Air 2を分解し、その様子を公開した。搭載部品を中心にその中身を見てみよう。(2014/10/24)

Mac miniをiFixitが解剖 メモリはハンダ付けでユーザーによる増設は無理
iFixitが16日に発売されたAppleの「1.4GHz Mac mini」を解剖したところ、RAMがロジックボードにハンダ付けされており、購入後のメモリ増設はできないことが明らかになった。(2014/10/21)

Plusも1時間で20%から80%に:
iPhone 6/iPhone 6 Plusをより速く充電する方法
iPhone 6やiPhone 6 Plusは、急速充電に対応しています。(2014/10/3)

iPhone 6の原価は200〜247ドル 高い利益率維持
iPhone 6のパーツと組み立てを含む原価は200〜247ドルと、高い利益率を維持しているという試算。16Gバイトモデルと128Gバイトモデルの差は47ドルということになる。(2014/9/24)

製品解剖 iFixitがWebで公開:
「iPhone 6」を分解
モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが、「iPhone 6 Plus」に続き「iPhone 6」の分解を行った。サイズの点では「iPhone 5s」に近いiPhone 6だが、メインボードに搭載されている部品は、おおむねiPhone 6 Plusと変わらない。(2014/9/22)

製品解剖 iFixitがWebで公開:
「iPhone 6 Plus」を分解
2014年9月19日に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 6 Plus」。モバイル機器の修理マニュアルを提供するiFixitが、早速、iPhone 6 Plusの分解を行った。その様子を見ていこう。(2014/9/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。