ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイギーク」最新記事一覧

アイギーク、USBメモリブートも可能なMac用HDDメンテナンスソフト「Drive Genius 4」
アイギークは、同社製のMac用ドライブメンテナンスソフト「Drive Genius」の最新版を発表。ブータブルUSBメモリ形態での提供となる。(2015/3/26)

アイギーク、USBブートで破損ストレージを復旧できるMac OS用データ復元ソフト「Data Rescue 4」
アイギークは、Mac OS X用データ復元ソフト「データレスキュー」シリーズの最新版を発表。パッケージ版はUSBメモリ形態での提供となる。(2014/11/21)

広がる! SDNの世界探訪(3):
オープンソースの仮想ネットワークソフト「OpenVNet」が生まれたワケ
OpenFlowの最新バージョン1.3に対応した仮想ネットワークソフトウェアを、世界で初めてオープンソースで公開したWakame Software Foundation。その運営代表で、OpenVNetの開発元であるあくしゅの山崎泰宏氏によると、元々の狙いは「データセンターを丸ごと仮想化」することにあったという。(2014/1/8)

アイギーク、Mac OS用の効果音再生ソフト「Soundboard 2」
アイギークは、米Ambrosia Software製となるMac OS X用効果音再生ソフト「Soundboard 2」のダウンロード販売を開始した。(2010/11/10)

あなたのMacを健康に:
「Macユーザーはマルウェアよりも先にHDD障害を心配すべき」
「ドライブジーニアス3」の開発元である米Prosoftのゴードン・ベル氏が来日し、同ソフトの特徴について語った。Macユーザーはセキュリティソフトの導入よりも先にHDDメンテナンスを考えるべき?(2010/6/11)

アイギーク、Mac用HDDメンテナンスソフト「ドライブジーニアス3」
アイギークは、米Prosoft製となるMac OS用ドライブメンテナンスソフト「ドライブジーニアス3」の取り扱いを発表した。(2010/6/9)

「タイムマシンは使われていない」:
それでも「データレスキュー」ならきっと何とかしてくれる
アイギークが行った調査によれば、Macユーザーの87%がデータ消失の経験を持ち、そのうち半数が復元を試みることなくあきらめているという……ちょっと落ち着こうか。(2009/11/10)

アイギーク、データ復旧ソフト「Data Rescue」のWindows版をリリース
アイギークは、Windows用データ復旧ソフト「Data Rescue PC」を発表した。企業向けラインセンス版も用意。(2009/7/28)

アイギーク、Mac用落書き戦闘機シューティング「SketchFighter 4000 Alpha」のDL販売を開始
アイギークは、米Ambrosia Software製シューティングゲーム「SketchFighter 4000 Alpha」のダウンロード販売を開始した。(2009/5/18)

Macユーザー必見:
「重要なのはユーザーとの信頼を築くこと」――アイギークが「教えて!iGeek!」を開設
アイギークがMacユーザー向けのQ&Aコミュニティサービスを開始した。同社社長(&ヘッドギーク)のデイビッド・スミス氏にその意図を聞いた。(2009/2/13)

iPhone 3Gの着信メロディを簡単に作成できるPCソフト「iToner 2」
アイギークは、iPhone 3Gの着信メロディを作成できるソフト「iToner 2」をダウンロード販売した。Mac OS X 10.4.10以降で利用できる。(2009/1/8)

アイギーク、あらゆるソフトの“音”を録音できるMac用録音ソフト「WireTap Anywhere」
アイギークは、米Ambrosia Software製録音ソフト「WireTap Anywhere」のダウンロード販売を開始した。(2008/12/18)

アイギーク、iPhone 3G用の着メロ作成ソフト「iToner」
アイギークは、米Ambrosia Software製のiPhone 3G用着メロ作成ソフト「iToner」のダウンロード販売を開始した。(2008/7/23)

「Macでもデフラグは必要」:
“アップルお墨付き”のディスクユーティリティ「Drive Genius 2」
米アップルストアのProCareサービスで利用されているディスクユーティリティ「Drive Genius 2」の国内発売が決まった。開発元であるプロソフトエンジニアリングの製品担当者に話を聞いた。(2008/7/2)

アイギーク、Mac OS X用サウンドイコライザー「Hear」
アイギークは、アプリケーション毎の音量/音質をコントロールできるソフト「Hear」のダウンロード販売を開始した。(2008/5/9)

アイギーク、Mac向けのファイル転送ツール「Dragster」
アイギークは、ドラッグアンドドロップ操作で簡単にファイルを転送できるツール「Dragster」のダウンロード販売を開始した。(2008/4/9)

アイギーク、Mac用宛名印刷ソフト「Easy Envelopes」を無償ダウンロード提供開始
アイギークは、Mac OS X対応となる用宛名印刷ソフト「Easy Envelopes」の無償ダウンロード提供を開始した。(2007/12/20)

動画で解説:
Mac上のあらゆる音をキャプチャする「WireTap Studio」
アンブロージャの日本投入第2弾は、Mac向けオーディオキャプチャツール「WireTap Studio」。国内販売を取り仕切るアイギークのデイビッド・スミス氏にその魅力を語ってもらった。(2007/11/27)

アイギーク、Mac OS X用高機能音声編集ソフト「WireTap Studio」
アイギークは、Mac OS X用となるリアルタイム音声編集ソフト「WireTap Studio」を発表した。(2007/11/27)

アイギーク、Mac/Win両対応のデジカメ画像復元ソフト「Klix ピクチャーレスキュー」
アイギークは、デジカメ/各種メディアカード用のデータ復元ソフト「Klix ピクチャーレスキュー」を発売する。(2007/11/7)

Sketch Fighterも出してくれ:
Mac向け高機能キャプチャツール「Snapz Pro X」が国内発売
アイギークが「Snapz Pro X」の国内販売を開始する。開発元のアンブロージャソフトウェア社長ウエルチ氏が来日し、日本市場への期待を語った。(2007/8/29)

“Time Machine”については「ポジティブにとらえている」:
シンプルで分かりやすく高速に――Mac向けバックアップソフト「Indelible II」
アイギークが「Indelible II」の説明会を開催した。バックアップ時間を大幅に短縮する“Fast Start”などが見どころ。(2007/5/22)

FBIもCIAも使っているIntel Mac対応データ復元ソフト
iGeek.Incは、Macintosh用データ復旧ソフトの最新バージョン「Data Rescue II」日本語版を7月7日より発売する。価格は一般ユーザー向けパッケージが1万5750円(税込み)。犯罪捜査にも採用されている高いデータ復元力が特徴だ。(2006/5/24)

HDD内のデータを復旧させ、新HDDにバックアップ――ヤノ電器のデータレスキューサービス
ヤノ電器は、データ復旧サービス「データレスキュー」サービスを開始した。復旧させたデータは、ヤノ電器製HDDにバックアップしてくれる。(2004/8/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。