ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「画像認証」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像認証」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

広告媒体としての活用も:
ホテルでロボットが”おもてなし” サイバーエージェント、石黒教授らと実証実験
サイバーエージェントは4月18日、大阪大学基礎工学研究科の石黒浩教授と東急不動産ホールディングスと共同で実施した、ホテルで人型ロボットを活用した実証実験の結果を発表した。ホテルというプライベートな空間の中で、ロボットとのコミュニケーションが人に与える威圧感などを調査した。(2018/4/18)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
「秘密の質問」に答えておけばパスワードを忘れても大丈夫!……ホントに大丈夫?
ユーザー登録などで設定することがある「秘密の質問」と「答え」。“合言葉”みたいなアレを設定しておけば、万が一パスワードを忘れてしまったりしても安心……? ホントに?(2018/3/9)

実証実験で万引き防止に効果あり:
警備員不足を補うのはPepperと人工知能
ロボットと人工知能を活用した新しい警備サービスが本格稼働する。深刻な警備員不足を補う存在になるだろうか。(2018/2/27)

Mostly Harmless:
認証のグニャグニャ文字は時代遅れ? GoogleがCAPTCHAを使わなくなったわけ
Webサイトの認証などで、人間かAIかの判定に使われている「CAPTCHA」と呼ばれる“グニャグニャ文字”。これをGoogleが使わなくなった理由とは。(2018/2/6)

「私はロボットではありません」AIで突破 他のディープラーニングより“300倍”効率的なモデルが登場
少ない訓練データで「CAPTCHA」の文字画像を認識できる学習モデルが、科学雑誌「Science」に掲載された。(2017/10/27)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

“フクロウ型ロボット”が商品おすすめ 新宿伊勢丹で実証実験
フクロウ型ロボットが、来店者の年齢や性別を分析し、おすすめ商品を紹介する実証実験が、新宿伊勢丹で8月9日〜21日に実施。(2017/8/2)

超小型電子部品の管理に活用可能:
ペン書き直径1mmの点が識別タグに、NECの新技術
ペンで書いた直径1mmの“点”(ドット)の違いを識別できる画像認識アルゴリズム「マイドット(mIDoT)」を、NECが2017年7月19日に発表した。【訂正あり】(2017/7/20)

Tech Basics/Keyword:
AMP(Accelerated Mobile Pages)
スマートフォンにおけるページ表示のイライラは過去のもの? 「AMP」と呼ばれるプロジェクトがスマートフォンのページ表示を高速化するという。AMPとはどのようなものなのかコンパクトに解説しよう。(2017/7/7)

Google、Android向けの「reCAPTCHA API」を発表
「reCAPTCHA Android API」では、Googleの最新技術を使って人間とボットを識別し、人間と認識されればクリックなしでユーザーを通過させる。(2017/6/12)

次は音声認識に注目
「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事
人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。(2017/5/16)

IoT機器を悪用した数百Gbpsクラスの攻撃も登場:
PR:DDoS攻撃新時代に求められる対策とは
インターネット普及期から存在するDDoS攻撃は、この1年ほどで大きな変化が見られるという。IoT機器を悪用し、数百Gbpsという大規模な攻撃が発生しているのだ。桁違いのDDoS攻撃からシステムを守るためには、これまでとは異なるアプローチでのセキュリティ対策が必要になる。DDoS攻撃“新時代”に対応したマクニカネットワークスのソリューションを紹介する。(2017/2/6)

パスワード依存は時代遅れ?
「パスワードのいらない時代」が本当にくるかも、新認証技術「FIDO」が本格普及へ
新たな認証標準「FIDO」の普及により、煩雑なパスワード管理が不要になる可能性がある。FIDOとはそもそも何か。あらためて確認しておこう。(2017/1/31)

「AQUOS ZETA SH-04H」のメタルボディーをチェック! 2260万画素カメラには「花火」モードを新搭載
「AQUOS ZETA SH-04H」は、約5.3型フルHD表示「ハイスピードIGZO」液晶と約2260万画素カメラを搭載したハイエンドモデル。狭額縁「EDGEIST」スタイルを一新するスリムデザインを採用した。(2016/5/16)

ET 2015優秀賞を獲得:
模様だけで物体を識別できる? NECの先端技術
NECは、2015年11月18日〜20日に開催された「組込み総合技術展 Embedded Technology 2015(ET2015)」&「IoT Technology 2015」で、同社の技術を紹介する展示を行った。(2015/11/26)

書籍転載:
仕事で使える!Googleカレンダー――Chromebookビジネス活用術
Googleのスケジュール管理ツール「Googleカレンダー」で仕事を効率化するための情報をコンパクトにまとめた活用ガイド。クラウドをもっと仕事に活用したい、Googleカレンダーでビジネス環境をスピードアップ、効率化したい。そんな方のためにTipsなどを読みやすいテキストで紹介する。(2015/10/22)

画像認識:
“モノの指紋”でニセモノを判定できる技術が登場
NECは、工業製品・部品の表面に自然発生する微細な紋様(物体指紋)をもとに個体を識別し、真贋(しんがん)判定が可能な「物体指紋認証技術」を強化。従来の金属だけでなくプラスチックや塗装物などの判定が可能となった。偽装品排除やトレーサビリティ確保に貢献することが期待されている。(2015/9/24)

真皮まで画像化:
米大学が“3D指紋認証スキャナ”を開発、パスワードは過去のものに?
米国カリフォルニア大学の研究チームが、指の表皮だけでなく真皮まで画像化する“3D(3次元)指紋認証スキャナ”を開発した。表皮だけを見る現在の指紋スキャナとは異なり、表皮の下の組織まで画像化するので、なりすましが難しくなるという。極めて安全な指紋認証システムを実現する鍵になりそうだ。(2015/7/7)

「WAFは面倒」は過去のもの:
PR:進化した国産WAF「SiteGuard」でWebにセーフティネットを
Apache Sturtsの脆弱性や「Shellshock」に代表されるように、2014年以降相次いで深刻な脆弱性が公になっている。次々明らかになる脆弱性からWebアプリケーションを守るためのセーフティネットとして、あらためて注目を集めているソリューションがWebアプリケーションファイアウォール(WAF)だ。その中でも、ブラックリスト方式を採用することで、長年安定した保護を提供してきた国産WAF、「SiteGuard」の特徴とは何だろうか。(2015/6/1)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(1):
Metasploit――大いなる力を手に入れる
あのダークナイトが再び這い上がり、帰ってきた! ペンテスターとしての豊富な経験を踏まえ、自らの、そして周りの人々を守るために知るべき「攻撃者のやり方」を解説していく。(2015/4/28)

WordPressのCaptchaプラグインに脆弱性、保護メカニズムが回避される恐れ
スパムコメント対策などに使われているCaptchaプラグインとGoogle Captcha(reCAPTCHA) by BestWebSoftに脆弱性が見つかった。(2015/3/3)

政府も支援に本腰:
インドネシアに“活路”を見出すNEC、3つの理由
インドネシアの現地企業を対象としたプライベートイベントを開催したNEC。アジア太平洋地域の本社を置くシンガポールではなく、インドネシアを開催地に選んだ背景には、同社がインドネシアに寄せる期待の大きさがうかがえる。(2015/2/13)

PR:IoT時代のセキュリティを――「2015 CES」で明かされたMcAfeeの新技術
ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「2015 CES」では、IoT時代に向けたIntel Securityブランドの最新セキュリティ技術「True Key」が披露された。現地からその詳細をリポートしよう。(2015/1/16)

変形文字の判読はもう不要、Googleが新型CAPTCHA開発
「私はロボットではありません」という文字の隣のチェックボックスをクリックしてチェックを入れるだけで済む。(2014/12/4)

CAPTCHAスクリプトに起因する脆弱性、数百万サイトに影響の恐れ
jQueryプラグインのCAPTCHAスクリプトにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかったとして、セキュリティ研究者が情報を公開した。(2014/11/21)

アップルのPer-App VPNに対応:
アプリ単位でリモートアクセス、デル・ソニックウォールがSSL-VPNに新機能
個人データのプライバシー保護しつつ、安全にBYODを実現する——デル・ソニックウォールのSSL-VPN製品に新たな機能を追加したOSがリリースされた。(2014/10/9)

今すぐ実践したいパスワードリスト攻撃への備え
オンラインサービスへの不正ログイン事件が後を絶たない。実態調査をもとにIPAがおすすめしている対策をまとめてみた。(2014/8/19)

ヘアサロン利用の女性客を対象に:
バーチャル試着した洋服を実店舗で買うか? 東芝らが顧客動向に関する実証実験を開始
東芝、東芝ソリューション、柿本榮三美容室(kakimoto arms)は、バーチャル試着した洋服を実店舗で購入するかを調査する「顧客行動に関する実証実験」を開始する。実証実験は、2014年4月22日〜5月31日の期間、kakimoto armsラゾーナ川崎プラザ店にて美容施術を行う女性を対象に行われる。(2014/4/22)

Googleのストリートビューによる住所特定アルゴリズム、reCAPTCHAの99%を解読
Google Mapsの住所特定に使われているストリートビュー画像の数字読み取りアルゴリズムの精度が上がり、reCAPTCHAの歪んだ数字の99%以上を読み取れるようになった。(2014/4/17)

Webデザイナーにも参加してほしい!:
OWASPを関西にも、カジュアル勉強会「OWASP Kansai」が発足
Webサービスに携わるあらゆる人にセキュリティを啓発したい――セキュリティの研究活動を行うOWASPの支部が関西で発足した。(2014/3/5)

Snapchat、かわいいCAPTCHA代替機能を導入(すぐ破られる)
昨年末に46万人分の電話番号とユーザー名を流出したSnapchatが、セキュリティ強化のために新たな認証機能を追加したが、研究者がすぐにこれを破るコードを公開した。(2014/1/23)

セキュリティ業界、1440度(2):
PacSec 2013 レポート 2日目〜Chromeの守り方、マルウェアの見つけ方
第2回では、セキュリティカンファレンス「PacSec 2013」2日目に行われた2つのセッションレポートをお送りします。(2013/12/24)

古田雄介の死とインターネット 一問一答:
Q. 故人の荒れ果てたブログを何とかしたいんだけど……
最後の日記がスパム書き込みで埋め尽くされた故人のブログをどうにかする手立てはないか。その1点に絞って調査を進めた。(2013/12/10)

Tech TIPS:
パスワードを忘れたWindows OSにログオン(サインイン)する
退社した人のPCや前の管理者が管理していた共有PCなど、パスワードが分からず、仕方なくWindows OSを再インストールする羽目になった、という人も少なからずいることだろう。実は、パスワードが分からなくなっても、ちょっとした操作でパスワードの再設定が可能だ。ただし悪用は厳禁だ。手順や画面をWindows 10をベースに改訂した。(2017/9/13)

Googleが改良型CAPTCHAを発表、正規ユーザーの識別が容易に
人間のユーザーには簡単に解けるCAPTCHAを配信する一方で、自動化されたソフトウェアには解読困難なCAPTCHAを配信して、アクセスを食い止める。(2013/10/28)

Tech TIPS:
ISPや会社のメールアドレスでMicrosoftアカウントを作成する
一般的にMicrosoftアカウントでは、Outlook.comなどのMicrosoftのメールサービスでメールアドレスを取得/作成し、それをアカウントとして利用することが多いだろう。しかし実際にはISPや会社のメールアドレスを使ってMicrosoftアカウントを作成することもできる。その方法は?(2013/7/26)

注目の製品/サービスをざっくりつかむ「10選」
特定分野から注目の製品/サービス10種を紹介する「10選」。各製品の特徴や価格といった情報をコンパクトにまとめた。導入検討の際の参考にしていただきたい。(2013/9/26)

画像認証など認証方法が多様化
ID不正利用を払拭する「ワンタイムパスワード製品」10選
パスワード漏えいによる不正利用をいかに防ぐか。一度限りのパスワードを動的に発行する「ワンタイムパスワード」は、その有力な武器となる。主要な10製品をまとめた。(2013/6/13)

古田雄介の死とインターネット:
尊厳を守って迷惑を防ぐ!――インターネットの遺品整理2013
人が亡くなってもインターネット上にある痕跡や資産、契約などの多くはそのまま残る。どんなものがあって、どう処理すべきか。実例に触れながら残された家族や友人の視点からみていこう。(2013/4/19)

Webアプリへの攻撃を検出するとわざとゆっくりレスポンス:
「攻撃のコストを高くつくものに」、ジュニパーがセキュリティ新製品
ジュニパーネットワークスは4月16日、攻撃者情報データベース「Junos Spotlight Secure」を活用したセキュリティ製品を発表した。(2013/4/17)

古田雄介の死とインターネット:
自分が死んでもあわてない! インターネットの生前準備2013
自分が死んだり身動きがとれなくなったりした時、周囲に不用意な迷惑をかけないように、インターネット上に残るものにも最低限の道筋は付けておきたい。2013年時点で最も現実的な対応策を解説する。(2013/3/1)

古田雄介の死とインターネット:
ユーザーが亡くなったページの権利と責任は誰のもの?――法の観点から見た死とインターネット
インターネット上に浮かぶユーザーの死という事態について、さまざまな現場の現状を探ってきたが、法的にはどんな線が引かれているのか。落合洋司弁護士にうかがった。(2012/12/21)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
「デジタル・フォレンジック」ツールのアラカルト、被疑者が使う手口とは?
サイバー事件の調査で行う「デジタル・フォレンジック」について解説する。今回はツールの種類や被疑者の手口を取り上げよう。(2012/11/30)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――Reader Store
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回はソニーの「Reader Store」を紹介する。(2012/11/14)

Tech TIPS:
Windows 8にDVD再生機能を追加する
Windows 8には、DVDの再生機能が搭載されていない。Windows 8 Media Center Packを追加することで、MPEG2デコーダなどの機能が利用できるようになる。(2012/11/9)

UXClip(7):
プログラムを「どや!」と発表し合う、明治大学アブノーマルプログラミング
「人を驚かせ、笑わせ、楽しませる」というコンセプトに基づき、アブノーマルなプログラミングを発表し合うイベントABProをレポートする。(2012/10/30)

Tech TIPS:
Windows 8で必要となるMicrosoftアカウントを作成する
Microsoftアカウントは、OneDirveやOffice Web Appなどのサービスを利用するために必要となるアカウントである。Windows 8以降のOSでは、Microsoftアカウントをサインインに利用できるほか、Windowsストアからアプリケーションをダウンロードする際などに必須となっている。Microsoftアカウントは、Live.comで作成できる。(2014/9/12)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8」:
MicrosoftアカウントとWindows Storeの基本を理解する
Windows 8 Release To Manufactureがリリースされて、一般販売まで秒読み段階。ここで、Windows 8のアカウント管理とWindows Storeについてまとめておこう。(2012/8/9)

「reCAPTCHA」破りのツール登場、Googleは強化版で対抗
ハッカーグループが発表したツール「Stiltwalker」は、99%の確率でreCAPTCHAを破ることができるとしていた。(2012/6/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。