ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「なぜ進まない? ビッグデータ活用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「なぜ進まない? ビッグデータ活用」に関する情報が集まったページです。

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第4回 テストマーケティングで短期的な成果を作り出す――データドリブンマーケティング導入の決め手
データ活用の取り組みにおいて最も重要なことは「成果を出す」ことである。メンバーのモチベーションを維持し、社内の支援(人的/予算)を受けるためにも、短期的な成果を継続的に出し続けていくことに注力しよう。(2014/9/11)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第3回 一番難しくて大切なのは、データの伝え方――データ活用を現場に浸透させる最も効果的な手法
BIツールを導入した。社内で役割分担も決めた。「さぁ、ビッグデータ活用を始めるぞ」。でも、本当に始められますか? 今回は現場でデータ活用が浸透しない原因とその対策を考えます。(2014/8/11)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第2回 部門横断型ビッグデータ活用チームの作り方――チームに必要なメンバーの4タイプ
ビッグデータ活用に向けた取り組みを始めるには、どのようなメンバーでいかに取り組んでいくかという「取り組み方と役割分担」について、しっかり考える必要がある。今回は、部門を横断したチーム作りのポイントをお伝えする。(2014/7/15)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第1回 現場を知るコンサルタントが伝授する、「データドリブンマーケティング実現のための4つのステップ」
企業のマーケティング現場においてデータ活用は進んでいるのだろうか? 残念ながら答えは否である。本連載では、マーケティングのビッグデータ活用を阻害する要因を浮き彫りにしながら、その現実的な解決策を提示する。(2014/6/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。