ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「所得税」最新記事一覧

マネーの達人:
社長、それでも自分の「給料」上げますか?
業績が好調だと役員報酬も上げたくなります。でも、ちょっと待ってください。給料を上げる前に、2人の経営者の会話を聞いてみましょう。(2016/11/14)

マネーの達人:
年末調整の基本をおさえよう
年末調整とは、主にサラリーマンや会社員に対し、事業主である勤務先が支払った給与やボーナスから源泉徴収された税金を精算する手続きのことを指します。今回は、年末調整の基本をご紹介します。(2016/11/9)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

「Androidより安く売れ」……Apple、iPhoneの販売方法までキャリアに指図!? 「不平等取引」に総務省&公取委が照準
総務省や公取委がiPhoneの販売手法に厳しい目を向ける中、iPhone 7はあえて日本市場に照準を合わせてきた。(2016/9/27)

「ねんれいがあがった! ちからが1さがった!」 ハッシュタグ「中年ドラクエ」が哀愁たっぷりすぎてつらい
ただの現実だこれ。(2016/9/21)

専門家とAIエンジニアの共同開発を促進:
「社会安全に貢献できるAI製品」の創出を支援、「人工知能開発基金」が発足
公益推進協会の人工知能開発基金事務局が「人工知能開発基金」を発足。社会安全に貢献できるAI製品を創出する企業や団体、エンジニアを支援する。(2016/8/19)

銀座で学んだこと:
お金持ちがリスクを冒してでも買う「資産を秘めた種」とは
成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/8/16)

PR:東京から電車で約1時間――「ふるさと納税」にオススメしたい小田原市の魅力とは?
使い道を指定したうえで、好きなタイミングで任意の自治体に寄附できる「ふるさと納税」。今回はiPad mini+独自アプリを入手できる小田原市にスポットを当てたい。小田原といえば小田原城やかまぼこがおなじみだが、他にも知られざる魅力があるのだ。(2016/6/30)

千葉・大多喜町がふるさと納税の返礼「ふるさと感謝券」を突如中止に その理由は?
千葉県大多喜町が、「ふるさと納税」の返礼品から、商品券の「ふるさと感謝券」を5月いっぱいで除外した。そのワケは!?(2016/6/13)

約18億円の寄付集まるも:
千葉・大多喜町がふるさと納税の返礼を突如中止にした理由
千葉県大多喜町が、ふるさと納税の返礼品から、商品券の「ふるさと感謝券」を5月末で除外した。感謝券は、平成27年度に約18億円もの寄付を集める要因になった目玉の返礼品で、観光客誘致や地元経済活性化に期待が高まっていたのだが……。(2016/6/13)

マネーの達人:
義援金には「寄付金控除」が適用されます
被災地に義援金を寄付した際にも、所得税や住民税が軽減されるのをご存じですか? 今回は、寄付金控除の対象となる募金の仕方を紹介します。(2016/5/2)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの私からお金のアドバイス
本コラムでは、新社会人の皆さんに向けて、マネーや資産運用、ライフプランなどについてアドバイスさせていただきます。(2016/4/26)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第1回】
電子帳簿保存法改正、スキャナー保存できる文書とは?
2015年の税制改正で電子帳簿保存法におけるスキャナー保存制度の要件が緩和され、2016年1月1日に新基準の運用が始まった。連載第1回では、この法改正で何がどのように変わったのかを詳しく解説する。(2016/3/22)

人工知能は本当に仕事を奪うのか:
“10年後になくなる職業”税理士に聞く 生き残るための生存戦略
人工知能の進化によって「10年後になくなる職業」とささやかれる会計士や税理士。コンピュータが得意な領域とされる仕事は今後本当に奪われるのだろうか。現場の税理士に今の潮流とこれからを聞く。(2016/3/9)

確定申告失敗談 うっかりミスで出し忘れ……提出期限を過ぎたら悲惨だった
年度末の忙しさに押されて後回しになってしまいがちな確定申告。期限を過ぎると、こんな悲惨な結末に……。(2016/3/8)

確定申告に便乗、なりすましメールに注意
大半は英語メールだが、国内でも3件の攻撃が確認されている。(2016/2/18)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

本当に“使える”会計ソフトを探せ:
確定申告、クラウド移行すべき? 「やよいの青色申告」ならインストール版でも十分戦えます
「やよいの青色申告」を長くインストール型を活用してきたこその悩み、「結局、クラウドに乗りかえるべきなの?」――最新機能を比較しながら、その迷いに答えます。(2016/2/9)

トクする申告書の書き方:
会社員でサイドビジネスがある人は――20万円までなら申告不要
会社員で、サイドビジネスの所得が20万円以下なら申告は不要です。(2016/2/2)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
副業で旅行コラムを執筆 ガソリン代や交通費は経費にできる?
副業で執筆した旅行コラム。確定申告の際にガソリン代や交通費を経費として申告したら控除されるの? ――「どこまで」「どうやって」をアドバイスします。(2016/1/28)

トクする申告書の書き方:
FX取引でもうけたら――確定申告が必要です
FX取引の損益に対する課税は、他の所得とは分離して課税されます。年末調整を受けた会社員で、給与以外の所得がFX取引によるものだけという場合には、年間20万円以下の利益であれば所得税の申告義務はありません。(2016/1/26)

トクする申告書の書き方:
年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。(2016/1/19)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
マイナンバー収集「先送り」「様子見」のワナ
通知カードの配達遅れを受けて、一部で「様子見」傾向が出てきているというマイナンバー対策。収集や管理について「ここで気を緩めてはいけない理由」を確認しよう。(2016/1/13)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
NISAはお勧めできない? 意外と知らないNISAの落し穴
2016年1月からNISA口座の預け入れ限度額が120万に増え、ジュニアNISAもスタートして話題になっているNISA。そんなNISA口座のデメリットとは……?(2016/1/8)

確定申告の基礎知識:
「白色申告」のポイントをあらためておさらい 必要な記帳内容は? 青色申告との違いは?
フリーランスや個人事業主にとって必要な記帳内容は? 帳簿はいつまで保管するもの? 青色申告との違いは? ――「白色申告」の基礎知識をおさらいしておきましょう。(2016/1/7)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
少しでも節税したい……パート勤めをしつつ専従者給与を受け取るには?
ちょっとしたところで迷ってしまう税のあれこれ。身近な質問に現役税理士が答えます。(2015/12/22)

会計・経理の基礎知識:
「扶養家族」って誰のこと? 税法上の特典は? 知っておくべき「扶養」の定義
税法や健康保険法で使われる「扶養家族」という言葉。範囲は一体どこまで……? 知っておくべき基礎知識をおさらいします。(2015/12/16)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
IT部門が知っておきたい、10月の「マイナンバー制度変更」のポイント
この10月、はやくも幾つかの改正が発表されたマイナンバー制度。実はこれ、企業の負担を軽くしてくれるものなのです。何がどう変わるのか、さっそくチェックしてみましょう。(2015/12/16)

確定申告の基礎知識:
正しい申告でしっかり節税 青色申告特別控除を活用しよう
「青色申告」の大きなメリット所得控除。手続きや制度を学んで積極活用すれば、かなりの節税につながります。(2015/12/9)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
2社から給与をもらっている場合はどうすべき?
ちょっとしたところで迷ってしまう税のあれこれ。身近な質問に現役税理士が答えます。(2015/12/7)

スピン経済の歩き方:
CIAの“サボりマニュアル”は、なぜ「日本企業あるある」なのか
CIAの前身組織が作成した「敵組織の生産性を低下させる工作マニュアル」が話題になっている。「日本企業の姿をうまく表現している」といった声が多いが、企業だけでなく日本の問題点を的確に指摘しているのではないだろうか。(2015/12/1)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
副業禁止の会社でバレずにアルバイト……できる?
ちょっとしたところで迷ってしまう税のあれこれ。身近な質問に現役税理士が答えます。(2015/12/1)

高性能で安全なITインフラを手に入れるチャンスはいま:
PR:マイナンバー対応に適したサーバーの要件とは――最新の「HP ProLiantサーバー Gen9」が対応を強力支援
2016年1月に施行される「マイナンバー制度」は、企業にとっては負担にはなるものの、システムの更新や改善のよい機会でもある。とはいえ、どこから手を付けてよいか悩んでいる企業も多いだろう。そこで、既存システムとは切り離したシステムを新たに構築し、そこでマイナンバーを管理するというアプローチを検討してはどうだろうか。(2015/12/10)

特別企画:いまから確実にマイナンバーに対応する方法(前編):
PR:マイナンバー対応が難しい理由と、その壁を突破する5つの道具
2015年9月、改正マイナンバー法が成立し、全国の企業、地方自治体で対応に向けた動きが本格化している。多くの組織が直面している課題は、いかにして短い期間で必要な安全管理措置を把握し、的確に実装するかということだ。そのポイントと、効果的に作業を進めるうえで有効なツールおよび活用例を日本オラクルのスペシャリストらに聞いた。[セキュリティ対策][Database Security](2015/10/16)

PR:人気のiPadもゲットできる――「ふるさと納税」って知っている?
「お世話になった土地に恩返ししたい」「生まれ故郷の力になりたい」といった思いを、寄付という形でかなえられる「ふるさと納税」をご存じだろうか? 納税をすることで人気のiPadを入手することもできるのだ。その中身を見ていこう。(2015/10/14)

あなたの会社は? トヨタが踏み切る「配偶者手当の廃止・子ども手当4倍」
トヨタ自動車が配偶者手当を廃止し、子ども手当を4倍に引き上げることで労組と大筋合意したという。(2015/9/9)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第7回 従業員以外で必要となるマイナンバーを把握する
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。7回目は、従業員以外に誰のマイナンバーを取り扱うかを整理する。(2015/9/9)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第6回 今年と来年の「年末調整」をどうするか
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。6回目は「源泉徴収税(年末調整)業務」が、今年(2015年)と来年(2016年)でどう変わるか、何を留意するかを解説する。(2015/8/26)

小遣い程度の稼ぎのつもりが…:
「社員の副業」が招くトラブル予防法
副業に対する企業の考え方も従来とは変わり、「一律禁止」から「緩やかに許可」するケースも増えています。しかし、行き過ぎた副業はトラブルになることも……。企業はどう対処すればよいのか、事例に学びます。(2015/8/24)

本人確認を効率化 マイナンバー収集の新サービス、A-SaaSが開始
「A-SaaS」を展開するアカウンティング・サース・ジャパンが、マイナンバー対応の追加サービス「マイナドライブ」を開始する。収集時の本人確認書類を画像データとしてクラウド上へ一元保存し、本人確認の手間とリスクを軽減する。(2015/8/13)

「楽天ふるさと納税」オープン 寄付額に応じてスーパーポイント付与
「楽天ふるさと納税」がオープン。楽天市場で買い物するのと同じ流れで17市町に寄付でき、額に応じて楽天スーパーポイントが付与される。(2015/7/31)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第5回 見落としがちな「マイナンバー記載時期」と「例外・注意点」
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託を考慮した対策」が必要。5回目は「税務関係番号記載への記載時期」と「例外や注意点」、中小企業や税理士に向けたサービス選定のポイントを解説する。(2015/7/29)

マイナンバー対応「“持たず”にBPOで」続々 日立がワンストップ型サービス
マイナンバー制度開始までもう約半年。これから対応する事業者の現実解の1つは「アウトソース(BPO)」サービス。同等のサービスが矢継ぎ早に登場しているが、日立もグループの安心感とノウハウを結集したBPOサービスを開始する。(2015/7/6)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第2回 マイナンバー対応、税理士業務の現状と課題を知る
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその委託先──例えば税理士の業務にも深く関係する。中小企業のマイナンバー対応は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。2回目は、税理士が企業に対してどう考えているかを説明する。(2015/6/17)

マイナンバー対応を「税理士起点」に “持たずに済む”新サービス
アカウンティング・サース・ジャパンが、税理士と中小企業のための基本無料のマイナンバー管理サービス「マイナセキュリティ」を8月に開始。中小企業のマイナンバー対応は「税理士を起点に」がキモという。(2015/6/16)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第1回 「マイナンバーと税理士」の密接な関係
マイナンバー制度は全ての企業で、さらにその委託先、例えば税理士の業務も考慮して対応しなければならない。中小企業はもともと、税務を税理士に委託している実情があるからだ。「税理士への委託」を考慮した実践的な対策方法をできるだけ分かりやすく解説していく。(2015/6/10)

眼鏡づくしの2日間 鯖江市ふるさと納税が眼鏡フェチ興奮の内容だった
眼鏡の聖地を応援しよう!(2015/4/23)

マネーの達人:
住宅ローン超低金利だからこそ注意したい3つのポイント
昨今における超低金利時代――すまい給付金制度などの後押しもあり、住宅を手に入れようとする人も少なくないと思います。今回は、超低金利だからこそ注意したい3つのポイントを見ていきます。(2015/3/19)

すべての民間企業、団体が対象:
想定業務と情報漏えいのリスクから考える、中小企業の「マイナンバー対策」
企業のマイナンバー対応が急がれる。中でも遅れがちな中小企業はどうするか。マイナンバーの第一人者 富士通総研経済研究所の榎並氏とデジタルアーツが、想定業務と情報漏えいのリスクから考える、中小企業のマイナンバー対策案を説明した。(2015/3/17)

DMMふるさと納税 17日間で寄附金5300万円突破
これがDMMの重課金ユーザー数……か?(2015/3/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。