ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Indiegogo」最新記事一覧

体温が高いと有利かも!?:
体温で発電! 米国製スマートウォッチが日本に上陸
米国の新興企業MATRIX Industriesが2018年4月12日に日本で発売したスマートウォッチ。何がすごいって、「自分の体温で発電しちゃう」のだ。(2018/4/12)

Bluetoothでスマホに繋ぐ通話専用バナナ型受話器「Banana Phone」
クラウドファンディングサイト「Kibidango」で、通話専用のバナナ型受話器「Banana Phone」の支援受付がスタート。スマートフォンとBluetoothで繋がるシンプルな設計で、10時間連続通話ができる内蔵型バッテリーを搭載している。(2018/2/6)

光で絵が描けるバトン「Magilight」がクラウドファンディングで人気 長時間露光で撮れば幻想的な写真に
画像データを入れて、振って撮ると光の軌跡が絵に。(2018/1/25)

歩くと後ろをついてくる“自走式”スーツケース、日本上陸 来年発売
米ロボットメーカーのTravelmate Roboticsが“自走する”スーツケースを日本でも発売する。スマホアプリと連動し、ユーザーが歩くと後ろをついてくる。(2017/12/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
まだ終わらない? Windows 10 Mobileスマホにまさかの新機種
Windows 10 Mobileはメンテナンスフェーズに入ったと言えるが、2017年末商戦向けに同OS搭載のスマートフォン新機種を投入するメーカーが出てきた。(2017/11/25)

BOSE、雑音を打ち消し安眠を助けるイヤフォンを開発 目標額の約9倍に及ぶ5000万円を調達し製品化決定
クラウドファンディングの達成率、なんと890%。(2017/11/17)

クラウドファンディングの「Indiegogo」、支援者への月次報告を義務付け
クラウドファンディングのIndiegogoが、キャンペーン企画者にページでのステージ(コンセプトのみ〜出荷可能)表示と支援者への最低月1回の進捗報告を義務付けた。(2017/9/8)

ITはみ出しコラム:
米国の白人至上主義サイト、締め出した側と受け入れた側の言い分
米バージニア州で極右団体とその反対派が衝突して死傷者が出たことを受け、白人至上主義サイトやそれに関連する差別的発言をネットから締め出す動きが出てきました。(2017/8/20)

スマホと連携して遊べるBluetoothハンドスピナーがクラウドファンディングに登場 SNSへのシェア機能も
遠く離れた相手とテクニック対決が可能、目標金額2万ドル(2017/6/28)

俳優の声をそのまま吹き替え音声に リアルタイムの翻訳&音声再生技術「BabelOn」が開発に向け支援を募集中
音声のデータ収集と分析・機械学習による音声合成技術です。(2017/6/26)

ゴリラの支援に1本いかが? 通話できておいしそうな「バナナ電話」がクラウドファンディングに登場
マウンテンゴリラ保護活動への支援にもなるバナナプロジェクト。(2017/5/13)

超小型PC「GPD Pocket」の最終製品実機を見てきた 出資目標額のスピード達成は「想定内」 技適は「確認する」
(2017/5/12)

冷蔵庫内蔵テーブルがクラウドファンディングで大人気 充電ポートやスピーカーも搭載、ものぐさが加速しそう
既に目標額の20倍となる100万ドル以上の資金を集めています。(2017/4/28)

“旅客機から乗客を強引に引きずり下ろすVRゲーム”開発始動 ユナイテッド航空への痛烈な皮肉
クラウドファンディングで開発資金を募集。その結果いかんで、支援額は航空会社の乗客を保護する消費者団体へ寄付されます。(2017/4/17)

スポーツ向けウェアラブルセンサー「CALM.」登場 心肺の動きを監視し過剰な負荷を警告
睡眠の質の向上や、心身のリラックスに役立てられる機能も。(2017/4/16)

スマホから遠隔操作できるスマートボール登場 外出中もペットを遊ばせてはしゃぎっぷりを見られるぞ
ペットの首に付けて運動量を把握できるモーションセンサーも付属。(2017/4/11)

Nintendo Switchが10時間以上稼働、大容量の専用バッテリー「SwitchCharge」クラウドファンディング中
電池の消費が激しいゲームのために開発。(2017/4/7)

ポータブルなわんこお風呂マシンがすごい 水分吸引機能付きシャワーでどこでもお風呂
便利そう。(2017/3/31)

レゴがはまる凸型付きテープがクラウドファンディングで大人気 壁や机をブロックで飾れるぞ
レゴクラスタ騒然の予感。(2017/3/17)

子どもにも本気のプログラミングにも! ラズパイを使ったロボットアーム自作キットが予約受付中
GitHub上に各種コードが公開されているので、上級者でも楽しめそう。(2017/3/10)

レトロゲーム&お尻好きは集まれ〜! セクシーなドット絵風下着がヴィレヴァンに登場
両方嫌いな人なんているわけない、たぶん。(2017/3/6)

ITはみ出しコラム:
小さくてキーボードが付いたモノは好きですか?
スマートフォンやタブレットが普及しても、小型のキーボード付きデバイスが好きな方は実は多いと思います。(2017/2/26)

7型のポケットサイズPC「GPD Pocket」 出資スタートからわずか7時間で目標金額に到達(追記あり)
(2017/2/15)

片手逆立ちポーズもしっかりキープ! 磁石仕込みのデッサン人形「Styckybones」が絵描きクラスタ必見の安定感
特殊なボールジョイントと手足の磁石で、ダイナミックなポーズを保持。(2017/2/14)

指示通り動く家庭用ロボットアームがクラウドファンディングで人気 目標額の約30倍となる3億円以上の出資集まる
最大500グラムの物を自由に持ち上げ。モジュールの交換でレーザー彫刻など多彩な仕事を果たします。(2017/2/13)

1000人以上の声が生み出した理想のノートPC「Eve V」
(2017/1/10)

充電不要、人間の「体温」で充電するスマートウォッチが登場――秘密はNASAも活用する「ある効果」
(2017/1/3)

握るだけで身体の状態を読み取る!? ボール型ヘルストラッカー「One X」とは
(2016/12/21)

「万人に効く睡眠の特効薬」はあるか? 人工知能マットレス「MOORING」ができるまで
(2016/12/16)

シカになってシカとたわむれるだけの謎ゲー、今になって突然リメイク企画が始動
オリジナル版は2005年に無料公開されたPCゲーム。(2016/11/15)

なんと、Windows/Androidのデュアルブート仕様:
重量200グラムの超ミニPC「GOLE1」、ヴェルテが販売──1万3800円から
ヴェルテは、ポケットサイズのミニPC「GOLE1」の取り扱いを始めた。完全予約販売で、価格は1万8800円から。出荷開始は2016年11月を予定する。(2016/9/12)

1本あるとお絵描きがむっちゃ捗りそう! スキャンした物体と同じ色が使える「Cronzy Pen」
対応色は1600万以上。(2016/9/6)

ボタンを押して3秒で通報 非常時のための“隠しボタン”が付いた指輪が安心できそう
位置情報も知らせることができます。(2016/8/20)

空港でも旅先でも移動がスイスイ! 乗れる「電動スーツケース」がクラウドファンディングに登場
この発想はあった……!(欲しい)(2016/7/31)

簡単操作の超小型ドローン「JETJAT ULTRA」 クラウドファンディングで資金調達中
老若男女あらゆる人にドローンを!(2016/6/30)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
「Atom」開発中止、デスクトップアプリも動く「Windows 10スマホ」の夢は消えるのか?
Intelのモバイル向けプロセッサ「Atom」が開発中止になると報じられた。多数のWindowsタブレットに採用されてきただけに、その影響は大きい。そして「フル機能のWindows 10搭載スマホ」の夢は消えるのだろうか。(2016/6/29)

小熊を助けるためのクラウドファンディング 違法取引されたところを保護、「彼女に新しい家を」
モーターサイクルクラブが飼い主に説得、保護センターまで届けました。(2016/6/23)

よっ、待ってました!  好きなゲーム、映像をこっそり楽しめるアダルトコンテンツ向けVRヘッドセット
長時間でも疲れにくい安心設計。(2016/6/23)

鱗みたいでかっこいい……! ハニカム構造で強度を高めたコンドームが発表
六角形が350個!(2016/6/16)

近未来の健康ガジェット:
ノイズキャンセルでいびきの音を軽減するスマートパッチ「SILENT PARTNER」
本人は寝ているので気が付かないいびきの影響。「SILENT PARTNER」は、そんないびきの音を、ノイズキャンセリングと同じ技術で小さくすることができます。(2016/6/12)

超小型Windows 10ノート「GPD WIN」日本上陸 ゲームパッド搭載、「3DS LL」と同等サイズ
ゲームパッドを備えた5.5インチのクラムシェル型Windows 10ノート「GPD WIN」が国内発売へ。「ニンテンドー 3DS LL」とほぼ同じサイズの超小型PCだ。(2016/6/3)

国産スタートアップに海外クラウドファンディングのチャンスを 「DMM Starter」始動
DMM.comが国内のスタートアップ企業向けに米国のクラウドファンディングサービスへのプロジェクト申請を支援する「DMM Starter」を発表した。(2016/6/1)

ドラえもんのヒミツ道具みたい? 外国語をリアルタイムに翻訳するイヤフォン「Pilot」登場
“言葉の壁”がなくなる、新たな一歩かもしれません。(2016/5/31)

“日本製”の海外進出を資金面からも支援「DMM Starter」開始
DMM.comがAWESOME JAPANと提携、海外クラウドファンディング申請支援「DMM Starter」を開始する。モノづくり施設のDMM.makeなどとも連携し“日本発”製品の海外進出を資金面も含めて包括的にサポートする。(2016/5/9)

R25スマホ情報局:
「植物でスマホを充電するグッズ」資金募集中
クラウドファンディングサイトに「植物から充電できる」とうたう商品が出現。(2016/4/29)

R25スマホ情報局:
電気ショックで目を覚ますリストバンド
ユーザーに電気ショックを与えるウェアラブルデバイスがクラウドファンディングで出資募集中。(2016/4/28)

拡張性無限大! 段ボールの組立て型猫ハウス「Box Kitty」がクラウドファンディング中
猫ハウスを超えて猫キャッスルまで建築できちゃう!(2016/4/26)

まるで“魔法のグローブ”? 指先だけでカメラを遠隔操作「BEARTEK」
親指と他の指先を触れ合わせると、GoProカメラを遠隔操作できる――そんなグローブ「BEARTEK」が登場。(2016/4/20)

伝説の名機「コモドール64」を最新技術で再現 「The 64」が商品化に向けてクラウドファンディング開始
HDMIやUSB端子を搭載するほか、ハンドヘルド版も用意(2016/4/19)

空気から水を集めてためる水筒、クラウドファンディングで資金調達を1時間でクリア
時と場合によっては命綱になりそう!(2016/4/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。