ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Informatica」最新記事一覧

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(2):
「PoC」の進め方──メンバー選定、環境構築、データ収集と活用、評価まで
本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から具体的に理解し、実践していくためのナレッジアーカイブです。今回は、導入前検証である「PoCの進め方」全8工程を解説します。(2016/10/21)

製造ITニュース:
「波形特徴量抽出エンジン」で予防保全を可能に、アクセンチュアが分析事業に注力
アクセンチュアは、「波形特徴量抽出エンジン」「アクセンチュア インサイト プラットフォーム(AIP)」「分析BPOサービス」をはじめとする分析サービスに注力している。波形特徴量抽出エンジンを使えば、これまで人手で数カ月かかっていた時系列データの特徴量抽出を数時間で完了させられるという。(2016/10/18)

製造IT導入事例:
大手情報機器メーカーがマスターデータ管理ソリューションを導入
インフォマティカ・ジャパンと東洋ビジネスエンジニアリングは、コニカミノルタが、インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)ソリューション「Informatica MDM」を導入したと発表した。(2016/4/4)

米国に続く海外展開:
VAIOがブラジルで販売開始――Fit 15E/Pro 13G/Zを投入
現地PCベンダーに委託し、3シリーズを順次発売する。(2015/10/16)

120種類以上のデータ接続形式に対応:
インフォマティカ・ジャパン、クラウド〜オンプレミス間でのデータ統合ソリューションをリリース
インフォマティカ・ジャパンは2015年9月9日、クラウドやオンプレミスの環境上に分散したデータを統合するためのソリューション「Informatica Cloud Data Integration」の日本国内での提供開始を発表した。(2015/9/11)

目指すはロボット製造のVAIO?:
「2017年度にPCと新事業の収益を1:1へ」――大田新社長が語るVAIOのこれから
発足から1年を迎えたVAIO新会社は、PCの販売も新規事業も強化する。6月に就任したばかりの大田新社長は、都内で記者会見を行い、今後の事業方針について語った。(2015/8/20)

「VAIO」海外進出 米国とブラジルに参入
VAIOが海外市場に進出。第1弾として米国とブラジルでVAIOブランドのPCを展開する。(2015/8/19)

ブラジルでは現地生産モデルも:
VAIO、米国市場でVAIO Z Canvasを10月5日から発売
米国における実売予想価格は2199ドルから。ブラジル市場にも進出して現地パートナー企業にVAIOブランドのPC製造も委託する。(2015/8/19)

ライオンとリコーが伝授、ビジネスを変えるデータ基盤の作り方
データのビジネスへの活用が叫ばれて久しいが、効果をあげられている企業はまだまだ少ないのが現状だ。ITmedia エンタープライズ編集部が主催する「データマネジメントセミナー」では、ライオンとリコーの企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/6/22)

データ連携がわずか数クリックで実現:
セールスフォース、データソース統合ソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表
米セールスフォース・ドットコムは11月13日、レガシーの業務システムに格納されているデータをSalesforceに統合するためのソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表した。(2014/11/18)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?
クラウドが発展を続ける中で、CIOはクラウドベース製品とオンプレミスシステムとの親和性に目を向ける必要がある。(2014/5/15)

想定すらしていなかったビジネスの仮説や気づきを発見できる!:
PR:マーケターのひらめきをデータで加速するQlikViewの真価
クリックテック・ジャパンが提供するBusiness Discoveryプラットフォーム「QlikView」が実現するのは独自の「連想アーキテクチャ」による高速/柔軟なデータ分析。この斬新な分析の仕組みがマーケターにどのような変化をもたらすのか。クリックテック・ジャパン マーケティング本部 本部長 安部知雄氏が語る。(2014/4/1)

B-EN-Gとインフォマティカ、ERPデータの活用支援で連携
基幹システムの情報活用で課題となるマスターデータの管理ソリューションを提供する。(2013/11/1)

IT担当者はインフラに時間を使うべきではない
大企業もクラウド導入は当たり前──IT担当者がやるべき次の仕事は?
導入自体ではなく、最適な活用方法が検討されるようになってきたクラウド。しかし、クラウドに移行することでIT部門は統制力を失うことになるのだろうか? IT担当者は次に何をするべきなのか?(2013/6/17)

ビッグデータ時代のデータ連携基盤を目指す、Informaticaが新施策を発表
米Informaticaが、ビッグデータ活用での円滑なデータ連携を実現するとした新ブランド「Vibe」や新製品などを発表した。(2013/6/5)

Databaseテクノロジレポート:
IBMのCTO自らが語る「データ活用時代に必要なDBアーキテクチャ」とは?
生活の半分は技術ディスカッション、残りはラボ。IBMの技術フェローがデザインした「データ活用時代」のDBアーキテクチャと技術を深掘りしてみた。(2013/4/26)

Amazon Redshiftが正式公開に
AWSのクラウド型データウェアハウスサービス「Amazon Redshift」がいよいよ正式公開となる。今後数カ月以内に各リージョンでの利用が可能になるという。(2013/2/18)

Informatica World Tourレポート:
PR:情報活用の先駆者に学ぶ、競争優位に立つデータ基盤とは?
インフォマティカ・ジャパンは10月31日、“Return on Data”をテーマに、データの真の価値を引き出すためのデータマネジメントにスポットを当てたセミナーを開催した。同セミナーでは、楽天やNECが取り組むデータ活用施策に加え、企業のデータ活用支援ツールである同日発表された「Informatica 9.5」の特徴などが紹介された。(2012/11/26)

ビッグデータの取り込みや分析も可能に、インフォマティカが基盤製品群を刷新
インフォマティカは、データのETLや統合、分析、管理のための基盤製品群の最新版「Informatica 9.5」を発表した。(2012/10/31)

Maker's Voice:
データ統合化のボトルネックは「合意形成」 組織の壁をどう越えるか
データ活用の重要性が叫ばれる中、さまざまな組織に分散するデータの整理・統合がなかなか進まないというケースが少なくない。Informatica バイスプレジデントのジョン・シュミット氏は、「ICC」というコンセプトの導入を推奨する(2012/9/21)

元大成建設CIOとデータ管理ソリューションベンダーが対談
日本企業が「データ管理」を成功させるためのCIOの役割とは
グローバル進出、ビッグデータ活用といった昨今の潮流を受けて、再びデータ管理の重要性が叫ばれている。ユーザー企業とベンダー、それぞれの識者が、データ管理の本来の意味と成功の秘訣を語った。(2012/8/30)

エネルギー技術:
欧州の7団体、水素貯蔵システムの構築プロジェクトに着手
欧州の7つの団体が、水素貯蔵技術を使ったエネルギー貯蔵施設を建設すべく、コンソーシアムを立ち上げた。再生可能エネルギー利用の促進を目指す。(2012/7/25)

システム構築でのデータ移行を支援、NECとインフォマティカ
データ移行ツールを期間限定ライセンスで利用することで、データ移行に伴う作業負荷やコストを軽減できるとしている。(2012/7/24)

“ビッグデータ”が経営を変える:
金融業界が抱える5つの課題
ビッグデータへの対応を含め、金融業界では新たなデータマネジメント手法の確立が喫緊の課題となっているという。(2012/3/27)

売り上げ増加につながるマスターデータ活用とは?
ビッグデータの収集・解析が注目を集めているが、今ある顧客データや在庫データなどをいかに活用するかという視点も重要だ。マスターデータを効率良く管理し、収益向上につなげるためにはどうすればいいか。インフォマティカの吉田社長に聞く。(2012/3/12)

ビッグデータ時代にも変わらないマスターデータ管理の大切さ
クラウドがコンピューティングのあり方をがらりと変えていくのは間違いないが、データマネジメントの大切さは変わらない。膨大なデータの山に埋もれてしまう前に、ぜひ第一歩としてマスターデータを整備しておきたいところだ。(2012/3/7)

MDMのリーディングベンダーが提言
ビッグデータ時代に再考する「マスターデータマネジメント」
「企業におけるデータ活用」が議論されるたびに重要性が叫ばれ続けてきたマスターデータマネジメント(MDM)。MDMのエキスパートに、ビッグデータ時代のデータマネジメントを聞いた。(2012/3/26)

強固で戦略的なデータマネジメントが求められる背景
ビッグデータ時代に金融業界が直面する5つの課題
他業界以上に強固なデータ管理体制が必要な金融業界。世界に目を向けると、これまでとは異なる課題に金融企業が直面しているという。データマネジメントのエキスパートに、その背景を聞いた。(2012/2/29)

イベントリポート:コンカー クラウド フォーラム 2012
「もう紙は要らない」――導入企業が語る経費管理クラウド「Concur」の利用実態
経費管理のクラウド化を実現した企業はどのようなメリットを感じているのか。イベントで語られた「Concur」の利用実態から、クラウドを使った業務アプリケーションの未来を考える。(2012/2/21)

インフォマティカ、マスターデータ管理ソフト「Informatica MDM」を発売
「Informatica MDM」を利用すれば、顧客データや商品データなど、複数の業務システムに分散したデータを統合的に管理できる。(2011/11/15)

Maker's Voice:
「低遅延処理システム実現のカギはミドルウェア」――Informatica
証券取引システムには限りなく“ゼロ”遅延の処理が求められる。物理的な解決策がほぼ取り入れられ、時間の遅延をさらに短縮するにはミドルウェアの活用が重要だという。(2011/9/15)

トライアルカンパニー、新基幹システムの構築にデータ連携ツールを活用
流通企業のトライアルカンパニーは、新基幹システムと複数の旧システムとのデータ連携を容易にするためにインフォマティカの「PowerCenter」を活用している。(2011/8/4)

一筋縄ではいかないMDM、先ずはデータの信頼性から
顧客や製品といった、いわゆる「マスターデータ」と呼ばれるビジネスの基本単位をどのように統一的に把握すべきか。MDMは一筋縄ではいかない大きな課題だが、先ずはデータの信頼性から始めることを専門家は勧める。(2011/8/2)

東芝ソリューションとインフォマティカ、低遅延の証券売買システムを提供へ
東芝ソリューションとインフォマティカは、証券売買に伴うシステムの遅延を大幅に改善したソリューションを共同展開する。(2011/4/26)

NEWS
半数以上の医療機関・企業で患者情報が保護されていない――米調査結果
米国の調査会社Ponemon Instituteの調査によると、多くの医療機関や企業において、患者の医療記録が情報漏えいや紛失から適切に保護されていないという実態が明らかになったという。(2011/2/16)

企業のデータ活用を支援する体制に、インフォマティカの新戦略
インフォマティカが2011年の事業戦略を発表し、製品・顧客・販売における取り組みを説明した。(2010/12/9)

Informatica World 2010 Report:
「データ統合」は日本企業が復活を遂げる手段
企業内に散在するデータを統合してビジネスにつなげるという取り組みについて、日本企業は米国企業よりも数年の後れを取っていると言われる。米Infomaticaでアジア太平洋・日本地域を統括するソーウェデン上級副社長に展望を聞いた。(2010/11/5)

Informatica World 2010 Report:
ISVが生き残る道は「中立性」――InformaticaのCEO
データ統合ソリューリョンを専業とするInformaticaは、この分野では数少ない独立系ソフトウェアベンダーとなった。大手ベンダーとの競争をどう勝ち抜いていくかについて、ソヘイブ・アバシ会長兼CEOが言及した。(2010/11/5)

Informatica World 2010 Report:
米政府の元テロ対策担当者が語るサイバーセキュリティ動向
Informaticaの年次カンファレンスの特別講演には、サイバーセキュリティ専門家リチャード・クラーク氏が登壇した。企業のデータがどのようなリスクに晒されているのかについて興味深い解説をしている。(2010/11/4)

Informatica World 2010 Report:
“Beyond Boundaries” ビジネスの限界を突破する「データ中心型企業」の実現
米Informaticaが年次カンファレンス「Informatica World 2010」を開催した。企業が景気後退の波から脱出を図るにはデータ中心型のビジネスモデルが不可欠であるとし、その実現に向けた同社のビジョンを発表した。(2010/11/4)

データアナリストとIT部門の容易な連携を実現:
データ仮想化で分析の幅が広がったBI〜Informatica 9
(2010/10/13)

ビジネスのためのデータ活用を実現する基盤 インフォマティカが最新版を発表
インフォマティカは、業務部門とIT部門がビジネスに必要なデータ活用の仕組みを構築するための機能を取り入れたプラットフォーム製品を発表した。(2010/10/13)

「Informatica 9」登場へ
仮想化技術が促すマスターデータ管理のパラダイムシフト
重要性は多くの企業で認められながらも利用がそれほど広がっていないマスターデータ管理(MDM)。複雑性や高コストなどMDMの課題を解決するソリューションが登場した。鍵は仮想化技術だ。(2010/9/21)

データ統合で攻めのIT投資へ
“開発”の呪縛から抜け出し、新機軸を打ち出すBI戦略
ユーザーの要求へ柔軟・迅速に応え切れていない現状のビジネスインテリジェンス。その根本問題をブレークスルーする新機軸をインフォマティカが打ち出そうとしている。(2010/7/28)

オープンソースBI大手のJaspersoft、日本でのビジネスを本格展開
米Jaspersoftは、海外製ソフトウェアの日本での紹介に強みを持つワークブレイン・ジャパンと提携し、日本でのビジネスを開始した。(2010/1/26)

Executive Voice:
クラウドで情シスの役割は変わる――InformaticaのヤングCIO
InformaticaのCIO、ヤング氏にクラウドコンピューティング時代の情報システムの役割を聞いた。(2009/12/9)

富士通とデータクレンジング機能を共同開発:
インフォマティカ、データ品質管理ソフトの新版発表
(2009/9/17)

インフォマティカ、データ品質管理ツールの新版を発表
インフォマティカ・ジャパンは、データ品質管理ソフトウェアの新版の出荷を同日から開始したと発表した。(2009/9/17)

[Analysis]:
BIの限界と未来
(2009/6/15)

2009年下半期の新戦略:
全方位外交でデータ統合を推進、インフォマティカ
(2009/5/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。