ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「射出成形機」最新記事一覧

日精樹脂工業 NEX-IVシリーズ:
型開閉サイクル時間が従来比で最大20%短縮した電気式射出成形機
日精樹脂工業は、電気式射出成形機「NEX」シリーズの新機種「NEX-IV」シリーズを開発し、2016年5月に中型クラス4機種の受注を開始すると発表した。(2016/5/30)

FAニュース:
型開閉サイクル時間が従来比5〜20%短縮した電気式射出成形機を発売
日精樹脂工業は、電気式射出成形機「NEX」シリーズの新機種「NEX-IV」シリーズを発表。型開閉サイクル時間が従来機比で5〜20%短縮し、標準装備のリニアガイドで型締直進精度が向上するなど、より速く精密な成形が可能になった。(2016/5/19)

「つながる工場」へ:
PR:射出成形機にもオープンアーキテクチャ採用の波、工場に柔軟性をもたらすPC制御技術
射出成形機専門メーカーである三菱重工プラスチックテクノロジーは、次世代射出成形機の開発に当たりオープンアーキテクチャ採用へと大きく舵を切った。工場用機械として、柔軟性と品質のバランスが求められる中、同社はどういうことを考え、決断を下したのだろうか。(2016/2/22)

3D Printing 2016:
新素材とUVプリントで広がる3Dプリンタの可能性
ローランド ディー.ジー.は「3D Printing 2016」に出展。monoFabシリーズをはじめとする3D造形機とUVプリンタに関する展示デモを行った。(2016/1/29)

FAニュース:
ACサーボドライブに用途最適機能を搭載したFT仕様3種を追加
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに、切削・切断、プレス、射出、搬送などの用途に対応したFT21/FT40/FT77仕様を追加した。(2015/12/15)

SCF2015:
用途に合わせて製造現場を支えるサーボモーター――安川電機
安川電機は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において「BEST VALUE FOR YOUR APPLICATIONS〜これまでの100年、そして未来へ」をテーマに新型のインバータやACサーボドライブなど最新製品をアピールした。(2015/12/7)

FAニュース:
大型射出成形機に対応可能な世界最大級の高負荷駆動用研削ボールねじ
日本精工は、世界最大級の「高負荷駆動用研削ボールねじ」を発表した。大型の電動射出成形機にも対応可能なので、自動車部品などの軽量化に貢献する。(2015/12/3)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノン独自の出力方式を採用した3Dプリンタ、3年以内に製品化を目指す
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、自社開発したハイエンド3Dプリンタのコンセプトモデルに関する展示を行った。汎用樹脂素材とサポート材からなる「材料シート」の生成工程と、材料シートを溶着し積層していく工程を同時に行うことで、精度と強度の確保、造形速度の向上を実現しているという。(2015/11/4)

FAニュース:
自動車・中型家電部品などの中型高付加価値製品向け射出成形機を発売
ソディックは、自動車・中型家電部品などの中型高付加価値製品用射出成形機「TR350EH3」「TR450EH3」を発売した。射出機構部で、従来機比1.6倍となる理論射出容量1017cc仕様を新たに開発した。(2015/10/16)

FAニュース:
小型電動射出成形機のプラットフォームを共通化
日本製鋼所は、資本業務提携を締結している東洋機械金属と、小型電動射出成形機に搭載するプラットフォーム(骨格)を共通化したと発表した。(2015/9/9)

FAニュース:
成形工程を全電動化した、超小物製品用射出成形機を発売
ソディックは、「V-LINE 直圧全電動 超小物製品用 射出成形機」の「mm03」を2015年9月1日に発売する。可塑化工程と射出工程を分業化できる独自のV-LINE 射出可塑化機構を搭載し、安定した計量・射出を可能にした。(2015/9/1)

FAニュース:
自動車大型部品の軽量化に対応した全電動式射出成形機2機種を追加
東芝機械は、全電動式射出成形機「EC-SXシリーズ」に、自動車大型部品の軽量化を可能にする「EC1600SXW」(型締力1600tf)と「EC1800SX」(型締力1800tf)の2機種を追加した。(2015/5/29)

“そっちじゃない”ガンプラ作りを体験できる:
ガンプラ35周年で「ガンダムフロント東京」がパワーアップリニューアル
ガンダムフロント東京が、「ガンプラ」35周年を記念して、リニューアルオープンした。リニューアル後は、新ゾーンも登場。ガンプラの魅力により深く触れられる。(2015/4/17)

FAニュース:
繊維とPP樹脂を単一工程で加工できる、混練・射出成形装置
三菱重工プラスチックテクノロジーは、ガラス繊維とポリプロピレン樹脂を高強度の長繊維強化プラスチック成形製品に単一工程で加工できる、混練・射出成形装置(D−LFTシステム)「1600emII」を発売した。(2015/3/21)

材料技術:
自動車を軽量化できる複合材部品を3分で試作、横浜に拠点を開設
ドイツ化学大手BASFの日本法人・BASFジャパンは、2015年4月に開設する繊維強化複合材の開発拠点「アジア・コンポジット・センター」(横浜市港区)を記者向けに公開した。軽量化のために繊維強化複合材の採用拡大を検討している自動車メーカーを中心に、同拠点を活用した提案活動を強化する方針だ。(2015/3/18)

Geeks便り:
「ソレコン」と女子トイレの改造――ソレノイドメーカーのユニークな活動
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回は福岡県のソレノイドメーカーであるタカハ機工の面白い取り組みを紹介する。(2015/3/2)

Geeks便り:
「MAKERS」に出てくるTechShopって、会員制トレーニングジムみたい
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回はクリス・アンダーソン氏の著書「MAKERS」にも登場するTechShopを紹介する。(2015/2/9)

FAニュース:
山洋電気、ACサーボアンプに容量100〜300Aの新製品を追加
ACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充し、容量100A・150A・300Aの新製品を開発した。位置決め時間を短縮する機能を搭載し、機械のタクトタイムが大幅に削減できる。(2014/11/28)

FAニュース:
日本精工、高負荷駆動用ボールねじシリーズを拡充
射出軸向けの「HTF-SRE」シリーズでは、中・小型用の軸径φ50mm〜120mmを追加し、対応リード範囲を拡大した。型締軸向けの「HTF-SRD」シリーズでは、高負荷駆動用として大リード仕様を追加し、最高送り速度2〜3m毎秒を実現した。(2014/11/11)

JIMTOF2014:
“一緒に働く”ロボットは安全の緑!? ファナックが人間協調ロボットを出展
ファナックは「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、最新のCNCシステム(CNCシリーズ、サーボモータ)、ロボット、ロボットマシン(小型マシニングセンター、超精密ナノ加工機)などを披露した。(2014/11/5)

CEATEC 2014:
最新の接続技術を結集した恐竜ロボットの狙いは人命救助!?――タイコ エレクトロニクス
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、恐竜ロボット「TEサウルス」のデモンストレーションや、非接触接続を実現するコネクタ技術「ARISO」などの展示を行った。(2014/10/9)

FAニュース:
ソディック、V-LINE超薄肉導光板専用射出成形機「HSPシリーズ」の販売開始
業界初となる6.0inch厚み0.25mmの超薄肉導光板の成形ができる。独自のV-LINE射出可塑化機構や高速型締コンプレッション装置の併用などにより、高い平坦度・均一な厚み・低い面内色差・均一な輝度という高難易度な成形能力を可能にした。(2014/10/8)

FAニュース:
山洋電気、高精度なバッテリーレスアブソリュートエンコーダ「HA035」を開発
バッテリーを使用しないため、メンテナンスが不要で省スペース。使用温度範囲は−20℃〜+105℃と広く、環境振動は最大で15Gに対応するなど、耐環境性も向上している。1回転内の分割数は最大838万8608分割(23bit)で、装置の細かな制御もできる。(2014/9/20)

FAニュース:
山洋電気、高加速性能を持つ出力37kWのACサーボモーターを開発
従来製品に比べ、瞬時最大トルクが約11%、瞬間最大角加速度が約44%向上。モーターの高トルク化で高加減速が可能になり、装置のタクトタイムも短縮できる。(2014/8/29)

TECHNO-FRONTIER 2014 特別企画ブースリポート(ベッコフオートメーション):
PR:PC制御の高速性と柔軟性でモノづくりに革新を!―― 革新的な搬送システムも投入
「超高速・高同期・省配線」などの特徴から注目度が高まるオープンなフィールドネットワーク「EtherCAT」。そのEtherCATの“生みの親”であるドイツBeckhoffの日本法人がベッコフである。EtherCAT関連機器や新たなリニア搬送システム「XTS」の展開なども披露したベッコフ社長の川野氏に、「TECHNO-FRONTIER 2014(テクノフロンティア2014)」で話を聞いた。(2014/8/20)

インダストリー4.0:
ドイツが描く第4次産業革命「インダストリー4.0」とは?【後編】
ドイツ政府が主導するモノづくりの戦略的プロジェクト「インダストリー4.0」について解説する本連載。今回は「インダストリー4.0」の課題やドイツ政府が狙う核心に迫るとともに、日本のモノづくりがどの方向に進むべきかという提言を行う。(2014/7/30)

FAニュース:
東洋機械金属、日本製鋼所・宇部興産と資本業務提携
小型プラスチック射出成形機の開発について日本製鋼所と、ダイカストマシンの開発・生産・販売などをめぐっては宇部興産との間で資本業務提携に合意した。(2014/4/25)

FAニュース:
日精樹脂工業、ハイブリッド式大型射出成形機をモデルチェンジ
油圧式と電気式のハイブリッドポンプシステム「Xポンプ」を搭載するハイブリッド式大型射出成形機。モデルチェンジ機では高性能・高機能コントローラ「TACT IV」を導入している。(2014/4/17)

FAニュース:
村田機械、射出成形機用フルクローズド金型制御システムを発売
耐環境性に優れた位置センサーモジュールを採用し、金型の開き量を常に±3μm以下に制御できるようになったという。(2014/4/8)

FAニュース:
山洋電気、30kW中慣性ACサーボモータ「SANMOTION R」を発売
従来品より瞬時最大角加速度が約23%、最高回転速度が33%向上。(2014/4/1)

メイドインジャパンの現場力(2):
NECは、どうやって「在庫が山積みなのに売り場は欠品」状態から脱却したのか
「なぜこんなに在庫が残っているのに欠品が起こるのか」。NECでは1990年代まで、需給ギャップに円滑に対応できず、サプライチェーンの各所で在庫の山が発生していた。その状況から脱却できたのは2000年から取り組みを本格化させた生産革新の成果だ。その革新の最前線でもあるNECインフロンティア東北を訪ねた。(2014/2/21)

金型設計屋2代目が教える「金型設計の基本」(8):
復習しながら、金型仕様書を作ってみよう
金型設計の基本、いよいよ最終回。これまで学んだ内容をまとめて金型仕様書を作ろう。記事最後では、設計のお題「卵型ケース」の3次元モデルがダウンロードできる。(2013/11/26)

マイクロモノづくり概論(4):
「何を作って、何個売りたいのか」で変わるモノづくり
1つの製品を作り市場に出すまでには、さまざまなプロセスを経る。そのプロセスの中には、さまざまな手段やツールがある。事業の計画に合わせて、どうやってリソースを配分し、どんなツールを使うのか考えよう。(2013/11/22)

FAニュース:
山洋電気、EtherCATインタフェース搭載の多軸ACサーボアンプを発売
ACサーボシステム「SANMOTION R ADVANCED MODEL」シリーズの新製品。100Mbps、最短通信周期を125μsの高速通信が可能。射出成形機、搬送機器などに向く。(2013/8/5)

人とくるまのテクノロジー展2013:
インパネ表皮のソフト加工技術、カルソニックが“松竹梅”で展開
カルソニックカンセイは、高級車、中位の車両、普及価格帯の車両それぞれに最適なコストで、コックピットモジュールの樹脂構成部品であるインストルメントパネル(インパネ)の表皮をソフト加工する技術を展開している。(2013/5/28)

車載電子部品:
「トヨタ生産方式を本格導入」、タイコ エレクトロニクスの掛川工場が操業開始
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、自動車用コネクタなどを生産する掛川工場(静岡県掛川市)の操業を開始したと発表した。同工場は、トヨタ生産方式を導入しており、ハイブリッド車や電気自動車向けなどの先端コネクタ製品を高効率で生産することができる。(2013/5/9)

あの洪水から1年半:
G-SHOCKのふるさとを訪ねる――カシオタイ工場フォトレポート
2011年10月に、タイ中部で起きた大洪水を覚えているだろうか。アユタヤの工場団地が冠水し、操業停止に追い込まれた日本企業の工場も多かった。カシオもその1つだ。あれから1年半。タイのカシオ時計工場はどうなったのだろうか?(2013/4/24)

金型設計屋2代目が教える「金型設計の基本」(4):
良品を取り出すエジェクタ機構のテクニック
今回は製品を金型から取り外す「突き出し(エジェクタ)機構」について解説する。金型から良品を取り出すためには、製品仕様に合わせて最適な突き出し方法を選択することが必須だ。(2012/12/14)

金型設計屋2代目が教える「金型設計の基本」(3):
ランナー&ゲート形状のいろいろ
ロケートリングやスプルーブッシュの設定方法を確認してから、さまざまなランナーやゲート形状を見ていく。製品形状に合わせて、適切なランナー&ゲートを選定しよう。(2012/10/24)

金型設計屋2代目が教える「金型設計の基本」(2):
金型の作りや動きって、一体どうなってるの?
タイ焼きの型と原理は同じだね! でも機構が全然分からない――そんなあなたのために、金型構造について一からやさしく解説。(2012/9/5)

成型部品設計のツボ(2):
型構造の知識とシェルコマンドを極めるべし!
肉厚均一でキャビティにもコアにも抜き勾配のある薄肉形状を作成するには、シェルコマンドを使う。重要なツボを押さえれば効率よくモデリングできる(2008/6/11)

新約・見てわかる パソコン解体新書:
第7回 光ディスクの製造工程 その3──順積み方式による2層ディスクの作り方
「見てわかるパソコン解体新書」の7回目は、前回に続いて2層ディスクの生産過程を取り上げます。(2008/5/13)

成型部品設計のツボ(1):
肉厚と抜き勾配を押さえるべし!
成型部品設計と3次元モデリングのツボをピンポイントで押さえるべし! 射出成型・金型設計のプロフェッショナルが解説する。(2007/9/20)

新約・見てわかる パソコン解体新書:
第4回 HD DVDとBlu-ray Discメディアの仕組み
「見てわかるパソコン解体新書」の第4回めは、次世代メディアのHD DVDとBlu-ray Discメディアを整理します。(2007/6/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。