ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス」最新記事一覧

セキュリティインシデント(事故)は、企業や組織に情報漏えいやシステム障害などの深刻な被害をもたらす問題だ。事故を100%防ぐことができない以上、被害を回避、抑止するにはその対応を握る。いま取り組むべき「インシデントレスポンス」とはどのようなものか。

セキュリティ教育現場便り(5):
セキュリティ事故対応に不可欠な「証拠」を消してしまう3つの行動
セキュリティ教育に現場で携わる筆者の経験から、今本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第5回では、インシデント対応に不可欠な「証拠保全」のポイントを解説します。(2016/7/12)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
サイバー攻撃者は侵入から2年の間に何をしていたか――調査で分かること
情報漏えい事故を調査すると、攻撃者はたいぶ前から侵入していた――インデント対応における調査からはこうした事実が分かるケースが多いという。実際のインシデント調査事例と対応でのポイントを専門家に聞く。(2016/3/14)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
インシデントレスポンスとは何か――自動車事故に置き換えて考える
セキュリティ上の重大事故や障害での対応とはどのようなものでしょうか。自動車事故における対応の流れを例に解説します。(2016/3/7)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
セキュリティ事故経験は7割? 数字でみるニッポン企業の現実
サイバー攻撃や内部不正による情報漏えいなどの深刻な事故が近年相次ぐ。企業ではセキュリティ事故への対応や対策強化が叫ばれるが、その現状はどうか。各種統計からその実態を探ってみたい。(2016/3/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。