ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel Edison」最新記事一覧

クリエイターSTUDIO vol.2 レポート:
憧れのロボット作りに挑戦! 「レゴブロックで学ぶIoT&プログラミング」を開催しました
(2016/4/5)

「さくらのIoT Platform」利用のハードウェア事業化支援プログラム
さくらインターネットがインテルと共同で、IoTハードウェア事業化支援プログラムを開始する。「さくらのIoT Platform」とインテル「Edison」を利用した事業案を募集し、試作から事業化までを支援する。(2016/3/29)

Tech Basics/Catalog:
小型ボードコンピュータ
IoTでデータを収集したり、電子/機械工作などでセンサーやメカを制御するために利用できる小型ボードコンピュータの一覧をまとめておく。(2016/2/24)

2016年はどうなる?:
ロボット、人工知能、Deep Learning、IoT、ドローン、ゲーム開発、Windows 10――2015年注目だった開発者/プログラマー向け記事まとめ
2015年も、開発者/プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップしますので、年末年始にでも読んでみてください。(2015/12/28)

パーソナルメディア スマートGUIサーバ:
組み込み機器をスマホで制御、コスト削減や開発期間短縮に効果!
パーソナルメディアは、Webブラウザから組み込み機器をコントロールできるソフトウェア「スマートGUIサーバ」を開発。2016年2月1日より出荷を開始する。(2015/12/7)

スマホ画面から組み込み機器を制御できる「スマートGUIサーバ」
パーソナルメディアが、スマートフォンなどのWebブラウザから組み込み機器を操作できる制御用ソフトウェア「スマートGUIサーバ」を発売する。(2015/12/7)

「Windowsだから」を組み込みにも、空を飛ぶIoT Core
「Windows 10 IoT」を推進するマイクロソフトは、拡大が見込まれるIoT市場にWindowsとAzureの組み合わせを“Better together”として訴求する。(2015/11/17)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(2):
IoTの循環プロセスを形成する4つのステップとは
世の中全体に大きなインパクトをもたらすとして、社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。そこで本特集ではIoTがもたらすインパクトから、実践に必要なインフラ、ノウハウまで、順を追って掘り下げていく。今回は、IoTの研究開発に余念がない現場の技術者に4ステップに分かれるIoTのプロセスと、各ステップに必要な技術要素や課題などについて聞いた。(2015/11/11)

Maker Faire Tokyo 2015リポート:
超大型やロータリーデルタなど、「Maker Faire Tokyo 2015」で見つけた個性派3Dプリンタ
メイカーたちの祭典「Maker Faire Tokyo 2015」では、超ビッグサイズのFDM方式3Dプリンタから日本初上陸の光造形方式3Dプリンタまで、多くのファブリケーションツールに注目が集まりました。また記事後半では、ちょっとおバカなゲームやロボコンなどもご紹介します!(2015/8/18)

「i4004」を動かす試みも:
Maker Faire Tokyo 2015で今回もEdison推しだったインテル
モノづくりを思いっきり楽しんでしまえと盛り上がるファンイベントで、インテルは前回に続いてEdisonが主役。しかし、最古のCPUを動かそうとする一団もいた。(2015/8/11)

ROS(Robot Operating System)概論(3):
ROSを使う手順、パッケージとシミュレータの活用
ロボット開発に有用とされるROSだが、習得には対応ロボットを入手した方が手っ取り早い。利用開始までの手順と、併用したいツールやデバッガも紹介する。(2015/6/11)

Open Hack Day Japan 3リポート:
「アイデアの交差点」24時間ハッカソン開催
2015年3月7、8日にヤフー主催の24時間の開発イベントが開催された。素材は提供されるが、何を作るかは自由。スマホアプリやIoTなど多彩な作品が出そろった。本稿ではイベントで作られた作品、面白ネタ、今回のハッカソンが生まれた背景などを紹介する。(2015/4/17)

ESEC2015 開催直前情報:
インテルはIoTの「可能性」と「パワー」を具体的に紹介
2014年は「IoT」がビジネストレンドになった年だったが、2015年はどうなるか? ESEC 2015でインテルは「Internet of Things, It’s here, now」をテーマに、IoT技術によってさまざまな業種業界で現在進行中の「変革」を多彩な事例で紹介する。(2015/4/13)

Windows Embedded:
「Windows Embedded」は「Windows 10 IoT」へ、組み込み機器向けに3製品を投入
マイクロソフトの「Windows Embedded」シリーズが「Windows 10」投入に合わせ、「Windows 10 IoT」シリーズへと一新される。「Windows 10 IoT」シリーズは現在3製品が用意され、幅広い組み込み機器をサポートする。(2015/3/26)

Open Hack Day Japan 3リポート:
ロボットOS「V-Sido」はハックできたか? こだわりのスイカ割りに栄冠
ヤフー主催の大型ハッカソンイベント「Open Hack Day Japan 3」では、アスラテックが提供するロボット制御マイコン基板「V-Sido CONNECT」を使った開発が可能だった。24時間でどのようにV-Sidoをハックしたのか。5つのチームの開発成果をリポートしよう。(2015/3/13)

ハッカソンイベント:
想定外な使い方考えて! ――国内最大のハッカソン「Open Hack Day Japan 3」、3月に開催
2015年3月にヤフー主催の国内最大のハッカソン「Open Hack Day Japan 3」が開催される。それに先立ち同年2月8日にカンファレンスが開催された。(2015/2/13)

頭脳放談:
第176回 Intelが賢いボタン「Curie」でファッション市場に?
Intelが2015 International CESでボタンサイズのボードマイコン「Curie」を発表。ウェアラブル応用のベンチャーだけでなく、ファッションブランドとの協業も行うという。Intelがファッション業界に進出する日も遠くない?(2015/1/28)

ウェアラブル:
「機能」から「ファッション」へ、2015 CESに見る最新ウェアラブル事情
未来的な印象と裏腹に一般向けの本格普及は始まっていないともいわれるウェアラブル機器。世界最大規模のコンシューマ向け展示会「International CES」の会場から、「ウェアラブルのいま」をお伝えする。(2015/1/21)

IoTもビジネス直結:
2015年末にはデータ50兆件も目指すトレジャーデータ
クラウドベースのデータ管理サービスを提供する米トレジャーデータは、2014年12月中旬で合計約11兆件のデータを保管、これが2015年末には30〜50兆件に増加する見通しと説明している。2014年移行はIoTにも注力、扱うデータは急増を続けている。(2015/1/20)

組み込み開発ニュース:
「気が付いたらインテル入ってる」、Curie搭載製品は2015年後半に登場
「気が付いたら、服のボタンにインテル入ってる」――そんな未来はそう遠くない。インテルがボタン大のSoC「Curie」搭載製品出荷の見通しを示した。(2015/1/16)

「ムーアの法則」50周年でここまで来た:
ついにボタン型コンピュータ「Curie」が登場――2015年のIntelは何を目指すのか
2015 CESの米Intel基調講演では、PCやスマートデバイス、サーバのプロセッサを超え、ウェアラブルやスマートハウスといったIoT、3Dインタフェース、無線技術、そしてセキュリティに注力していく姿勢がより鮮明になった。(2015/1/8)

新春電子工作!:
“Edison”でロボットアームをグリングリン動かす(前編)
“ロボットを動かす喜び”は、ニッポンモノづくりの原動力。その感動をEdisonとロボットアームで“お手軽”に体験。前編は“疑似”ロボットアームを組み立てる。(2015/1/2)

「組み込み開発」年間ランキング 2014:
VAIOはVAIOのあるべき姿を取り戻せるか、ロボットの社会実装に期待 2014年記事ランキング
2014年にMONOist「組み込み開発」フォーラムで多く読まれた記事のランキングを、2015年の注目テーマとともにご紹介します。(2014/12/25)

現在はTIのARMプロセッサ「OMAP」:
次世代「Google Glass」にはIntel x86プロセッサが載る?
次世代版「Google Glass」には、Intelのx86プロセッサが搭載される可能性があるという。もしこれが事実であれば、Intelにとって、ウェアラブル機器市場での存在感を高める大きな足掛かりとなるだろう。(2014/12/4)

ICなしのコンピュータに空気砲:
Maker Faire Tokyo 2014に集結した「こりゃすごい」モノを集めてみた
モノづくりで大切なのは「遊び心」ということがよく分かりました。(2014/12/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ボードコンピュータはドローンの夢を見るか
飛ばすのって大変。だからこそ見たい。(2014/11/27)

Edison対応拡張カードも続々登場:
「Edison」で盛り上がるインテル“ものづくり”気質
Maker Faire Tokyo 2014に出展したインテルが主催したワークショップでは、Edisonを使った工作ができると聞いた。開場12時だから2時間前に行けばいいよね。(甘(2014/11/26)

組み込み開発ニュース:
「Edison」に特化した情報サイト「Edison Lab」がオープン
zigsowがインテルの超小型コンピュータ「Edison」に特化した情報サイト「Edison Lab」をオープンした。(2014/11/25)

Maker Faire Tokyo 2014:
大企業も注目「Maker」ブームのなぜ
電子工作など、モノづくりを趣味で楽しむ人(Maker)が集まるイベント「Maker Faire Tokyo 2014」に東芝やインテル、オートデスクなど大企業の姿が。一般向け製品を主力としない彼らの狙いは何か。(2014/11/25)

組み込み開発ニュース:
スイッチサイエンス、菓子ケースサイズのインテル「Edison」用拡張基板
スイッチサイエンスはインテル「Edison」用拡張基板「スイッチサイエンス版Eaglet」を開発、「Maker Faire Tokyo 2014」にて限定販売する。(2014/11/21)

ロボット開発ニュース:
「V-Sido CONNECT」がインテルEdison対応、MFT2014で実機を紹介
ロボット制御用OS「V-Sido OS」を実装した基板「V-Sido CONNECT」が、インテル「Edison」に対応。アスラテックは「Maker Faire Tokyo 2014」のインテルブースにて、V-Sido CONNECTとEdisonを使ったロボットを紹介する。(2014/11/18)

組み込み開発ニュース:
1日限りのテクノロジー・ジャーニー、インテルの現在・明日・未来を垣間見る
インテルは2014年11月14日、「現在」「明日」「未来」をテーマに、同社最新製品と技術を紹介するイベント「インテル フューチャー・ショーケース」を開催した。その“テクノロジージャーニー”から、明日」と「未来」を中心にお伝えする。(2014/11/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1年前とも2年前とも全然違います」――超小型ベアボーンの現状
ASUSTeKの「Vivo PC」やShuttle「XPC」の新モデルが登場し、インテル「NUC」の特価が複数店で実施されるなど、超小型ベアボーンが活発だ。しかし……(2014/10/27)

ブームから実装アイデア勝負へ:
Intel Edison国内発売直前! クラウド学習サービス連携IoTサービス開発スターターキットの中身とは?
インテルの超小型コンピューター「Edison」の国内販売スタート間近のいま、IoTブームも現実的な実装をソフトウェアエンジニアが考えられる状況がそろいつつあるようだ。プロトタイピングがはかどる開発環境や、クラウドサービスと連携したアプリケーション開発のための環境も。(2014/10/24)

スイッチサイエンス、Edison開発ボードの予約受付を開始
スイッチサイエンスは、モジュール型の超小型コンピュータ「Edison」搭載の開発ボード「インテル Edison 開発ボード」の予約受付を開始した。(2014/10/20)

組み込み開発ニュース:
何に使うか「Edison」、ロボット制御や小型IoTエッジデバイスなどインテルが紹介
米Intelの日本法人であるインテルは展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。(2014/10/17)

ITpro EXPO 2014 レポート:
企業のIoT対策、まだ間に合うのか──「もう、それをビジネスに変えるフェーズに入っている」
訪れるIoT社会に対し、企業は何を考えるべきか。IoTの標準化団体「IIC」ファウンダーのインテルが現時点のIoTの潮流と戦略を説明。切手サイズのIoT向けコンピュータ「Edison」も発表した。(2014/10/15)

組み込み開発ニュース:
IoT時代の超小型コンピュータ「Edison」、国内での発売計画が決定
インテルは“IoT時代の超小型コンピュータ”をうたう「Edison」の国内販売計画を発表した。Arduino用拡張ボードなどとのセットも用意される。(2014/10/15)

インテル、“Edison”開発ボードの国内販売を開始――10月25日
インテルは、切手大の超小型コンピューター「Edison」開発ボードの国内販売計画をアナウンスした。(2014/10/15)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
IoTはゼロをイチにできるか
ビジネスチャンスを創造するというIoTですが、新たなビジネス領域を開拓しているかというと、まだそこまでの効果は発揮していません。(2014/10/1)

組み込み開発ニュース:
ぷらっとホーム、インテル「Edison」を使用した超小型サーバ
ぷらっとホームは2014年9月29日、インテルのEdisonを使用した超小型サーバ“OpenBlocks IoTファミリ”「OBSBX1」を2015年2月より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円台半ば(受注台数により変動)の見込みだ。(2014/9/29)

Edison採用IoTゲートウェイも公開:
“収集から収益化”までカバーするインテルのIoT
「データを集めるだけじゃダメ」というインテルのIoTは何が強みなのか。インテルが提供する「一貫できるメリット」とは。(2014/9/29)

組み込み開発ニュース:
インテル「IoTを取り巻く全てを支援する」、Edison搭載製品も披露
インテルはIoTに関する同社の取り組みを紹介する記者会見を開催、国内外のIoTを取り巻く環境と日本国内の事例もあわせて紹介した。また、正式発表した超小型コンピュータ「Edison」の搭載製品も披露した。(2014/9/29)

頭脳放談:
第172回 新世代マイコンボード「Edison」が次世代を切り開く?
IoTに力を入れているインテル。第2世代のマイコンボード「Edison」を発表した。プロセッサーとして新たにAtomを搭載、無線接続が可能で、Linuxも動作するらしい。Edisonによって「将来のアプリケーション」が生み出され、次世代のITが切り拓かれるかもしれない。(2014/9/26)

IDF14 San Francisco:
「Skylake」が動いた! IntelがIDF14で次期アーキテクチャの動作デモを初公開
登場時期は2015年後半になるという。(2014/9/11)

プロセッサ/マイコン Xeon:
インテルの次世代プロセッサ「Xeon」、データセンター向けに管理機能を強化
インテルが、22nmプロセスを用いた次世代プロセッサ「インテルXeonプロセッサー E5-2600/1600 v3」ファミリを発表した。新ファミリは、ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャ(SDI)に対応する機能を備えている。サーバやワークステーション、ストレージ、ネットワークなどインフラ装置の用途に向ける。(2014/9/10)

組み込み開発ニュース:
指先に乗るIoT時代の超小型コンピュータ「Edison」正式発表、日本でも10月に
米Intelは2014年9月10日(米国時間)、“IoT時代の超小型コンピュータ”をうたう「Edison」を正式発表した。既に北米では出荷を開始ししており、日本でも10月に出荷を開始する予定だ。(2014/9/10)

Intel、女性向けスマートブレスレット「MICA」を人気セレクトショップと共同開発
IntelがOpening Ceremonyと共同開発したブレスレット型スマートウォッチ「MICA」を発表した。ホリデーシーズンに米国で発売される見込みだ。(2014/9/5)

Webの過去、現在、そして未来(前編):
「日本のインターネットの父」が語る六賢者との思い出とインターネット後の未来
「Webの誕生」から25年、村井純教授が語ったのはWebに関わる全ての者たちへのメッセージだった。記念イベントの模様と優勝賞金100万円の「HTML5 Japan Cup」開催概要もお届けする。(2014/4/3)

ビジネスニュース 企業動向:
インテル、ウェアラブル機器に本腰
インテルが、ウェアラブル機器やモノのインターネット(IoT)分野を本格的に強化している。2013年11月にIoT専門の事業部を設立。2014年3月には、腕時計型ウェアラブル機器を手掛ける米企業を買収した。(2014/4/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。