ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「干渉」最新記事一覧

組み込み開発ニュース:
3軸加速度センサーを搭載したデータ収集システムを提供
NECエンジニアリングは、安全性の高いデータ送信と、920MHz帯無線通信によって電波干渉を低減した「加速度・温度センサ データ収集システム」を発売した。3軸加速度センサーと温度センサーを搭載し、センサー内でデータを1次解析する。(2016/11/9)

ミクさんの“背中”がついに! ボカロファンが透過スクリーンへの両面投影に成功
両面の映像が干渉しないように投影しているため、両側から自然に見えます。(2016/11/7)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第3回】
「無線LANの通信速度が思ったほど速くない」、その原因と解決策は?
無線LANの通信速度の低下は、電波干渉、接続端末台数、何らかのボトルネックの存在に由来することがほとんどです。無線LAN接続の仕組みを基礎からおさらいして、問題の切り分け方と対処法を学びましょう。(2016/10/17)

「ロシアは米大統領選に干渉していない」とプーチン大統領 サイバー攻撃への関与を否定
反ロシアの乱用とプーチン大統領は指摘。ただし、ロシアが話題になるのはうれしいと。(2016/10/14)

ミリ波帯高速通信の実用化を加速:
干渉少ない多重ビーム生成技術、60GHz機で実証
富士通研究所は、多数のアンテナを搭載したサブアレイ間のビームの干渉をキャンセルする技術を、60GHz帯対応の無線装置に実装し、複数の端末に同時に電波を送信する実験に成功したと発表した。5G(第5世代移動通信)の要素技術の1つとされるミリ波帯高速通信の実用化を促進するとしている。(2016/9/6)

「門限19時」などの干渉を語る agehaモデル・ほずみさんが結婚から半年で離婚
「彼には昔からDVがあり 怖かったこともあり、あまり強く言えなかった」(2016/8/26)

電波干渉を回避し、安定した通信を実現:
通信距離が異なるミリ波帯無線の共存を可能に
東芝は、通信距離が異なる60GHz帯ミリ波無線システムの共存を可能とする干渉制御技術を開発した。IoT(モノのインターネット)機器の増加が見込まれる中で、電波干渉の影響が極めて少ない無線システムの構築が可能となる。(2016/8/22)

アクセスポイント間の干渉の調査は不十分:
Wi-Fi周波数帯の共有に偏り、Qualcommがテスト
LTE-UとWi-Fiの共存については賛否両論があるが、少なくともWi-Fiのアクセスポイント間における干渉レベルの調査は、まだ不十分なようだ。(2016/8/15)

アナログ回路設計講座(5):
PR:車載環境におけるEMIの低減策
ECU(電子制御ユニット)など自動車に搭載するスイッチング電源は、EMI(電磁干渉)に細心の注意を払わなければなりません。シールドボックスで電源を覆ってしまうのも1つの手ですが、サイズやコスト、さらには熱の問題が発生します。スイッチングのエッジを低速化するのも有効ですが、効率などの犠牲を伴います。そこで、今回は、手軽にICだけで、十分なEMI対策を講じた高効率な車載電源を実現する方法を紹介します。(2016/7/1)

APIフレームワーク「Swagger」に深刻な脆弱性、主要言語に影響
攻撃者が悪質な細工を施したSwagger文書を利用して、クライアントやサーバでリモートからコードを実行し、サービスシステムの定義に干渉できてしまう恐れがあるという。(2016/6/24)

無償CADレビュー:
無償3D CAD「FreeCAD」でリンク機構の設計に挑戦!
今回は設計公式を基にリンクの動作を計算する方法と、FreeCADの編集機能を使った設計を紹介する。今回のテクニックを応用すれば干渉チェックも可能だ。Excel計算シート付き!(2016/6/17)

より手軽な心臓疾患の診断を:
MRセンサーで心臓活動の測定に初めて成功、TDK
TDKは、高感度磁気抵抗(MR)素子による心臓の磁場分布の測定に成功したと発表した。超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた測定よりも、より手軽な心臓疾患の診断が可能になるという。(2016/6/9)

製造ITニュース:
電波シミュレーションと可視化でIoT機器の設置期間を3分の1に短縮
富士通研究所は、電波シミュレーション技術と電波干渉を可視化する技術を開発した。同技術によって、従来の3分の1程度の期間で無線機器を設置でき、IoTサービスの迅速な提供が可能になる。(2016/6/8)

情報処理能力を飛躍的に拡大する新たな道筋:
異なる光周波数の二光子干渉、阪大らが初観測
大阪大学大学院の井元信之教授らによる研究グループは、周波数領域の光スプリッターを実現し、異なる光周波数(異波長)の二光子干渉に初めて成功した。(2016/4/21)

ディーフ、2枚のICカードを使い分けできる「ICカード電波干渉防止シート」発売
ディーフは、2月上旬にカードの読み取りエラーを防ぐ「ICカード電波干渉防止シート」を発売。両面に対応し、2枚のICカードを使い分けることができる。(2016/1/25)

キスしても5Gの通信速度を落とさないために!?:
端末間2cmでも干渉しないビーム形成技術
三菱電機は、5G(第5世代移動通信)用アンテナ向けのマルチビームフォーミング技術として、近接ビーム間での干渉が起こしにくくする「マルチビーム多重技術」を開発したという。従来端末同士の距離が数メートル以内であればビーム間の干渉により通信速度低下を招いたが、新技術では端末同士が2cm程度しか離れていない場合にも通信速度を維持できるという。(2016/1/22)

医療機器ニュース:
量子もつれ光を用いた超高分解能光断層撮影技術を開発
京都大学は、量子もつれ光を用いた2光子干渉により、分解能0.54μmに相当する2光子量子干渉縞を実現したと発表した。同成果は、今後、緑内障の早期診断などにつながる可能性が期待される。(2016/1/5)

バッファロー、大型アンテナ3基を備えた11ac対応無線LANルータ「WXR-1900DHP2」
バッファローは、IEEE802.11ac接続に対応する無線LANルータ「WXR-1900DHP2」を発表。干渉ノイズを検知してWi-Fi接続を最適化できる「干渉波自動回避機能」を備えている。(2015/12/2)

このPCケースを完成させるのはあなた:
クーラーマスター、カスタマイズを重視したPCケース「MasterCase 5シリーズ」発表
自作PCユーザーのために開発したというPCケースが登場した。自由にレイアウトできるギミックと豊富なパーツを用意した「干渉知らず」のミドルタワーだ。(2015/9/15)

無線LAN用AP増設時でも高スループットを維持:
電波干渉を速やかに解消――富士通研究所
富士通研究所は、大規模な無線LANシステムを構築した際に、スループットを低下させる要因となるアクセスポイント(AP)同士の電波干渉を短時間で解消することができる「自動チャネル割り当て技術」を開発した。(2015/9/11)

無線通信技術:
スタジアムでのWi-Fi利用を快適に、電波干渉をすぐ解消するチャネル割り当て技術
富士通研究所が、数百台のアクセスポイント(AP)で構成される無線LAN環境でも、1分以内で干渉の少ないチャネル割り当てを自動算出する技術を開発した(2015/9/9)

医療技術ニュース:
複合体RISCが標的RNAを正確に切る仕組みを1分子レベルで観察
東京大学は、特定のタンパク質の合成を抑えるRNAi(RNA干渉)で、RISCが標的RNAを切断する過程を1分子レベルで観察することに成功したと発表した。(2015/7/23)

製造ITニュース:
10万部品を超える超大規模3Dデータに対応の生産準備ソリューションを発売
富士通の提供するデジタル生産準備ツールとして、「VPS VridgeR」と「VPS GP4」が新たにラインアップされた。超大規模フルアセンブリモデルでの設計レビューや干渉チェック、生産ラインのシミュレーションなどが可能になる。(2015/7/21)

先端技術 グラフェン:
グラフェンにおけるパリティ効果の検証に成功、量子干渉素子作成にも期待
大阪大学大学院の小林研介教授らによる研究チームは、グラフェン(単層グラファイト)中に形成されたpn接合での量子ホール状態の輸送現象にパリティ効果があることを理論的に予測し、実験によって検証することに成功した。また、グラフェンのpn接合における量子ホール状態を用いて、量子干渉素子を実現できる可能性も示唆した。(2015/7/3)

無線通信技術:
5G向けミリ波ビーム多重化技術を開発、4ユーザー同時通信で12Gbpsを実現
富士通研究所は、5G(第5世代移動通信)システム向けに、ミリ波ビーム多重化によるマルチアクセスを実現する技術を開発した。複数ユーザーが同時に大容量の通信を行っても、互いの電波干渉をなくすことで通信速度の低下を最小限に抑えることが可能となる。(2015/6/11)

ワイヤレスで行こう:
Bluetoothでもハイレゾに迫る音質 ――ソニー「MDR-1ABT」
今回は、Bluetoothの技術をベースにした新コーデック「LDAC」を搭載し、“ワイヤレスでハイレゾに迫る音質”が楽しめるソニーのヘッドフォン「MDR-1ABT」を紹介しよう。無線接続時の干渉、接続方法による音質の違いなど気になる点をチェックしていく。(2015/3/17)

新技術 非接触コネクタ:
いよいよスマホ搭載か!? 電磁界結合による非接触コネクタで開発成果
慶応大の黒田忠広氏らのグループは、米国で開催されている国際学会「ISSCC 2015」で電磁界結合を用いた非接触コネクタに関する2件の研究論文を発表する。同コネクタをスマホに搭載した場合でも、他の無線機と干渉しないことなどを実証した内容も含まれ、非接触コネクタの実用化加速が期待される。(2015/2/23)

フォーカル、読み取りエラー防止素材を内蔵したカードホルダー付きiPhone 6用レザーケースを発売
フォーカルポイントは、磁気干渉防止シートを内蔵したカードホルダー付きiPhone 6用レザーケースを発売。長さが調節できるハンドストラップも付属する。(2015/2/19)

日本モレックス HOZOX:
広帯域の放射電磁ノイズを吸収するテープ/シート
日本モレックスの「HOZOX」は、低周波から高周波まで幅広い帯域の放射電磁ノイズを吸収することができるEMI(電磁干渉)吸収テープとシートである。電子機器のEMI対策用途に向ける。(2015/1/7)

医療機器ニュース:
ニデック、光干渉断層計と無散瞳眼底カメラの複合機を発売
ニデックが発売した「Retina Scan Duo」は、網膜の断層像を撮影する光干渉断層計と眼底を撮影する無散瞳眼底カメラを一体化した複合機。網膜の断層像とカラー眼底画像を1台で取得し、そのデータを1枚のレポートで出力できる。(2014/12/18)

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:
部下のストレス原因にならない上司であるためには?
過干渉な親が小さい子どもに対して「これをやりなさい」「あれはやっちゃいけない」というように、上司が部下にこまごまと指示するのは考えものです。ストレスの原因とならない上司と部下の関係性とはどのようなものでしょうか?(2014/12/9)

医療機器ニュース:
1000cd/m2の輝度を備えた27型液晶モニター、手術向けにソニーが発表
1000cd(カンデラ)/m2の高い輝度と、1000:1の高いコントラストを備えた27型液晶モニターは、手術室の明るい照明の下でも光の干渉を受けにくい。そのため、鮮明な画像を安定して表示することができる。(2014/10/1)

坂本ラヂヲ、スマートフォンとICカードの電波干渉を防ぐ「MSS004」発売
スマートフォンとICカードの間に挟んで使用する高密度電波干渉防止カード「MSS004」が発売。(2014/9/3)

基地局の電波干渉を抑えて通信速度が向上――KDDI、LTE-Advanced向けの新技術を実験
KDDIが、LTE-Advanced向け「アクティブアンテナシステム(AAS)」の屋外実験を栃木県で実施。従来基地局よりもダウンロード速度が約1.6倍向上したという。(2014/7/29)

テスト/計測 テクトロニクス:
異常信号を取りこぼさず検出して捕捉、「802.11ac」規格テストにも対応
ワイヤレス通信向け測定器としてリアルタイムスペアナの役割が高まっている。取り込み帯域幅が広く、間欠的なノイズや頻度の少ない干渉波を取りこぼすことなく検出し、解析することができるからだ。テクトロニクスは、業界に先駆けてリアルタイムスペアナを開発・製品化してきた。新たにIEEE 802.11ac規格のテスト環境なども提供している。(2014/5/26)

究極の3Dテレビ実現に向けて:
NHK、電子ホログラフィー用立体表示デバイスを開発――メガネなしで自然な立体映像表示へ前進
NHKは、立体テレビの実現を目指して電子ホログラフィー実現の要素である「干渉縞を表示するSLM の光変調素子をトランジスターで駆動する技術」を開発した。アクティブ・マトリクス駆動で超多素子化が可能となった。(2014/5/22)

ソフトバンクモバイル、LTE-Advancedに向けた電波干渉低減の実証実験を開始
ソフトバンクモバイルが、LTE-Advancedの電波干渉を抑える技術の実証実験を東京都で開始する。新しいシステムでは、マクロセルと極小セル間、極小セル間の電波干渉を抑えることが狙いだ。(2014/2/13)

Appleに台湾当局が約7000万円の罰金──iPhoneの販売価格干渉で
Appleが台湾でiPhoneを販売する3大通信業者に対して価格の調整を求めたことは公正取引法に違反するとして、台湾公平交易委員会が2000万台湾ドルの罰金を科した。(2013/12/26)

セミコン・ジャパン 2013:
研磨前に微小径TSVの深さを測定、レーザーテックの測定装置
レーザーテックは、貫通電極(TSV:Through Silicon Via)裏面研磨プロセス測定装置「WASAVIシリーズBGM300」のパネル展示を行った。干渉計とIR光学系を搭載することで、これまでは困難だった研磨前に微小径TSVの深さを測定することが可能となった。複数のシリコンウエハを積層するメモリ製品などの組み立て工程に向ける。(2013/12/10)

製造ITニュース:
モノづくりにも仮想化が進行中! ――富士通が治具干渉まで分かる「VPS」新版発売
富士通とデジタルプロセスは、デジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の最新バージョン「VPS V15L14」を発売する。(2013/11/11)

光給電:
レーザーを電力に変換、34%の効率を実現
京セミは、レーザー光を、光ファイバを介して電力に変換するデモンストレーションを行った。変換効率は34%。電気的に完全に絶縁できるので、EMI(電磁干渉)が強い環境下での電力供給に適しているという。(2013/10/22)

特集「ついにやってくるギガビット無線LAN」:
第2回 「802.11ac」の特に優れたポイント──「電波干渉対策」
国内でも販売されるようになった次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」。これまでのWi-Fiとは何が違うか、なぜ高速か、どこにメリットがあるか。第2回めはこれまでの2.4GHz帯Wi-Fiで問題になりがちだった“干渉問題”の対策、そして第2世代にはどんな機能が備わるかを解説する。(2013/4/3)

LTE-Advancedを見据えて:
通信品質の“谷間”をなくせ――ソフトバンクが取り組む基地局間協調伝送技術を見る
ソフトバンクモバイルが、同社が検証を進めている基地局間協調伝送技術や指向性アンテナ技術のデモをお台場で開催。電波干渉による通信速度の低下を新技術で改善できることをアピールした。(2013/2/22)

オーディオテクニカ、ワイヤレススピーカー2機種を回収――携帯電話の周波数に干渉
オーディオテクニカは、デジタルワイヤレスステレオスピーカーシステム「AT-SP760TV」と「AT-SP790TV」の使用中止を呼びかけ、製品の回収・交換を発表した。(2012/9/6)

ディーフ、「Xperia GX SO-04D」用に新設計したアルミバンパーを発売
ディーフが、スポーツカーを思わせるような美しい曲線デザインのアルミバンパー「CLEAVE AERO ALUMINUM BUMPER for Xperia GX SO-04D」を発売。本体の保護と電波干渉を軽減するため、硬度80度で成型したシリコンラバー製「Deff Shock Absorber」を装着した。(2012/9/4)

無線通信技術 Wi-Fi:
ますます混雑する無線LAN、干渉抑制の決め手は「空間を分割」!?
無線LANが普及するにつれ、複数のアクセスポイントが同じ環境に存在していることによる干渉の問題が無視できなくなる。NTT未来ねっと研究所は、この干渉の問題を解決する新技術を開発し、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2012で披露した。(2012/7/10)

無接点充電の今と未来:
電波干渉やサイズの課題を克服――対応機器とインフラが拡大する「Qi」
スマートフォンや充電機などで「Qi」の表記を見る機会が増えてきた。ワイヤレスで充電ができる「Qi」規格に対応した製品や、最近はQi対応充電器を試験導入する店舗も増えている。Qiの仕組みや利便性、今後の展開は――。パナソニックグループのエナジー社が説明した。(2012/7/5)

無線通信技術:
スモールセルの完全なる実用化はまだ遠い? 鍵は干渉抑制か
スマートフォンなどの普及により増加の一途をたどるモバイルトラフィックに対応するには、スモールセル方式の無線基地局が大きな役割を果たす。ただし、完全な実用化に至るまでにはまだ多くの課題が残されているという。(2012/6/26)

ソフトバンクモバイル、BS放送の電波によるサービス干渉を再告知
BS放送の電波とソフトバンクモバイルの通信サービス用電波が干渉し、「ULTRA SPEED」の速度が遅くなったり、つながらなくなったりする症状が続いている。ソフトバンクが対策例の一部を公表した。(2012/4/10)

無線通信技術 LTE:
LTEとWi-Fiをシームレスに連携、富士通が家庭用フェムトセルを開発
富士通の「BroadOne LTE フェムトセル」は、屋内の無線通信を大容量、高品質化する屋内小型基地局である。独自の干渉抑制技術を搭載したことで、高い通信品質を確保した。(2012/1/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。