ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インターンシップ」最新記事一覧

会社に残ってる悪い子はいねがー カヤック開発「VRインターン」でバーチャル社畜撲滅
私の知ってるインターンと違う。(2016/5/21)

トップ営業の視点:
IT苦手な営業女子が「2つの巨大案件」で学んだこと――明石沙弓さん
企業の情報システムを手掛けるIT部門にとって、ITベンダーの営業はどのように映るだろうか。今回はいつもと逆の視点から、企業のIT導入について見ていこう。(2016/5/13)

不眠の耐久3Dペイント! VR空間に25時間以上滞在し続けた男がギネス世界記録に認定される
「仮想空間で絵を描く」「現実で食事や排せつもする」、「両方」やらなくっちゃあならないってのが「VR」のつらいところだな。(2016/5/10)

シャープさんどこ住み? てかLINEやってる? シャープ公式が「りんな」インターン終了後もナンパ攻めに遭う
モテモテ公式Twitter。(2016/4/11)

PC USER 週間ベスト10:
Amazonプライム会員と一般会員の格差は広がるばかり?(2016年4月4日〜4月10日)
Amazonの配送料改定が大きな注目を集めています。他にもHPの新ロゴにまつわるエピソードや、オート調光サンバイザーのレビューなど、ユニークな記事が目立った1週間でした。(2016/4/11)

シャープ公式Twitterの運営にふさわしいのは人工知能より人類――中の人が女子高生AI「りんな」との接戦を制する
Twitterのアンケート機能で調べていました。(2016/4/8)

シャープ公式Twitterに女子高生AI「りんな」がインターン中 中の人もヒヤヒヤな攻めた会話が繰り広げられる
一方ねとらぼアカウントとは人工知能コントを繰り広げていた。(2016/4/7)

シャープ公式Twitterが“女子高生AI”に MS「りんな」が1日インターンで暴走
マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がシャープ公式Twitterの“中の人”に。セガ公式アカウントやワーナーブラザースジャパン公式アカウントに、自由気ままな返事をしている。(2016/4/7)

企業アカウントの未来の姿かも:
シャープのTwitterで女子高生AI「りんな」が大暴れ? 理由を中の人に聞いてみた
シャープのTwitterアカウントに、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が降臨中。(2016/4/7)

「普通にスーツを着て就活はしたくない」17歳女子高専生がプログラミングを学ぶ理由
エンジニア不足といわれている中で、高専生をインターンとして受け入れているベンチャー企業があるという。実際にどんな働き方なのか、インタビューしてみた。(2016/4/3)

特集:アジャイル時代のSIビジネス(5):
「共にビジネスを切り開くパートナーになる」組織作りと人材活用が大切――TIS
SIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerの声を紹介してきた本特集。今回は大規模SIer、TISへのインタビューを通じて「SIerにとって本当に大切なこと」をあらためて確認した。(2016/4/1)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(6):
IT以外の企業も含め多くの人と直接かかわろう――サイボウズのWebアクセシビリティ技術者
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞く。今回は、サイボウズで「kintone」の開発に携わる一方で、Webアクセシビリティの研究に取り組む小林大輔氏に伺った。(2016/3/31)

法制度・規制:
電力全面自由化が再生可能エネルギーに与える影響は何か
2016年4月1日からの電力小売全面自由化を控え、発電事業者や小売事業者はどういう変化を意識し、準備を進めていかなければならないのか。新たに電力小売に参入したLooopは「電力自由化時代における再生可能エネルギーの位置付けと展望」と題したプレスセミナーを開催。電力小売全面自由化を受け、事業者の状況や生活者の意識がどう変わるのかを有識者のパネルディスカッションによって紹介した。(2016/3/24)

車載情報機器:
“使えない”クルマの音声認識が“使える”ようになる日は近い
音声認識システム開発の大手・Nuance Communications(ニュアンス)がシリコンバレーで最新技術説明会を開催。車載器とクラウドの双方で音声認識処理を連携して行う「ハイブリッド」方式のデモを行った。さらに、人工知能技術の活用により、Appleの「Siri」をはるかに上回るレベルの音声認識技術も開発中だという。(2016/3/18)

就活のトリセツ(6):
俺、もうだめぽ?――自己分析しても、やりたいことが分からない!
いよいよ就活解禁。順調に活動を進める人がいる一方で、最初の一歩が踏み出せない人も少なくない。この時期に数多く出現する「やりたいことが分からない」就活生に、勝利の女神はほほ笑むのか?(2016/3/17)

GM、自動運転システムのCruiseを買収
General Motors(GM)が、自動運転システムを手掛ける新興企業Cruise Automationを買収する。GMは1月には自動運転車の統合的ネットワークの構築を目的に、配車サービスのLyftと戦略的提携を結んでいる。(2016/3/14)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
財政破たんから3年、デトロイト再生に取り組む起業家は何をしているのか
かつて世界最大の工業都市として繁栄を謳歌した米国ミシガン州デトロイト。自動車産業の凋落とともに急激な人口減少と治安の悪化に見舞われた同市では、再生のためのさまざまな取り組みが進められている。(2016/3/11)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(6):
倒産寸前の大ピンチからV字回復、ICT活用で復活した紳士服メーカーの戦略
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第6回となる今回は大阪市谷町にある紳士服メーカーのNFLを紹介する。(2016/2/26)

8人のデザイナーの自主研究から生まれた?:
指でなぞると話した言葉が軌跡になるUI技術
三菱電機は、話した言葉を指でなぞった軌跡に表示できる音声認識表示技術「しゃべり描きUI」を開発したと発表した。お絵かきや多言語翻訳などの機能を組み合わせることで、手話/外国語ができなくても、聴覚障がい者や外国人との円滑なコミュニケーションを実現できるという。(2016/2/10)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(5):
学生時代にしかできない研究を究め、就活や就職後の仕事にとことん生かす
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、学生時代に統計学や機械学習の研究に取り組んでいたリクルートテクノロジーズの大杉直也氏に伺った。(2016/2/12)

スマホで就活な就活生に朗報 カメラのキタムラ、スマホ向け証明写真転送サービスをスタート
タブレットやCDドライブのないPCが増えたことも後押ししているようです。(2016/2/2)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
顧客のニーズを満たすのは当事者意識から
自分の置かれている世界で、自らの目線で課題を発見することが社会を変えるイノベーションの原点。受け身なのか、当事者意識を持って行動しているのかで、見えてくる世界は全く異なる。(2016/1/27)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(4):
俺はザッカーバーグだ――インターン制度を活用して入社前から新サービス開発の中核メンバーに
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、ウォンテッドリーへの採用が内定したインターン生の身分で、すでに同社の新しいサービスの開発を担う中核メンバーとして活躍する岩永勇輝氏に、就活生に向けたメッセージを伺いました。(2016/1/14)

働く“キラキラ女子”はかっこいい――Web業界のお仕事事情を描く“ITきゅんきゅん系”漫画「彼女のいる彼氏」
Web系企業で働く28歳女子を取り巻く恋と仕事を描くWeb漫画「彼女のいる彼氏」。自身もエンジニアとして働いた経験を持つ作者・矢島光さんのリアルな描写がじわじわ話題を集めている。“キラキラ女子”と2人の男性に囲まれる主人公の未来は――。(2015/12/25)

就活のトリセツ(3):
履歴書、インターンシップ、リクルートスーツ――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎 その2
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第3章は、就活の準備編として「履歴書」「インターンシップ」「就活マストアイテム」を解説する。(2015/12/24)

「人生を楽しくする方法の1つがプログラミング」──17歳でドワンゴ入社のエンジニアと“現場目線”で学ぶ「プロハイハイ」
カドカワの通信制高校「N高等学校」の提携通学コースとして、初心者向けのプログラミングコース「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」が開校する。「プログラミングは人生を楽しくする手段の1つ」――講師を務める草野翔さんに思いを聞いた。(2015/12/14)

2015国際ロボット展:
「ロボットを板金で」神奈川の板金屋さんが多足ロボットを作るワケ
板金加工業を主業務とする海内工業が、多脚ロボット研究開発プラットフォーム「ダニエル61(仮)」を参考展示している。(2015/12/3)

環境保護活動とビジネスは共存できる――パタゴニアの辻井隆行支社長
アイディール・リーダーズの永井恒男Founderが、優れた決断がビジネスを成功に導いているケースを聞くシリーズ。第3回目はアウトドアブランド「パタゴニア」の辻井隆行支社長に話を聞いた。(2015/12/3)

CAEとスパコン活用事例:
サンマのイイ感じの焼き加減を解析! おいしさや楽しさを届ける調理器具開発とCAE
パナソニック アプライアンス社は、キッチン家電をはじめとする製品設計において、CAEをフル活用している。外部スパコンも使い分けながらうまくシミュレーション環境を構築している同社だが、本格活用するようになったのは「とあるトラブル」が原因だった。(2015/11/25)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
再び自宅で起業、2回目の挑戦だからこそのこだわりとは?
2度目の起業を決めた私は、同じ思いを共有できる創業メンバーの募集を始めた。そこで思ってもみなかったことが次々と起きたのだ。(2015/11/11)

インターンシップと就職の関係
「インターンシップに行くと就職に有利」といった声がありますが、本当でしょうか。「就職活動」は企業側から見れば「採用活動」という、事業の一環。学生の感覚とは異なるビジネスの世界の感覚を理解することで……。(2015/11/5)

自己PR不要、InstagramかGitHubアカウントで選考 ピクシブ「特別エントリー」開始
GitHub、Instagramのアカウントで採用選考する「特別エントリー」をピクシブがスタートした。(2015/10/23)

プログラミング異種格闘インタビュー(3):
高校生×IT “アプリ開発サマーキャンプ”で高校生プログラマーが学んだ、アイデアをより良いカタチにする方法
異業種、異職種ながら、ITやプログラミングで世の中を良くしていこうとチャレンジしている人たちへのインタビューシリーズ。第三ラウンドのテーマは「高校生×IT」だ。(2015/10/20)

「自然言語処理」のプロに聞く:
世界の言語をつなぎ、国を越えて仲良く話せる人を増やしたい――金山博さん
人間の話し言葉を分析する「自然言語処理」が注目を集めている。耳慣れない言葉かもしれないが、Siriやしゃべってコンシェルなど、私たちは知らず知らずのうちにその恩恵を受けているのだ。そこで「Watson」のシステムを支える研究員に、自然言語処理の面白さと未来について聞いてみた。(2015/10/14)

就職とは何か?:
正しい知識を得て、適切な行動をとり、後悔しない選択をするために――「就ラボ」のススメ
正しい選択をするためには、正しい知識が必要だ。IT業界への就職活動に必要な知識をお届けするサイト、それが本日オープンする「就ラボ」だ。(2015/10/1)

自作の時計を学校に持っていった14歳少年、爆弾と思われて逮捕 オバマ大統領などから応援の声
TwitterやGoogleなどのIT企業も少年を応援しています。(2015/9/17)

「MATLAB/Simulink」を学生が体験:
「ステアバイワイヤ」を実装、レゴマインドストームで学ぶモデルベース開発
「MATLAB/Simulink」を提供するMathWorks Japanが理工学系の学生を対象にワークショップを行った。学生たちはレゴマインドストームを使って、日産の「ステアバイワイヤ」の簡易版を再現。1日かけてモデルベース開発の基礎を学んだ。(2015/8/28)

「タバコを吸ってシワシワ顔を手に入れよう!」禁煙呼びかける逆転の発想
禁煙を呼びかける米国のNPO団体ASHが、禁煙を喚起するキャンペーン動画をYouTubeで配信しました。喫煙やタバコの有害性というネガティブかつ耳タコなメッセージをいかに大衆に伝えるか――。1分43秒の映像には、人の興味を誘う工夫が施されています。(2015/8/23)

デモ参加は就活に不利? インターンは行くべき? 採用のプロに聞く「内緒の面接思考術」
Twitterのフォロワーは10万人以上。就活生に人気の著者に聞く就活の極意、心構え。(2015/8/15)

日米のビジネス事情の違いを知る:
「サステイナビリティ」をテーマにNYで起業した女性が語る、企業が直面し始めた課題とは?
米国でのビジネスに力を入れる日本人アントレプレナー(起業家)は、どんなことに興味をもっているのだろうか。ニューヨーク在住歴17年の女性起業家、関口匠子さんに話を聞いた。(2015/7/20)

SNSの影響も:
これからの「ネットと宗教」の関係 国際ヨガの日に浮かび上がった課題とは
6月21日は「国際ヨガの日」でした。世界各地でヨガの催しが行われ、近年のSNSの浸透も後押しして、インターネットを通じてその規模が大きくなり、世界中の人々が参加する大イベントに発展しました。一方で「宗教」に関わる問題も浮かび上がってきました。(2015/7/13)

三菱重工、“リケジョ”対象の奨学金創設 女性エンジニア育成をサポート
三菱重工業が理学・工学系分野を専攻する女子学生を対象とした給付型奨学金を創設した。(2015/6/24)

無償3D CADレビュー:
Googleドキュメントみたい! 無償クラウド3D CAD「Onshape」を使ってみた
一切の作業がクラウド上で出来る無償の3D CAD「Onshape」を試してみたら、かなり使えた! Webブラウザで動作していることを忘れるほどの操作感だ。無償なのに、パラメトリックモデリングにアセンブリなど高度な機能を備えている。(2015/6/22)

日米のビジネス事情の違いを知る:
病院検索サイト「ZocDoc」のエンジニアは、どんなビジネスを考えているのか
全米展開する病院検索レビューサイト「ZocDoc」で、日本人唯一のエンジニアとして活躍する奥西正人氏は、近い将来独立するという。どんなビジネスを始める予定なのか。ニューヨークでSix ApartのCEOを務める関信浩氏が聞いた。(2015/6/12)

履歴書不要、検索結果だけで選考――カヤックが「エゴサーチ採用」
履歴書は不要。検索結果だけで選考します――応募者の氏名やニックネームなどの検索結果のみで採用選考する「エゴサーチ採用」をカヤックがスタートした。(2015/6/9)

またぶっ飛んだ採用活動を……面白法人カヤックがGoogle検索結果を利用した“エゴサーチ採用”を開始
採用はGoogle先生にかかっている。(2015/6/9)

休んでる場合ですよ!? 日本初の休学に特化したサービス「Qコン」が登場 
休学をテーマにした学生のためのリアルな「溜まり場」を目指すとのこと。(2015/5/26)

若者に広がる“リア充”動画アプリ「MixChannel」はなぜ成功したのか
なんですかこのリア充空間は……!(2015/5/22)

ビジネスニュース 企業動向:
amsが東京にデザインセンター新設、ASICの設計体制を強化
amsは、センサーソリューション・デザインセンター(以下、東京デザインセンター)を東京都内に新設し、本格的に業務を開始した。顧客の要求を反映したASICやアナログICの設計体制を一段と強化する。(2015/5/14)

CTOに問う(4)ウォンテッドリー編:
ウォンテッドリーの人材自体がWantedlyサービスの最たる成功事例──プログラマーCTOの挑戦
CTOとは何か、何をするべきなのか――日本のIT技術者の地位向上やキャリア環境を見据えて、本連載ではさまざまな企業のCTO(または、それに準ずる役職)にインタビュー、その姿を浮き彫りにしていく。第4回は「人と企業とのマッチング」を支援するビジネスSNS「Wantedly」の提供で急成長を遂げているウォンテッドリーのCTOでプログラマーの川崎禎紀氏に話を伺った。(2015/5/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。