ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社内SNS」最新記事一覧

PR:今や国家戦略――ワークスタイル変革の“賢い”進め方
少子高齢化が世界的にも急速に進む中、あらゆる日本企業にとって労働力の確保が経営課題となっている。そこで注目を集めているのが、ITを活用し既存業務を見直し、生産性向上、さらに社員にとって働きやすい職場作りを目指す「ワークスタイル変革である。ITmedia エンタープライズの主催セミナーではユーザー企業や有力ベンダーが、ワークスタイル変革の“勘所”を紹介した。(2016/9/30)

ジョーシス:
文系の強みを生かし、世界で活躍する情シスになりたい! 東原彩芳さん
趣味のクラシックバレエも仕事も、技術を磨いていくことにやりがいを感じるという東原彩芳さん。文系出身の強みを生かし、女性ならではの視点も大事にする彼女の情シスライフとは?(2016/9/30)

社員16万人に「Office 365」を導入する富士通、その狙いは?
富士通がOffice 365ベースの社内情報共有クラウドを全従業員16万人に導入する。社内実践で得た知見を基に、コミュニケーション基盤の拡販を図りたい考えだ。マイクロソフトとの協業も強化するという。(2016/9/2)

社内ファイルサーバからの脱却:
PR:今の企業ビジネスシーンにふさわしい「ファイル共有」のあり方とは?
社内ファイルサーバやメール添付に始まり、グループウェアや社内SNSの活用、さらにはビジネスチャット、オンラインストレージへとファイル共有の方法は進化を続けてきた。その結果、さまざまな仕組みが新旧混在し、企業によって状況がバラバラというのが現状だ。そこから浮かび上がる企業課題と、その先の展望などを考えたい。(2016/8/23)

ゴールドマン・サックス、マネーフォワードのサービス開発の在り方とは:
「ソフトウェア品質向上の”変”2016初夏〜FinTech、IoTを見据えた”テスト自動化の勘所”」セミナーリポート(前編)
ITサービスをリリース・改善するスピードが、ビジネス差別化の要件となっている今、サービス開発の在り方にも変革が求められている。では具体的に、どのような変革が必要なのか? @IT編集部が6月に主催したセミナー「ソフトウェア品質向上の”変”2016初夏」からそのポイントを紹介する。(2016/8/18)

PR:「日本企業になじむ」ビジネスアプリマーケット「OPTiM Store」登場 Sansanやマネーフォワードも協力
日本企業向けに最適化したというアプリマーケット「OPTiM Store」が登場。100種類以上のビジネスアプリから必要なものを選んで購入し、社員のモバイル端末に一斉配信できる。(2016/3/22)

ホワイトペーパー:
クリニック内の情報伝達を“一方的な情報提供”から“双方向の情報共有”に変えた社内SNS
医療に対する社会的関心が高まる中、全国に10万施設あるとされるクリニックは、医療やサービスの質はもとより一般企業と同様に業務効率を向上させることが求められている。いち早くIT化に取り組み、業務効率向上を実現した柴垣医院の社内SNSの活用術を紹介しよう。(2016/2/3)

従業員が業務で得た情報は宝の山
営業利益アップを達成した老舗企業に学ぶ、中小企業の“起死回生”CRM活用術
研磨関連製品の老舗企業Mipoxは、業績不振にあえぐ中、営業力強化のために顧客管理ツールを導入し、4期連続増収増益を達成した。成功のヒントは「あらゆる仕事を見える化して共有した」ことだという。(2016/1/22)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(後編):
ゴールドマン・サックスが実践する「品質向上」の取り組みと役立つツール
2015年10月23日に開催された@IT主催セミナーより、後編ではゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングスの伊藤博志氏による特別講演の他、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演を紹介する。(2015/12/8)

アスクルやトリドールが取り組んだ社内コミュニケーション改革とは?
11月12日にITmedia ビジネスオンライン編集部が開催したセミナーにおいて、アスクルのオフィス改革や、「丸亀製麺」などを運営するトリドールの社内SNS導入プロジェクトが紹介された。(2015/11/27)

産地の声が届く接客、大型チェーンでも 四十八漁場を変えたITの力(後編)
今日、届いた魚にはどんなストーリーがあり、どうやって食べるとおいしいのか――。産地と店が楽しみながら食材情報を共有し、メニュー紹介に生かしている四十八漁場。今や情報共有に欠かせないという企業向けSNSを、この店ではどうやって定着させたのか。(2015/11/20)

SNSで社外を巻き込む:
産地の声が届く接客、大型チェーンでも 四十八漁場を変えたITの力(前編)
産地や食材の情報を伝えて、もっと食を楽しんでほしい――。そんなおもてなしで注目を集めるのが魚料理の「四十八漁場」だ。大型チェーン店では難しい、“現場のリアルを伝える接客”を可能にしたのは、あるITツールのおかげだった。(2015/11/18)

最新IT技術をビジネスで活用するためには:
PR:若者にこそ知ってほしい、古いITと最新ITの驚くべきギャップ
Windows 10やMicrosoft Azureといった最新ITテクノロジをビジネスで活用するためには、テクノロジに対してどのように向きあうべきなのだろうか。最新ITテクノロジを紹介することを“なりわい”とする日本マイクロソフトのエバンジェリストによるリレーコラムから、そのヒントを得てほしい。第1回はMicrosoft Azureを中心に幅広い知識と経験を持つ高添修氏による寄稿だ。(2015/9/30)

PC-8000シリーズなどのカタログが復刻:
GALAPAGOS STOREの「レトロ家電カタログ」、メーカーの枠を超えNECパーソナルコンピューターが参加 
シャープ製品のカタログなどを電子書籍として復刻している取り組みに新展開。メーカーの枠を超え、NECパーソナルコンピューターの復刻カタログの配信も始まったGALAPAGOS STOREの「レトロ家電カタログ」。その取り組みを追った。(2015/6/5)

“遊べる本屋”に学ぶ「社員の自由な発想を妨げない」方法
遊べる本屋を掲げる「ヴィレッジヴァンガード」が、モバイル化と業務効率改善をテーマにクラウドサービスを導入した。「従業員の自由な発想を損ねない」を念頭に置いた情シスの考え方とは。(2015/5/20)

ベネッセ社員が産休から復帰しても“浦島太郎”にならないワケ
出産や育児で長期間、会社を離れていると、社会から取り残された気分になり、自分のスキルが通用するのか不安になる――。そんな産休・育休中の女性社員が、自宅にいながらにして会社と接点を持ち続けられる仕組み作りに取り組んでいるのがベネッセだ。(2015/5/19)

企業内SNSの“理想と現実”:
Tポイント・ジャパンが「脱メール」できたワケ
部門を超えた素早い情報共有や、効果的なノウハウ共有などを可能にする「社内ソーシャルシステム」。導入に成功した企業が取り組む“一歩先の活用法”とは? 社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の最終回。(2015/5/14)

丸亀製麺が“社内メール”をやめたワケ
営業本部を中心にプロジェクトメンバーや店舗責任者ら約200人が社内SNSに移行。社内でやりとりしていたメールのほとんどをなくしたという。(2015/4/30)

エンタープライズ・ソーシャルが働き方を変える:
なぜ、企業向けSNSを使うと“会議が減る“のか
エンタープライズ・ソーシャル(企業SNS)を導入するメリットの1つが“情報共有の高速化”。情報がより広く、より速く共有されることで、日々の業務はどのように改善されるのか。(2015/4/16)

企業内SNSの“理想と現実”:
社内ソーシャル導入に失敗しないための「5つのステップ」
部門を超えた素早い情報共有や、効果的なノウハウ共有などを可能にする「社内ソーシャルシステム」。この仕組みを自社に正しく取り入れるためのポイントとは? 社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の第4回。(2015/4/7)

連載・企業内SNSの“理想と現実”:
「拠点間の距離」が意外な武器に――ある食品メーカーの風土がガラリと変わった理由
中国に現地法人を立ち上げたものの、営業スタッフ間の“物理的な距離”が遠すぎてノウハウがたまらない……そんな食品メーカーの悩みを打開した社内ソーシャル活用法とは? 社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の第3回(後編)。(2015/3/5)

インタビュー:
“妹”も生まれる「地平アイこ」、誕生の秘密
東芝の開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)。自然さにこだわり、展示会では手話も披露した。産業用ロボットは以前から手掛ける同社が、なぜコミュニケーションロボットの事業化を目指すのか。(2015/3/4)

ファン急増「ヤマー チャン」 美形キャラで理解促進 伊藤忠商事の「Office 365」活用術
「20時以降残業禁止」「朝型勤務制度」の導入など、従業員のワークスタイル改革を支援する施策を積極推進する伊藤忠商事が、メール/社内コラボレーションツールを「Office 365」に刷新した。導入の経緯や手段、そしてそれを「従業員へ理解してもらう」方法とは。(2015/2/27)

新しい働き方、新しいオフィス:
働きやすいオフィスは作って終わりではない、社員の88%超が「たのしくはたらく」ために
執務エリアの半分をオープンスペースにして、37種類もの机やイスを配置したインテリジェンス ビジネスソリューションズ。2つのITツールが場所や時間に依存しない働き方を支えている。(2015/2/26)

DEAN & DELUCAの商品選びに磨きをかける“社内SNS”の力
“食のセレクトショップ”として名高いDEAN & DELUCA。代表を務める横川氏は、生活雑貨を扱う店舗も展開している。両社のシナジー効果を高めるために選んだ社内SNSと、その効果は。(2015/2/24)

在宅ワーカーたちのつながり、線から面へ YPPの連帯感を強めたチャットツールの力
人手不足でテレワークやワークシェアリングが注目を集める中、“離れた場所にいるワーカー同士のコミュニケーション”という課題が浮上している。10年前からこの問題に取り組んできたYPPの解決法は。(2015/2/20)

PR:東京で働くのは「無理だと思った」――徳島県の“田舎”で働くITベンチャー、Sansan社員に働き方を聞いてみた
Sansanが徳島県神山町にサテライトオフィスを設置してから4年3カ月。そこで実際に働く人々はどのような成果を上げ、企業としてどんな価値が得られたのか。徳島の市街地から30キロほど離れたその地に向かい、“中の人”たちに聞いてきた。(2015/2/12)

東建コーポレーション、クラウド活用のコミュニケーション基盤を構築
Office 365を活用したコミュニケーション基盤を構築し、合わせて約2600台のタブレット端末を導入している。(2015/1/13)

連載・企業内SNSの“理想と現実”:
大手学習塾で苦しむ「孤独な教室長」を救った“たった1つの仕掛け”とは?
「教室運営スタッフは自分1人、誰のサポートも期待できない」――そんな状況に苦しむ学習塾社員を救った1つの“仕掛け”とは? 社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の第3回。(2014/12/24)

企業ソーシャルが変える“環境”とは何なのか:
PR:「魅力的な人材を集める」ならば、魅力的なコラボレーション環境を用意せよ
これまで“あ・うん”の呼吸で成り立っていたことが、できなくなる。企業のモバイル化、クラウド化が進み、従業員のワークスタイルが「急激に変化」している。この「新しいワークスタイル」が、なぜ企業にとって重要な意味を持つのか。そして、それを支える企業コラボレーション手段には「どんな要素が必要」なのだろうか。識者二人の対談から「今とこれから」を洗い出し、一緒に考えていこう。(2014/12/8)

営業スキルは動画で教え、いいね!で広める――ナレッジ共有の進化形「frontshare」
トップ営業が持つ資料作りやプレゼンのコツ、優秀な店員の接客技術、専門技術を持つスタッフならではスキル――。座学で学ぶよりも、現場スタッフから直接学んだ方が身につく業務現場のノウハウを“手軽に動画で”発信し、共有できるビジネスSNSが登場した。(2014/11/5)

マイクロソフトカンファレンス2014基調講演:
新生マイクロソフトは“チャレンジャー”――デジタルワークとデジタルライフをコアにビジネスを進める
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」が10月23日、東京で開幕。基調講演に登壇した樋口泰行社長は「モバイルファースト」「クラウドファースト」を旗印に、サティア・ナデラ新CEOが進める“変革”の全容を紹介した。(2014/10/24)

リコージャパン株式会社主催セミナー
ソーシャルは企業の万能薬になるか──企業SNSの効能と活用の処方箋
ループス・コミュニケーションズよりコンサルタント・鬼頭正己氏を講師に迎え、新しいコミュニケーションや情報共有、ワークスタイルの改革の万能薬として、社内SNSが期待できるかどうかを考察。社内SNS活用のあるべき姿と、成功に導くポイントとは?(2014/10/21)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

連載・企業内SNSの“理想と現実”:
「ウチの社内SNSは活発だ」――そんな企業がコミュニケーション不全に陥った“2つの原因”
「情報共有を促進するためにソーシャルツールを導入したのにうまくいかない」――実際の事例から見えてきた“2つの失敗原因”とは? 社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の第2回。(2014/9/17)

伊藤忠商事、顧客重視のワークスタイル変革を目指したクラウド環境を構築
伊藤忠商事は顧客接点を重視する現場主義の推進のため、日本マイクロソフトのOffice 365をはじめとする製品・サービス群やNTTコミュニケーションズのクラウドサービスを導入した。(2014/8/27)

新連載・企業内SNSの“理想と現実”:
なぜ日本企業は「社内ソーシャル」導入に失敗するのか
メールなどに代わるコミュニケーション手段として注目を集める「社内ソーシャルシステム」だが、導入に失敗してしまうケースも少なくない。その原因は何なのか。社内ソーシャルの導入事情に詳しいサイボウズ・伊佐政隆氏による寄稿連載の1回目。(2014/8/22)

松岡功の時事日想:
企業内SNSを定着させる方法
ソーシャルネットワーク(SNS)は今や一般に広く利用されているが、これを企業向けに活用する仕組みとなるとまだまだ普及が進んでいない。なぜか。ガートナージャパンのバイスプレジデント・志賀嘉津士氏によると……。(2014/6/4)

IBMの新たなパートナーシップとPaaS「BlueMix」の全貌とは:
PR:マイルドヤンキーよ、イノベーションを起こすためにIBMのプラットフォームを見極めろ
日本IBMは2014年5月13日、「クラウド時代を生き残るために。共にイノベーションを創造するパートナーシップ」をテーマに、主催イベント「IBM Software & Cloud Innovation」を開催。本稿では、IBMの新たなパートナー戦略やPaaSサービス「BlueMix」を核としたクラウド戦略についての講演模様、パートナー事例セッション、そして、バラエティ番組でもおなじみの慶應義塾大学大学院 教授 岸博幸氏による特別講演の模様をお届けする。(2014/6/4)

モバイルパワー2014:
売上を伸ばすための10の秘けつ
多くの成功事例をもつ船井総研のコンサルタントが、営業力向上にグッと効く10の秘けつを紹介する。「モノを売ること」の難易度が上がった時代に必要なスキルとは?(2014/6/3)

転機をチャンスに変えた瞬間(22)〜絵本ナビ 金柿秀幸:
子育てと会社の成長を両立させる〜絵本ナビ流ワークライフバランスの創り方
週に5日家族と食事をするために、組織と仕組みを徹底的に合理化した――「絵本ナビ」代表金柿秀幸氏が考える、仕事と家庭を両立する会社作りとは。(2014/5/27)

「ソーシャル コラボレーション カンファレンス」リポート
「SNSはメールを駆逐する」は本当に正しいのか?
SNSなどのソーシャルツールが、コミュニケーションの新たな主役となりつつある。従来の主役、メールの役割はもう終わったのか? 専門家のイベント講演を基に、コミュニケーションの在り方を再考する。(2014/5/13)

ワークスタイル変革に大きな効果
国内11万人のコミュニケーション基盤を統合、富士通の他社を凌駕する最新事例
電話やメール、ビデオ会議、メッセージングなどのコミュニケーション基盤を統合――富士通の事例は、11万人という対象社員数だけでもその規模の大きさが分かる。ワークスタイル変革を目指した統合の詳細とは。(2014/4/18)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
時代の変化を見越し、進化し続ける企業の組織の在り方に迫る
すべてをルール化して縛ってはいけない。ガチガチなルールにはめて金太郎飴状態では、新しいものを生みだすことはできない。(2014/4/4)

グループウェア「desknet'sクラウド」がバージョンアップ――グローバルにも対応
ネオジャパンが、グループウェア「desknet'sクラウド」をバージョンアップし、社内ワークフロー・ソーシャル・ポータルサイト作成などを強化。さらに言語とタイムゾーンの切り替えを可能にし、グローバルにも対応した。(2014/4/2)

PR:進化するCIOの役割──システム管理責任者から企業戦略の担い手へ
日本マイクロソフトは「ビジネス トランスフォーメーションを実現するクラウド」をテーマに「Microsoft CIO Seminar」を開催。企業競争力を高めるためのIT活用や、CIOに求められる役割について、大手企業のCIOとともにディスカッションを行った。(2014/3/31)

導入事例:
ニトリ、1万7000人のグループウェアにOffice 365を導入
ニトリが自社のグループウェアとして、Office 365を導入。ソフトバンク・テクノロジーの導入支援を受けた。(2014/3/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

週間記事ランキング
レビュー担当者を驚かせた「Surface 2」の働き者っぷり
アプリ不足は否めないものの、生産性を優先するユーザーには最適な端末とされる米Microsoft「Surface 2」の徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/11/22)

社外での“炎上”抑制にも効果
社内SNSを使い始めた企業で何が起きているか
ある調査で「企業内SNSを導入済み」という回答が全体の80%を占めた。だが、多くの管理者が企業内SNSの不適切な使用を懸念している。専門家によると、企業内SNSには従業員の問題行動を抑制する効果があるという。(2013/11/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。