ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自己都合」最新記事一覧

医師が嫌うのはどんな患者?
病院にかかるときにぜひわきまえておきたい、患者としてのマナー。医師から煙たがられる患者とは、どんな人なのでしょうか。(2016/6/13)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

キャリアニュース:
出戻り(再雇用)経験ある人事担当者は72%、制度化している企業はまだ少数
エン・ジャパンが人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」利用者392名を対象にした調査を発表。「一度退職した社員の再雇用」の実態を伝えている。(2015/2/23)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(11):
もうやめて! 「あっち向いてホイ」なQC矢印の乱用
「矢印」を多用したプレゼン資料は本当に見やすいのか? 外国人技術者にとって“日本人が多用する矢印”は、その資料を読み解く際の妨げになるケースもあるとか。本稿を参考に、正しい矢印の使い方をマスターしよう!(2014/8/8)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(2):
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”JINS MEMEはなぜ生まれたのか
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”として大きな注目を集めたジェイアイエヌの「JINS MEME」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2014/7/1)

本田雅一のエンベデッドコラム(27):
「これが新しいVAIOです」――ソニーPC事業の失墜と新会社に求められる新たなVAIOブランドの確立
なぜ、ソニーは「VAIO」ブランドを手放すことになったのか――。モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏が関係者への取材を基に、VAIOの運命を変えた方向転換について掘り下げる。そして、新会社に求められる“新しいVAIOブランド”の方向性を考察する。(2014/2/20)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(4):
【離職票】確認すべき3つのポイント
会社都合で退職したのに失業保険がすぐにもらえない! そんな事態に陥らないために離職票のチェックポイントを伝授しよう(2013/12/7)

本田雅一のTV Style:
大画面テレビのトレンド(2) 大型有機ELの遅れと4Kテレビの関係
前回から少し時間が空いてしまったが、CEATECに出展していなかった韓国メーカーの動向を詳しく紹介しつつ、他方で4Kテレビに注目が移りつつある状況を整理してみよう。(2012/10/12)

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(2):
営業プロセスを理解しているエンジニアが強いワケ
エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。(2012/9/25)

このケースはクビ? 企業による懲戒処分
従業員が引き起こす違法行為に対し、企業はどのように対応しているのだろうか。上場企業またはそれに匹敵する企業に聞いた。労務行政研究所調べ。(2012/9/6)

被災地で職を失った人に聞く、震災の影響で解雇されたのは32.5%
震災前に被災地(岩手・宮城・福島)で働いていた人に、現在の職業を聞いたところ「震災前と同じ勤務先」と答えた人は84.8%、「違う勤務先」は15.3%であることが分かった。連合調べ。(2011/11/7)

城繁幸の「辞める前にこれを読め」:
外資系企業で成功する人、失敗する人
日系企業と外資系企業のどちらの人事が“ドロドロ”しているだろうか。そんなことをひもといたのが『外資系企業で成功する人、失敗する人』(PHP新書)である。これは若手のキャリア必読書だ。(2011/4/14)

IFRSを会計×業務×ITで理解する【第8回】
財政状態計算書(2)人ごとではない? 従業員給付
投資家の視点から作られ、日本基準からの考えの転換が求められるIFRS。対応システムを適切に構築するための情報をお届けする。今回はIFRSへの移行時に特に損益に対する影響が大きい「従業員給付」を解説。(2011/2/28)

会社を強くする経営者のためのセキュリティ講座:
第11回 退職する悪質な従業員から会社を守る方法
内部不正は従業員が退職した後に発覚する場合もあります。悪質な行為をした従業員を逃がさないためにも、企業として事前に講じておくべき手段を紹介しましょう。(2011/2/1)

金融業界で働く人が、転職したい金融機関はどこ?
リーマンショック後に転職または離職しましたか? 金融業界で働いている人に聞いたところ、「転職した」が25%、「転職活動中」が29%であることが分かった。日経HR調べ。(2010/10/22)

「どうする!?どうなる?都条例」:
「ゾーニングの顔をした表現規制」「社会の自立の、行政による他殺」──宮台教授
都の青少年育成条例改正問題を考えるイベント「どうする!?どうなる?都条例」で、宮台真司教授は「誤解」を招く改正案のあいまいさ、法益の疑わしさなどを批判した。(2010/5/20)

お茶でも飲みながら会計入門(30):
意外と知らない? 「退職金」の種類と計算方法
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2010/4/8)

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:
デジカメのメモリカードで解雇された研究者
海外留学に選抜された優秀な研究者が出発前に解雇されました。彼がした不正行為から小型の情報機器にまつわる脅威や対策を解説します。(2010/4/7)

コストダウンを「解雇」で行ってはいけない
解雇相談を受ける際、目的が人件費圧縮であれば、解雇ではなく賃下げやITコスト削減などから行うようにアドバイスしているという筆者。その背景には訴訟コストの削減や労働基準監督署からの是正勧告の回避があるという。(2010/3/2)

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:
パスワード解読と不正アクセスした研究員の事情
ツールで複雑なパスワードを解読しようとしても実際には容易ではありません。今回はそれに成功してデータベースに侵入した人物の事件を紹介します。(2010/1/15)

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:
LAN上のメールをすべて収集していた社員
情報セキュリティの専門家 萩原栄幸氏が企業や組織における情報セキュリティリスクを解説する連載です。今回は周囲には明かせない密かな関係から発展してしまった、ある内部不正の出来事を紹介しましょう。(2009/12/21)

吉田典史の時事日想:
なぜ会社は辞表を書かせようとするのか――解雇との違い
多くの会社は社員を「解雇」するのではなく、辞表を書かせたがるということをご存じだろうか。たとえリストラといった形でも、社員は辞表を書き、自己都合で辞めるケースが多い。こうした背景には「助成金」と「退職金」に関係があるようだ。(2009/12/11)

吉田典史の時事日想:
筆者が「職務経歴書」を書き、プロに採点してもらった
転職活動をする際、「職務経歴書をどのように書けばいいのか」と悩んだことがある人も多いのではないだろうか。そこで筆者は「職務経歴書」を書き、それを転職コンサルタントの今村勝さんに添削してもらった。(2009/12/4)

アラフォー起業家の“継続拡大”人脈術:
退職者を社外ファンにする――去る人に記念イベントをしっかり
ある会社の最終出勤日、社長がわたしを自宅まで車で送ってくれたことがあった。自分が送り出されるときを考えてみると、手厚くしてもらった経験がよみがえる一方、残業でタクシー帰宅が続いたこと、展示会で数日間立ちっぱなしで辛かったこと――など嫌な記憶は薄れている。辞めるときには会社都合と自己都合があるわけだが、いずれにせよきちんと送り出してもらえると辞めた側も気持ちがよいし、実は送り出す会社側にとっても大きなメリットがあるのだ。(2009/11/25)

それゆけ! カナモリさん:
3度目の正直なるか? カフェ市場に切り込むマクドナルド
かつてマックカフェで苦汁をなめたマクドナルドが、ついにリベンジに動いた。カフェラテやカフェモカなどのメニューをマック価格で売り出す。日本のカフェ市場はマクドナルドに全面降伏するのだろうか。(2009/11/9)

「辞めますカード」に効果はあるか?
会社員をやっていると辞表を叩きつけたくなることや、辞表を盾に交渉をしようと思ったことのある人は少なくないでしょう。辞表を会社に出すとどのようなことが起こるのでしょうか?(2009/7/24)

完全失業者が7カ月連続で増加 総務省
市況の悪化により失業率が悪化、失業者数も増加の一途をたどっている。(2009/6/30)

ビジネスに差がつく防犯技術(13):
“企業に役立つ防犯技術”を振り返る
本連載では“防犯”の観点から、社内のさまざまな問題を取り上げてきた。今回は、いままでの総括として日本人のリスクの低さや性弱説の重要性、権限の漏えいなどの防犯技術の肝を事例を交えて紹介する。(2009/6/17)

ワークポート調べ:
「希望するスキル・キャリア形成ができない」――転職理由ランキング
(2009/5/15)

山崎元の時事日想:
ある雑誌編集者に見る、“優しいリストラ”の手口
購読部数や広告費の減少などにより、“出版不況”が続いている。ある雑誌の編集者も、担当している雑誌の「休刊」にともない、会社を辞めるという。しかしその実態は、会社による“優しいリストラ”なのかもしれない。(2009/1/22)

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(9):
ブリッジズ氏の過渡期を乗り切るトランジション理論
本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。(2009/1/20)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇
ファイル交換ソフトを使った情報漏えい事件が後を絶たない。公私を問わず不用意に使用することが会社や組織だけでなく、家族や本人の人生にさえも暗い影を落としてしまうことがある。(2009/1/13)

新連載スタート! 山崎元の時事日想:
クビと辞職、どちらがトク? 外資系金融のリストラについて考える
サブプライムローン問題などの影響で、外資系金融機関で働く人にとっては“逆風”が吹いている。ある調査によると、この1年間で約4%の外資系金融マンがリストラされたという。しかし慌てることはない。クビを宣告されても意外なメリットがあるかもしれない。それは……。(2008/9/4)

小西賢明の「お客様を想え。」:
何がしたい? 誰に愛されたい? 何も見えてこないマックカフェ
えびフィレオやメガマックなど、次々とヒットを飛ばすマクドナルドの次の注目は「マックカフェ」のはずだった……。しかしターゲットはあいまい、コンセプトは見えない、そして誰にどう愛されたいのか見えない、まるで“独りよがりビジネス”の典型だったのだ。(2008/5/8)

研修で教えてくれない!:
第38回「引越しのお知らせ」
「来月、別のアパートに引っ越すことにしたんです。それで引越しのお知らせを友だちに送ろうと思うんですけど、正式なのはやっぱりハガキですよね」「メールも送ったほうがいいんじゃないか?」(2008/3/5)

「無断欠勤2週間」で7割、「飲酒運転」で4割の会社が懲戒解雇
暴力や飲酒運転などの社会問題を起こした社員に対して、懲戒解雇を適用する企業が増えているようだ。また懲戒解雇の場合、75%の企業が退職金を全額支給しないと回答している。労務行政研究所の調べ。(2007/9/19)

ヤフオクで元スタッフが不正取引、詐欺で逮捕
(2007/1/25)

携帯が故障する原因で、一番多いのは……?
ネプロジャパンの調べによれば、携帯ユーザーの約7割が一度は故障を経験しているが、半数以上はデータのバックアップをしていない。回答者の20%が経験している故障の原因とは。(2006/6/1)

転職失敗・成功の分かれ道(13):
異なる文化の企業への転職。その現実
毎日、人材紹介会社のコンサルタントは転職希望者と会う。さまざまな出会い、業務の中でこそ、見えてくる転職の成功例や失敗例。時には転職を押しとどめることもあるだろう。そんな人材コンサルタントが語る、転職の失敗・成功の分かれ道。(2006/1/11)

「コンセント、抜けてます。」:
あなた何日帰ってないですか?
この記事は秀和システム社発刊の書籍『コンセント、抜けてます。』の一部を許可を得て転載しています(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/12)

システム部門Q&A(18):
素人IT部長に望むこと
これまで慣れ親しんだ職種を離れ、情報システム部長の辞令を受けた。コンピュータのこともよく分からない場合には、どのようにすればよいのか? 今回は素人IT部長に求められる姿勢を一般的なあるべき論ではなく、ブラックユーモアあふれる反面教師的な内容で紹介する。(2005/2/11)

転職を阻む意外な落とし穴(1):
転職にも必要な軍資金
転職する際に重視することは何か。給料、希望職種、経営者のビジョンや方針、スキルアップ支援など。しかし、いざ転職する場合に、そんなこととは関係なく、思いもよらぬことで転職を断念しなければならないことがある。そんな例を、毎回キャリアデザインセンターのキャリアコンサルタントが紹介する。(2003/7/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。