ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iPS細胞」最新記事一覧

Induced Pluripotent Stem Cells:人工多能性幹細胞

医療機器ニュース:
「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究を開始
京セラは、理化学研究所およびオーガンテクノロジーズとともに、「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究契約を締結。毛包器官を再生して脱毛症を治療する技術や製品の開発を共同で実施すると発表した。(2016/7/25)

免疫不全のサル、ゲノム編集で誕生 慶応大など研究
サルの遺伝子を「ゲノム編集」という技術で操作し、免疫機能を低下させることに成功したと、慶応義塾大学などが発表した。(2016/7/1)

ヒトゲノム合成計画が始まる
解析は終わった。合成の手法も確立している。(2016/6/28)

医療技術ニュース:
卵細胞の因子を用いて、高品質のiPS細胞を高効率に作製
慶應義塾大学は、卵細胞にのみ発現するタンパク質「H1foo」を用いて、従来の方法よりも高品質なiPS細胞を効率良く作製することに成功した。(2016/6/17)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/02
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月2日)(2016/6/3)

医療技術ニュース:
がんになりにくい長寿ハダカデバネズミからiPS細胞の作製に成功
北海道大学は、長寿命でがんになりにくい体質のハダカデバネズミからiPS細胞を作製することに成功し、その腫瘍化耐性メカニズムを解明した。将来、人間にも応用できるがん化抑制法の開発やがん予防に役立つことが期待される。(2016/5/27)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(1):
一流の科学技術力を持つ日本人
日本の半導体業界およびエレクトロニクス業界では、低迷が叫ばれて久しい。だが、日本には確かな技術力があるのだ。群雄割拠のこの時代、日本が技術力を余すところなくビジネスにつなげるヒントは、世界屈指のハイテク産業地帯、米国シリコンバレーにある。シリコンバレーのビジネスを30年以上にわたり、最前線で見てきた著者が、“シリコンバレーの活用術”を説く。(2016/5/27)

医療技術ニュース:
ミトコンドリアゲノムの初期化機構を発見
理化学研究所は、従来の遺伝子の複製機構では説明できなかったミトコンドリアゲノムの初期化機構を発見したと発表した。(2016/5/20)

島津製作所 inspeXio SMX-225CT FPD HR:
業界トップクラスの視野/解像度を誇るマイクロフォーカスX線CTシステム
島津製作所は、マイクロフォーカスX線CTシステム「inspeXio SMX-225CT FPD HR」を発売した。(2016/5/2)

科学思考を日常へ:
「体験型はもう古い」 リニューアルした日本科学未来館の狙いと新しい展示をチェック
リニューアルした日本科学未来館は従来の科学館とは一線を画す、どこにもない新しい科学館を目指す。(2016/4/21)

医療技術ニュース:
マウスiPS細胞から複雑な皮膚器官系の再生に成功
理化学研究所は、マウスiPS細胞から、毛包や皮脂腺などの皮膚付属器を持つ「皮膚器官系」を再生する技術を開発したと発表した。再生した皮膚器官系を生体内に移植することにより、天然の皮膚と同等の生理機能を再生できることも実証した。(2016/4/21)

「体験型展示はもう古い」――日本科学未来館、開館以来初の大幅リニューアルがすごかった
日本科学未来館の常設展が新しくなってオープン。その様子をレポートする。(2016/4/20)

医療機器ニュース:
広い視野と高解像度を誇るマイクロフォーカスX線CTシステム
島津製作所は、マイクロフォーカスX線CTシステム「inspeXio SMX-225CT FPD HR」を発売した。大型高解像度フラットパネル検出器を搭載したことで、業界トップクラスの広い撮影視野と高い解像度の3次元画像を得られるという。(2016/4/20)

知っておきたい医療のこと:
【新連載】人生に関わる疾病から命を守るには
がん、脳梗塞、心筋梗塞そして認知症。尊厳を奪い人生を台無しにし得る疾患から自分を守るためにはどうすればよいのか。(2016/4/13)

医療機器ニュース:
iPS細胞などを閉鎖的に大量培養できる、幹細胞用自動培養装置
ニプロは、幹細胞用自動培養装置「CELLAFORTE(セラフォルテ)」の受注生産による販売を開始した。ES/iPS細胞や間葉系幹細胞などの大量培養が可能になり、閉鎖系培養システムによって細胞混入や汚染のリスクが低減する。(2016/4/12)

医療技術ニュース:
ヒトiPS細胞から機能的な角膜上皮組織の作製に成功
大阪大学は、ヒトiPS細胞に対して細胞自律的な分化を促し、眼全体の発生を再現させる2次元培養系を開発した。機能的な角膜上皮組織も作製し、動物モデルへの移植により治療効果も立証した。(2016/3/31)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/17
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月17日)(2016/3/18)

医療技術ニュース:
脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化する手法を開発
慶應義塾大学は、MRIを用いて、脳脊髄の髄鞘の再生を可視化することに成功した。多くの病院に設置されているMRIを利用し、約10分程度の短時間で撮影できる。(2016/3/15)

iPS細胞から角膜を作製 阪大が成功 再生医療に活路
大阪大学が、iPS細胞から角膜の一部を作り出すことに成功。再生医療への活用を見込む。(2016/3/10)

医療技術ニュース:
ヒト末梢血由来iPS細胞を神経幹細胞に誘導する手法を開発
順天堂大学はヒト末梢血から作製したiPS細胞を効率的に神経幹細胞に誘導する技術を開発した。さらに、末梢血由来iPS細胞でも皮膚線維芽細胞由来iPS細胞と同様に、パーキンソン病の病態を再現できることを明らかにした。(2016/3/10)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/03
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月3日)(2016/3/3)

医療技術ニュース:
ヒトiPS細胞から、免疫機能を高めがん細胞を直接攻撃する細胞を作製
京都大学iPS細胞研究所は、ヒトのiPS細胞から、免疫細胞の一種であり、他の免疫細胞の機能を高めるiNKT細胞の作製に成功したと発表。この細胞はがん細胞を直接攻撃する機能も持っていた。(2016/2/26)

「攻殻機動隊の世界」を実現する、夢と英知の現在地
産学一体で“攻殻機動隊の世界の実現”を目指すプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が、各地で開催してきたコンテストの最優秀賞を選出した。2029年のテクノロジーはどこまで“リアル”となったのか。(2016/2/12)

医療技術ニュース:
ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に成功
名古屋大学は、ヒトES細胞を用いて、下垂体前葉のホルモン産生細胞を分化誘導させることに成功した。今後、下垂体機能不全に対する再生医療への応用が期待されるという。(2016/2/4)

2016年 新春インタビュー特集:
Watsonが導く、次世代の“ヘルスケア”ビジネス――IBM・与那嶺社長
IBMが注力するコグニティブ・テクノロジー「Watson」。これは今後どのような価値をわれわれにもたらしてくれるのか。同社のポール与那嶺社長が特に注目しているのは、身近な話題かつ、社会貢献とビジネスが両立しやすい“ヘルスケア分野”への応用だという。(2016/1/2)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
シェアリングエコノミー型が牽引するオープンガバメント
2期8年目を迎えようとする米国オバマ政権が推進してきたオープンガバメント/オープンデータ推進策は、仕上げの段階に入ろうとしている。従来の電子政府戦略からどのように進化したのだろうか。(2015/12/24)

医療技術ニュース:
細胞が生きた状態で心臓組織シートを簡便に積層化する方法を開発
京都大学は、ゼラチンハイドロゲル粒子を利用することで、マウスES細胞から作製した心臓組織シートを簡便に積層化する手法を確立。このシート15枚を積層化し、細胞が生きた状態で厚さ約1mmにすることに成功したと発表した。(2015/12/18)

医療機器ニュース:
自動培養装置によるヒトiPS細胞の長期間培養に成功
京都大学とパナソニックは、ヒトiPS細胞の自動培養装置を開発した。これを用いて長期間の培養を実施したところ、ヒトiPS細胞の主要な特徴である未分化性・多分化能が十分に維持できていることも確認した。(2015/12/15)

医療技術ニュース:
細胞死を誘導しiPS細胞由来T細胞療法の副作用を制御するシステムを構築
東京大学医科学研究所研究グループは、iPS細胞の技術を使って若返らせたヒトの免疫細胞(T細胞)が、マウスに移植した腫瘍を縮小させることを確認した。(2015/9/17)

医療技術ニュース:
ウシ体細胞から全能性を有するiPS細胞株を樹立
京都大学は、生殖系列細胞を含む全ての組織および器官に分化する人工誘導多能性幹(iPS)細胞株を、ウシから作製することに成功したと発表した。個体の構築が可能なナイーブ型細胞株をマウス以外の哺乳動物で樹立した、初の成功例となる。(2015/9/10)

医療機器ニュース:
毒性のないヒトES/iPS細胞用の細胞凍結保存液を商品化
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、京都大学再生医科学研究所とリプロセルが、NEDOプロジェクトの成果をベースに、毒性のないヒトES/iPS細胞用の細胞凍結保存液を開発したと発表した。(2015/8/31)

医療技術ニュース:
ヒトの細胞で、RNAを用いて細胞の機能を精密に制御する人工回路を構築
京都大学は、ゲノムDNAを傷つける恐れのないRNAをヒト細胞に導入することで、細胞の機能をさまざまに制御できる「人工回路」を開発したと発表した。標的がん細胞にのみ、細胞死を誘導できる人工回路などを構築した。(2015/8/27)

医療機器ニュース:
医療グレードでヒト細胞を大量培養する技術開発を加速
IHIは、再生医療の実用化に向け、横浜市立大学と共同で取り組む「大量培養機能を有するヒト細胞の製造システム」の開発が、「横浜市特区リーディング事業助成金」の対象事業に採択されたと発表した。(2015/8/24)

医療技術ニュース:
試験管内で、マウスES細胞から胃の組織細胞の分化に成功
産業技術総合研究所は、マウスES細胞から、試験管内で胃の組織を丸ごと分化させる培養技術を開発したと発表した。この胃組織は、胃粘液や消化酵素を分泌し、ヒスタミン刺激に応答して胃酸も分泌した。(2015/8/20)

医療機器ニュース:
生細胞への侵襲性が低いダメージレス・セルソーターの国内販売契約を締結
島津製作所は、古河電気工業が製造・販売するダメージレス・セルソーター「PERFLOW Sort」について、国内販売契約を締結した。細胞への侵襲性が低く、ヒトiPS細胞やヒトES細胞などのデリケートな生細胞にも対応できる。(2015/7/21)

医療機器ニュース:
フィンランドの企業から非染色生細胞画像解析技術を獲得
横河電機は、フィンランドのChip-Man Technologiesから、非染色画像解析技術を獲得した。再生医療・iPS細胞・創薬などの分野で、前臨床・臨床段階における生細胞の非染色での画像解析に応用できるという。(2015/7/14)

医療機器ニュース:
残留iPS細胞を選択的に除去する技術を開発、ALA技術を応用
SBIファーマは、リプロセルとの共同研究で、iPS細胞由来の分化細胞を用いた再生医療で問題となる残留iPS細胞を、5-アミノレブリン酸(ALA)を使って選択的に除去する技術を開発した。(2015/6/25)

小学生6年生の「将来就きたい職業」――6年前と変わった?
株式会社クラレは6月22日、今年小学校を卒業した子どもの「将来就きたい職業」についてのアンケート結果を発表した。男子の将来就きたい職業トップは……。(2015/6/23)

EE Times Japan Weekly Top10:
“見えない光”を使う加工技術
EE Times Japanで2015年6月6〜12日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/6/21)

医療技術ニュース:
フラーレンを用いて、再生医療向けの細胞培養の足場材形成に成功
物質・材料研究機構は、炭素材料の1つであるフラーレンの柱状結晶を用いて、細胞培養の足場となる材料の表面に、ナノスケールのパターンを形成することに成功した。(2015/6/17)

医療技術ニュース:
生体顕微鏡観察で新しい血小板産生過程を発見
京都大学iPS細胞研究所は、骨髄中の巨核球細胞に生体顕微鏡観察を行い、新たな血小板造血の過程を同定し、制御する因子(IL-1α)を明らかにしたと発表した。(2015/5/29)

「細胞の初期化」で若返りの可能性 筑波大学、ヒトの老化の仕組みの新仮説を発表
老化をリセット!(2015/5/24)

医療技術ニュース:
立体的な「臓器の芽」を人為的に創出する培養手法を確立
横浜市立大学は、立体的な器官原基を人為的に創出する汎用的な培養手法を確立したと発表した。器官原基法による自己組織化のメカニズムを応用し、肝臓などから分離した細胞から3次元的な器官原基を創出することに成功した。(2015/5/8)

「遺伝子」とは何か
遺伝子は、ヒトの体の部品を作るための重要な情報を記録している領域であり、ヒトの個性を生み出す設計図でもあります。遺伝子を正確に知ることは自分の個性を知ること、自分自身を知ることにつながります。(2015/5/1)

医療技術ニュース:
移植用細胞から未分化ヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発、再生医療のリスク低減へ
産業技術総合研究所は、和光純薬工業と共同で、移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPSやヒトES細胞を除く技術を開発した。新開発の薬剤融合型レクチンは、分化した細胞に影響を与えずに、未分化ヒトiPS/ES細胞だけを選択的に除去できる。(2015/4/30)

武田薬品、京大iPS細胞研究所と共同研究 10年間で200億円、新薬や細胞治療研究
武田薬品が京大iPS細胞研究所と共同研究を始める。10年間で200億円の研究資金の提供、設備や人材支援を行う。(2015/4/17)

医療機器ニュース:
創薬支援分野参入に向け、iPS細胞開発・製造の米企業を買収
富士フイルムホールディングスは、iPS細胞の開発・製造のリーディングカンパニーである米Cellular Dynamics Internationalを買収すると発表した。今回の買収により、iPS細胞を使った創薬支援分野に本格的に参入する。(2015/4/17)

富士フイルム、iPS細胞製造会社を買収
富士フイルムホールディングスはiPS細胞を開発・製造するCellular Dynamicsを3億700万ドルで買収する。(2015/3/30)

EE Times Japan Weekly Top10:
スマートグラス業界、ターゲットは既に産業分野に移行
EE Times Japanで先週(2015年3月14〜20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/3/23)

医療技術ニュース:
再生医療用iPS細胞の培養に適した足場材の製造方法を確立
大阪大学蛋白質研究所の関口清俊教授らの研究グループは、再生医療用iPS細胞の培養に適した足場材「ラミニン511E8フラグメント」の製造方法を確立した。(2015/3/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。