ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITpro EXPO」最新記事一覧

普及の第2フェーズに入る「iBeacon」──ACCESSに聞く、導入事例と対策のヒント
あらゆる機器がネットワークとつながるIoT社会の到来を控え、企業のIT担当者はどこに、何を投資し、注力すべきか。今回はIoT対策の一環と位置付ける「iBeacon」をキーワードに、導入例と対策のヒントを探ろう。(2014/10/27)

ブームから実装アイデア勝負へ:
Intel Edison国内発売直前! クラウド学習サービス連携IoTサービス開発スターターキットの中身とは?
インテルの超小型コンピューター「Edison」の国内販売スタート間近のいま、IoTブームも現実的な実装をソフトウェアエンジニアが考えられる状況がそろいつつあるようだ。プロトタイピングがはかどる開発環境や、クラウドサービスと連携したアプリケーション開発のための環境も。(2014/10/24)

ITPro EXPO 2014:
OpenStackの“中の人”が語る「Juno」の狙い、次期バージョン「Kilo」の方向性とは?
OpenStack Foundationのコミュニティマネージャー、トム・フィフィールド氏がITPro EXPO2014の講演に登場し、オープンなOpenStackコミュニティの性質をあらためて強調。ちょうどその日にリリースされたばかりの「Juno」の情報も飛び出した。(2014/10/20)

ITPro EXPO 2014:
SDN+SIEMで標的型攻撃を検知し隔離する、NTTデータが開発
NTTデータは「ITPro EXPO 2014」に合わせ、SDNを活用してマルウェアに感染した端末の検出を迅速に行えるようにする新技術を披露した。2015年度にソリューション化し、販売する計画だ。(2014/10/17)

組み込み開発ニュース:
何に使うか「Edison」、ロボット制御や小型IoTエッジデバイスなどインテルが紹介
米Intelの日本法人であるインテルは展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。(2014/10/17)

組み込み開発ニュース:
マイクロソフトは「IoT」と「Azure」がともにある未来を描く
日本マイクロソフトは展示会「ITpro EXPO 2014」において、.NET Micro Framework対応ボード「Internet of Things Starter Kit」や、クラウドサービス「Microsoft Azure」など、IoT(Internet of Things)にまつわる同社の製品とサービスを展示した。(2014/10/17)

グレープシティが開発支援ツール「Forguncy」リリース:
Excel方眼紙をWebアプリにして楽になろう
帳票好きの日本人に浸透している“Excel方眼紙”。一方でこれがボトルネックとなり、業務の効率化が進まない現実もある。そこに着目したのが「Forguncy」だ。(2014/10/16)

ITpro EXPO 2014 レポート:
なるほどこんな方法も──“声”を消す、「人間のセキュリティ脆弱性」対策
セキュリティ対策で穴になる「人間の脆弱性」。作業ミスに由来する脅威は深刻だが、会議室での会話を盗み聞きされ──こんな穴もありえる。ヤマハが独自の音響技術を取り入れたスピーカー型「盗み聞き」対策機器に、“なるほど。そういえばこんな方法もあった”と注目を集めていた。(2014/10/16)

ITpro EXPO 2014 レポート:
全社最適はIT部門にしかできない――ANAとLIXILのCIOが語る未来の姿
企業のIT部門が担うべき役割について様々な提言がある中、全日空の幸重孝典CIOとLIXILの小和瀬浩之CIOが自社での取り組みを踏まえながら、IT部門の今後の役割について語った。(2014/10/16)

ITpro EXPO 2014 Report:
宙を舞う指で認証も、ARとスマートグラスを使う入力技術が出現
のぞき見も盗撮もできない“安全な情報入力”を可能にするという技術をNTTデータがお披露目した。(2014/10/15)

ITpro EXPO 2014 Report:
「標的型攻撃を見つける、止める」先端的手法の出展相次ぐ
巧妙化する標的型サイバー攻撃での情報漏えいリスクが高まる中、攻撃へのスピーディーな対応を可能にしていく新たなセキュリティ技術や製品が登場した。(2014/10/15)

ITpro EXPO 2014 レポート:
企業のIoT対策、まだ間に合うのか──「もう、それをビジネスに変えるフェーズに入っている」
訪れるIoT社会に対し、企業は何を考えるべきか。IoTの標準化団体「IIC」ファウンダーのインテルが現時点のIoTの潮流と戦略を説明。切手サイズのIoT向けコンピュータ「Edison」も発表した。(2014/10/15)

NEWS
乃木坂46も登場、“IoT”と“ウェアラブル”が熱い「ITpro EXPO 2014」が開催
ビジネスに直結する最新のテクノロジー動向をフォローできる ICTの総合展示会「ITpro EXPO 2014」が開幕。主要なベンダーの展示を中心に、見どころをチェックする。(2014/10/15)

NEWS
遠隔講義から文字認識まで 「ITpro EXPO」で見つけた学校向け注目製品を紹介
開催中のIT総合イベント「ITpro EXPO 2014」では、教育機関向けのIT製品/サービスも幾つか展示されている。その中から注目の展示内容を紹介しよう。(2014/10/15)

佐賀県が取り組む教育IT化の実態【後編】
タブレットだけではない、佐賀県学校IT化の要「教育クラウド」とは
全県立高校へのBYOD採用が注目を集める佐賀県だが、同県が取り組む教育IT化の取り組みは多岐にわたる。佐賀県教育庁の福田孝義氏の話から、その実態を探る。(2013/11/7)

佐賀県が取り組む教育IT化の実態【前編】
佐賀県立高校の「Windowsタブレット5万円自腹購入」はどう決まったのか
佐賀県は、なぜ県立高等学校の生徒用端末としてWindowsタブレットを選定したのか。端末を配布せず、生徒の自己負担とした理由は。佐賀県教育庁の福田孝義氏の話をまとめた。(2013/10/25)

ITpro EXPO 2013 レポート:
システム開発の請負は失敗のもと
プロジェクトの遅延やシステムの欠陥などを引き起こす原因は何か。日本情報システムユーザー協会の細川エグゼクティブフェローが調査データを基に問題点を指摘した。(2013/10/11)

ITpro EXPO 2013 レポート:
「ももクロ」人気の理由をビッグデータで解明――モノノフの“草の根の強さ”明らかに
ももいろクローバーZの人気の理由をビッグデータ分析で解明する――そんなプロジェクトの結果が発表。マスメディア先行ではなくファンの“草の根”でブームが起きたことなどが明らかになった。(2013/10/11)

ITpro EXPO 2013 レポート:
IT業界のベテラン記者はこのメガトレンドをどう見るか
現在開催中の「ITpro EXPO 2013」。2日目の特別対談セッションでは、IT業界で長年にわたり取材活動を続けているメディアのキーパーソンが昨今のITトレンドを解説した。(2013/10/10)

ITpro EXPO 2013 レポート:
次の時代を担うCIOとデータサイエンティスト、日本交通と大阪ガスの取り組み
ビジネスに貢献するIT部門やデータ分析が注目を集める。「日経情報ストラテジー」誌のCIOオブ・ザ・イヤーとデータサイエンティストオブ・ザ・イヤーに選出された2社がその取り組みを紹介した。(2013/10/10)

ITpro EXPO 2013 レポート:
「行くぜっ!ビッグデータ」 ももいろクローバーZ×津田大介“秋のIT祭り”を見てきた
ももいろクローバーZの5人が「ITpro EXPO 2013」に登場し、ビッグデータやモバイル、クラウド、ソーシャルといったIT業界のトレンドを勉強。5人のうち一番の“アナログ派”は……?(2013/10/10)

ITpro EXPO 2013 レポート:
クラウドはバズではなくホットワード、クラウドファーストも“当たり前”――日経BP 星野氏
日経BP調査による「第7回クラウドランキング」について同社編集プロデューサーの星野友彦氏が詳細をレビュー。各ベンダーがクラウド市場でのプレゼンスアップにしのぎを削るなか、順位に変動はあったのだろうか?(2013/10/9)

KDDIとKDDI研究所、「ITS 世界会議」「ITpro Expo 2013」で企業向けにスマホ関連の展示
KDDIは、10月15日から開催される 「ITS世界会議 東京2013」で、車とスマートフォンに関連した展示を行う。KDDI研究所は、ICTの総合イベント「ITpro EXPO 2013」でスマホのヘルスケア関連の展示をする。(2013/10/3)

100年スタートアップ企業が目指すもの:
5年目のEvernoteは「デザイン」「シンプル」で挑戦し続ける
Evernoteのフィル・リービンCEOが来日し、日本ユーザー向けに説明会を開催。最新バージョンの特徴や他社と共同開発したオリジナル製品の販売について、同社の方向性を話した。(2013/10/2)

ITpro EXPO2012:展示会イベント恒例のおねいさん写真を撮ってきました【フォトレポート】
展示会イベントにコンパニオンさんはつきものですよね。(2012/10/14)

CEATEC JAPAN 2011:
これが未来のテーブルですね――パイオニアの「コミュニケーションテーブル」
パイオニアブースで参考出展されていた「コミュニケーションテーブル」は、会議や家族間コミュニケーションの未来を感じさせるものだった。大型ディスプレイとPCをテーブルに組み込み、画面上の画像や映像を手を使って直感的に動せる。(2011/10/11)

社内PCをiPadやAndroidで安全に遠隔操作――NTTアイティの「マジックコネクトモバイル」
NTTアイティが、3GやWi-Fiを通じてタブレット端末から社内PCをリモート操作できる「マジックコネクトモバイル」を発表。専用ソフトをPCやサーバ、端末に入れれば、簡単に利用できる。電子証明書なども使って認証するVPN接続機能など、セキュリティ対策も充実している。(2011/9/28)

PCIアイオスとインタープロ、Android向けビジネスアプリの展開で提携
インタープロが開発したAndroid向けビジネスカタログシステム「BiSmart」の法人市場向け展開で提携する。(2010/10/14)

WILLCOM CORE XGPでHD画質の遠隔会議システム――ウィルコムが「ITpro EXPO 2009」に参考出展
ウィルコムが10月1日からサービスを開始した、WILLCOM CORE XGP利用の遠隔会議システムを「ITpro EXPO 2009」に参考出展する。(2009/10/27)

Cosminexus V8 Review:
Javaの「Stop The World」を回避する現実解
Webシステムの停止をもたらすFull GCを防ぐ手法、それは「長時間使うインスタンス専用の特別な管理領域を持つ」というものである。(2008/11/4)

IIJ、法人向けモバイル通信サービスでアルカテル・ルーセントと協業
(2008/10/15)

固定電話とケータイで内線通話を――「アジルケータイセントレックス」
(2008/10/15)

情報システムは「所有」から「利用」へ:
Webメディア6人の編集長がIT業界の将来を議論
10月中旬の「ITpro EXPO 2008 Autumn」を前に、ITmedia Enterpriseや@IT、ITproなど国内のIT系ネットメディア6誌の編集長がディスカッションをした。テーマは「クラウド」。今後の情報システムの方向性を占う。(2008/10/8)

NEWS
「状況は悪化する一方だ」、F-Secureのセキュリティ研究トップがサイバー攻撃に警鐘
フィンランドのセキュリティ企業、F-Secureのセキュリティ研究所責任者がイベントで講演。「ユーザーはウイルス対策製品をパッケージではなくサービスとして利用する時代になった」とした。(2008/2/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。