ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「J-WAVE」最新記事一覧

「そのヌードには、秘密がある」 横浜美術館で「ヌード」展開催
ドキドキ。(2017/7/5)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルが赤いiPhone、新しいiPadを発売へ――ハイエンドとローエンドの2極化路線で、幅広いユーザーを獲得
AppleがiPhone 7/7 Plusにスペシャルモデル「(PRODUCT)RED」を追加した。また、iPhone SEはストレージが32GB・128GBにアップグレードし、9.7型iPadが新たに登場した。これらの新製品を通して見えてくるのが、Appleの「二極化」戦略だ。(2017/3/31)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
ラジオ番組をスマホにダウンロードできる「ラジオクラウド」
Wi-Fi通信以外の環境では、できるだけストリーミングコンテンツの利用を避けたい。そのような人に最適なラジオアプリが「ラジオクラウド」だ。スマートフォンのローカルストレージにラジオ番組を保存し、オフラインで聴取できる。(2017/2/14)

番組をダウンロードして聞けるラジオアプリ「ラジオクラウド」 TBSラジオや文化放送などが参加
番組をスマホにダウンロードしてオフライン時に再生することも可能。(2017/1/30)

スマホにダウンロードもできる:
ラジオ番組などオンデマンド配信「ラジオクラウド」始動
ラジオ局が制作した番組などをネットを通じて好きな時に聴ける「ラジオクラウド」がスタートし、TBSラジオなど11局が参加。(2017/1/30)

PR:これぞSIMフリースマホの最高峰!――「HUAWEI Mate 9」で一歩先へ進もう
HUAWEIのフラッグシップモデル「Mate 9」が、ついに日本に上陸した。5.9型のディスプレイを搭載し、Leicaと共同開発したカメラがさらに進化。最高峰のSIMフリースマホといえる本機の魅力を見ていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/12/14)

「HUAWEI P9」でプロジェクションマッピングや撮影を楽しめるイベント、六本木で開催中
ファーウェイ・ジャパンが、六本木ヒルズ展望台で開催されている「星空のイルミネーション」に協賛中。「HUAWEI P9」を使ってプロジェクションマッピングができる。ラウンジではP9やMateBookなどの最新機種を試せる。(2016/12/7)

何てかわいい猫ちゃんニャ! 二階堂ふみ&松岡茉優の猫耳姿にファン「神コンビですわ」
黒猫白猫お好みで。(2016/10/18)

チケット高額転売問題、解決策は「いろいろある」 津田大介さん・福井健策さんの見方
「チケット高額転売に反対します」――著名なアーティストが名を連ねたこんな声明が話題に。深刻化する“ネットダフ屋”による高額転売に、どう対処すればよいか。津田大介さんと福井健策さんが語り合った。(2016/9/23)

ヘッドフォンで参加できる:
業界初の“3Dラジオ”、J-WAVEが実験オンエア
J-WAVEは、ヤマハが開発した音響技術を使用してラジオ業界初の「3Dインタラクティブラジオ」実験を行う。同局の番組「INNOVATION WORLD」で8月28日の22時から放送予定だ。(2016/8/25)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年4月版:
セキュリティエンジニアを目指す若者の4月
2016年4月は、「Apache Struts2」の脆弱性や「OSコマンドインジェクション」を使った攻撃が騒ぎを呼ぶ一方で、突如「Yahoo!知恵袋」に注目が集まったのでした。(2016/5/17)

セキュリティのアレ(24):
個人情報漏えいが相次いだ2016年4月――セキュリティ専門家たちが振り返る
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第24回は毎月恒例の「振り返り編」です。4月にはCMSプラグインの脆弱性に起因する個人情報漏えい事件が相次ぎました。専門家がその経緯や対策について解説します。(2016/5/13)

写真展:
「銀座階段ギャラリー」「フォト・プロムナード」
(2016/5/11)

不正アクセスにより、エイベックスのWebサイトから約35万件の個人情報流出の可能性
ソフトウェアの脆弱性を突いた不正アクセスでした。(2016/4/30)

J-WAVE、不正アクセスで約64万件の個人情報流出の可能性
モバイルサイト構築ソフトの未知のセキュリティホールが原因でした。(2016/4/23)

休日にイッキ見しよう! 1000円以下で見放題のおすすめ動画サービス5選
スマホやタブレットで気軽に動画を見られる時代。1000円以下で見放題の動画サービスを紹介する。(2016/4/10)

コーヒー片手に英語の練習 六本木ヒルズカフェに「TOEIC ENGLISH CAFE」オープン
常設してほしい。(2016/2/24)

写真展:
平井理央 写真展「WONDER VISION」
(2015/9/22)

J-WAVE「FUJIFILM OPINION」公開録音イベント 「XQ2」がもらえるフォトコンテストも開催
J-WAVEで日予備の朝6時から9時まで放送している「WONDER VISION」内の1コーナー、「FUJIFILM OPINION」の公開録音イベントが9月19日に開催される。またフォトコンテスト「日曜朝の写真館」も開催。優秀作品には「FUJIFILM XQ2」をプレゼントする。(2015/8/28)

オンライン動画サービス特集:
お笑い好きなauユーザーへ 毎月1本の新作レンタルチケットが付く「ビデオパス」
各キャリアが定額制動画配信サービスを提供しているが、auの「ビデオパス」もその1つ。その特徴を見ていこう。(2015/8/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ文章力があるとビジネスは成功するのか?
お客さまが満足してくれればリピータになり、口コミで広がりビジネスが拡大する。どうすればお客さまは満足してくれるのか。(2015/7/16)

スマートハウス:
太陽光発電と電気自動車でラジオ生放送、2時間の電力を自給自足
首都圏でラジオ放送を運営しているJ-WAVEが太陽光発電の電力だけを使って2時間の生番組を中継した。場所は千葉県にある1棟のスマートハウス。日中に電気自動車に充電した太陽光発電の電力を日没後に家の中に供給して、放送機材のほかに照明や空調、電子楽器や電磁調理器などで利用した。(2015/5/29)

スマートハウス:
太陽エネルギーでラジオ番組を生放送、「みどりの日」に電力を自給自足
スマートハウスの屋根に搭載した太陽光パネルの電力だけを使って、5月4日の夜に2時間のラジオ番組を生放送する。日本初の試みで、昼間に太陽光で発電した電力を電気自動車に貯めて利用する。シンガーソングライターの山崎まさよし氏によるライブ演奏もリビングルームから放送する予定だ。(2015/5/1)

パブリックドメインを使った二次創作――「Book Short」の優秀作がネットで公開中
第4期までの優秀作の中から決定する大賞に選出されれば、ショートフィルム化やラジオ番組化も。(2015/2/27)

11月22日(土)全国公開:
PR:映画『インターステラー』から見える、地球の未来と宇宙への挑戦の今
食糧が枯渇し、地球上に住めなくなった人類は、宇宙に活路を見いだす――11月22日に全国公開される映画『インターステラー』は、そんな“少し未来の地球”を描いた作品だ。映画で描かれたようなことは本当に地球上で起きているのか? また、宇宙の探索はどこまで進んでいるのか? 実際に惑星探査に携わる東京大学の宮本英昭准教授と、映画ライターの新谷里映さんに、「地球の今と宇宙への挑戦」と、映画『インターステラー』について聞いていこう。(2014/11/4)

大賞作品はショートフィルムやラジオ番組に、Book Shortで短編小説を募集開始
ショートショート フィルムフェスティバル&アジアが、新プロジェクト「Book Short」を始動。昔話やおとぎ話をテーマにした短編小説を募集している。(2014/8/1)

ポイントで出資できる:
「音楽にチャンスを!」 J-WAVEが放送連動型の音楽ファンドを運営
J-WAVEが、新人アーティストや現役アーティストの新しい活動をサポートするファンディングサービスを開始する。一般の音楽ファンからの少額出資を募る仕組みだ。(2013/8/19)

レコード会社の代わりに楽曲を宣伝します――ユードー南雲氏に聞く「SPOT MUSIC」の狙い
ユードーが提供している「SPOT MUSIC」は、ミュージシャンが宣伝した楽曲をリスナーが聴いて“応援”をすることで、ポイントがもらえるという新しいタイプの音楽サービス。新しい音楽ビジネスの創出を狙う南雲氏に、開発の背景を聞いた。(2013/8/9)

浅田次郎の名作短編を新たなストーリーテラーがリメイク
浅田次郎の名作短編をフィーチャーしたラジオ番組を紹介。(2013/8/6)

雨の日にラジオを聞くと「いいこと」が 電通とJ-WAVE、放送連動型O2Oサービスを開始
電通とJ-WAVEは、ラジオを起点とした放送連動型O2Oサービスを実施する。スタジオ周辺で雨が降ると、各種特典が受けられるクーポンがオンラインで発行される。(2013/6/5)

小寺信良「ケータイの力学」:
“ネットいじめ”の真実(2)
ネットいじめとリアルいじめにはどんな関連性があるのか。中高生の被害経験をまとめた調査結果をもとに、その本質に迫る。(2013/2/18)

Twitter公式「ソーシャル防災訓練」、第2回は渋谷駅前で
災害時にソーシャルメディアを効果的に使ってもらうための「第2回ソーシャル防災訓練」は2月6日に東京・渋谷駅周辺エリアで。(2013/1/24)

どうなるネット選挙!? 津田大介が聞く:
ネットでできる選挙の話、ネットでできない選挙活動
衆議院選挙が公示され、候補者たちはブログやTwitterなどのインターネットを使った情報発信を一時的に休止した。これは、公職選挙法違反に問われる恐れがあるためだが、選挙期間中に候補者や有権者がやってはいけないこととは、具体的にはどういうことなのだろうか。選挙プランナーの三浦博史氏と津田大介氏が語り合った。(2012/12/14)

「写真すること」――写真家 瀬尾浩司と女優 今宿麻美の場合
各界で活躍する18名のアーティストが「FUJIFILM X」で撮影した作品を展示する写真展「写真すること」が開催される。本展のプロデューサーを務める写真家 瀬尾浩司さんと、作品を展示するモデル・女優の今宿麻美さんにそれぞれの「写真すること」を聞いた。(2012/11/5)

ヤフー、Twitterなど「ソーシャル防災訓練」 Twitter使って避難
ヤフーとTwitter Japan、J-WAVE、森ビルが、Twitterを使った避難訓練を行う。災害時にソーシャルメディアを効果的に使ってもらうための啓発活動の一環。(2012/8/27)

Twitter、ヤフーら4社が「ソーシャル防災訓練」 ソーシャルメディアを使って指定場所まで避難せよ!
災害時にソーシャルメディアをかしこく利用し、正しく行動するためのマナーやルールを学ぶ。(2012/8/27)

災害時、SNSを上手に利用するために:
TwitterとYahoo! 、六本木で「ソーシャル防災訓練」を開催
9月19日、ヤフー、Twitter、J-WAVE、森ビルの4社は合同で、SNSやスマートフォンアプリを利用したソーシャル防災訓練を実施する。訓練の場所は六本木で、参加希望者はTwitterで応募が可能。(2012/8/27)

パナソニック、「LUMIX キャラバンカー」で「DMC-GF5」体験イベント
ミラーレス一眼「DMC-GF5」を体験できるタッチ&トライイベントとワークショップが6月2日より首都圏5カ所で行われる。ワークショップは、J-WAVE「Hello World」ナビゲーターのふたりが参加する回も設けられている。(2012/5/29)

2012年 それぞれの「スタート」:
【新春鼎談】この時代に働くということ
混沌とした社会において、われわれはどのように働き、生きていけばいいのか。リビングワールド代表で、働き方研究家の西村佳哲氏、「東京R不動産」の創業メンバーである馬場正尊氏および吉里裕也氏が、進むべき新たな方向性を示した。(2012/2/7)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(7):
なぜ若者はクルマから離れていったのか
若い世代の間で“クルマ離れ”が進んでいる。クルマを買わないどころか、免許すら持っていない人も少なくない。なぜ若者はクルマに興味を示さなくなったのだろうか。ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/23)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(6):
「絆」というキーワードが、危険な意味を含んでいるワケ
2011年の世相を表す漢字として「絆」が選ばれた。大震災を経験し、日本社会は「家族が大事」「地域が大事」といったムードが漂っているが、そこに危険は潜んでいないのか。ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/21)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(5):
今の大学生、ものすごいことを起こすかもしれない
今の大学生はどのような生活を送っているのだろうか。「クルマに乗らない」「海外に行かない」といったネガティブなイメージがあるかもしれないが、ひょっとしたらものすごいことを起こすかもしれない。その理由は……。(2011/12/20)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(4):
中高年と若者との会話が、噛み合わない理由
会社にいる年配の人たちと話をしていて「会話がうまく噛み合わないなあ」と感じたことがある人もいるだろう。その原因はどこにあるのか? 社会学者の鈴木謙介さんとジャーナリストの津田大介さんが分析した。(2011/12/16)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(3):
「SQ」ってナニ? 震災後に変化したモノ
震災後、日本人の間で「社会に貢献したい」という意欲は強まっているのだろうか。この質問に対し、社会学者の鈴木謙介氏は「強まっていない」と答えるという。その理由は……。(2011/12/14)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(2):
津田大介が注目する、ネット媒体とは
ネット媒体が誕生してから、10年以上が経過した。社会学者の鈴木謙介さんは「ネット媒体の論調に、独自のカラーが出せていないのでは」と指摘。一方、ジャーナリストの津田大介さんは、注目しているネットメディアの名前を挙げた。そのメディアとは……。(2011/12/13)

PR:世界が変わる“プレミアム・ミラーレス”「GX1」、使いこなしテクをプロが伝授!
パナソニック“プレミアム・ミラーレス一眼”「LUMIX GX1」の体験イベントが開催された。プロのレクチャーを受けた参加者からは「世界が変わった!」とのコメントも飛び出した。(2011/12/12)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(1):
何が問題なのか? メディアにころがる常識
メディアが構造的な問題に苦しんでいる――。購読部数の減少、広告収入の低下などさまざまな課題が押し寄せているが、解決の糸口が見えてこない。こうした問題について、ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/9)

J-WAVE「ハロワ」がフォトコン、六本木ヒルズでも展示
J-WAVEの番組「Hello World」では、フォトコンテスト『LUMIX × HELLO WORLD「GIFT〜大切な人に贈りたい写真」』の受付を開始した。投稿はfacebookから受け付け、投票はヒルズ52階の展望フロアでも行える(2011/12/5)

J-WAVE 「HELLO WORLD」と「DMC-GX1」のコラボワークショップが開催
J-WAVEはパナソニック「DMC-GX1」を用いたワークショップ「LUMIX HELLO WORLD 1DAY PHOTO SCHOOL」を12月4日に開催する。(2011/11/28)

「同じ値段で、上いく性能」:
“シンプルなPC”で一般ユーザーに訴求――サードウェーブが「ドスパラPC」を発表
ゲーミングPC「Galleria」シリーズで知られるドスパラのショップブランドPCに、ライトユーザー層をターゲットにした新シリーズが登場する。シンプルかつ高性能な製品構成が特徴だ。(2011/11/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。