ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジャスダック」最新記事一覧

鳥貴族28年ぶり値上げ……“二重苦”に追討ちをかけたもう一つの理由
「280円均一」という低価格を売りにしている居酒屋チェーンの鳥貴族が、28年ぶりに値上げに踏み切り、10月1日から一律298円に。その理由は――。(2017/10/2)

企業努力も限界に:
鳥貴族28年ぶり値上げ 人件費と食材費高騰の“二重苦”に追い打ちかけたもう1つの理由
「280円均一」という低価格を売りにしている居酒屋チェーンの鳥貴族が、28年ぶりに値上げに踏み切り、10月1日から一律298円(税別)となる。(2017/9/29)

YOZANが破産 PHS事業「アステル東京」など手掛ける
PHSの他、IP電話やWiMAXなども手掛けていました。(2017/9/27)

「江戸っ子1号」製造:
岡本硝子が急騰 鉱床採掘成功で深海探査機事業に期待
岡本硝子がストップ高。経産省とJOGMECが「海底熱水鉱床」の採掘実験に初成功し、深海探査機事業の拡大に期待が集まったため。(2017/9/27)

元JASDAQ上場:
YOZANが破産 PHS「アステル東京」など展開
PHS事業「アステル東京」などを展開していた移動通信事業者のYOZANが東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2017/9/27)

YOZANが破産 「国内初のWiMAX商用サービス」提供も……
東京商工リサーチによると、YOZANが9月20日、東京地裁から破産開始決定を受けた。(2017/9/27)

JASDAQに上場:
フィギュアのコトブキヤ、初値は公開価格の約1.3倍
フィギュア・ホビー製造販売の壽屋(コトブキヤ)が東証JASDAQスタンダードに新規上場した。初日は公開価格を上回る水準で推移した。(2017/9/26)

自己申告で判明:
元代表取締役が1億円着服か JASDAQ上場企業で発覚
JASDAQ上場企業の元代表取締役が、約1億円を不正に受領していた疑いが発覚。(2017/9/22)

フォーサイドが取得:
倒産の「CROSSクラウドファンディング」、別会社で再出発
運営会社が倒産した「CROSSクラウドファンディング」をフォーサイドが取得。11月から事業を開始する計画だ。(2017/7/21)

アースも上昇:
フマキラー株、また高値更新 “ヒアリ銘柄”好調続く
猛毒を持つアリ「ヒアリ」の女王アリ発見から一夜明けた7月5日も、株式市場では“ヒアリ銘柄”が好調。フマキラーなどが年初来高値を更新した。(2017/7/5)

ノウハウ取り入れて収益拡大へ:
ユニー・ファミマ、総菜に注力 カネ美食品を子会社化
ユニー・ファミマHDが、カネ美食品を子会社化することが決定。顧客のニーズが高まりつつある総菜分野でさらなる収益を得る狙い。(2017/6/29)

取締役会で付議後に決定:
カネ美食品の株価が急騰 ファミマが子会社化を検討で
ユニー・ファミマHDがカネ美食品の子会社化の方針を検討していると報じられると、カネ美食品の株価が急騰した。(2017/6/29)

“デジタル棋譜”に人気が出る?:
将棋・藤井4段の記録更新で株価急騰……その銘柄は
藤井4段の快進撃が報じられると、ある企業の株価が急騰した。(2017/6/27)

当時小学生にも人気:
「ぱどタウン」終了 老舗コミュニティーサイト
2001年オープンのコミュニティーサイト「ぱどタウン」が7月21日に終了する。(2017/6/22)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

USEN、上場廃止へ U-NEXTと経営統合
USENが8月に上場廃止。今年3月末にU-NEXTがUSEN株に対するTOBを実施し、経営統合を目指していた。(2017/6/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調! “後発”のやよい軒が業界トップになれたワケ
業績好調の定食チェーン「やよい軒」。2004年、東京・四谷に1号店をオープンしたやよい軒は、大手3社のうちで最後発ながら、今や業界をリードする存在に成長した。なぜ、比較的短い期間で定食業界の最大手に成長できたのか。(2017/6/13)

精養軒・東天紅:
上野のパンダ5年ぶり出産で「パンダ株」再び急騰
上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が出産したとの発表を受け、「パンダ株」として知られる飲食業2社の株価が再び急騰した。(2017/6/12)

日宣がクラウドERP導入 月次決算業務が半減、経営管理もスムーズに
広告宣伝事業を展開する日宣が、基幹業務システムをオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」で刷新。決算処理の早期化など、経理業務の大幅な効率化を実現した。(2017/6/7)

ねっと部:
上場企業社長が突然「YouTuber目指す」 「サトケンTV」オープン
GMOペパボの佐藤健太郎社長が、YouTuberを目指し始めた。(2017/5/25)

赤ちゃん誕生なら来客増:
「上野のパンダ妊娠」 あの飲食店の株価、また急騰
上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が妊娠した可能性があると発表された5月23日午前、株式市場で「精養軒」と「東天紅」の株価が急騰した。(2017/5/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ちゃんとした会社」ほど新規事業を生み出せないジレンマ〜社内で企画案を通すための3つのコツ〜
合理的な経営システムは事業環境に変化がない場合は有効だが、大きく変化する中で新たな価値を生み出すには逆に作用してしまうことも多い。いかにして既存の枠組みを超えて新規事業を創出するか。(2017/4/20)

新連載・外食戦争の舞台裏:
なぜコロワイドは「かっぱ寿司」を買ってしまったのか
かっぱ寿司の経営不振が続けば、コロワイドの屋台骨が揺るぎかねない状況だ。なぜコロワイドは「買収するメリットよりはリスクの方が大きい」(関係者)かっぱ寿司を買ってしまったのだろうか。(2017/4/18)

「ほぼ日」上場 初日は初値付かず
「ほぼ日」がJASDAQに上場。買い注文が集まり、初値は付かなかった。(2017/3/16)

「ほぼ日」ついに上場 売り上げの7割が「手帳」 サイトの読みものは「社会への肯定感に根ざしている」
あの「ほぼ日」がついに上場へ。有報によると、売上高の7割を「ほぼ日手帳」が稼いでいるという。(2017/2/14)

糸井重里氏率いる:
ほぼ日、上場 予定日は3月16日
東京証券取引所は2月13日、ほぼ日の上場を承認した。市場区分はJASDAQ(スタンダード)。公開予定日は3月16日。(2017/2/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ「まねきねこ」大躍進の裏側
近年、「カラオケ本舗 まねきねこ」が絶好調だ。店舗数で業界首位を走ってきた第一興商の「ビックエコー」にほぼ並びトップクラスに躍り出た。一体何が起こっているのか。(2016/12/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

豊洲移転問題で土壌汚染対策に注目 提携発表の企業、株価急騰
環境管理センターは10月19日、フィールド・パートナーズとの資本業務提携を発表。築地市場の豊洲移転問題でも注目が集まる土壌汚染調査サービス強化を狙い、株価が急騰している。(2016/10/20)

任天堂が急落、「ポケモンGO影響は限定的」で 一方、バッテリー関連が活況に
7月25日の株式市場で、任天堂(東証1部)が急反落。一方、バッテリー関連は活況。(2016/7/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
出店加速! なぜ「鳥貴族」は“全品280円”でも成長できるのか
若者の酒離れ、居酒屋離れが強まっているといわれる中、その流れと逆行するように業績を伸ばしているのが「鳥貴族」だ。同店の成功の秘密を解説していく。(2016/7/6)

ハウス食品、ギャバンをTOBで子会社化へ 香辛料事業を強化
ハウス食品が「GABAN」ブランドで香辛料を販売するギャバンを子会社化へ。(2016/5/12)

サン電子がストップ高 iPhoneロック解除に子会社が協力?
サン電子がストップ高。iPhoneロック解除に子会社が協力している可能性が伝わったため。(2016/3/29)

バンダイナムコ、「たまごっち」のウィズをTOBで完全子会社化へ
バンダイナムコは、玩具の企画・開発を手掛けるウィズを総額10億円で買収。(2016/3/9)

新星堂、ワンダーコーポが吸収合併 「新星堂」店舗は継続
レコード店運営の新星堂を「WonderGOO」などを展開するワンダーコーポが吸収合併する。(2015/12/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
もしもあなたが新規事業の担当になってしまったら
この2〜3年で企業の新規事業に取り組む姿勢が大きく変わってきている。新たな市場への進出、新事業創出ができるかどうかが登用されるポイントになっている。(2015/8/27)

「経理・決算の人材が不足」……小僧寿しが開示した驚きの「重要な不備」
「必要かつ十分な専門知識を有した社内の人材が不足している」──小僧寿しが開示した内容が投資家を驚かせている。(2015/4/1)

IT株式ウォッチ:
提携発表の任天堂とDeNAがそろってストップ高
18日の株式市場では資本・業務提携を発表した任天堂とDeNAに買いが集まり、それぞれ値幅制限の上限(ストップ高)まで上昇した。(2015/3/18)

小型/低ノイズで付加価値を高める:
欧州市場はマイクロDC/DCコンバータ1本で攻める
一時、業績が悪化したものの、回復基調にあるトレックス・セミコンダクター。特に欧州での売り上げが順調に伸びているという。その要因として、小型と低ノイズにこだわったコイル一体型の「micro DC/DCコンバータ」を、需要のあるメーターやインフラ系の分野で着実に販売できる体制を整えてきたことが挙げられる。(2014/12/26)

IT株式ウォッチ:
大幅上方修正のミクシィがストップ高 買い注文殺到
業績予想を大幅に上方修正したミクシィに買い注文が殺到。(2014/8/11)

IT株式ウォッチ:
ミクシィ連日の高値更新 時価総額はDeNA・グリーの2倍超に
モンストへの期待を背景にミクシィが連日の高値更新。時価総額はDeNA・グリーの2倍超に。(2014/7/29)

IT株式ウォッチ:
日本通信、半年で株価十数倍に 格安スマホ人気・SIMロック解除義務化で注目集める
日本通信(JASDAQスタンダード)の株価が半年で十数倍に高騰。格安スマホ人気やSIMロック解除義務化などから収益拡大が期待されているようだ。(2014/7/24)

IT株式ウォッチ:
ミクシィの時価総額、グリーも抜く
3日の株式市場でミクシィが大幅上昇し、年初来高値で取引終了。時価総額でグリーも上回った。(2014/6/3)

IT株式ウォッチ:
ミクシィが2日連続ストップ高 「モンスト」ヒットで急成長予想
16日の株式市場でミクシィが2日連続のストップ高。モンストのヒットによる急成長の予想に買い注文が集まった。(2014/5/16)

インデックスが破産手続きへ
民事再生手続き中だったインデックスが破産手続きに入る。(2014/5/7)

ビジネスニュース 企業動向:
米国勢に負けない! 高収益アナログICメーカーを目指しトレックスが株式上場
トレックス・セミコンダクターは2014年4月8日、株式上場に伴う会見を都内で開催し、高性能アナログ電源IC分野で先行する米国メーカーと競合しながら、中長期的に営業利益率25%以上という高い収益性を目指す方針を示した。(2014/4/9)

IT株式ウォッチ:
日本通信が年初来高値を更新
5日の株式市場で日本通信が一時2万円まで上昇し、年初来高値を更新。(2014/3/5)

他人と比べない 自分らしく生きる3カ条
突然の出馬表明で話題を呼んでいる起業家・家入一真さん。彼の自由な生き方はどんな考え方からなされているのでしょうか。家入さんの語録集『バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者』からその秘訣を紹介します。(2014/1/23)

「1000RTで都知事選出馬」の家入一真さんが出馬会見 ニコ生で中継
「優しい革命、はじまるよ〜」(2014/1/22)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
起業家精神を刺激する「ひねらん課」
セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業を中心に、メディアコンテンツ事業、その他さまざまな事業を手がけている。今回は、社員約800人を有する同グループの社長・佐藤光紀氏に自身の組織マネジメント論について聞いた。(2013/12/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。