ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「Javaアプレット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Javaアプレット」に関する情報が集まったページです。

「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法
Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか
コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。(2017/11/14)

製造業IoT:
ソラコムがフルMVNOに、「加入者管理機能をオープン化」
ソラコムはIoT通信プラットフォーム「SORACOM」の新機能を発表。データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」のクローバル向けSIMで、加入者管理機能(HLR)を独自に実装するとともに、IoTデバイスの量産時に求められる組み込み型SIM(eSIM)の提供も始める。これに併せて、クローバル向けSIMの新たな料金体系「plan01s」も導入する。(2017/10/11)

JavaとPythonに脆弱性、ファイアウォールを突破される恐れ
たとえユーザーがブラウザのJavaプラグインを無効にしていた場合でも、脆弱性を突いた攻撃を仕掛けられる恐れがあるという。(2017/2/22)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年1月版:
「セキュリティフォント」が一世を風靡した1月
2017年年明けのサイバーセキュリティ界隈(かいわい)では、「マイナポータル」や「アパホテルへのDDoS攻撃」が話題に上る一方、「セキュリティフォント」が大注目を集めたのでした。(2017/2/13)

会員が注目した2016年記事ランキング(セキュリティ編)
「Pokemon GO」でも「Windows 10」でもない、読者が最も検索したセキュリティ記事は?
TechTargetジャパン会員は2016年、どのようなセキュリティの話題に関心を寄せたのか。2017年の注目分野は。検索エンジン経由のアクセスランキングから探ります。(2017/1/3)

人工知能、FinTech、プログラミング教育:
2016年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2016年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップします。それらの記事を大きく3つのトピックでまとめますので、これを読んで2016年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2016/12/26)

まず非推奨、将来的に廃止へ
「Javaブラウザプラグイン」がついに廃止へ、Oracle決断の背景は?
Oracleは、JavaのWebブラウザ用プラグインをまず非推奨とし、将来的に廃止する計画だ。その背景には、Webブラウザの進化やWebを取り巻く脅威の拡大がある。(2016/9/29)

2017年からChromeセキュリティを強化
Googleの“HTTP離れ”、パスワード入力させる非暗号化サイトをChromeで警告表示
Webサイトの暗号化を目指すGoogleの取り組みが続いている。Webブラウザ「Chrome」では2017年から、HTTPを使ってパスワードや決済情報を入力させる一切のサイトを安全ではないと認識して警告を表示する。(2016/9/29)

IT部門に求められるビジネスへの関与
ユーザーの「使いにくいアプリケーションは嫌だ」をなくす、新しいIT職種とは
社内、社外問わずアプリケーションのユーザーエクスペリエンスが企業で重要になっている。それに伴い、新しいIT職種が求められるようになってきた。(2016/8/4)

「Java Web Start」などの移行手段を解説
Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?
Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。(2016/6/24)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年3月版:
結局のところ「ホワイトリスト」とは何なのか
2016年3月のセキュリティクラスタは、またしても公開されたOpenSSLの脆弱性に恐々とする一方、「eLTAX」や「ホワイトリスト」に関して激しい議論を交わしていました。(2016/4/13)

大変なこともいろいろあったけれど楽しかったよ:
さよならJavaアプレット。JDK 9からWebブラウザプラグイン機能を排除
ついに、Javaアプレットとお別れをする時が近づいてきた。(2016/1/28)

「標的型攻撃対策」の現実解【第1回】
“年金機構事件”は対岸の火事ではない 「標的型攻撃対策」を再考する
大規模な情報流出を招いた日本年金機構の標的型攻撃。その被害は決して対岸の火事ではない。事件を機に、標的型攻撃の脅威や対策をあらためて考えていく。(2015/7/31)

3大キャリア直接契約の回線で検証:
SIMロックフリーな「Surface 3」で、3キャリアの速度を比べてみたら……?
日本ではソフトバンクが独占的に扱うMicrosoftの「Surface 3」のLTEモデル。ソフトバンク(Y!mobile)に最適化されていると言われると、ドコモとauを含めた3キャリアで通信速度を比較したくなりますよね……。3キャリア公式のPC用接続サービスで比べましたよ。(2015/7/29)

15周年記念特別企画:
JavaScriptを中心としたWebアプリ開発の栄枯盛衰まとめ――LiveScriptからAngularJS/React.jsまで
@ITが誕生した2000年頃はJavaScriptが不遇だった時代。そこから現在のような人気のプログラミング言語になるまでには、どのような歴史があったのか。15周年を迎えた@ITの豊富なWeb開発関連記事とともに振り返る。(2015/7/15)

Oracleが定例パッチを公開、Java 7は最終更新へ
データベースやFusion Middleware、Javaなどの製品に存在する多数の脆弱性を修正した。4月にサポートが終了するJava SE 7は今回のアップデートが最終になる見込みだ。(2015/4/15)

Tech TIPS:
WindowsでJRE(Java SE)をインストール/更新する場合は旧版や64bit版に注意
JRE(Java Runtime Environment)にはしばしば深刻な脆弱性を解消した更新版がリリースされるため、更新作業が必須だ。Windowsプラットフォームでは、特に旧版JREの扱いや32bit版/64bit版の違いに注意する必要がある。(2014/11/12)

トレンドマイクロ、企業版「ウイルスバスター」を刷新
トレンドマイクロは、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の最新版を発売する。新バージョンは、データ持ち出しによる情報漏えい対策機能を強化している。(2014/10/7)

Oracle、Java定例アップデートで認証強化へ アプレットなどに影響
2014年1月に予定されるJavaの定例アップデートでは、署名や権限設定の無いJavaアプレットやWeb Startがブロックされてしまう。(2013/12/24)

Facebook友達からのメッセージで不正サイトに、米機関が注意喚起
友達から「弟の車が2人の男に盗まれそうになった。だれかこいつらを知ってる?」というメッセージが届いたら……。(2013/12/12)

Apple、Mac版Java SE 6のアップデートを公開
Mac版のJavaをバージョン1.6.0_51から1.6.0_65に更新して、多数の深刻な脆弱性を修正した。(2013/10/17)

Javaの脆弱性悪用攻撃がまたまた発生、「最新版に更新を」
Javaの既知の脆弱性を突く攻撃がまた新たに発生した。Java 7の最新版に更新すれば問題は解決されるが、Java 6の場合、修正パッチは存在しない。(2013/9/4)

携帯電話のSIMカードが破られる恐れ、研究者が指摘
研究者によると、SIMカードの多くは70年代のDES暗号が使われており、暗号鍵を破って不正なアプレットをダウンロードさせることが可能だという。(2013/7/23)

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 旧版提供を継続
Snow LeopardはJava 7への更新ができず、AppleとOracleがいつまでJava 6の更新版の提供を続けるのかも分かっていない。(2013/6/20)

AppleがMac向けのJava更新版公開、SafariにはJavaプラグイン管理の新機能
Java 6はバージョン1.6.0_45に更新し、複数の脆弱性に対処。Safariの最新版では、Javaプラグインを有効にするかどうかをWebサイトごとに設定できるようになった。(2013/4/18)

コカ・コーラ×レックスマーク:
PR:プリンタ周りの改善で1100万ドルを削減、レックスマークのソリューション提供力
米国を中心に、世界中の大企業が採用するレックスマークのプリンタ。プリンタ本体と同時にソリューションも提供しているのだが、コカ・コーラではプリンタ周りの改善を行っただけで、1100万ドルものコストが削減できたという。(2013/3/1)

運用:
ノマド・ワーカーのためのVPNクライアント設定入門
外出先から社内のネットワークに安全な形でアクセスする際に、インターネットVPNを利用することが一般的。そこでインターネットVPNを利用するためのクライアントのセットアップ手順などについて解説する。(2013/2/27)

Oracle、Java最新版の「Java 7 Update 15」を公開
2月1日の臨時アップデートで積み残した5件の脆弱性を修正した。危険度が極めて高い脆弱性も含まれる。(2013/2/20)

Tech TIPS:
WindowsでJava Runtime Environment(JRE)のバージョンを調べる
Java Runtime Environment(JRE)は脆弱性などの理由から、最新版への更新を迫られることがある。更新すべきか否か判断するには、少なくともJREのバージョンを調べる必要がある。バージョンを確認するには、Java.com提供のバージョン確認用Webページを利用するか、レジストリなどを調べればよい。(2013/2/8)

Java更新版「Java 7 Update 13」、前倒しでリリース 攻撃の発生受け
Oracleは、脆弱性を突く攻撃が発生したことから定例パッチを前倒しで公開。AppleもMac OS X v10.6.8向けのJavaアップデートを公開した。(2013/2/4)

Javaのセキュリティ機能は攻撃を阻止できない? セキュリティ企業が報告
「警告メッセージを表示させることなく、無署名の悪質なJavaコードを実行することが可能」だとセキュリティ企業が伝えている。(2013/1/29)

Tech TIPS:
セキュリティ攻撃阻止のためにWebブラウザでJavaを無効化する
Javaランタイムには、しばしば重大な脆弱性が発覚することがある。脆弱性が解消されるまでは、Javaを無効化することで攻撃を防ぎたいところ。その方法は?(2013/1/20)

Oracle、Java 7 Update 11を公開 脆弱性に対処
Oracleが1月13日の日曜日に、10日に発覚した「Java 7 Update 10」の深刻な脆弱性に対処するアップデートを公開した。(2013/1/14)

ブラウザ設定変更で無効化を推奨:
Java 7に未パッチの脆弱性、すでに攻撃も発生
US-CERTは米国時間の1月10日、Java 7 Update 10以前に、任意のコード実行につながる深刻な脆弱性が存在することを報告し、注意を呼び掛けた。(2013/1/11)

あのプリンタブランドが復活!?:
PR:レックスマークのレーザープリンタって知ってる? 2013年はカシオと国内販売強化
「レックスマーク」と聞いてピンとくる人はアラフォー世代かもしれない。1991年にIBMから分社化してできたレックスマークはインクジェットプリンタで有名だった。そのレックスマークが2013年からレーザープリンタを法人向けに販売する。(2012/12/25)

対応スマホ登場:
AXGPって速い? 「SoftBank 4G」の実力を探ってみた
AXGPを採用したソフトバンクの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」。これまでのデータ端末に加え、この冬モデルからは対応スマートフォンも登場した。その通信速度を調査した。(2012/11/7)

「JavaはOracleから直接入手を」、Apple経由のプラグインに削除措置
OS X向けのJavaセキュリティアップデートを導入すると、Appleが提供したJavaアプレットのプラグインが、全ブラウザからアンインストールされる。(2012/10/19)

Apple、Mac版Java 6のセキュリティアップデートを公開
Oracleの定例アップデート公開に合わせ、AppleもMac版Java 6のアップデートを公開した。(2012/10/18)

Macに新手のマルウェア、SkypeやFirefoxでユーザー行動を監視
このマルウェアは、SkypeのオーディオトラフィックやSafariとFirefoxで閲覧したURLとスクリーンショットなどを記録し、外部のサーバに送信する機能を持つ。(2012/7/27)

Ciscoがセキュリティアップデートを公開、コード実行やDoSの脆弱性に対処
Ciscoは「Cisco ASA 5500 Series Adaptive Security Appliances」などの複数製品に関する3件のセキュリティ情報を公開した。(2012/6/22)

AppleがMac向けのJavaを更新、攻撃の横行を受けリリース早める
OracleがJavaのアップデートを公開したのと同じ日に、AppleもMac OS X v10.6.8とOS X v10.7.4向けのJavaアップデートを公開し、深刻な脆弱性に対処した。(2012/6/13)

WindowsとMacを見分けるマルウェア攻撃が発生
OSの違いを識別してそれぞれのOSに合わせたマルウェアを呼び込み、コンピュータの情報を外部サーバに送信するという。(2012/4/24)

Apple、マルウェア「Flashback」対策ツールを提供開始
Appleが、猛威を振るうマルウェア「Flashback」を検知・削除するツールのインストールを含むOS X LionとMac OS X 10.6向けのJavaアップデートを公開した。(2012/4/13)

セキュリティ・ダークナイト(9):
知らないほうがいいのかもね? 人の脆弱性にハラハラ
不正アクセス禁止法の改正によって、いわゆるフィッシングサイトの設置や、そこへ誘導するフィッシングメールの送信が禁じられることになった。今回は、そのフィッシングサイトの危険性、ひいてはそれにだまされる「人」というものの脆弱性を、実際にサイトを構築することによって検証してみる。(編集部)(2012/4/10)

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 マルウェアに悪用された脆弱性に対処
AppleがOS X LionとMac OS X 10.6向けのアップデートをリリースし、Oracleが2月に公開していたJavaの最新バージョンを導入した。(2012/4/4)

脆弱性の悪用やアダルト画像の利用も――Macを狙うマルウェアの手口
Javaの脆弱性を突いたりアダルトへの関心に付け込んだりしてMacに感染するマルウェアが出回っている。(2012/3/22)

Tech TIPS:
WebサーバーにSSLの証明書が正しくインストールされているか確認する
WebサーバでSSLを利用するには、適切なサーバ証明書をインストールする必要がある。しかしサーバ証明書の取得やインストールには複雑な手順と設定が必要なため、インストールに失敗する可能性は否定できない。サーバ証明書のエラーの原因を調べたり、あるいは正常なインストールがなされたことを確認したりするには、証明書の発行元が提供しているSSLチェック・ツールを利用するのが手軽で便利である。(2012/2/10)

10個のツールで学ぶ、備える!情報セキュリティの脅威と対策:
HTTPサーバのログをチェック 攻撃の痕跡を探せ!
IPA提供のツールを活用して企業が留意すべきセキュリティについて学ぶ連載の6回目。Webブラウザの簡単操作で外部からの攻撃の痕跡をチェックできるツールiLogScannerと、最新のサイバーセキュリティ情報をリアルタイム表示するicatを紹介します。(2011/12/19)

Apple、Mac OS XのJavaアップデートを公開
アップデートではMac OS Xに組み込まれているJava SE 6を最新版に更新し、深刻な脆弱性に対処した。(2011/11/10)

Apple、Mac OS XのJavaアップデートを公開
AppleはMac OS X 10.6とMac OS X 10.5向けにJavaの更新版をリリースし、深刻な脆弱性に対処した。(2011/6/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。