ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジェットスター」最新記事一覧

SIMフリー市場はどう攻める? 未来のGalaxyはどうなる?――サムスン堤CEOに聞く
2016年のフラグシップモデル「Galaxy S7 edge」が好調に売れているサムスン電子。同社はVR、カメラ、ウェアラブルなどスマホの周辺領域も拡充している。スマートフォンは今後、どのように進化するのか。サムスン電子ジャパンの堤浩幸に話を聞いた。(2016/6/17)

競争が激しいLCC。各社の経営状況は“視界不良”
格安航空会社(LCC)の拠点化に成功した関西国際空港で、東アジアのLCCの“国際線競争”が激化している。(2016/2/3)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の導入で何が変わったのか?
日本から未就航だった都市へ、新規路線の開設ラッシュが続いている。その立役者として活躍するのが、ボーイング787だ。“ドリームライナー”の愛称を持つ787は、何を実現したのか?(2016/1/6)

シスコ新社長に鈴木みゆき氏が就任
3月末までジェットスター ジャパンの社長を務めていた。(2015/5/18)

LCCのジェットスター、成田−香港線を就航へ――週3往復
6月1日に運航開始、片道運賃で7500〜4万5700円。(2015/4/7)

ジェットスター・ジャパン、社長辞任は「黒字化が見えた」から
LCCのジェットスター・ジャパンは、立ち上げ時から社長を務めていた鈴木みゆき氏が辞任したと発表。同社がいう“黒字化の道筋”とは?(2015/4/1)

国内LCCで最速、ジェットスターの累積搭乗者数800万人を突破
格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは、2012年7月3日の就航から2015年3月14日までの累積搭乗者数が800万人を突破したことを明らかにした。(2015/3/16)

専門家の見方:
苦しい日本のLCC市場、スカイマークやジェットスターはどうなる?
就航から3年で黒字化したピーチ・アビエーション。かたやスカイマークやジェットスターは厳しい経営状況にある。LCC各社の差がさらに広がりつつある。(2014/12/10)

たびのたね、コラボ企画でクーポン誌『たびクーポン』のオリジナル版を無料配信
オリジナル版では北海道と沖縄の魅力を写真付きで特集。(2014/11/28)

2015年4月8日にオープン:
成田空港はなぜ新ターミナルを作るのか?
2015年4月に、新たにLCC専用の第3ターミナルをオープンすると発表した成田空港。このタイミングで新設する理由、海外のLCC用空港と比べた利便性などについて、専門家に聞いた。(2014/11/3)

成田国際空港にLCC専用の「第3旅客ターミナルビル」、来年4月8日にオープン
現時点で3社が入居予定。(2014/10/30)

PR:リーズナブルかつ効率よい旅のお供に――「PC-NAVITIME」とLCCナビを活用しよう
これまでスマートフォンやケータイで活用する「NAVITIME」や「NAVITIMEドライブサポーター」といったアプリの魅力を中心にお伝えしてきたが、それらと連携するPC向けのWebサイト「PC-NAVITIME」も、併用することで活用の幅がさらに広がる。夏の旅行を計画するなら、ぜひPC-NAVITIMEを旅のプランニングに役立ててほしい。(2014/7/4)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
LCCの安全基準や航空機の整備手順は、大手とどう違うのか?
前回はパイロット不足で大量欠航に追い込まれているLCCの独自体質や弱点について伝えた。では、安全面についてはどうか? 効率性を重視するLCCでは、航空機の整備でも大手と違いはあるのか? 取材したジェットスター・ジャパンを例に報告する。(2014/6/27)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
パイロット不足で国内LCCが大量欠航――その背景にあるものは?
ピーチ・アビエーションやバニラエアなど国内LCCでパイロット不足が深刻化し、相次いで運航中止に追い込まれる事態が続いている。その背景では、何が起こっているのか?(2014/6/13)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
LCCの歴史を検証し、未来を展望する
LCC(格安航空会社)はいつどこで始まり、世界にどう広がっていったのか。その歴史を振り返ることで、航空の近未来が見えてくる。LCCは格安での旅を実現しただけでなく、人々の価値観やライフスタイルをも変えようとしている。(2014/5/9)

INSIGHT NOW!:
エアアジア・ジャパン、不振の原因は何だったのか?
日本で本格的なLCC(格安航空会社)3社が就航して1年が過ぎ、その明暗がはっきり出ている。エアアジア・ジャパンの苦戦の理由として関係者やアナリストが指摘するものは、いずれも十分納得できるものではない。(2013/8/29)

【連載】東南アジアのマーケティングコミュニケーション戦略:
第1回 東南アジアの消費者インサイトをつかむために
多くの海外企業が進出する東南アジア市場。日本とはまったく異なる環境に対し、参入を予定する企業は、どのようなマーケティングコミュニケーション戦略を講じるべきなのか。電通アジアの小山雅史氏に聞いた。(2013/7/29)

ジェットスター、ローソンの「Loppi」でチケット販売――6時間前まで購入可能
国内LCCのジェットスター・ジャパンがローソンと提携。現金による国内航空券の予約と購入が全国のローソンで可能になった。(2013/7/4)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
空から、陸から、オーストラリア大陸をダイナミックに旅する
観光列車でケアンズの熱帯雨林を抜け、復路はスカイレールで上空から景色を一望する。南オーストラリアのアデレードから北端のダーウィンへは、ザ・ガン鉄道で縦断。日本からのアクセスはジェットスター航空を利用し、空路と陸路で豪大陸を満喫した。(2013/6/19)

世界8500社で導入:
デジタルマーケティング業を展開するヴィクシア、次世代ウェブ接客サービス「ライブエンゲージ」を提供開始
デジタルマーケティング業を展開するヴィクシアは4月23日、米ライブパーソン社と提携し、ライブパーソンが提供する次世代ウェブ接客サービス「ライブエンゲージ」の取り扱いを開始したと発表した。(2013/4/24)

今年就航した日系LCC、利用後の感想は?
今年就航した日系LCCのエアアジア・ジャパンやジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーション。利用者はどのように感じたのだろうか。フォートラベル調べ。(2012/12/6)

2012年のユーキャン新語流行語大賞 年間大賞は「ワイルドだろぉ」
「ステマ」「いいね!」などのネット関連語は受賞ならず。(2012/12/3)

体験:
沖縄往復+ホテル一泊 本当に7円で旅に出られるのか
1円で飛行機に乗れる時代です。では試してみましょうと待つこと半年……。(2012/9/18)

現地の人しか知らない場所に行ける旅行サービス「Meetrip」誕生 「東京案内人」を体験してみた
心に鮮明に残っている海外旅行の記憶って何だろう――。ふと考えてみたときに思い浮かぶのは、現地の人に親切にされた思い出、彼らの顔、会話、珍事件(?)などではないだろうか。現地の人の案内でガイドブックにない旅を楽しめるサービスがスタートした。(2012/9/18)

これからのことがよく分かるコラム:
LCCを利用すればオトクなの? 知っておきたい「常識」
格安航空会社(LCC)が今年、相次いで新就航しました。「LCC=安い」「従来の航空会社=高い」といったイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか? これからLCCを利用したいと思っている人に、知っておきたい「常識」をお届けします。(2012/7/18)

スマートフォン向けNAVITIMEで「LCCナビ/格安サーチ」を提供
ナビタイムジャパンは、スマートフォン向けサービス「NAVITIME」「PC-NAVITIME」へ、3つの航空会社における国内線就航空港や就航路線、時刻表、運賃や格安ルートが検索できる「LCCナビ/格安サーチ」を提供。(2012/7/12)

ジェットスター・ジャパン、成田−那覇便、関空便を就航
国内LCCのジェットスター・ジャパンが、予定通り成田−関空便(片道3990円〜1万5990円)を就航した。同日午後には成田−那覇便も出発する。(2012/7/9)

利用してみたいLCC、トップは「ピーチ」
フォートラベルは2012年7月3日、「格安航空会社(LCC)の利用」に関するアンケートをまとめた。4人に1人がLCCを利用したことがあるという。(2012/7/3)

ジェットスター・ジャパン、国内線就航――成田が拠点のLCC
ジェットスター・ジャパンの初便となるGK111便が成田国際空港を出発し、新千歳に向かった。乗客は満席の180人だった。(2012/7/3)

事前期待を上回るサービスが大事だけど……スカイマークの苦悩から学べること
LCCへの注目度が高まる中、「このレベルのサービスまでしか提供できません」という内容のスカイマーク・サービスコンセプトが波紋を呼んでいる。そこから垣間見えるLCCの苦悩から、サービスの視点で学ぶべきことは何なのだろうか?(2012/6/29)

ジェットスター・ジャパンの全ぼうに迫る 国内線初フライトをニコ生が徹底取材
これまで海外とのフライトのみだったジェットスター・ジャパンがいよいよ国内線に就航。空港での初チェックインやオープニングイベント、機内食などの機内サービスを航空ジャーナリストの秋本俊二さんとニコニコ生放送が取材する。配信は7月3日22時0分〜。(2012/6/27)

国際線LCCの利用者に聞く、その満足度は?
リクルートは、「国際線LCC利用意向と満足度に関する調査」をまとめた。利用者の半数が今後もLCCを優先的に利用したいと考えている。(2012/6/26)

ジェットスター・ジャパン、国内線で使うA320をお披露目
ジェットスター・ジャパンは6月12日、7月3日から国内6路線で運行するA320を報道陣に公開した。シートの前後間隔は平均73.66センチだ。(2012/6/12)

最低運賃はジェットスターより10円安く:
エアアジア・ジャパンが8月就航国内3路線の運賃を発表、5円の特別チケットも
エアアジア・ジャパンは、成田国際空港から8月1日に札幌便と福岡便、8月3日に沖縄便を就航すると発表。最低運賃は競合のジェットスター・ジャパンよりそれぞれ10円安い価格に設定した。(2012/5/30)

新連載・どうなる? 鉄道の未来(1):
なぜ新幹線は飛行機に“勝てた”のか
鉄道の未来は厳しい。人口減で需要が減少するなか、格安航空会社が台頭してきた。かつて経験したことがない競争に対し、鉄道会社はどのような手を打つべきなのか。鉄道事情に詳しい、共同通信の大塚記者と時事日想で連載をしている杉山氏が語り合った。(2012/5/16)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
“激安運賃”で注目のLCC。安全性は本当に大丈夫なのか?
前回のレポートで話題のLCCを取り上げたところ、多くの読者から「そんなに安くしてちゃんと整備はやれているの?」「事故などの心配はないのか?」といった声が届いた。当然の疑問だろう。そこで今回は、LCCの安全面について考察してみたい。(2012/3/30)

LCC元年の幕開けへ ピーチの国内線就航でどうなる今年の航空業界
ピーチ・アビエーションが格安航空会社(LCC)として先陣を切って3月1日に国内線に就航する。今年はピーチ以外にもエアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンが相次いて就航する予定で、まさに「LCC元年」。そこでニコニコ生放送では、LCCとは何か、航空業界はどう変わるかを議論する。出演者は航空ジャーナリストの秋本俊二さん。配信は3月1日17時0分〜。(2012/2/29)

サンブリッジ、クラウドセキュリティ分野で米国ベンダー2社と事業展開
暗号化ベンダーのCipherCloudおよび認証ベンダーのSecureAuthと提携し、2012年春からクラウド向けのセキュリティ事業を展開する。(2011/12/12)

誠トレンド格付2011:
Business Media 誠の読者が選ぶ2011年のトレンドは?――投票お待ちしています!
あなたが選ぶ「2011年のトレンド」は何ですか? 編集部が厳選したキーワードの中から読者の皆さんにNo.1を決めてもらいたいと思います。回答者には抽選でAmazonギフト券(3000円)をプレゼント!(2011/12/1)

JALとカンタス、新LCC「ジェットスター・ジャパン」設立に合意
日本航空は、豪カンタスグループや三菱商事と共同で、ローコストキャリア「ジェットスター・ジャパン」の設立に合意した。2012年中の就航を目指す。(2011/8/16)

利用したことがある格安航空会社、トップは「ジェットスター」
低価格で簡素化された航空輸送サービスを提供するLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)。海外のLCCが続々日本でも就航しているが、利用したいという人はどのくらいいるのだろうか。JTB調べ。(2011/1/7)

2人分の往復チケットを1人分の料金で!――ジェットスター
ジェットスター航空は、成田国際空港への就航2周年を記念して、1人分の料金で2人分の往復チケットを販売する限定セールを開始した。販売期間は12月22日24時まで。(2010/12/17)

格安航空会社が羽田にやって来る! エアアジアXのカラクリ
マレーシアの格安航空会社「エアアジアX」が、羽田−クアラルンプール路線を12月に開設すると発表した。今回の就航開始を記念して、羽田発クアラルンプール便を片道5000円で販売するとしたが、エアアジアXはどのようにして儲けているのだろうか。(2010/9/22)

せかにゅ:
Apple、App Storeからウィジェット的アプリを排除
Appleがウィジェット的なアプリや、独自デスクトップを作り出すアプリを排除している。アプリを消されたと報告している開発者は、以前「Appleは邪悪ではない」と擁護していた。(2010/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。