ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「K01」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「K01」に関する情報が集まったページです。

「それ流すの〜? 」 まじめな相談も流しちゃう「ソレナガスクジラ」と流せないカニの漫画が深い
なんか、気持ちがざわざわするぞ。(2018/6/20)

話題のトースターを使ってみた――バルミューダ「The TOASTER」編
(2017/5/7)

「てめえらマジでボロボロにしてやるぅう↑↑↑」 愛媛県のペッパーくんがラップ調で大荒れ中
取り乱しちゃってどころの騒ぎではない。(2016/12/13)

グート、海外向けに日本文化の動画を配信――低価格スマホは2016年夏に発売
グートが、海外のスマホユーザー向けに動画配信サービス「1OOOi(ワン・オー・アイ)」を開始。日本の観光地やファッションなどの情報を伝える。同社が開発ノウハウを提供する低価格スマホは2016年夏に発売する。(2016/5/20)

日本でデザインされたスマホを海外メーカーが販売――グートの「ARATAS」プログラム
グートが、海外メーカーに低価格スマートフォンの端末デザイン、UIデザイン、キュレーションサービスを提供する「ARATAS」プログラムの提供を開始。まずは中国のKingtech Mobileと提携し、スマートフォン2機種を世界各国で販売する。(2016/1/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
超品薄なFury Xに「アキバをさまよう人がたくさん出そう」の声
Radeon最上位の「R9 Fury X」搭載カードが登場して大きな反響を呼んだが、入荷数が少なく競争率が跳ね上がっている。需要と供給が釣り合うのはいつ?(2015/6/29)

あの「ドラえもん」に会える:
ビデオパスの見放題プランで「映画ドラえもん」全35作品を独占配信――TVシリーズも
KDDIのビデオパスに「映画ドラえもん」全35作品が登場。「ドラえもん」TVシリーズ配信や「うたパス」での主題歌チャンネル提供などさまざまなキャンペーンも行う。(2015/2/24)

ペンタックス、「PENTAX K-01」がもらえる大阪限定Twitterキャンペーン
大阪市の繁華街に出没する「ペンタックスK01car」を撮影、ツイートすれば「PENTAX K-01」がもらえる大阪限定Twitterキャンペーンをペンタックスが実施する。(2012/4/19)

エプソン、反射型液晶デバイス搭載の「EH-R4000」を発売
エプソンは、販売を延期していたホームシアタープロジェクター「EH-R4000」を2月23日に発売する。(2012/2/23)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
秋のオーディオ大豊作祭り(後編)
「今年はオーディオ機器が大豊作」というAV評論家・麻倉怜士氏。後編では、手ごろで本格的なスピーカーや新しいオーディオの潮流を紹介してもらおう。(2010/12/3)

「T-01B」「IS02」レビュー(前編):
“双子”モデル「T-01B」「IS02」のUI、文字入力、タッチパネルを徹底検証
ドコモとKDDIからほど同スペックのWindows Phoneとして発売されている「dynapocket T-01B」と「IS02」。この2機種では何ができるのか。レビューの前編では基本スペックと文字入力、ユーザーインタフェース、タッチパネルの使い勝手を中心に調べた。(2010/8/30)

ドコモスマートフォン:
有機EL、静電式タッチパネルとQWERTYキーを融合したWindows phone――「dynapocket T-01B」
QWERTYキーボードを搭載しながらも胸ポケットなどにすっぽり収る、厚さ12.9ミリの薄型ボディをまとった東芝製Windows phone「T-01B」がドコモ向けに登場する。(2010/5/18)

写真で解説する「IS02」
IS seriesのWindows phone「IS02」は、東芝製のグローバルモデル「K02」ベースのWindows Mobile 6.5.3搭載機。独自開発のユーザーインタフェース「NX!UI」の動画を交えて紹介しよう。(2010/3/31)

世界最薄のQWERTYキー搭載スライド型Windows phone――「IS02」
auから世界最薄のスライド型QWERTYキーボード搭載Windows phoneが登場する。東芝製の「IS02」は、グローバルモデル「K01」をベースに日本向けのカスタマイズを施したWindows phoneだ。(2010/3/30)

Mobile World Congress 2010:
6.5との違いは?――「Windows Mobile 6.5.3」はここが進化した
数字だけを見るとWindows Mobile 6.5のマイナーバージョンアップと思われがちだが、Windows Mobile 6.5.3は日本ユーザーの要望を多く採り入れ、着実な進化を遂げている。(2010/2/22)

Mobile World Congress 2010:
Windows Mobile 6.5.3搭載の「TG02」と「K01」を披露――東芝ブース
東芝は、「TG01」の後継モデルとなる「TG02」と、QWERTYキーボード付きの「K01」を紹介。これら2機種のOSには「Windows Mobile 6.5.3」が採用されている。(2010/2/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。