ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「「格安SIMカード」は仕事に使えるか?」最新記事一覧

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 番外編:
好きな音楽を定額で聴き放題、 格安SIMでも楽しめる?
仕事の合間に音楽を楽しみたい――。そんなときに便利なのが、最近はやりの定額聴き放題サービスだ。しかしこのサービス、動画に次いでデータ量が多いイメージがある。果たして格安SIMで上限を超えずに使えるのだろうか?(2014/3/28)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 最終回:
あなたの仕事にぴったりな格安SIMサービスは?
日々、スマホで使っているサービスは、どれくらいのデータ量を消費するのか――。格安SIMを使う上で知っておきたいこんな情報を検証し続けたこの連載も、いよいよクライマックス。最終回は格安SIMサービスの選び方をまとめてみた。(2014/3/26)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第15回:
名刺登録、ネットプリント、デジタルメモ――ビジネスシーンで“便利な”アプリ5選
格安SIMを使ってさまざまな機能を試し、通信量をチェックする本連載。今回はこれまでの連載で触れなかった「ビジネスシーンで便利なアプリ」を使ってみた。(2014/3/19)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第14回:
YouTube、ニコニコ、GyaO!――格安SIMの“禁じ手”、動画配信サービスを試してみた
通信量に制限がある格安SIMで動画サービスを体験してみることにしたが、動画はデータ通信量を激しく消費する。でも5分くらいならYouTubeを見てもいいのでは? 映画でも1カ月に1本くらいなら……そんな筆者の望みは果たしてかなうのか。(2014/3/12)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第13回:
ネットラジオとPodcast、30分聴くとどれだけ通信量を消費する?
ネットでラジオ、というのは今や当たり前のように提供されているサービスだが、格安SIMで楽しむ場合、音声データの通信量が気になる。動画ほど多くはないはずだが、どれほどになるのか、30分番組を聴取してみたところ……。(2014/3/5)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第12回:
格安SIMで電子書籍を買っても大丈夫? Kindleと楽天Koboで試してみた
スマホやタブレットの普及で電子書籍の利用者は増えている。フィーチャーフォンの時代はコミックが多かったが、最近はビジネス書のラインアップも充実している。しかし、データサイズが大きそうな書籍を、格安SIMでダウンロードしても大丈夫なのだろうか。(2014/2/26)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第11回:
テザリングより便利かも? 格安SIMでモバイルWi-Fiルータを安価に導入
ビジネスシーンではスマホだけでなく、ノートPCやタブレットなどを複数台使って通信をすることもある。そんなときはSIMフリーのモバイルWi-Fiルータに格安SIMカードを差して使ってみよう。(2014/2/19)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第10回:
データ通信が少なそうに見える「ウィジェット」、実際どうなの?
ウィジェットは便利だし、通信量が少なそう――と安易にホーム画面にウィジェットを設置しすぎると痛い目に遭う。格安SIMカードでウィジェットを使う際の注意点を解説する。(2014/2/12)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第9回:
格安SIMで電車の遅延をチェックしたい! でも通信量は大丈夫?
前回の地図機能に続き、今回は乗換検索を試す。乗換検索アプリは、多機能なものもあればシンプルなものもある。はたしてアプリや案内の機能によって通信量に差はあるのか。(2014/2/5)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第8回:
地図アプリで最も“危険な”操作は、地図の拡大と縮小だった
スマホで誰もがよく使う「地図」機能。しかし、操作によっては多くのデータ通信が発生してしまう。格安SIMで地図を使う場合に、気をつけるポイントをチェックしよう。(2014/1/29)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第7回:
データ通信量を節約しながら「クラウドストレージ」を使うには?
ビジネスシーンでも使うことが増えてきた“クラウドサービス”。オンラインストレージとして使うのが一般的だが、今回はDropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Evernoteという代表的なサービスにおけるデータ通信量をチェックする。(2014/1/22)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第6回:
格安SIMでSNSはどれだけ使える? Twitter、Facebook、LINEの通信量を比較
メールはたくさん使ってもデータ通信量をあまり消費しないことが分かった。では同じようにテキストがベースのSNSサービスはどうか。TwitterやFacebook、LINEのデータ通信量を調べてみた。(2014/1/15)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第5回:
添付ファイル付きメールが来たときのデータ通信節約術
格安SIMを使い続けて1ヶ月が経過した。連載の第5回は“メール”をチェックする。文字だけのメールなら通信量は微々たるもの。しかし添付ファイルがあったら……?(2014/1/8)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第4回:
通話不可の格安SIM、それなら無料通話アプリだ――050 plus、SMARTalk、LINEをチェック
月額1000円以下、ただし高速通信のデータ量に制限がある格安SIMカード。しかしその多くはデータ通信専用で通話ができない。IP電話アプリやSNSの無料通話サービスで代用できるが、どれだけ通信量がかかるのか。(2013/12/25)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第3回:
どれだけ使えば利用上限「1Gバイト」に達するか――Webブラウザの場合
月額1000円切りでもLTEを使った高速通信が楽しめる格安SIMカード。しかしLTEが利用できる通信量には上限がある。どんな使い方なら快適に、そして安いまま使い続けられるか。今回はブラウザを使った場合をチェックする。(2013/12/18)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第2回:
最初の1日で300Mバイトも……初期設定後に陥る“落とし穴”
格安SIMをスマホに挿入しても、まだ通信はできない。通信をするにはいつもと異なる設定が必要だ。初期設定を無事終えても、意外なところで莫大なデータ通信を求められることがあるので気をつけたい。(2013/12/11)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。