ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「花王」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花王」に関する情報が集まったページです。

ナプキンを手裏剣のようにシュッ 花王「ロリエ」、ベトナム版CMがスパイ映画風でかっこいい
言葉は分からないものの、映像だけで薄さと吸水性が伝わってくる。(2018/8/16)

人気VTuber「月ノ美兎」と話せる洗濯機、花王が開発 体験者募集中
人気のVTuber「月ノ美兎」が、花王の衣料用漂白剤PRに起用された。月ノ美兎とリアルタイムに会話できるという洗濯機を花王が開発。8月1日の1日限定で、体験したい人を30人募っている。(2018/7/19)

野原ひろしのクサい靴下VS花王アタック&シャープの洗濯機、“最臭決洗”の結果は?
洗えば何とかなるという希望が生まれた。(2018/7/2)

「ひろしの靴下」vsシャープの洗濯機&花王「アタック」、7月2日開戦 連合軍は悪臭を落とせるのか?
Twitter公式アカウント同士の交流がカオスなバトルへ発展。(2018/6/27)

花王かたり「プレゼント当選」装う 詐欺メールに注意喚起
花王を装い、「プレゼント当選」と称して個人情報の返信を求めるメールが出回っているとし、花王が注意を呼びかけている。(2018/6/22)

久川綾さん演じるブルマが登場 花王が「ドラゴンボール」コラボCM公開
先日、手違いで一時公開されて話題になっていました。(2018/2/20)

ポケGOの楽しさが「心身」動かす 花王調査
ポケモンGOを始めたことで、プレイヤーの行動や気持ちに変化が見られることを、花王のアンケート調査が報告している。(2017/10/6)

シャンプーボトルのギザギザ、実は花王の発明って知ってた? あえて実用新案登録を取り下げ、業界全体に普及
目を瞑っていてもどれがシャンプーボトルか分かる親切設計。(2017/9/4)

日本能率協会:
「2017年度 GOOD FACTORY賞」受賞の優良6工場を発表、NEC、花王、ダイキンなど
日本能率協会は、「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、6社(工場)を発表した。(2017/9/1)

「対昆虫用決戦兵器です。間違いありません」 花王「キュキュット」Amazonレビューに1400人が“役に立った”
リセッ◯ュと合わせればコバエも倒せる。(2017/8/27)

製造マネジメントニュース:
NECや花王、ダイキン工業など優良工場6工場を発表――「GOOD FACTORY賞」
日本能率協会は「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業を発表した。アジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果を上げた優良工場を表彰するもので、第7回となる今回は中国、ベトナム、日本の6社(工場)が受賞した。(2017/8/21)

敏感肌向け「キュレル」:
“肌の悩み”をなくしたい 花王ベテラン研究員の挑戦
肌荒れなどのトラブルを起こしやすい乾燥性敏感肌向けのスキンケア商品「キュレル」シリーズ。その研究開発を担当する花王の高橋昭彦さんは、“肌の悩み”に向き合いながら、技術開発に挑んでいる。(2017/7/27)

【連載】ニューロマーケティングで「1つ上」のCRM 最終回:
そのとき顧客の感情が動いた――Yahoo! JAPAN、花王グループカスタマーマーケティング、京都市役所の事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はYahoo! JAPAN、花王、京都市役所における活用事例を紹介する。(2017/7/10)

清水富美加さん「ニベア」サイトから消滅? 花王は「たまたま新商品との切り替え時期と重なった」と説明
個別商品ページでは現在も清水さんの姿が確認可能。(2017/2/13)

食器用洗剤で野菜を洗うのはアリだった? 食器用洗剤の注意書きがネットで話題に 花王「何ら問題ありません」
意外と気付かないものですね。(2016/11/17)

星9つ! 花王「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」(193円/税込、店頭価格)です。(2016/10/28)

星8つ! 花王「ヘルシア モルトスタイル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア モルトスタイル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/27)

星6つ! 花王「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/26)

星満点! 花王「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバーa」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバーa」(193円/税込、店頭価格)です。(2016/7/5)

星6つ! 花王「ヘルシア紅茶 ストレートティー ほのかな甘さ」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア紅茶 ストレートティー ほのかな甘さ」(194円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/1)

星10点満点! 花王「ヘルシアウォーター ウメ味」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアウォーター ウメ味」(193円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/1)

神奈川県川崎市の工場で火災が発生 羽田空港対岸に見える大きな黒煙の画像の投稿も
日鉄住金鋼管の倉庫で火災が発生し、花王の工場の一部に延焼。(2015/8/24)

星9つ! 花王「ヘルシア スパークリング ピーチフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア スパークリング ピーチフレーバー」(193円/税込み、店頭価格)だ。(2015/7/16)

手のひらに小さな魔法!:
ミッキー泡で手を洗おう! 東京ディズニーリゾートに「ハンドウォッシングエリア」登場
花王が2つのアトラクションのスポンサーになりました。それと同時に、ちょっとびっくりするような「魔法」体験が……?(2015/7/1)

LED照明:
9万本の水銀灯と蛍光灯をLED照明に、花王が年間820万kWhの電力削減へ
花王はグループ企業を含めて国内の事業場で使っている水銀灯と蛍光灯を撤廃して全面的にLED照明へ切り替える。グループ全体で約9万本にのぼる照明を対象に2018年度までに完了させる計画だ。年間に820万kWhの電力を削減できる見込みで、2300世帯分の使用量に相当する規模になる。(2015/5/25)

星9つ! 花王「ヘルシアスパークリング レモン」をレビュー!
今回選んだのは花王「ヘルシアスパークリング レモン」(193円/税込み、店頭価格)だ。(2015/5/22)

星5つ! 花王「ヘルシアウォーター マスカット味」をレビュー!
今回選んだのは花王「ヘルシアウォーター マスカット味」(193円/税込み、店頭価格)だ。(2015/5/21)

星7つ! 花王「ヘルシア 五穀めぐみ茶」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア 五穀めぐみ茶」だ。(2015/5/3)

花王、15年1〜3月期は減収減益 化粧品などが売り上げ減
花王が2015年12月期 第1四半期決算を発表。消費税増税の影響などがあり、営業利益は対前年比で40.9%減と大きく下げた。(2015/4/23)

星8つ! 花王「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジ」(193円)だ。(2015/4/23)

星2つ! 花王「ヘルシアウォーター グレープフルーツ」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアウォーター」(194円)だ。(2015/4/16)

日本初、ノンアルコール飲料にトクホ認定
許可が下りたのは、サッポロビールと花王の飲料2商品。(2015/2/18)

タイヤ技術:
燃費が良くなるタイヤの新材料、ブリヂストンと花王が共同開発
ブリヂストンは、新たなタイヤ用ゴム材料を花王と共同開発したと発表。ブリヂストンの基盤技術「ナノプロ・テック」と、花王の界面制御技術の組み合わせにより、シリカを従来より多く含ませることのできるゴム材料の開発が可能になった。燃費性能やウェットグリップ性能を高めたタイヤの開発に貢献できるという。(2014/11/20)

アンバサダーサミット2014レポート:
大切なのは上質なコンテンツと丁寧なコミュニケーション――花王/ライオン/サントリー/ネスレのアンバサダーマーケティング戦略
アジャイルメディア・ネットワークが主催する「アンバサダーサミット2014」が2月5日、東京・千代田区で開催された。同社 代表取締役の徳力基彦氏がモデレーターを務めるパネルディスカッション「低単価商材におけるアンバサダーの可能性と課題」の模様をお届けする。(2014/2/13)

ねっと部:
花王が“ギャルゲー”制作!? セーラー服姿の後輩が……
「先輩、なんか元気なさそう……?」――セーラー服姿のかわいい後輩に心配してもらえる“ギャルゲー”を花王が公開している。(2014/1/20)

清潔で美しく健やかな毎日をめざす花王、ギャルゲーを公開
また花王か!(2014/1/20)

何この展開……! 花王のWebマンガ、突然のダブルイケメンにネット民の妄想が捗る
クイックルワイパーとめぐりズム、どっちが攻めで受けなのか。(2013/12/6)

おいしい? マズイ!? 飲むだけで痩せると話題の「ヘルシアコーヒー」飲んでみた
花王の「ヘルシア」シリーズに、新しく加わった「ヘルシアコーヒー」がネットで話題に。「ヤバイ」との声もありますが、ヤバイとは一体……?(2013/4/4)

平均1.5キロの体重減! 脂肪を消費しやすくする「ヘルシアコーヒー」が登場
花王は、トクホ(特定保健用食品)飲料シリーズ「ヘルシア」の新商品として、「ヘルシアコーヒー」を発表した。4月4日に発売し、価格は149円。(2013/3/27)

企業のWebコミュニティ運営:
花王がクローズ型ユーザーコミュニティにソーシャルログインを採用した理由
花王のネットコミュニティ「GO GO pika★pika MAMA」のリニューアルついてインタビューした記事です。リニューアルに伴って、ソーシャルログインを取り入れた背景やブランド戦略上のネットコミュニティの位置づけなどを聞いています。(2013/2/19)

肌にこだわる男性は魅力的――20代女性の96%
肌にこだわる男性を、魅力的に感じている女性はどのくらいいるのだろうか。20代の女性に聞いたところ、96.2%は「良いと思う」と回答した。花王調べ。(2012/5/11)

【IFRS】5社が12月期に変更
IFRS適用で決算期を変更、8社が予定
花王や東洋ゴム工業、JUKI、サイボウズなど8社がIFRS適用などを理由に決算期を変更した。(2012/3/23)

字幕付きTV CM、花王が試験放送
花王は1月12日、“字幕付きのテレビコマーシャル”を試験的に放映すると発表した。13日から3月末まで、同社の提供番組で放映する。(2012/1/12)

ニッポンの紛争地帯をゆく:
知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと
世界中で、今、抗議デモがアツい。“怒りの現場”に潜入して、参加者目線でリポートしていく本連載。2回目は「韓国大使館」だ。フジテレビや花王の「反韓流デモ」が注目を集めているが、本家本元への風当たりはどうなのか、現地へ行ってみた。(2011/11/22)

【IFRS】海外子会社に合わせる
花王、IFRS適用にらみ決算期を12月に統一
IFRSでは決算期の統一が求められるとし、本社の決算期を変更する。(2011/10/25)

フジテレビへの抗議が飛び火? Amazonの花王製品レビューが炎上
Amazon.co.jpで販売されいる花王の洗剤などに対し、商品を酷評するレビューが続々と投稿される事態に。「韓流」騒動がフジテレビのスポンサーに飛び火したようだ。(2011/8/2)

それゆけ! カナモリさん:
液体洗剤市場を奪えるか? P&G逆転の戦略
普段何気なく使っている洗剤。あまり深く考えずに、選んでいるかもしれない。だが消費者に手に取らせるまでに、花王、ライオン、P&Gという「衣料用洗剤3盟王」の壮絶な戦いが繰り広げられている。(2011/2/1)

不景気だと短くなる!? 女性の髪形と景気の関係
花王が定期的に実施している「女性のヘアスタイル調査」を分析すると、「景気が良い……髪の毛が長くなる」「景気が悪い……髪の毛が短くなる」という関係が見出せるそうです。(2010/7/6)

花王、アウトソーシング活用で経理業務を集約へ
花王はグループ会社のサービスの品質向上と経理業務の効率化を目的として、業務の一部を日本IBMに外部委託する。(2010/2/17)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「従来型の企業宣伝から脱皮するチャンス」――花王 本間Web技術室室長
50年にわたる広告代理店の歴史を作ってきた名物宣伝部長たちの定年退職によって世代交代が始まる今こそ、企業のマーケティングが変化を遂げる絶好のチャンスです。(2010/1/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。