ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「勝ち組・負け組」最新記事一覧

FAメルマガ 編集後記:
勝ち組はどこだ? IT×FAのビッグな協業相次ぐ
映画「アベンジャーズ」的な世界に入りつつあります。(2016/9/16)

新たな勝ち組企業の条件 デジタルビジネスへの挑戦と企業変革:
PR:PayPalやトヨタが挑むデジタル化による企業変革とは? 老舗も危機感を募らせる創造的破壊とデジタル変革
「変化」が常態化する中、デジタルテクノロジーを活用して常にビジネスを変革していく力が、新たな勝ち組企業の条件となりつつある。FinTechの「老舗」ともいえるPayPalやトヨタ自動車では、デジタル化によってより良い顧客体験を提供し、新たな企業価値を生み出す挑戦が始まっている。(2016/5/26)

「E-JAWSカンファレンス」リポート
AWSが丸紅グループにもたらしたものは「足かせのない自由なIT投資」
総合商社の丸紅は2013年秋から、2つのプライベートクラウドをAWSへ順次移行している。得られたのはDRの実現や運用自動化の他、“勝ち組”AWSならではのメリットだ。(2015/12/15)

製造マネジメントニュース:
勝ち組は自動車部品とFAか!? TPPにおける合意内容公表
政府はTPPにおける合意内容を公表した。製造業に関連する工業製品では、TPP相手国へ輸出する際の関税は品目数ベースで86.9%の品目で即時撤廃、最終的には99.9%の品目で関税撤廃が行われる。日本への輸入においては、品目ベースで95.3%の関税を即時撤廃とし、最終的には100%の関税を撤廃する。(2015/10/21)

PR:ARROWSと虹彩認証を使って「娘さんを僕にください!」に完全勝利する【PR】
虹彩認証のおかげで僕も人生の勝ち組になれました!(2015/6/25)

ロジスティクスを取り巻く5つの課題を解決
“勝ち組”と“負け組”を分ける「物流で勝つためのIT」とは
企業のサプライチェーンが転機を迎えている。グローバル化や消費者ニーズの多様化など、事業環境は複雑さを増している。そうした山積する課題を解決し、物流を武器にするためのIT基盤とはどのようなものだろうか。(2014/10/31)

PR:勝ち組企業に学ぶ、究極の次世代経営モデルとは?
「失われた20年」という長いトンネルを抜けた日本経済は、ようやく次なる成長に向けた転換点にあるが、この20年のあいだにも成功を収めた、いわゆる「勝ち組企業」は存在する。一橋大学ビジネススクール教授の名和高司氏に彼らの秘訣や究極の次世代経営モデルについて話を聞いた。(2014/8/27)

見えてきた製品、技術の勝敗
モバイル製品、2013年の「勝ち組と負け組」をあえて示す
企業で続々と利用されて始めているコンシューマー発祥の技術。だが、本当に定着しつつある「勝ち組製品」と、ユーザーに見放される「負け組製品」が生まれている。モバイルの勝ち組、負け組を独断で選んでみた。(2014/2/5)

心技隊流「未来を創るヒント」:
夢を持つ大人へ。「成功のための3つのヒント」
最終回は、かつて負け組だった!? おかしらから「成功のためのヒント」を伝授。大人になっても夢を持っている人に読んでもらいたい。(2014/1/31)

IaaSの枠を超えたサービスがAWSから次々に
クラウドの“勝ち組”Amazonに浮上するベンダーロックインの懸念
2013年11月に実施されたAWSのカンファレンスでは、新しいデータストリーミングサービスの提供やデータベースおよびデータウェアサービス機能の拡充などが発表された。そんな独走状態のAWSにユーザーからは不安の声も。(2013/12/4)

モノづくり最前線レポート(40):
中国は航空機サプライチェーンの「勝ち組」になるのか
アリックスパートナーズは、航空機関連市場に関する調査結果を発表した。同調査結果では、MRJや炭素繊維素材の利用拡大などで日本企業の存在感拡大はあるものの、航空機のサプライチェーンにとって、今後は中国が存在感を高めるという見通しを示している。(2013/10/16)

2017年まで対前年比4.3%増で推移
国内ストレージ市場、明確になる勝ち組と負け組の境界線
ストレージ関連市場は今後どうなるのか? 市場調査を実施したアナリストに、注目キーワードを交えながら同市場の現状と予測を聞いた。(2013/7/11)

「月曜日は売れない」のウソ
ユニクロ、しまむら、ZARA、H&Mに学ぶ格競争だけに陥らない経営戦略とは。書籍『人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識』から紹介します。(2013/4/30)

ディルバート(256):
“言いっ放し”は勝ち組の特権
(2012/2/24)

2012年、企業が注目すべきは“感情”という動力
人を動かすのは「感情」という動力。ビジネスは損得勘定ではない。2012年、勝ち組企業の決め手は「感情」という動力にあり。(2011/12/28)

井上久男の「ある視点」(9):
コア技術の現地開発に乗り出す日産、重い腰を上げたトヨタの本気度
日産は2012年1月から広州・花都で製造ロボットを導入して自動化率を高めた第2工場を稼働させる。中国市場で負け組に入りつつあるトヨタも同じ1月から現地生産・調達の推進や新興市場マーケティングに向けた組織改編を行う。グローバル開発・製造に向けた自動車メーカーの動きを読む。(2011/12/22)

井上久男の「ある視点」(4):
日本の“勝ち組”メーカーは慢心していないか?――「新ビッグスリー」VWの躍進から見る技術と戦略の妙
快進撃を続けるVW。内燃機関の技術向上に注力した意味はどこにあったか。コスト削減だけでなくサプライヤとの関係をも考慮した戦略と技術的挑戦との対比から日本のクルマづくりを見る。(2011/7/22)

ERPベンダーに聞く小売業のベストプラクティス:日本オラクル編
小売業のシステム化のポイントは「分析」「ポイント」「マスターデータ管理」
小売業への豊富な導入実績を誇る日本オラクルに、グローバルの先進小売業や国内の「勝ち組」といわれる小売業におけるシステム化のトレンドを聞いた。(2010/11/25)

勝ち組「ゼロ飲料」、負け組「ミネラルウオーター」――2009年飲料市場
(2009/12/3)

日曜日の歴史探検:
徒手空拳では生き残れない野良博士
余剰博士の問題は、大まかなくくりで語られることが多いのですが、勝ち組の博士とそうでない博士というのは、出身大学および大学院の序列によって、ある時点で予見し得るものです。人生の選択を留保した学生と、定員数確保という大学側の思惑がうまくはまった結果を再確認しましょう。(2009/10/18)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
「勝ち組」小売り銘柄の一角や金融株が堅調で指数を下支え
(2009/10/5)

電子機器イベントレポート〜薄膜太陽電池ビジネスサミット〜:
薄膜は太陽電池ビジネスの勝ち組となるか
2009年9月、欧米で好評を博した薄膜太陽電池のビジネスサミット「Thin Film Solar Summit」が日本に上陸。2〜3日の2日間、東京都港区で「Thin Film Solar Summit Japan 2009」が開催され、薄膜太陽電池の製造メーカー各社やアナリストらが講演を行った。本稿では、ホンダソルテック 数佐 明男氏と三洋電機 田中 誠氏の講演内容をお伝えする。(2009/9/15)

ホワイトペーパー:
【導入事例】イー・モバイルはいかにして少数精鋭のシステム運用体制に成功しているのか
成長する勝ち組企業にはビジネスを支えるIT運用の仕組みがある。少数精鋭で混乱のないシステム運用体制が、急成長するイー・モバイルを支える。1カ月程で短期構築した、運用監視システムの構築事例を紹介(提供:マクニカネットワークス)。(2009/9/15)

ホワイトペーパー:
【導入事例】ユニクロのスピード経営を支えるSSL VPN
常に新しいものを創り出していく勝ち組企業のビジネスにはスピードがある。社員がいつ、どこにいても仕事ができるように、社内ネットワークへ安全にリモート接続できるSSL VPN網を構築した事例を紹介する(提供:マクニカネットワークス)。(2009/3/16)

現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
マクドナルドは本当に「勝ち組」なのか? アヤシイ会計処理に“ひとこと”
景気後退が深まる中、“勝ち組企業”の1つと言われているマクドナルド。低価格商品などで売り上げを伸ばし、過去最高の決算となっているが、「実はマクドナルドの決算は“アヤシイ”」と筆者は考えている。その理由は……?(2009/2/25)

オンラインゲーム最新イベント情報:
世紀末の勝ち組になる
「北斗の拳ONLINE」公認ネットカフェ限定。(2008/11/18)

“アラフォー”が独身でいる理由と相手に求める年収
1980年代のバブル期に青春を過ごした“アラウンド40”(アラフォー)。“勝ち組・負け組”など、結婚相手にも注文が多いといわれている世代は、どのような考え方をしているのだろうか? 結婚情報センター調べ。(2008/11/5)

勝ち組企業の経営戦略:
金融新時代に挑むプロミス【前編】
米金融危機の影響などによる景気後退、労働人口の減少、不安定な政局への懸念……。日本が今抱える課題は山積みだ。そうした情勢に伴い多くの日本企業が苦しい状況にいる中、着実に業績を伸ばし業界をけん引している企業が存在する。特集「勝ち組企業の経営戦略」では、さまざまな分野でトップを走る企業の経営層が事業戦略や将来の展望などを語る。(2008/10/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「勝ち組と負け組が見えてきたっぽい」――アキバのNetbook販売状況
低価格なミニPCがアキバのパーツショップを席巻しているが、一部の機種が潤沢に出回るようになってから、徐々に勝ち負けが見えるようになってきた。(2008/9/2)

ブランドの達人が語る:
【第3回】消費の次世代マーケット、ポスト団塊ジュニアとは
日本の消費社会を支える次世代のニューフェイスが「ポスト団塊ジュニア」だ。学生時代からインターネットに触れ、ポケベルや携帯電話を使って仲間とのコミュニケーションを図っていたのがこの世代である。彼らを知ることが勝ち組企業への近道になる?(2008/6/24)

携帯販売ランキング(12月17日〜12月23日):
新機種好調=ドコモ、旧機種好調=au、シャープ好調=ソフトバンク
2007年もいよいよ終盤。キャリアによっていくぶん温度差があるものの、2007年内発売の新機種も出そろい、携帯冬商戦はピークを迎える。冬商戦の“勝ち組”はどこか、どの新機種が売れているのか。早速、今回のランキングを見ていこう。(2007/12/28)

三方一両得のIT論 IT部門がもう一度「力」をつける時:
【第2回】世にもおかしな日本のIT組織(2)〜匠なき後の悲しき末路
勝ち組企業ほど、情報システムは個別最適されていく悪循環がある。そしてIT部門は日夜、組織変更によるシステム変更に追われる。これを断ち切らなければ、ITは致命傷になりかねない。(2007/11/28)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
株価に影響を与える要素は“3つだけ”
7月からスタートした「誠倶楽部」も、残り1カ月を切った。大波乱相場という環境下で、メンバー3人の中に“勝ち組”と“負け組”が出てきたようだ。今回の指南役が指摘する「株価に与える要素は3つ」の意味とは……?(2007/9/10)

ITトレンドの“眼”:
IT業界「三つどもえの関係」に異変の予兆
ハードウェア企業、ソフトウェア企業、ネットサービス企業――これらの関係に新たな異変の兆しが見えてきた。はたして、これからの勝ち組はどこか。(2007/7/12)

新作DVD情報:
アカデミー賞2部門に輝くロードムービー――「リトル・ミス・サンシャイン」
人生に勝ち組、負け組はあるのか? てんでバラバラの家族がオンボロバスに乗って見つけたその答えとは? アカデミー賞の脚本賞と助演男優賞を受賞した、愛すべきロードムービー。(2007/5/21)

「勝ち組」ERPベンダーの中堅戦略:
混戦続き 中堅ERP市場の行く末
ヒートアップする中堅企業市場――圧倒的なシェアを持つベンダーは存在せず、混戦模様が続く。このシリーズでは、激戦区の中堅企業市場での「勝ち組」ERPベンダーの戦略を読み解く。(2007/3/19)

夢工房を追う 第2回:
W-ZERO3の仕掛け人が、あの行列の朝を振り返る
今となっては「勝ち組」となったW-ZERO3だが、企画が立ち上がった当初はウィルコム社内においても、その売れ行きを疑問視する声が少なくなかった。「あの盛り上がりは、狙ってできるものではない」と製品担当者が発売時の舞台裏を明かす。(2006/10/17)

ネット時代の新潮流――CGMとは(5)
SNSやブログ、「勝ち組・負け組」の分かれ目は
トップシェアを獲得したCGMプラットフォームと、2位以下に甘んじるサービスとは何が違うのか。SNSで圧倒的な会員数を誇るmixiなどを例にして検証する。(2006/8/28)

現場力を鍛えるこれからのBI:
勝ち組企業になりたければBIを浸透させよ
BIの現場活用の実態とこれからについて論じてきたが、最後に現場活用を本当に全社的に進めるための方策と、情報活用を人任せにしている会社とそうでない会社に広がる差について考察してみた。(2006/4/24)

コンタクトセンターが企業の顔になる:
企業ごとに格差が広がるコンタクトセンターの現状
ネット購買の増加などによりコンタクトセンターの重要性が増す中、ここでも企業ごとに「勝ち組」と「負け組」というように、2局化が進んでいる。(2006/2/6)

7人の“侍”が語るコンテンツ時代の「勝ち組」像
「コンテンツが主役の時代では、テクノロジーに裏打ちされたビジネスモデルが必要」──日本SGIの和泉氏は、同社が開催したフォーラムで、これまでは脇役でしかなかったコンテンツの重要性をアピールした。(2005/11/30)

“負け犬”Blogで勝ち組に化けろ ネット金融とBlogの接点とは
ネット金融のファイナンスオールが、独身女性専用Blog「化け犬」を開設した。なぜ金融企業が今、独身女性でBlogなのか。背景を聞いた。(2004/11/26)

Weekly Access Top10(2004年1月18日−2004年1月24日)
「ディーエス」は“2画面ゲーム機”の勝ち組になれるか
先週は、任天堂の新携帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」の記事がトップに。2画面搭載が話題の新製品のスペックを、同社がかつてリリースした2画面ゲーム機の“勝者と敗者”から予想してみた。(2004/1/26)

IT Business フロントライン(108):
勝ち組アスクル、ビジネスモデルの本質 年間売り上げ1000億に到達するその成長の要因は?
(2003/2/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。